« Windows 10 IP:「集中モード」について | トップページ | 「Microsoftアカウントの不審なサインイン」メールが来ました »

2018年3月21日

Windows 10 Fall Creators Update のインストールを先延ばしにしたい

Windows 10 Ver.1703 を使っています。2018年春に次の大型アップグレードが来ることは知っています。しかし、それが来るまで、Ver.1703 で使いたいと思っていました。そうしていたところ、うっかり、Ver.1709 の配信を受けてしまいました。既に、再起動するよう促されています。どうすると、回避できるのでしょう?

これをやってしまったのは、私です。

2017年12月 7日に Windows 10 Pro で CBB にしてあったのにアップグレードされた を書いた際、念のため、Windows 10 Ver.1703 で Current Branch for Business(CBB)を60日間延期にして機能更新プログラムを止めてありました。その延長期限が切れてしまったのでしょう。「保留中の重要な更新プログラム」のポップアップが出てしまいました。

image
※「Windows 10 が勝手にアップグレードされた!」という質問をよく聞きますが、ちゃんとこういうメッセージが出ます。多分、「最新の Windows 機能更新プログラム」=「Windows 10 アップグレード」と気がついていないのかもしれませんね。

このポップアップには、再起動する「時刻を選択」と「今すぐ再起動」のボタンしかありません。

とりあえず、「時刻を選択」のボタンを押します。再起動時間の設定画面から「設定」-「更新とセキュリティ」で「Windows Update」を確認すると、やはり「Windows 10 バージョン 1709 の機能更新プログラム」でした。しかも、既に「今すぐ再起動する」ボタンが表示されています。

Windows Update で「Windows 10 バージョン 1709 の機能更新プログラム」がインストールできる状態に!

いずれは更新しますが、もうちょっとVer.1703 のままで置いておきたい。これに気がついたのは、13:02!「スケジュールした再起動が 今日の 14:02 に実行されます」と猶予は、1時間しかありません。

再起動時間を変更してもいいのですが、それよりも、再度、CBB で延長できないものでしょうか?

Windows Update の「詳細オプション」を開いてみると、「更新プログラムをいつインストロールするかを選択する」が利用できません。

image

仕方がないので「更新の一時停止」を「オン」!「Windows Update」が一時停止できました。

「Windows Update」一時停止

※「Windows Update」を一時停止にしても、Windows Defender は、自動受信します。

これで、ゆっくり対応方法を探してみました。

今回、参考にしたのがこちら。

Windows 10 Creators Update/Fall Creators Updateを拒否する方法(更新と追記) | Solomonレビュー[redémarrage]

まずは、既に適用待機中の機能更新プログラムを削除してみました。次のようにします。

  1. 「設定」-「システム」-「ストレージ」を開き、システムドライブの「PC(C:)」を押す。
  2. 「ストレージ使用量」の一覧から「一時ファイル」を選択
  3. 「Windowsの以前のバージョン」にチェックを入れて、「ファイルの削除」ボタンを押す
    「ストレージ使用量」の「一時ファイル」
  4. ファイルが削除されるまで待機
  5. 削除されたのを確認。
    「Windowsの以前のバージョン」削除完了
    ※削除しても0バイトにならない場合があるとのこと。しかし、1GB以下に減っていれば問題ないそうです。
  6. 「設定」画面を閉じる
  7. スタートメニューの「電源」ボタンを押して、「更新して再起動」を選択。
  8. 更新作業は行われることなく、PCが再起動します。

再起動後、「設定」-「更新とセキュリティ」-「Windows Update」で「詳細オプション」を確認すると、「更新プログラムをいつインストロールするかを選択する」が利用できるようになっていました。「Current Branch for Business」で「120」に設定。

「Windows Update」-「詳細オプション」で更新プログラムをいつインストロールするかを選択する」が利用可能

オンになっている「更新の一時停止」を「オフ」にします。

オンになっていた「更新の一時停止」を「オフ」

赤字で「更新が再開されました。最新のセキュリティ更新プログラムと寝室更新プログラムを使用して、お使いのコンピューターを最新の状態に維持するために、現在更新プログラムを確認しています。更新を再度一時停止することはできません」とあります。

ドキドキしながら、更新プログラムのチェックを待っていると・・・

Ver.1709 の更新プログラムが見つかることなく、Ver.1703 のまま「お使いのデバイスは最新の状態です」と表示されました。

Ver.1703 のまま「お使いのデバイスは最新の状態です」と表示

« Windows 10 IP:「集中モード」について | トップページ | 「Microsoftアカウントの不審なサインイン」メールが来ました »

ITPro」カテゴリの記事

Windows 10」カテゴリの記事

Windows Update」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51036/66521528

この記事へのトラックバック一覧です: Windows 10 Fall Creators Update のインストールを先延ばしにしたい:

« Windows 10 IP:「集中モード」について | トップページ | 「Microsoftアカウントの不審なサインイン」メールが来ました »

Translator


2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサード リンク



Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール


  • 私を登録 by BlogPeople

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

無料ブログはココログ