« マイクロソフトの音声リアルタイム翻訳機能に日本語が追加 | トップページ | Windows 10:Creators Update の「ディスプレイ」 »

2017年4月 7日

Windows 10 :Creators Update の仮想タッチパッド

Windows 10 Creators Update の面白そうな機能を紹介。今回は、仮想タッチパッドです。

仮想タッチパッドでは、モニター画面上でマウス操作ができます。例えば、タブレットPCに外部モニターを接続した際、外部モニターがタッチ非対応だとマウスを使わないと操作できません。そこをマウスをつながずに、仮想タッチパッドで操作するというものです。

まず、Windows 10 Creators Update にしたタブレットPC(Surface Pro2でキーボードを非接続)に外部モニターを接続し、拡張表示にします。これで、Surface の画面はタッチで操作できますが、外部モニターは何の操作もできません。

Windows 10 Creators Update に外部モニターを接続

タスクバーを指で長押しして、表示されたメニューの「タッチパッド ボタンを表示する」をタップします。

タスクバーを指で長押しすると表示されるメニュー

通知領域に「タッチパッド」のアイコンが表示されます。

通知領域の「タッチパッド」アイコン

これを押すと、タッチ対応のモニターに仮想タッチパッドが表示されます。

仮想タッチパッド

操作方法は、ノートPCについているタッチパッドと同じです。対応していれば、複数の指での操作も可能とのことで、Surface Pro2でも、3本指と4本指のジェスチャーが可能でした。

「設定」-「デバイス」-「タッチパッド」の3本指のジェスチャ

「設定」-「デバイス」-「タッチパッド」の4本指のジェスチャ

« マイクロソフトの音声リアルタイム翻訳機能に日本語が追加 | トップページ | Windows 10:Creators Update の「ディスプレイ」 »

Surface」カテゴリの記事

Windows 10」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51036/65119065

この記事へのトラックバック一覧です: Windows 10 :Creators Update の仮想タッチパッド:

« マイクロソフトの音声リアルタイム翻訳機能に日本語が追加 | トップページ | Windows 10:Creators Update の「ディスプレイ」 »

Translator


2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ