« Windows 10 IP:英語キーボードから日本語キーボードへの切り替えが簡単に! | トップページ | 英語版 Windows 10 で英語キーボードなのに日本語キーボードと認識される(Ver.1709) »

2017年12月26日

Surface Pro:日本語キーボードなのに一部のアプリで英語キーボードと認識される【その3】

Surface Pro:日本語キーボードなのに一部のアプリで英語キーボードと認識される【その2】の続き。

先の記事で「設定」-「時刻と言語」-「地域と言語」の「日本語」を選択し、表示された「オプション」ボタンを押し、「ハードウェア キーボード レイアウト」の「キーボード レイアウト」で「英語キーボード(101/102 キー)」から「日本キーボード(106/109 キー)」へ切り替えることで現象が修正できるのを確認してみました。では、レジストリはどうなっているのでしょう?

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\i8042prt\Parameters を開いて確認してみました。

日本語キーボードなのに一部のアプリで英語キーボードと認識されるという現象が起きていた当初は、「Parameters」の中にあるはずの「LayerDriver JPN」と「OverrideKeyboardIdentifier」、「OverrideKeyboardSubtype」そして「OverrideKeyboardType」が見当たりませんでした。

現象が起きていた当初

そこで、見当たらない「LayerDriver JPN」と「OverrideKeyboardIdentifier」、「OverrideKeyboardSubtype」そして「OverrideKeyboardType」を追加しました。

追加したばかりの頃のレジストリ

2017年12月26日現在、同じ部分を確認すると下記のようになっていました。

2017年12月26日現在

私が追加した覚えのない「LayerDriver KOR」というのが増えています。KOR は、韓国のキーボードのことでしょう。韓国語のキーボードは持っていません。「言語」としても韓国語をこの機では追加した覚えがありません。

そこで、テスト機の Windows 10 Ver.1709 でも確認してみました。テスト機でも、2017年12月26日現在と同じレジストリ値でした。

どうやら、修正は、不具合を起こしていた当初に追加した「LayerDriver JPN」と「OverrideKeyboardIdentifier」、「OverrideKeyboardSubtype」そして「OverrideKeyboardType」と共に、「LayerDriver KOR」も追加したようです。

« Windows 10 IP:英語キーボードから日本語キーボードへの切り替えが簡単に! | トップページ | 英語版 Windows 10 で英語キーボードなのに日本語キーボードと認識される(Ver.1709) »

Surface」カテゴリの記事

Windows 10」カテゴリの記事

Windows 英語版」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51036/66201296

この記事へのトラックバック一覧です: Surface Pro:日本語キーボードなのに一部のアプリで英語キーボードと認識される【その3】:

« Windows 10 IP:英語キーボードから日本語キーボードへの切り替えが簡単に! | トップページ | 英語版 Windows 10 で英語キーボードなのに日本語キーボードと認識される(Ver.1709) »

Translator


2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

スポンサード リンク



Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール


  • 私を登録 by BlogPeople

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

無料ブログはココログ