« Windows 10:PCを起動するとMicrosoft アカウントの通知が | トップページ | Windows 10 IP:新しい Snipping Tool とキャプチャー機能 »

2017年3月 8日

Windows 10 IP:スタートメニューのフォルダー機能

Windows 10 Insider Preview 版のスタートメニューに新しくフォルダー機能が追加されています。これは、Build 15002で追加された機能で、スタートメニューにピン留した複数のタイルをフォルダーにまとめることができます。

参考:Announcing Windows 10 Insider Preview Build 15002 for PC - Windows Experience Blog より

Start and Shell Improvements

Tile Folders in Start: As part of our ongoing effort to converge experiences across devices, and to address your feedback, we’re excited to let you know that with today’s build you will now be able to group your Start tiles into folders. Tile folders are a way for you to organize and personal your tiles in Start, and we’re happy to now bring this to Windows 10 PCs. To get started, drag and drop a tile on top of another tile in Start to create a folder.

スタートメニューのタイルをフォルダー化するには、スタートメニューにタイルをピン留めします。そのタイルの上に別のタイルをドラッグしてドロップします。

タイルの上にタイルをドラッグ

これで、2つのタイル(PowerPoint と Word )が1つのフォルダーにまとめられました。

PowerPoint と Word が1つのフォルダーにまとめられた

タイルを追加するには、出来上がったフォルダーの上に、タイルをドラッグして移動します。

フォルダーの上にタイルをドラッグ

これで、4つのタイルが1つのフォルダーにまとまりました。

複数のタイルが1つのフォルダーにまとまった

フォルダーを開くとこんな感じ。

フォルダーを開いてみた

フォルダーを開いてから、それぞれのタイルを押して、起動させます。スタートメニューが狭く感じていた方には、いい機能ですね。

« Windows 10:PCを起動するとMicrosoft アカウントの通知が | トップページ | Windows 10 IP:新しい Snipping Tool とキャプチャー機能 »

Windows 10」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51036/64987542

この記事へのトラックバック一覧です: Windows 10 IP:スタートメニューのフォルダー機能:

« Windows 10:PCを起動するとMicrosoft アカウントの通知が | トップページ | Windows 10 IP:新しい Snipping Tool とキャプチャー機能 »

Translator


2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ