« Windows 10 IP:新しい Snipping Tool とキャプチャー機能 | トップページ | Windows 10:更新プログラムをインストールせずにシャットダウンできますか? »

2017年3月 9日

Windows 10 IP:トラブルシューティング

Windows 10 Insider Preview 版では、「トラブルシューティング」が「設定」に入りました。「設定」-「更新とセキュリティ」で見つかります。

トラブルシューティングできる項目もかなりあります。スクロールしないと全部見れませんので、つなげてみました。

「設定」-「更新とセキュリティ」の「トラブルシューティング」

従来のWindowsでは、コントロールパネルに「トラブルシューティング」があります。Insider Preview 版でもコントロールパネルにまだありました。しかし、項目はコントロールパネルのよりも多いです。

コントロールパネルの「トラブルシューティング」

例えば、「キーボードのトラブルシューティング」は、コントロールパネルのにはありません。これは、タスクバーの「あ」とか「A」の部分を右クリックすると表示されるメニュー内で見つかります。

タスクバーの「あ」を右クリックした際に表示されるメニュー

こういったいろいろな場所に点在していた「トラブルシューティング」が一つにまとめられたようです。

項目を選択すると「トラブルシューティング ツールの実行」ボタンが表示されるので、それを押すだけです。

項目を選択すると「トラブルシューティング ツールの実行」ボタンが表示された

さて、画像で例に選びましたが、この「ブルースクリーン」のトラブルシューティング!ブルースクリーンになったということは、この設定画面も開けないのでは?と思う私。実際に使えるのでしょうか?(ドキドキ

ただ、すべてのトラブルシューティングが収まっていません。よく質問される「スタートメニュー」に関するトラブルシューティングが見当たりません。これは、まだ、「Web 上から実行」のようです。

[スタート] メニューまたは Cortana を開くときの問題のトラブルシューティング - Windows ヘルプ

« Windows 10 IP:新しい Snipping Tool とキャプチャー機能 | トップページ | Windows 10:更新プログラムをインストールせずにシャットダウンできますか? »

Windows 10」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51036/64990587

この記事へのトラックバック一覧です: Windows 10 IP:トラブルシューティング:

« Windows 10 IP:新しい Snipping Tool とキャプチャー機能 | トップページ | Windows 10:更新プログラムをインストールせずにシャットダウンできますか? »

Translator


2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ