« Windows 10:バッテリー節約がスライダーで調整可能(Ver.1709) | トップページ | Windows 10:ユーザーを追加した場合の顔認証でのサインイン »

2017年11月30日

Windows 10:Microsoft Edgeのアドレスバーで http:// や https:// が省略される

Windows 10 Microsoft Edge を使っています。開いた Web ページのURLをコピーして、貼り付けてみました。すると、「http://」や「https://」の部分が省略されて貼り付けられているのに気がつきました。うっかり、「http://」や「https://」がないまま、貼り付けると、うまく Web ページが開きません。こんな場合、どうするといいのでしょう?

この現象、すべての Web サイトではないのですが、よくあります。例えば、このブログでもそうです。

Microsoft Edgeのアドレスバー

URL をコピーしようと思い、アドレスバーの部分を選択します。

アドレスバーからURL をコピー

この状態で、Ctrl + C キーを押して、コピーし、貼り付けます。すると、下記のような感じで、「http://」の部分がないURL で表記されます。

snow-white.cocolog-nifty.com/first/

しかし、タイミングによっては、「http://」の部分も含んで張り付くこともあります。調べてみたのですが、なぜこんなことになっているのかは、よくわかりませんでした。

そこで、面倒なので、「共有」を使うことにしています。Edge の「共有」を開くと、中に「リンクのコピー」アイコンが見つかります。これを押します。

Edge の「共有」を開いてみた

これで、「http://」や「https://」を含めたURLがコピーできます。

« Windows 10:バッテリー節約がスライダーで調整可能(Ver.1709) | トップページ | Windows 10:ユーザーを追加した場合の顔認証でのサインイン »

Microsoft Edge」カテゴリの記事

Windows 10」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
気にしていませんでしたが「http://」があるなしに違いがありました
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4027268/windows-how-to-know-whether-to-trust-a-website-in-microsoft-edge
サイトへの接続が暗号化されていないサイトは「http://」が表示されませんでした。
セキュリティ警告の意味で表示されないのかなと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51036/66105001

この記事へのトラックバック一覧です: Windows 10:Microsoft Edgeのアドレスバーで http:// や https:// が省略される:

« Windows 10:バッテリー節約がスライダーで調整可能(Ver.1709) | トップページ | Windows 10:ユーザーを追加した場合の顔認証でのサインイン »

Translator


2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ