« デスクトップ版 Skype で自動アップデートを止めたい | トップページ | Windows 10 :「日付と時刻」に他のタイムゾーンを追加する »

2018年4月19日

Windows 10 :Microsoft Edge が起動しない

Windows 10 を使っています。ブラウザは、Microsoft Edge を使っています。先日、更新プログラムがインストールされました。そうしたところ、Edge が使えなくなりました。起動はするのですが、しばらくすると消えてしまいます。仕方がないので、Internet Explorer を使っています。こんな場合、どうするといいのでしょう?

パソコンで銀行などの金融機関をご利用ではないでしょうか?その際に Trusteer Rapport(ラポート)というセキュリティソフトをインストールしてあると、Microsoft Edge が利用できなくなる現象が起こります。

現在の Microsoft Edge の EdgeHTML バージョンは、16 です。

image

2018年4月19日現在、EdgeHTML 16 は、Rapport の対象外です。

EdgeHTML 16 ブラウザの対応状況について | Trusteer

Microsoft Edge を正常に起動させたい場合は、インストールした Rapport をアンインストールします。しかし、Rapport では、見つかりません。そこで、「Trusteerエンドポイント保護」で探します。

参考:Windows 10でのRappportのアンインストール | Trusteer

上記ページでは、コントロールパネルの「プログラムと機能」でやり方を紹介していますが、「設定」-「アプリ」-「アプリと機能」内でも見つかることでしょう。

image

IBM の方でも、順次サポート対象にするべく対応作業をされているようですが、Microsoft がどんどんバージョンアップしていくので、追いついていない状況です。Rapport は、日本の大手銀行がインターネットバンキングをする際に、インストールするよう促します。しかし、Windows 10 で Microsoft Edge を利用したい場合は、こういったセキュリティソフトをインストールすると、こういった不具合が発生しやすくなりますのでご留意ください。

« デスクトップ版 Skype で自動アップデートを止めたい | トップページ | Windows 10 :「日付と時刻」に他のタイムゾーンを追加する »

Windows 10」カテゴリの記事

セキュリティ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51036/66627560

この記事へのトラックバック一覧です: Windows 10 :Microsoft Edge が起動しない:

« デスクトップ版 Skype で自動アップデートを止めたい | トップページ | Windows 10 :「日付と時刻」に他のタイムゾーンを追加する »

Translator


2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

スポンサード リンク



Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール


  • 私を登録 by BlogPeople

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

無料ブログはココログ