« Windows 10:英語版だとコンテキストメニューのショートカットキーがわからない | トップページ | Windows 10:OneNote アプリの方程式をグラフ化 »

2017年3月14日

Excel 2016でCSVがUTF-8でも保存可能

Excel 2016で CSV ファイルが UTF-8 でも保存可能になりました。

Windows 版 Excel 2016 の新機能 – Excel  の2016年10月の更新プログラムより

CSV (UTF-8) のサポート

これについては、「Excel User Voice forum」 (Excel に関するユーザーの声フォーラム) でご要望がありました。UTF-8 文字エンコードを使用する CSV ファイルを開いて保存することができるようになりました。[ファイル][名前を付けて保存][参照] の順に進みます。次に、[ファイルの種類] メニューをクリックすると、[CSV UTF-8 (コンマ区切り)] の新しいオプションが表示されます。CSV UTF-8 は、Excel の既存の CSV オプション (ANSI) の場合よりも多くの文字数をサポートする、一般的に使用されるファイル形式です。これは何を意味していますか?英語以外のデータの処理に関するサポートが向上し、他のアプリケーションへのデータの移動が簡単になります。

Excel 2016の「ファイル」-「名前を付けて保存」ー「参照」で「名前を付けて保存」の画面が表示されます。これの「ファイルの種類」を開いてみると、「CSV (カンマ区切り)(*.csv)」の他に「CSV UTF-8 (カンマ区切り) (*.csv)」が見つかりました。

「名前を付けて保存」の画面の「ファイルの種類」を開いてみた

「ファイルの種類」を「CSV (カンマ区切り)(*.csv)」に指定して、ファイル名を入力して、保存します。すると、「この形式でブックを保存しますか?」という確認のメッセージが表示されますので、「はい」ボタンを押します。

image

これで、CSV形式のファイルが UTF-8 で保存できます。

さて、こうやって作った UTF-8 での CSVファイル。これを編集するために、Excelで開きます。編集後に保存をするわけですが、その時に「上書き保存」を使ってはいけません。日本語版の Excelの場合、CSV ファイルを上書き保存すると文字コードが UTF-8 から日本語版特有の「ANSI」になってしまいます。

そこで、面倒でも「ファイル」-「名前を付けて保存」で「ファイルの種類」を「CSV (カンマ区切り)(*.csv)」に切り替えてから、同じファイル名で保存して、上書き保存されるようにしてください。

« Windows 10:英語版だとコンテキストメニューのショートカットキーがわからない | トップページ | Windows 10:OneNote アプリの方程式をグラフ化 »

Excel」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51036/65015164

この記事へのトラックバック一覧です: Excel 2016でCSVがUTF-8でも保存可能:

« Windows 10:英語版だとコンテキストメニューのショートカットキーがわからない | トップページ | Windows 10:OneNote アプリの方程式をグラフ化 »

Translator


2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ