« Windows 10:ペンを見つける機能(Ver.1709) | トップページ | Windows 10:サインインが2回要求される(Ver.1709) »

2017年10月22日

Windows 10:タッチキーボードに「ハードウェア キーボードに準拠したレイアウト」がない(Ver.1709)

Windows 10 を Fall Creators Update しました。そうしたところ、タッチキーボードに物理キーボードのようなフルキーボードが表示されなくなりました。「設定」-「デバイス」-「入力」のところにも「ハードウェア キーボードに準拠したレイアウト」の項目がありません。こんな場合、どうするといいのでしょう?

Windows 10 Creators Update までは、「設定」-「デバイス」-「入力」の「タッチキーボード」に「ハードウェア キーボードに準拠したレイアウトをタッチ キーボード オプションとして追加する」という項目がありました。

Windows 10 Ver.1703 の「設定」-「デバイス」-「入力」の「タッチキーボード」

これを「オン」にして、タッチキーボードの右下にあるボタンを押します。すると、タッチキーボードの切り替えに「ハードウェア キーボードに準拠したレイアウト」のアイコンが表示されるようになります。

Windows 10 Ver.1703 でのタッチキーボードの切り替え

「ハードウェア キーボードに準拠したレイアウト」のアイコンを押すことで、下記のような物理キーボードのようなタッチキーボードが表示できます。

Windows 10 Ver.1703 では「ハードウェア キーボードに準拠したレイアウト」が表示できる

ところが、Fall Creators Update (Ver.1709)になりまして、「設定」-「デバイス」-「入力」の「タッチキーボード」に「ハードウェア キーボードに準拠したレイアウトをタッチ キーボード オプションとして追加する」がありません。

Windows 10 Ver.1709での「設定」-「デバイス」-「入力」

Ver.1709 のタッチキーボードの切り替えは、左上にあるのですが、Ver.1703 のような「ハードウェア キーボードに準拠したレイアウト」のアイコンは見当たりません。

Ver.1709 のタッチキーボードの切り替え

この件に関して、フィードバックHub を探してみたところ、興味深い情報が見つかりました。

ハードウェア キーボードに準拠したレイアウト(フル タッチ キーボード)がビルド 16215 以降のタッチ キーボードで利用できない

「ハードウェア キーボードに準拠したレイアウト」は、Insider Preview Build 16215 の時点から表示されなくなったようです。この報告に対して、Microsoft エンジニアからの返信が次のようについています。

Thank you for your feedback.  It's great to see such feedback for standard (full) touch keyboard layout. With build 16251, we’ve updated the new XAML touch keyboard to now support a full keyboard layout option for English (United States), English (Australia), French (France), Italian (Italy), German (Germany) and Spanish (Spain) languages. Again, appreciate everyone who shared feedback on the subject! To access this keyboard layout, tap the button in the top left of the touch keyboard

訳:ご意見ありがとうございます。 標準的な(フル)タッチキーボードレイアウトに対するそのようなフィードバックを見ることは素晴らしいことです。 Build 16251では、新しいXAMLタッチキーボードが英語(米国)、英語(オーストラリア)、フランス(フランス)、イタリア(イタリア)、ドイツ(ドイツ)、スペイン語 (スペイン)の言語。 繰り返しますが、主題に関するフィードバックを共有したすべての人に感謝します。 このキーボードレイアウトにアクセスするには、タッチキーボードの左上にあるボタンをタップします。

どうやら、Build 16215 で表示されなくなっているのですが、Build 16251 で英語(米国)や英語(オーストラリア)、フランス(フランス)、イタリア(イタリア)、ドイツ(ドイツ)、スペイン語 (スペイン)でなら復活しているとのこと。そこで、Ver.1709 を英語版に切り替えてみました。

英語版に切り替えても、「Settings」-「Devices」-「Typing」に日本語版 Ver.1703 にあった「ハードウェア キーボードに準拠したレイアウトをタッチ キーボード オプションとして追加する」に相当する「Add the standard keyboard layout as a touch keyboard option」は、見当たりません。

Windows 10  Ver.1709 での「Settings」-「Devices」-「Typing」

しかし、タッチキーボードを開くと「手書き入力」の右側に「ハードウェア キーボードに準拠したレイアウト」のアイコンが見つかりました。

英語版でなら Windows 10 Ver.1709 でも「ハードウェア キーボードに準拠したレイアウト」のアイコンがある

切り替えると、Windows 10 Ver.1709 でも「ハードウェア キーボードに準拠したレイアウト」のタッチキーボードが表示されました。

英語版でなら Windows 10 Ver.1709 でも「ハードウェア キーボードに準拠したレイアウト」のタッチキーボードが表示できた

しかし、英語版には、下記のようなカーブフリックが使える「かな 10 キー入力」のキーボードがありません。

カーブフリックが使える「かな 10 キー入力」のキーボード

それならば!と思い、英語版で入力言語をWin+スペースキーで「日本語」に切り替えてみました。そうしたところ、途端にタッチキーボードから「ハードウェア キーボードに準拠したレイアウト」のアイコンが消えてしまいました。逆もそうでした。日本語版の Windows 10 で、Win+スペースキーを押して、入力言語を「英語(米国)」に切り替えてみたところ、タッチキーボードに「ハードウェア キーボードに準拠したレイアウト」が使えるようになります。

Win+スペースキーを押したところ

ということで、日本語入力ができる環境では、タッチキーボードに「ハードウェア キーボードに準拠したレイアウト」は使えなくなりました。どうしても日本語版 Windows 10 Ver.1709 で「ハードウェア キーボードに準拠したレイアウト」を使いたい場合は「設定」-「時刻と言語」ー「地域と言語」で「言語」に「ハードウェア キーボードに準拠したレイアウト」を利用できる国、例えば「English (United States)」を追加します。その後、Win+スペースキーで入力言語を「日本語」から利用できる国のものに切り替えると利用可能です。

日本語版 Windows 10 Ver.1709 でも「ハードウェア キーボードに準拠したレイアウト」が表示できた

ただし、「ハードウェア キーボードに準拠したレイアウト」では、日本語入力できません。

« Windows 10:ペンを見つける機能(Ver.1709) | トップページ | Windows 10:サインインが2回要求される(Ver.1709) »

Windows 10」カテゴリの記事

Windows 英語版」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51036/65949018

この記事へのトラックバック一覧です: Windows 10:タッチキーボードに「ハードウェア キーボードに準拠したレイアウト」がない(Ver.1709):

« Windows 10:ペンを見つける機能(Ver.1709) | トップページ | Windows 10:サインインが2回要求される(Ver.1709) »

Translator


2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ