« Internet Explorer で「セキュリティの警告」 | トップページ | Windows 10:「メール」アプリからPeopleが開ける! »

2016年11月17日

Windows 10:「Windows Ink ワークスペース」の定規をマウスで使いたい

Windows 10 を使っています。「Windows Ink ワークスペース」で定規が使えるようになっています。しかし、私のパソコンは、ペンやタッチが使えません。マウスでドラッグすると移動することはできました。しかし、角度を変更する方法がわかりません。マウスやキーボード操作で定規の角度を変更するには、どうするといいのでしょう?

Windows 10の「Windows Ink ワークスペース」は、Windows 10:付箋が見つかりません でも紹介しました。Windows 10 Ver.1607 から追加された機能で、通知領域の「ペン」のようなアイコンを押すと表示されます。Surface といった対応したペンが付属されている場合はトップボタンを押すことでも、表示されます。

Windows 10の「Windows Ink ワークスペース」

通知領域に「Windows Ink ワークスペース」アイコンが見当たらない場合は、タスクバーを右クリックして、表示されたメニューの「Windows Ink ワークスペース ボタンを表示」を有効にしてみてください。

「Windows Ink ワークスペース」で「スケッチパッド」や「画面スケッチ」を開くと、「定規」のアイコンが見つかります。有効にすると、定規で直線を引くことが可能です。

「Windows Ink ワークスペース」の「画面スケッチ」で定規を有効にして直線を描画

タッチ対応機の場合は、2本指で操作すると角度の調整ができます。マウスの場合は、定規の上にマウスポインターを置いてから、スクロールボタンを回してみてください。これで、角度調整が可能です。

キーボードでのショートカットキーの角度調整は、見つかりませんでした。現在は、タッチとマウスでの操作のみのようです。

なお、Windows Ink の定規は、「マップ」アプリの「Windows Ink ツールバー」を開いても見つかります。これも使い方は、「Windows Ink ワークスペース」と同じです。ペンとタッチ(もしくは、マウス)での描画切り替えは、「タッチによる手書き」を使ってみてください。
「マップ」アプリで定規を使ってみた

« Internet Explorer で「セキュリティの警告」 | トップページ | Windows 10:「メール」アプリからPeopleが開ける! »

Surface」カテゴリの記事

Windows 10」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51036/64504462

この記事へのトラックバック一覧です: Windows 10:「Windows Ink ワークスペース」の定規をマウスで使いたい:

« Internet Explorer で「セキュリティの警告」 | トップページ | Windows 10:「メール」アプリからPeopleが開ける! »

Translator


2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ