« Windows 10 IP:Build 17035 で日本語入力の予測変換で「りんな候補」が使えます | トップページ | Windows 10:「カレンダー」アプリで予定表の色選びが豊富に! »

2017年11月 9日

Windows 10:OneDriveの自動保存に「デスクトップ」が追加

Windows 10 の OneDrive アプリが更新されました。2017年11月9日現在のバージョンは、2017(ビルド 17.3.4076.1026)です。

Windows 10 OneDrive アプリ「バージョン情報」

どうやら、2017年11月6日に配信を開始したようです。

参考:OneDrive の新しい同期クライアントのリリース ノート - Office サポート

さて、このバージョンになって、「自動保存」タブを開けてみたら、「デスクトップ」が追加されているのに気がつきました。

image

この仕様変更は、Windows 10 Ver.1703 と Ver.1709 の両方に見つかりました。早速、デスクトップも OneDrive に保存するよう設定してみました。

image

「OK」ボタンを押したところ、こんなメッセージが表示されました。

image

再度、OneDriveのアイコンで右クリックして「設定」を選択。「自動保存」タブを再度開くと、「デスクトップ」が「このPCのみ」に戻っていました。再度、「OneDrive」にして「OK」を押します。すると、今度は、こんな表示。

image

そういえば、「アカウント」タブの「フォルダー選択」で一部の大きなフォルダーをPCと同期しない設定にしてあったのでした。「デスクトップ」も同期するよう設定します。

すべての設定が完了後、デスクトップに画像ファイルを保存してみました。すると、エクスプローラーの「OneDrive」-「デスクトップ」でも保存したファイルが見えます。これは、デスクトップに保存したがる日本人には、なかなかいい仕様変更ですね。

image

なお、設定を変更する前からデスクトップ上にあったファイルは、非表示になります。しかし、パソコン内ユーザーのデスクトップに(C:\Users\<User_name>\Desktop)に残っていることでしょう。

« Windows 10 IP:Build 17035 で日本語入力の予測変換で「りんな候補」が使えます | トップページ | Windows 10:「カレンダー」アプリで予定表の色選びが豊富に! »

OneDrive」カテゴリの記事

Windows 10」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51036/66023149

この記事へのトラックバック一覧です: Windows 10:OneDriveの自動保存に「デスクトップ」が追加:

« Windows 10 IP:Build 17035 で日本語入力の予測変換で「りんな候補」が使えます | トップページ | Windows 10:「カレンダー」アプリで予定表の色選びが豊富に! »

Translator


2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ