« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月

2017年8月31日

OneDrive内に保存されているOffice ファイルで「_vti_rpc を開くときに使うアカウントを指定してください。」が表示

OneDrive内に保存されている Excel ファイルを閉じる際に「_vti_rpc を開くときに使うアカウントを指定してください。」という画面が開きました。こんな場合、どうするといいのでしょう?

私の環境でも出ました。

Windows10 Ver.1703 + Office 2016 (Office Home & Business Premium)バージョン 1707 ビルド 8326.2076 クイック実行

「_vti_rpc を開くときに使うアカウントを指定してください。

「_vti_rpc」の部分にリンクが張られているので、アクセスしてみましたが、「HTTP 404 エラー」でアクセス不能でした。

HTTP 404 エラー 

Office 製品でサインインしている Microsoft アカウントでサインインしてみるのですが、消えません。そこで、右上にある「×」ボタンで閉じてみましたら、画面と一緒にOffice製品も終了できました。「×」ボタンで閉じてしまっても、問題ないようです。しかし、しばらくいろいろファイルを開いても表示されませんが、ひょんな弾みでまた表示されます。

調べてみましたら、マイクロソフト コミュニティ で見つかりました。

ワード等ファイルを開くたびに「_vti_rpc を開くときに使うアカウントを指定してください」と表示される

2017年8月に配信された Office 製品の更新プログラムによっての不都合とのこと。次のようにすると、回避できるとのことでした。たぶん、修正更新プログラムが配信されるかと思いますが、気になる場合は、作業してみてください。

<方法1>

  1. Excel などOffice製品を起動し、[ファイル] > [アカウント] > [ユーザー情報]で[サインアウト]し、起動している全てのOffice(WordやExcel)を終了します。
  2. [コントロール パネル] を開き、右上の [表示方法] にて [小さいアイコン] を選択し、左下に表示される[資格情報マネージャー] をクリックします。
  3. [Windows 資格情報] コンテナーの [汎用資格情報] の一覧の中より、"MicrosoftOffice..." で始まる資格情報を削除します。
  4. また、"OneDrive Cached Credential"の資格情報も削除します。
  5. パソコンを再起動します。
  6. OneDrive のサインイン画面が表示されたら、Microsoft アカウントでサインインします。
  7. Excel などOffice製品を起動し、サインインを求められたら、Microsoft アカウントでサインインします。

<方法2>

  1. 画面右下のタスクバーから「OneDrive」(雲のマーク)を右クリックし、[設定]を選択します。
  2. 「Office」タブの中の「Office 2016 を使用して、開いている Office ファイルを同期する」のチェックを外します。
    Microsoft OneDriveの「Office」タブ
  3. 「OK」ボタンを押します。

2017年8月30日

Windows 10 IP:ランゲージ コミュニティ アプリでWindows の翻訳を改善

2017年8月30日に Windows 10 Insider Preview 版の First リングに Build 16278 が配信されました。早速インストールしてみました。

 Windows 10 Insider Program Build 16278

さて、インストール完了後、フィードバックHub(すべてのアプリでは「Feedback Hub」の表記になってます)を起動させてみましたら、こんなお知らせがありました。

フィードバックHubのお知らせ「ランゲージ コミュニティ アプリを使って Windows の翻訳を改善します」

ランゲージ コミュニティ アプリを使って Windows の翻訳を改善します

英語 (米国) 以外の言語の Windows をお使いの場合、新しいランゲージ コミュニティ アプリを使って、画面キャプチャに基づいて翻訳を改善し、Windows の品質を高めることができるようになりました。 

翻訳されていない Windows の機能を見つけた場合や、よりよい翻訳を送信する場合には、ランゲージ コミュニティ アプリを起動して、画面をキャプチャして、翻訳を送信します。同じテキストの翻訳を他のユーザーが提案している場合、その提案がふさわしいと思うときには、賛成票を投じることができます。

やり方は次の通りです。
※ランゲージ コミュニティ アプリは、Windows 10 Insider Preview版でのみ利用可能です。Windows 10 製品版では、利用できません。

  1. Windows 10 Insider Preview版「ストア」アプリで「ランゲージ コミュニティ アプリ」を開き、「購入」ボタンを押して、インストール
    「ストア」アプリの「ランゲージ コミュニティ」
  2. Windows 10 Insider Preview 版を使っていて、日本語に翻訳されていない部分や改善して欲しい日本語表記の部分を見つけます。
  3. 見つかったら、「ランゲージ コミュニティ 」アプリを起動
    サインインを促されたら Insider Program に登録してある Microsoft アカウントでサインインする
  4. ランゲージ コミュニティ アプリの起動画面で「スタート」ボタンを押すか、Windows キー + Alt + F キーを押して、キャプチャ モードを開始する
    4.ランゲージ コミュニティ アプリ起動画面
  5. ランゲージ コミュニティ アプリが閉じるので、修正して欲しい部分、アプリをクリック。
  6. ランゲージ コミュニティ アプリが開き、左側にキャプチャーされたアプリの画像、右側にそのアプリに表記されているテキストの部分が一覧表示される。右側から改善して欲しいテキストを選択
    キャプチャー後の6.ランゲージ コミュニティ アプリ
  7. 選択すると表示される「翻訳提案を入力してください」欄に提案を入力
    image
  8. 提案が入力できたら「翻訳」ボタンを押す
    image
  9. 「送信済み」と表示されたら、完了です。

ほかにもある場合は、そのまま続けて入力可能でした。また、ほかの人がすでに提案していた場合は、それに対して賛成票を投票することも可能だそうです。

ただいま、2017年秋の大型アップデートである Windows 10 Fall Creators Update に向けて、詰めの修正が行われているとのこと。これを使って、どんどん報告してみてください。

2017年8月24日

スマホの「Microsoft Translator」が機能を拡張

スマートフォンの「Microsoft 翻訳」アプリが機能を拡張しました。

私の iPhone では、2017年8月21日にアップデートされ、バージョンは 3.0.6 です。

Microsoft 翻訳 App Store

今回、更新されたのは次の通り。

  • 翻訳の発音がよりゆっくり
  • 異なるアプリからコピーされたテキストを翻訳する拡張機能
  • 異なるアプリからコピーされた画像を翻訳する拡張機能
  • フレーズブックに「緊急」カテゴリーを追加
  • 長い文字列の処理の向上
  • バグの修正

特に「異なるアプリからコピーされたテキストを翻訳する拡張機能」が気になったので、実際に確認してみました。

iPhone の「メール」アプリ

  1. iPhone の「メール」アプリで受信した英文メールを開く
  2. 本文中を長押しして、翻訳したい部分を選択。
  3. 「共有」をタップ
    文字列を選択すると表示されるメニュー
  4. 「Translator」ボタンが見当たらない場合は「その他」をタップ
    「Translator」ボタンが見当たらない
  5. 「Translator」を「オン」に切り替え、「完了」をタップ
    「Translator」を「オン」
  6. 「Translator」をタップ
    「共有」に「Translator」が表示された
  7. 翻訳された画面が表示される
    選択した部分が翻訳された

ブラウザ「Safari」

  1. 「Microsoft Translator」を起動し、右下の歯車マークをタップ
    「Microsoft Translator」起動画面
  2. 「設定」が開くので「Safari 翻訳言語」を開く
    「Microsoft Translator」の「設定」画面
  3. 「翻訳語のウェブページ表示言語を選択してください」で「日本語」を選択。チェックがついたのを確認したら、左上の「左向き矢印」で戻る
    「翻訳語のウェブページ表示言語を選択してください」
  4. 左上の「完了」をタップ
  5. Safari を起動し、翻訳して欲しいWebページを開く
  6. 下部の「共有」ボタンをタップ
    英文ページ
  7. 「Translator」ボタンが見当たらない場合は「その他」をタップ
  8. 「Translator」を「オン」に切り替え、「完了」をタップ
  9. 「Translator」をタップ
  10. Webページ全体が翻訳される
    Webページ全体が翻訳

iPhone でのメールやWebページの翻訳は、諦めていたのですが、一挙に便利になりました。

参考:「Microsoft 翻訳」がアップデートで別アプリでコピーしたテキストや画像を翻訳する拡張機能を追加  面白いアプリ・iPhone最新情報ならmeeti【ミートアイ】

2017年8月23日

Windows 10:「メール」アプリで Yahoo メール が同期できない(シークレットID)

Windows 10で「メール」アプリに Yahoo のメールを登録してみました。そうしたところ、「設定が最新ではありません」と表示されてしまいます。こんな場合、どうするといいのでしょう?

Yahoo メールを「メール」アプリに登録する方法は、2016年12月に Windows 10:「メール」アプリでYahooメールが同期できない【続き】で紹介しました。

さて、久しぶりに Yahoo! Japan にログインしてみましたら、こんな画面が表示されました。それは「シークレットID」の登録を勧める画面でした。

Yahoo! Japan での「ログイン時に使用するIDの設定」画面

このシークレットIDを登録して、先の記事で紹介した通りに「メール」アプリで Yahoo メールを設定します。すると、「メール」アプリがいつまで経っても同期できず、最終的には質問者さんのように「Yahoo アカウントの設定が最新ではありません」と表示されてしまいました。

image

そこで、Yahoo! Japan でシークレットIDを登録した場合は、次のようにして設定を変更します。

  1. 「メール」アプリ左下の「歯車」マークを押す
  2. 「アカウントの管理」を選択して、「注意が必要です」と表示されている Yahoo のアカウントを押す
  3. 「アカウントの修正」と「設定の変更」が表示されるので「設定の変更」を選択
    「注意が必要です」と表示されているYahoo アカウントを押したところ
  4. 「Yahoo アカウントの設定」の画面になるので、「ユーザー名」欄を登録した「シークレットID」に変更。
    ※「パスワード」欄が妙に長い文字列に変わっていますが、修正しなくても大丈夫でした。
  5. 入力できたら「保存」ボタンを押す

以上で、Yahoo メールが正しく同期できるかどうか確認します。

なお、最初から登録し直したい場合は、下記のようにしてみてください。

  1. 「メール」アプリの「設定」-「アカウントの管理」と進み、「アカウントの追加」を押す
  2. 「アカウントの選択」で「詳細設定」を選択
    「アカウントの選択」
  3. 「詳細設定」の画面で、「インターネットメール」を選択。
    image
  4. 「インターネット メール アカウント」の画面になるので、各項目を次のように入力
    メールアドレス Yahoo! Japan から取得したメールアドレス
    ユーザー名 登録したシークレットID(半角英数で入力)
    アカウント名 Yahoo(@の後ろのドメインを入力)
    パスワード Yahoo メールアドレスのパスワード
    この名前を使用してメッセージを送信 送信時に表示させるご自身の名前
    受信メールサーバー imap.mail.yahoo.co.jp:993:1
    アカウントの種類 IMAP4
    メールの送信(SMTP)サーバー smtp.mail.yahoo.co.jp:465:1
    送信サーバーには、認証が必要です チェック
    送信メールに同じユーザー名とパスワードを使用する チェック
    受信メールには SSL が必要 チェック
    送信メールには SSL が必要 チェック
  5. 入力で来たら「サインイン」ボタンを押す
  6. 「すべて完了しました。」と表示されたら「完了」ボタンを押す

参考:Yahoo!メールヘルプ - シークレットIDを利用している場合

2017年8月21日

Windows 10:製品版「フォト」で Story Remix が利用可能

Windows 10 Creators Update の「フォト」を起動してみましたら、Story Remix が利用可能になっていました。

「フォト」アプリを起動させたら表示された「フォトの新機能」

Story Remix は、このブログでも2017年6月6日に Windows 10 IP:「フォト」アプリの新機能 Story Remix を使ってみた で紹介しました。Insider Preview版の際は、「作成」タブで利用できました。しばらくして、この機能が全く使えなくなっていたのですが、製品版で利用できるようにしたようです。

「ストア」アプリで確認すると、2017年8月15日の「フォト」アプリの更新でバージョン 2017.35071.13510.0 から利用可能になった模様。

「フォト」アプリを起動すると、こんな感じ。

バージョン 2017.35071.13510.0 の「フォト」アプリ

上部に「コレクション」「アルバム」「フォルダー」と3つのタブが表示されています。そのすぐ下には、フォトアプリによって自動生成された従来の「アルバム」が表示されています。

Story Remix は、「アルバム」タブで作成可能です。「ビデオの作成」と「アルバムの作成」の2つのボタンが表示されます。確認してみたところ、「ビデオの作成」だと写真だけ、「アルバムの作成」だと写真と動画で Story Remix を作成できました。

使いたい写真や動画を選択して、「追加」ボタンを押します。もしくは、フォトアプリによって自動生成された従来の「アルバム」を選択すると表示される「アルバム一覧へ追加」を押してもいいでしょう。タイトル名を適切なものに編集して出来上がり。

これだけでです。

Story Remix を作成

「視聴」ボタンを押すと再生できます。音楽も自動的に長さが調整されて入っていて、いい感じです。

「編集」を押すと、下記のような画面に切り替わります。

image

左上部に利用可能な写真が配置。これをドラッグして下部のタイムラインに追加したり順番を入れ替えたりします。タイムラインでは、表示時間、フィルタ、テキストの挿入、写真入れ替え時の動きなども変更可能。「エクスポートと共有」で動画ファイル(MP4)に変換できます。

難しい編集作業はしたくないけど、サッといい感じに写真を見せたいという場合に使えそうです。

Skype で相手の名前を自分がわかりやすい名称にしたい

Skype を使っています。よくチャットや通話をする相手の表示名を自分のわかりやすい名称に変更したいのです。こんな場合、どうするといいのでしょう?

Skype では、「連絡先」などに、その相手の方が登録している「表示名」が表示されるようになっています。これを簡単に自分のわかりやすい名称に変更したい場合は、PCのデスクトップ版 Skype (Skype for Windows)を使うといいでしょう。次のようにしてみてください。

  1. PCでデスクトップ版 Skypeを起動します。
    持っていない場合は、下記ページの「クラシック バージョンの Skype をお求めの場合には、こちらをクリックしてください。」下部にある「ダウンロードを使って、ダウンロードし、インストールします。
    デスクトップ コンピューター用 Skype をダウンロード | Skype
  2. 連絡先から表示名を変更したい相手を選択します。
  3. 右側に表示される相手の「表示名」の部分をマウスで押さえます。
  4. 「編集」ボタンが表示されたらそれを押します。
    相手の「表示名」をマウスでおさえたところ
  5. 「表示名」が変更可能になりますので、わかりやすい名称に変更します。
    image
  6. 変更で来たら「チェック」ボタンを押すと完了です。

表示名を変更できるのは、連絡先に登録してある人です。なお、Skype から携帯電話や固定電話にかけた場合、電話番号が「表示名」に表示されます。電話番号の場合は、「連絡先」に登録する前でも電話番号からわかりやすい名称に変更することができました。

電話番号は表示名を編集できる

2017年8月19日

Translator PowerPoint の字幕表示が修正

2017年7月13日に Presentation Translator が正式公開 で紹介した PowerPoint の翻訳アドイン。PowerPoint 2016 (16.0.8326.2073) で確認し直してみたところ、これに修正が入っているのに気がつきました。

先に紹介した際には、「登壇中に自分の喋った内容を字幕で翻訳表示させる」をする際、「サブタイトルをスタートする」の「追加設定」で「あなたの名前」欄に半角英数で入力する必要がありました。これが、日本語の「漢字」と「ひらがな」そして「カタカナ」で入力しても大丈夫になりました。試しに、「あなたの名前」欄に私のハンドル名「ラム」で入力して実行してみます。

「あなたの名前」欄に日本語で入力

以前は、「あなたの名前」欄に日本語で入力してしまうと、字幕表示でのスライドショーを開始して、「会話をスタートしています。お待ちください」が消えた後、いくら喋ってみても字幕は表示されなかったのです。しかし、現在は、下記のようにちゃんと字幕が表示されるようになりました。

スライドに字幕が表示された

日本人は、「あなたの名前」欄に日本語で入力してしまうことでしょうからね。修正されて、よかった、よかった。

2017年8月18日

Windows 10 を Creators Update したら Microsoft Edge が起動しません

Windows 10 Creators Update をしました。そうしたところ、Microsoft Edge が起動しなくなりました。こんな場合、どうするといいのでしょう?

マイクロソフト コミュニティに「Microsoft Edge の起動に失敗した場合の復旧方法」というスレッドがあるのですが、モデレーター以外の方からのコメントがついていて、それが興味深いものになっています。

Trusteer Endpoint Protection (Rapport)

これをアンインストールしたら、あっさり解消しました。

Trusteer Endpoint Protection (Rapport) は、IBM のセキュリティ ソフトウェアです。大手銀行でインターネットバンキングをする際に、インストールを勧められることでしょう。

IBM Security Trusteer Rapport

サポート対象プラットフォーム | Trusteer にもこんな風に書いてあるのが見つかります。

image

Edge 15

最新のWindows アップデートを適用した際、EdgeHTML 15 ブラウザが起動しない事象が散見されています。

Windows 10 Creators Update を行うと、Microsoft Edge は、バージョン 40.15063.0.0、EdgeHTML が 15.15063 になります。

image

この EdgeHTML が 15になってしまうと、Rapport が未対応なため、エラーを起こして Microsoft Edge が起動しなくなります。

IBM Security Trusteer Rapport をインストールしてある場合は、アンインストールしてみてください。

2017年8月12日

Windows 10 Creators Update が自動配信されました

2017年4月11日に始まった Windows 10 Creators Update。やっと私のメイン機にも自動配信されました。

最新の Windows 機能更新プログラムをご用意しました

2017年7月26日に 次のアップデートに備えてプライバシー設定を確認する が表示され、すぐ更新されるだろうと思っていたのですが、2週間以上も待たされました。なお、このメッセージが開いてしまうと、その下のにあるウィンドウをマウスで閉じることができません。タスクマネージャーを開いても、このメッセージの下に表示されてしまった場合は、手が出せません。メッセージ内にあるいずれかのボタンを押して対処ください。

さて、「今すぐ再起動」を押すと、パソコンが再起動され、更新プログラムのインストールが始まりました。

Windows 10の更新を構成しています

なお、すぐは都合が悪い場合、「時刻を選択」で時間指定できますし、「再通知」で後日にすることもできます。

再起動後は、Microsoft Edgeが自動起動していて、お出迎え。そして、「メール」アプリがタスクバーにピン留めされています。

再起動後は、Microsoft Edgeが自動起動

これで、やっとメイン機も Windows 10 Ver.1703 Build 15063.540 になりました。

Windows 10 Ver.1703 Build 15063.540

2017年8月 8日

自分の Skype名 がわかりません

最近、Skype を始めました。オンライン英会話で使うためです。そうしたところ、英会話教室から「Skype名を教えて欲しい」と言われました。Skype には、Microsoft アカウントでサインインしています。こんな場合、どうすると自分の Skype名がわかるのでしょう?

Skype名とは、その昔、Skype ID とも呼ばれ、Skype のアカウントを取得する際に自分の好きな英数字で作れました。

ところが、2011年5月、Skype は Microsoft により買収されました。これにより、2012年9月頃から、Skype名と Microsoft アカウントの連携が始まりました。この連携作業をした覚えのある方は、Skype名を持っていることでしょう。しかし、2017年8月現在、Skype は、Microsoft アカウントでサインインします。自分の好きな文字列での Skype名は、作れなくなりました。

まず、自分の Microsoft アカウントに Skype名が連携されているかどうかは、次のようにするとわかります。

  1. Skype マイアカウント へサインインします。
  2. 「アカウントの設定」を開きます。
  3. 「Skype名」が表示されます。
    Skype 「アカウント設定」

しかし、自分の Microsoft アカウントに Skype名が連携されてない場合は、こんなような感じで、Skype名が表示されません。

Skype名が表示されない「アカウント設定」

なお、Skype名だけで、Microsoft アカウントと連携させていない場合は、「Microsoft アカウントに接続して、Skype の操作性を向上させましょう」と表示されます。

Skype 名しか持っていない場合

そこで、最近、Skypeを始めた方が自分のSkype名を知りたい場合、ブラウザでの Skype for Web へアクセスすると確認できます。次のようにしてみてください。

  1. ブラウザで Skype for Web へサインインします。
  2. 画面左上に表示されている自分の名前をクリックします。
  3. 「プロフィール」のご自身の名前(Skype 表示名)の下に 「Skype名」が表示されます。
    自分の「プロフィール」画面

この他、Skype マイアカウントで「機能を管理」にある「発信者ID」を開きます。

Skype マイアカウントの「機能を管理」

開いたページの下部に「あなたは現在、自分の Skype 名 (*********)で識別されています」と記載されている部分があります。それを見ても、Skype 名がわかります。

「機能を管理」の「発信者ID」ページ

なお、同じような感じで、アプリの Skype for Windows や Skype for Windows 10 を起動して、自分の名前をクリックすると表示される「プロフィール」で確認してみたのですが、表示名の下には、サインインに使った Microsoft アカウントしか表示されませんでした。

Microsoft アカウントでサインインしている場合の Skype名は、「live:<Microsoft アカウントのアカウント名>」、電話番号でサインインしている場合は、「live:<英数字の羅列>」(live: も含む)のようです。ただし、Microsoft アカウントでは、違うドメインで同じアカウント名がある場合、アカウント名の後に「_1」といった具合で数字が付与されます。

参考:Skype ID (Skype 名)でサインイン出来ない。「Microsoft アカウントが存在しません」

2017年8月 6日

Windows 10 S について【Surface Laptop】

New Surface Pro の本を読んでいるうちに、新しい Surface に触ってみたくなり、近所の家電量販店へ行ってきました。

売り場に展示されていたのは、新しい Surface Pro と Surface Laptop というノートPCでした。噂に聞いていた Alcantara (アルカンターラ)素材をつかった専用キーボードは、一見フエルトのようなのですが、触ってみると石のような感じで汚れは寄せ付けなさそうでした。

さて、新しい Surface Pro の OS は、Windows 10 Pro でしたが、Surface Laptop の OS を確認すると、「Windows 10 S」と書いてあります。Windows 10 Pro でもなく、Windows 10 Home でもない、この Windows 10 S とはいったいどんなOSなのでしょう。

Windows 10 S で搭載できるアプリは、「ストア」アプリからダウンロードできるタイプのみ。そして、既定のブラウザは、Microsoft Edge です。しかし、Azure AD ドメインに参加できるので、Windows 10 Proに近い仕様です。「合理的で安定したパフォーマンスと高度なセキュリティ」ということで、Windows 初心者に最適かもしれません。なお、「S」は、Soul(魂)のことのもよう。

Windows 10 S は、何だか、Windows RT 搭載の Surface RT や Surface 2 のような感じですが、Windows 10 Pro へ切り替えることが可能です。これで、ストアアプリ以外のアプリが使えるようになります。ただし、Windows 10 Pro へいったん切り替えてしまうと、もう、Windows 10 Sには戻せないとのことでした。

参考:Windows 10 S に関してよくあるご質問 - Windows Help

しかし、「簡単操作」でナレーターや拡大鏡など、アクセシビリティがかなり充実したWindows 10ですが、やはり専用のアプリケーションが必要という方々も多いです。そこで、2017年12月31日までであれば、無料でWindows 10 Proに切り替えられるとのことでした。「ストア」アプリで「Windows」と検索して見つかる「Windows 10 Pro への切り替え」で可能です。

2017年9月7日 追記:Windows 10 Pro への無料切り替え期間が延長され、2018年3月31日までとなりました。
参考:
Surface Laptop colors arriving in additional countries - Microsoft Devices Blog

Surface Laptop は、Core i5 の 新しい Surface Pro と同じ値段ですが、Office が「Office Home & Business 2016」でした。「Office Home & Business Premium + Office 365 サービス」ではないのが残念なところ。

現在、メイン機で使っている Surface Pro3 が Core i5 でメモリーが8GB。次は、Core i7が欲しいなぁ、と思いつつ、いいお値段なので躊躇しております。

参考:Microsoftが軽量版Windowsの「Windows 10 S」とChromebook対抗の教育向け激安ノートPCを発表 – GIGAZINE

Windows 10 S に関するよくある質問 – CS3 Windows

Surface Laptop 搭載 Windows 10 S について – CS3 Windows

海外で Skype や Outlook.com、OneDrive などを使う場合

Skype を使っています。先日から日本を離れ、海外に来ています。現地のホテルでパソコンを借りて、Skype for Web からサインインしてみたのですが、アクセスできませんでした。何かコードを携帯電話へ送るようなことも表示されましたが、私の携帯は海外で使えません。海外で Skype をを使いたい場合は、どうするといいのでしょう?

2015年2月14日 に 海外で Outlook.com を使う場合 でそのコツを紹介しました。あの頃は、Microsoft アカウントでサインインできるオンラインのシステムが Outlook.com ぐらいでしたが、現在は、Skype に OneDrive.com と増えてきました。また、情報も少々古くなっていますので、2017年8月現在で紹介します。

通常とは違うパソコンで通常とは違う地域から Skype や Outlook.com、OneDrive といった Microsoft のオンラインサービスにアクセスすると、下記のような感じで本人確認を求められます。画面には、Microsoft アカウントを作成した際に登録した電話番号やメールアドレスが一部伏字で表示されています。利用できる連絡先宛にコードを送ってもらいます。

ご本人確認のお願い

送られてきたコードを入力することで、本人であることが証明できます。

「コードの入力」画面

しかし、質問者さんのように、コードを受け取れない環境で、Microsoft サービスへアクセスしたい場合、下記のページから専用フォームを使って問い合わせます。

Microsoft アカウント サポート - Windows ヘルプ

上記ページの「サインインできない」を選択して進んでください。個別に対応してもらえますので、本人だと確認できればアクセスできるようになります。

ただし、問い合わせ用の Microsoft アカウントが必要です。これは、新規に作らないといけません。また、速攻では対応されないので、それなりの時間(半日以上)が必要です。そして、このサポートを受けるのに、ちょっとしたコツがあります。

参考:このインシデントをオンラインで送信したときの電子メール アカウントと一致しません

さて、私も時々、海外へ行きます。現地のパソコンを借りて、Microsoft のサービスにサインインしないといけないこともあります。その際に、私が使うのは、スマートフォンの認証アプリ(Authenticator)です。事前に Microsoft アカウント の「追加のセキュリティ オプション」から「認証アプリ」で「本人確認アプリをセットアップ」を作動させておきます。

Microsoft アカウント の「追加のセキュリティ オプション」

後は、必要な時に、スマートフォンの認証アプリで生成されたコードを入力します。認証アプリのコードは、1分おきに新しくなりますので、Microsoft アカウントと認証アプリが連動していないと使えません。認証アプリには、Microsoft のものありますし、Google のアプリでも使えます。

Microsoft Authenticator

Google Authenticator

これらの認証アプリを使う際は、スマートフォンが現地の通信回線やWi-Fiにつながっている必要はありません。コード入力欄に認証アプリで生成されたコードを入力するだけです。ただ、そのためには、海外へ行く前に、認証アプリのセットアップをしておく必要があります。

認証アプリのコード入力画面

でも、一番簡単なのは、いつも使っているノートパソコンやタブレットPCなどを海外に持って行って使うことでしょう。

参考:Microsoft アカウント – 連絡先情報の本人確認のお願い|Microsoft アカウント

本人確認アプリ: FAQ

【本の紹介】ポケット百科 New Surface Pro 知りたいことがズバッとわかる本

いつもお世話になっている橋本情報戦略企画の橋本和則さんと橋本直美さんの新しい本、「New Surface Pro 知りたいことがズバッとわかる本」を翔泳社さんのご厚意により、発売開始前に読ませてもらいました。

New Surface Pro 知りたいことがズバッとわかる本

これは、2017年6月15日に日本でも発売が開始された新しい Surface Pro の本です。

私は、まだ Surface Pro3までしか持っていませんが、確認しますと微妙に仕様が変更されています。(この仕様変更を見つけるのも、かなり大変だったかと)まだ、新しい Surface Pro を触っていないのですが、これは、ちょっと電気屋さんへ覗いてこねば!

また、新しい Surface Proだけでなく、これまで発売された Surface シリーズや Windows 10にした一般的なノートPCやタブレットにも対応しています。

発売は、2017年8月10日、定価は、1,380円+税。ぜひ、手に取ってご確認ください。


2017年8月 4日

OneDrive のプレミアム機能

Microsoft OneDrive のプラン には、有償版として「ストレージのみ」と「プレミアム機能」があります。

Microsoft OneDrive のプラン

OneDrive 無償版は、2017年8月現在、新規で作成すると5GBまで利用可能です。5GBでは、足りないという場合に、この有償版プランに契約します。

「ストレージのみ」の場合は、50GBが1ヶ月249円で利用可能です。(以前は、1ヶ月170円でしたが、2017年6月20日に料金改定がありました)

「OneDrive のプレミアム機能」は、1年間12,744円ですが、Office 365 Solo の機能が利用可能です。この Office 365 Solo に付属する OneDrive に関する便利な機能が増えているのに気がつきました。

  • リンクの有効期限が間もなく切れます
    OneDriveで、ファイルやフォルダーを友人知人と共有する際、有効期限を設定することができます。
  • オフライン フォルダー
    インターネットに接続されていない環境でもフォルダー全体にアクセスできる
  • 複数ページのスキャン
    複数のドキュメントやページを1つの共有可能なPDFにスキャンして整理できる
  • 共有の上限を増やせる

これらの機能は、現在、Office 365 Solo を使っている人にも利用可能です。Office 365 Solo に紐づけていない Microsoft アカウントで OneDrive.com にサインインすると左下に「プレミアムに移行」と表示されます。

プレミアムに移行

「詳細情報」を開いてみるとプレミアムに移行することができます。

Office 365 Solo に紐づけてある Microsoft アカウントで OneDrive.com にサインインすると左下に「OneDrive のプレミアム機能」と表示されます。

OneDrive のプレミアム機能

「OneDrive のプレミアム機能」を押すとどんな機能が使えるのかの説明ページが開きます。
OneDrive のプレミアム機能

また、違いは、OneDrive.com  でファイルやフォルダーを共有する際にも出てきます。共有する際の画面に「期限日の設定」というのが表示されるのですが、チェックをつけようとすると、「リンクの有効期限が間もなく切れます」というポップアップが表示されます。これは、「期限の設定」が「プレミアムに」というボタンで移行しないと利用できないという説明文です。有償版に切り替えないと共有できないというわけではないのでご心配なく。

OneDrive のプレミアム機能が使えない場合

利用可能な場合は、「期限日の設定」にチェックをつけると、何日間共有するのか指定できました。

OneDrive のプレミアム機能が使える場合

Office 365 Solo を使っている場合は、ぜひ利用してみてください。なお、プレインストール版の Office Premium +Office 365 サービス でも利用できるかどうかは、わかりませんでした。

参考:OneDrive の容量プランと課金に関する質問

2017年8月 3日

Windows 10 用 Skype アプリを Facebook アカウントで使いたい

これまで、デスクトップ版 Skype を使っていました。デスクトップ版では、Facebook アカウントでサインインしていました。このたび、パソコンをWindows 10に乗り換えました。Windows 10 用アプリの Skype を起動してみたところ、Facebook でサインインできるようになっていませんでした。デスクトップ版 Skypeで使っていた「連絡先リスト」を使いたいのです。こんな場合、どうするといいのでしょう。

デスクトップ版 Skype(Skype for Windows)を起動して、「サイン イン」画面を表示させると「Facebook でサインイン」が見つかります。

デスクトップ版 Skype の「サインイン」画面

これを利用すると、確かに今でも Facebook のアカウントとパスワードでサインインできました。

デスクトップ版 Skype の「Facebook アカウントでのログイン」画面

しかし、Windows 10 用アプリの Skype (Skype for Windows 10)のサインイン画面には、「Facebook でサインイン」は見当たりません。入力欄には、「Skype名、または Microsoft アカウント」と書いてあります。

Skype for Windows 10のサインイン画面

なお、Windows 10 用アプリの Skype (Skype for Windows 10)の他、iPhone や Android といったスマートフォン用の Skype アプリにも、「Facebook でサインイン」は見当たりません。サインイン画面には「メール、電話、またはSkype]と書いてあり、Skype名やMicrosoft アカウントでのサインインを求められます。

iPhone の Skype アプリ サインイン画面

Facebook アカウントでデスクトップ版 Skype にログインしてみたところ、特殊なSkype名がつきました。「facebook:<16桁の数字>」というものでした。それを Skype名として Skype for Windows 10 でサインインしてみました。しかし、「この Microsoft アカウントは存在していません。別のアカウントを入力してください」とエラーメッセージが表示され、パスワード入力へ進めませんでした。

そこで、ブラウザを利用した Skype for Web で確認してみました。Skype for Web からだとFacebook アカウントでサインインできます。

Skype for Web のサインイン画面

ページ下部に「Facebookのアカウントでサインイン」が見つかります。これを押すと、「Facebook でログイン」の画面が開きます。

「Facebook でログイン」の画面

Facebook アカウントでログインすると、Skype for Web が利用可能でした。

Skype をブラウザでの Skype for Web や Skype for Windows ではなく、Skype for Windows 10 といったアプリで利用するには、Microsoft アカウントが必要なようです。Facebook アカウントと Microsoft アカウントを連携させればいいと思うのですが、2015年6月で、Microsoft アカウントと Facebookの連携ができなくなりました。

Facebook Connect は利用できなくなりました - Office のサポート

2015年6月以前に、Facebook アカウントとMicrosoft アカウントを連携してある場合は、連携した Microsoft アカウントでサインインすれば、いいでしょう。しかし、2017年8月現在、もう Facebook アカウントとMicrosoft アカウントの連携はできません。

Windows 10でも、デスクトップ版の Skype for Windows は利用可能です。デスクトップ コンピューター用 Skype をダウンロード | Skype のページから「クラシック バージョンの Skype をお求めの場合には、こちらをクリックしてください。」の下にある「ダウンロード」を押すと、インストールファイルをダウンロードすることができます。

Facebook アカウントでサインインしたい場合は、ブラウザで Skype for Web を使うか、Windows 10 でも、デスクトップ版の Skype for Windows を利用してください。

参考:モバイルデバイスで Facebook アカウントを使用して Skype にサインインできますか?

Skypeのシステム要件を教えてください。

2017年8月 2日

Insta360 Nano を使ってみた

2017年6月23日に Windows 10:「映画&テレビ」で360度動画対応 で紹介した360度カメラの Insta360 Nano。あれから、いろいろ使ってみています。

iPhoneに接続して、専用のアプリを起動。プレビュー画面から、FacebookやTwitter などのSNSに簡単に投稿できます。

Insta360 nano のプレビュー画面

では、たくさん撮ったデータを一度にFacebookのアルバムへ投稿できないものでしょうか?その場合は、次のようにして、一度、iPhoneへデータを移行させます。

  1. Insta360 nano アプリを起動し「アルバム」を表示。左上にある複数選択ボタンをタップ。
    Insta360 nano で「アルバム」を表示
  2. 複数選択画面が開くので、iPhoneへ移動させたい写真や動画をタップして選択。選択できると黄色い枠で囲まれます。
  3. 選択で来たら、上部にある「ダウンロード」ボタンをタップ
    複数選択できた
  4. エクスポートが始まるので、しばらく待ちます。
    エクスポート中
  5. 以上でiPhoneの「写真」フォルダーに Insta360 Nano で撮った写真がダウンロードされます。

後は、iPhoneで撮った写真のように利用可能です。

なお、Insta360 nano のアプリからもアルバムを「iPhone & カメラ」や「iPhone」だけ、そして「カメラ」だけを表示させるよう変更することも可能です。

Insta360 nano のアプリからアルバムを変更

思い出として取っておきたい写真や動画は、microSD カードがいっぱいになる前に、しかるべき場所へ保存しておきましょう。

Windows 10 IP:Microsoft アカウントのパスワードを忘れた場合

Windows 10 の2017年秋に行われる大型アップグレード(Fall Creators Update)では、Windows 10にサインインする際のパスワードを忘れてしまっても、サインイン画面から直接変更できるようになっています。この機能は、Windows 10 Insider Preview版 Build 16237 から利用可能です。

どんな感じでパスワードを変更できるのか、Insider Preview 版 Build 16251を使って紹介します。

Windows 10 のロック画面からサインイン画面に切り替えます。「パスワード入力欄」の下に「パスワードを忘れた場合」がありますので、それをクリックします。

サインイン画面

しばらく待ちます

「アカウントの回復」画面に切り替わります。このとき、スピーカーが使えるPCでは、Cortana の音声ガイドが入りました。そこで、マイクで話しかけてみましたが、うまく対応してもらえませんでした。さて、「Microsoft アカウント」入力欄にサインインに使う Microsoft アカウントを入力されているかを確認。崩れた英数字の画像を見て(画像認証)、その通り入力し、「次へ」ボタンを押します。

「アカウントの回復」画面

「本人確認」画面が表示されます。Microsoft アカウントを取得した際に登録した「セキュリティ コード」を送信してもらう方法を選択します。

「本人確認」画面 1

方法を選択すると表示される指示に従って入力し、「コードの送信」ボタンを押します。

「本人確認」画面 2

「コードに入力」欄に送信されてきたコードを入力しれ「次へ」ボタンを押します。

「本人確認」画面 3

※2段階認証を設定している場合、再度、違う送信先やアプリなどを使ってコードを入力するよう促されますので操作します。

「パスワードのリセット」画面が表示されます。新しいパスワードを入力します。このとき、入力欄の右端に「目」の印が表示されています。これを押すと何と入力したのか見えるようになります。入力内容を確認してから「次へ」ボタンを押します。

「パスワードのリセット」画面

「すべての設定が完了しました!」と表示されたら、完了です。「次へ」ボタンを押します。

「すべての設定が完了しました!」

ロック画面が表示されますので、サインイン画面に切り替えます。新しいパスワードを入力し、「→」ボタンもしくは、Enter キーを押すとサインインできます。

サインイン画面

パスワードを変更してサインインすると、OneDrive や「メール」アプリなどが新しいパスワードを入力しないと使えません。サインインできないことが通知されると思います。指示に従ってパスワードの変更作業を行います。

さて、本人確認をする際、そのパソコンでしか受信できないメールアドレスを設定してあると、セキュリティコードを受け取れないので厄介です。あらかじめ Microsoft アカウント|セキュリティ へアクセスして、「セキュリティ情報の更新」から 「セキュリティ情報の追加」を行い、SMS(ショートメッセージ)が受信できる携帯電話の番号やGmail や Yahoo!メールを登録。なお、携帯電話のメールアドレスは、登録できません。そして、追加登録したGmail や Yahoo!メールなどを携帯電話で受信できるようにしておきます。また、その他のセキュリティ オプション から「認証アプリ」をスマートフォンで使えるようにしておくことをお勧めします。

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

Translator


2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ