« Windows 10:「カレンダー」アプリの詳細が文字化け | トップページ | Windows 8.1 RT:「天気」アプリがアップデートできない »

2016年12月 9日

法人向け Office 365 アカウントの Microsoft アカウントを削除したい

社内で企業用 Office 365 の管理者をしています。このたび、一人の社員が退社することになりました。ところが、その社員の Office 365 アカウントが Microsoft アカウントとして登録されているのが判明しました。この Microsoft アカウントを削除したいのですが、どうするといいのでしょう?

企業用 Office 365 のアカウントを Microsoft アカウントにしてしまったので、紐づけを解除する方法は、法人向け Office 365 のアカウントを Microsoft アカウントにしている場合 で紹介しました。しかし、2016年9 月15日以降からは、法人用 Office 365のアカウントをMicrosoft アカウントとして登録できなくなりました。よって、これは、2016年9 月15日より前に、Office 365 のアカウントを Microsoft アカウントにしてしまったユーザーさんの問題です。なお、逆の Microsoft アカウントを法人用 Office 365のアカウントとして登録することも、もうできません。

参考:#AzureAD と Microsoft アカウントの重複問題に対する取り組み – Cloud and Server Product Japan Blog

Microsoft アカウントは、1年間に1回も Microsoft のサービス(Outlook.comOneDrive の別々)にサインインしなければ、無効になります。アカウントが無効になると、Outlook.com では、すべてのメールのメッセージやカレンダーなどのデータが削除され、受信したメールのメッセージは、「配信不能」として送信者に返送されます。OneDriveでは、ストレージ内に保存されているデータが削除されます。そして、そのまま、5年以上連続してサインインしない状態が続くと、アカウントが削除され、他の人でも取得すれば利用可能な状態になります。

参考:Microsoft サービス規約

よって、サインインせずに、1年以上放置すれば、自動的に無効になり、5年経過すると削除されます。しかし、どうしても、その Microsoft アカウントを早急に削除したい場合は、Microsoft サービス規約 にある「アカウントの停止」を実行します。

ところで、Microsoft アカウントは、個人のものです。Microsoft アカウントの削除作業は、企業の管理者ではなく、今までそのアカウントを使っていたユーザーさんに作業してもらうことをお勧めします。

Microsoft アカウントの削除は、次のようにします。

  1. Microsoft アカウントの「アカウントを削除する準備」にサインインします。
  2. 「このアカウントを削除する前に」が開きますので、内容をよく確認し、アカウントを削除する準備が整っているかどうか確認します。
  3. 「次へ」ボタンを押します。
  4. 「アカウントの削除によって生じる主な影響」が表示されます。各項目を確認しながらチェックをつけます。
  5. アカウントを削除する理由を選択します。
    ※すべての項目にチェックをつけて、削除理由を選択すると、「アカウントを削除する」ボタンが押せるようになります。
  6. 「アカウントを削除する」ボタンを押します。
  7. アカウントが削除される予定日が表示されますので、「完了」ボタンを押します。

以上で、削除予定日を過ぎると、Microsoft アカウントが削除されます。ただし、説明にもあるように削除作業をしても、60日間の猶予があります。60日の待機期間の間、削除予定のアカウントは、保持されています。よって、猶予期間内に停止しようと思うアカウントへサインインし、アカウントのセキュリティコードを企業用 Office 365 のメールアドレス以外で取得できると復活させることが可能です。

これを管理者がやめさせたい場合は、次のようにして Microsoft アカウントのパスワードを旧ユーザーが使っていたものから変更してから、削除作業をします。

  1. Microsoft アカウントの「セキュリティとプライバシー」に法人用 Office 365のアカウントでサインインします。
  2. 「その他のセキュリティ設定」をクリック。
  3. 「セキュリティの設定」ページが開くので、「パスワードの変更」をクリック。
  4. 「現在のパスワード」と「新しいパスワード」を2回入力して「次へ」ボタンを押します。
    入力欄の右端にある目のボタンを押すと、パスワードが見えるようになります。
  5. パスワードが変更され、「セキュリティの設定」ページに戻りますので、下部までスクロールします。
  6. 「アカウントの削除」をクリック。
  7. パスワードを求められますので、新しくしたパスワードを入力。
  8. 先に紹介した「アカウントを削除する準備」ページが開きますので、削除作業を開始します。

実際に削除作業をしてみるとわかりますが、かなりしつこく削除してもいいのか、念をおされます。そして、後日、旧ユーザーさんから、OneDriveに保存してあったデータ や Microsoft アカウントに紐づけてあったサブスクリプションを取り戻したいと言われても、削除予定日を過ぎるとできなくなります。これは、個人ユーザーさんからすると、かなりつらいことになります。特に、法人用 Office 365のアカウントをMicrosoft アカウントにしている場合は、法人用の部分と個人用の部分の境界がわからず、Microsoft アカウントが利用できなくなってから、必要だったことに気がつきます。

Microsoft アカウントを削除するのではなく、 法人向け Office 365 のアカウントを Microsoft アカウントにしている場合 で紹介した Office 365のアカウントからの紐づけを旧ユーザーさんに解除してもらい、Microsoft Web メールに変更してもらうことをお勧めします。

« Windows 10:「カレンダー」アプリの詳細が文字化け | トップページ | Windows 8.1 RT:「天気」アプリがアップデートできない »

ITPro」カテゴリの記事

Microsoftアカウント」カテゴリの記事

MS OnlineService」カテゴリの記事

Office 365」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51036/64603589

この記事へのトラックバック一覧です: 法人向け Office 365 アカウントの Microsoft アカウントを削除したい:

« Windows 10:「カレンダー」アプリの詳細が文字化け | トップページ | Windows 8.1 RT:「天気」アプリがアップデートできない »

Translator


2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ