« Windows 10 Ver.1803:日本語版を別の言語表記にする | トップページ | Windows 10 Ver.1803 Preview Release 配信開始 »

2018年4月 9日

Windows 10 :OneDrive の「自動保存」タブが変更

Windows 10 製品版(Ver.1709)の OneDrive アプリが更新されました。2018年4月9日現在のバージョンは、2018(ビルド 18..044.0301.0006)です。このバージョンは、2018年3月26日に公開されました。

参考:OneDrive の新しい同期クライアントのリリース ノート - Office サポート

Windows 10 製品版(Ver.1709)の OneDrive アプリの「バージョン情報」

「自動保存」タブが変わっています。2017年11月9日の記事 Windows 10:OneDriveの自動保存に「デスクトップ」が追加 で紹介した際は、「デスクトップ、ドキュメント、画像」という項目があり、デスクトップやドキュメント、ピクチャを「このPCのみ」で保存するのか、「OneDrive」で保存するのか選択できるようになっていました。しかし、バージョン 2018(ビルド 18..044.0301.0006)には、「重要なフォルダーを保護する」に変わっています。

バージョン 2018(ビルド 18..044.0301.0006)の「自動保存」タブ

「フォルダーの更新」ボタンを押してみると、こんな感じ。

「重要なフォルダーを保護する」画面

以前のバージョンで、デスクトップやドキュメント、ピクチャをOneDriveで保存するよう設定してあったからでしょう。画面内にも「これらのフォルダーは OneDrive で同期しています。新規および既存のファイルは OneDrive に追加および保護され、この PC を 紛失しても他のデバイスで使用できます。」と表示されています。

試しに「保護の停止」を押してみます。下記のような確認のメッセージが出ます。

「保護の停止」を押してみた

「保護の停止」ボタンを押します。「保護されていません」の表示に変わりました。

デスクトップが「保護されていません」の表示

いったん閉じてから、再度開いてみると保護されていない項目が選択された状態で、「保護の開始」ボタンが表示されています。

「保護の開始」ボタンが表示

「保護の開始」ボタンを押すことで、同期が始まりました。

同期が始まった

以上で、再度保護できるようになりました。

さて、Insider Preview版では?と思ってみてみました。バージョン 2018 (ビルド 18.054.0314.0004)です。

Windows 10 Insider Preview版の「バージョン情報」

ところが、Insider Preview だと、バージョンがより新しいのに「自動保存」タブは、従来と同じでした。(あれぇ?

自動保存」タブは従来と同じ

« Windows 10 Ver.1803:日本語版を別の言語表記にする | トップページ | Windows 10 Ver.1803 Preview Release 配信開始 »

OneDrive」カテゴリの記事

Windows 10」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51036/66593756

この記事へのトラックバック一覧です: Windows 10 :OneDrive の「自動保存」タブが変更:

« Windows 10 Ver.1803:日本語版を別の言語表記にする | トップページ | Windows 10 Ver.1803 Preview Release 配信開始 »

Translator


2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

スポンサード リンク



Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール


  • 私を登録 by BlogPeople

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

無料ブログはココログ