« 法人向け Office 365 の Azure AD を利用する | トップページ | プロバイダのメールがOutlook.comで受信できない (公式回避策) »

2016年10月20日

法人向け Office 365でインストールするOfficeのバージョンを2013にしたい

企業で法人用の Office 365 を使っている管理者です。社員が Office 製品をインストールする場合、最新の Office 2016がインストールされてしまいます。しかし、当社では、まだ、連携するアプリの対応ができていない、アドインに互換性がないなど Office 2013を使い続ける必要があります。そこで、社員が Office 製品をインストールする際、Office 2016ではなくOffice 2013がインストールされるようにしたいのです。こんな場合、どうするといいのでしょう?

法人用 Office 365で、社員が Office 製品をインストールしたい場合、Office 365 へサインインします。右上にOffice 製品のインストールボタンが表示されるのですが、初期設定のままでは、自動的に Office 2016 がインストールされるようになっています。

Office 365ページでの右上「Office 2016」がインストールされる

確かに、Office 2016では、まだ不都合があるという場合が多く、Office 2013を使い続けたいという要望があります。

参考:別のバージョンの Office をインストールするはなぜですか。 Office 365 Admin ヘルプ

既に、Office 2016 をインストールしてしまった場合は、Office 2013 を再インストールすることも可能です。

参考:一般法人向け Office 365 を使用して Office 2016 にアップグレードした後で Office 2013 を再インストールする - Office 365

Visio 2013 搭載機に法人用 Office 365のデスクトップアプリをインストール

個人用 Office Premium 搭載機に法人用 Office 365のデスクトップアプリをインストールしたい

そして、Office 365 の管理者権限を使って、最初から Office 2013がインストールされるようにしてしまうことも可能です。

次のようにします。

  1. 管理者のアカウントで Office 365 へサインインします。
  2. Admin center を開き、左側の一覧から「設定」-「アプリ」を開きます。
  3. 右側の一覧から「Office ソフトウェアのダウンロード設定」を選択します。
    Admin center で「設定」-「アプリ」を開いた
  4. 「Office ソフトウェアのダウンロード設定」が開きます。「PC 用のソフトウェア」で「2016 バージョン」が「オン」になっていることでしょう。 
    ※画像のように「2016 バージョン」と「2013 バージョン」の両方が「オン」になっている場合、ユーザーが選択すれば、どちらでもインストール可能です。
    「Office ソフトウェアのダウンロード設定」
  5. 「2016 バージョン」を「オフ」に切り替え、「保存」ボタンを押します。
    「2016 バージョン」を「オフ」してみた
  6. 「ソフトウェアのダウンロードの設定が更新されました。」と表示されたら、「閉じる」ボタンを押します。
    ソフトウェアのダウンロードの設定が更新されました。

これで、社員用のアカウントで、Office 365 へサインインすると、右上のOffice 製品インストールボタンが Office 2013 がインストールされるボタンに変わります。

Office 365ページでの右上「Office 2013」がインストールされるようになった

なお、この設定にしてしまった場合、管理者によって停止されているので、Office 2016をインストールすることはできません。一部のユーザー二のみ、Office 2016を利用させたい場合、Office 展開ツールを使って手動でダウンロードおよびインストールをする必要があります。

参考:Office 365 ProPlus 更新プログラム チャネルの概要

なお、法人用 Office 365 の Office 2013 Professional  Plusは、一般的なOffice製品と違いOffice 365 サブスクリプション購入者に対するメインストリーム サポートの終了が使用期限になります。現在のところ、Office 2013の更新プログラムは、2017年2月28日まで提供予定とのことです。それまでには、Office 2016へバージョンアップした方がいいでしょう。

参考:Support for the 2013 version of Office 365 ProPlus ends February 28, 2017

Office 2013はいつまで使える?  Office (オフィス) 365 相談センターブログ  ソフトバンク コマース&サービス

2016年10月22日 追記:
Office 製品のインストールに関する仕様に新しい動きがありました。搭載されていない製品であれば、Office 2013とOffice 2016での別バージョンの製品がインストール可能です。詳細は、Office 2013の環境に Office 2016 製品が追加できる!でどうぞ。

2017年2月1日 追記:
2017年2月28日以降、Office 2013のダウンロードができなくなります。詳細は、Office 365 サブスクリプションでの Office 2013は2017年2月28日終了でご確認ください。

« 法人向け Office 365 の Azure AD を利用する | トップページ | プロバイダのメールがOutlook.comで受信できない (公式回避策) »

ITPro」カテゴリの記事

MS Office」カテゴリの記事

Office 365」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51036/64376317

この記事へのトラックバック一覧です: 法人向け Office 365でインストールするOfficeのバージョンを2013にしたい:

« 法人向け Office 365 の Azure AD を利用する | トップページ | プロバイダのメールがOutlook.comで受信できない (公式回避策) »

Translator


2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ