« Windows 10 で Windows Live Essentials は使えないのですか? | トップページ | Windows 10:「メール」アプリでエイリアスメールが利用可能に! »

2016年8月23日

Outlook メールで利用中のアドレスを Windows Live メールへ手動で設定

2016年8月10日に Windows Live メールで送受信できない を紹介しました。この現象は、Outlook.com が利用している同期システムが Windows Live メールに対応していないために起こります。

しかし、Windows Live メールでも手動で設定すると送受信できるという情報が入りました。

参考:Outlook メール で利用中のアドレスをWindows Live メール へ設定する方法

早速、実際に確認してみました。

ご注意:
Windows Live メール を含む、Windows Essentials  製品のサポートは、2017年1月10日で終了します。紹介する設定は、それでもどうしても、Windows Live メールを使いたい場合に行ってください。

今回確認したメールアドレスは、Outlook.com にアクセスすると、左上に「Outlook メール」と表示される新システムに移行した Microsoft Web メール「@outlook.jp」タイプです

image

まずは、Windows Live メール 2012で自動セットアップしてみます。すると、下記のようにエラーメッセージが表示され、メールの送受信ができません。

要求されたタスクの処理中にエラーが発生しました。

この現象は、新システムに移行した Microsoft Web メールを Windows Live メールで「HTTP サーバー」の設定で利用していると起こります。

新システムへ移行したアカウントのプロパティ 「サーバー」タブ

そこで、HTTP サーバーで設定したアカウントは削除して、次のようにして、手動で「IMAP」の設定でセットアップしてみました。なお、HTTP サーバーの場合は、Windows Live メールで送受信したメッセージがサーバー上に残っています。Windows Live メールでアカウントを削除しても、IMAP でセットアップすれば、再度読み取ることが可能です。

※ Windows Live メール は、お使いのOSに対応した最新のバージョンをお使いください。バージョンの確認方法は、Windows 10 で Windows Live Essentials は使えないのですか? を参考にしてみてください。

  1. Windows Live メール を起動し、「アカウント」タブにある「電子メール」 ボタンを押す。
    Windows Live メールの「アカウント」タブを開いたところ
  2. 「自分の電子メール アカウントを追加する」が表示されるので、「電子メール アドレス」「パスワード」「表示名」を入力して、「手動でサーバー設定を構成する」にチェックをつけ、「次へ」ボタンを押す
    自分の電子メール アカウントを追加する
  3. 「サーバー設定を構成」が開くので、次のように設定。
    受信サーバー情報
    サーバーの種類 IMAP
    サーバー アドレス imap-mail.outlook.com
    ポート 993
    セキュリティで保護された接続 (SSL) が必要 チェックを入れる
    ログオンユーザー名 @ 以降を含める(メールアドレス全体)
    送信サーバー情報
    サーバー アドレス smtp-mail.outlook.com
    ポート 25 (25 がブロックされていて利用できない場合は 587)
    セキュリティで保護された接続 (SSL) が必要 ポートを587にした場合は、チェックを入れる
    認証が必要 チェックを入れる
    ※サーバーアドレスをコピーして貼り付けると、前後にスペースが入ってしまうようです。スペースが入っているとエラーになりますのでご注意ください。
    サーバー設定を構成
  4. 入力が完了したら「次へ」ボタンを押す
  5. 「電子メール アカウントが追加されました」と表示されたら、「完了」ボタンを押す
    電子メール アカウントが追加されました

以上で、サーバーからのダウンロードが始まります。ただし、Windows Live メールでは、サーバー上にあるすべてのメールをダウンロードします。大量のメールがサーバー上に保存されている場合、ダウンロードにかなりの時間を要します。

Outlook からフォルダーをダウンロード中

ダウンロードが完了すると、新システムに移行した Microsoft の Web メールでも、Windows Live メール 2012で送受信できるようになりました。

なお、このようにMicrosoft の Web メールアドレスを登録後、Windows Live メールにサインインしてみました。一応、サインインできます。Windows Live メールの「アドレス帳」に登録してみたところ、Web 上の「Outlook 連絡先」にも反映されました。しかし、「カレンダー」の同期はできませんでした。「カレンダー」は、ブラウザで Outlook カレンダー へアクセスするか、Windows 8.1 以降標準インストールされている「カレンダー」アプリを利用してみてください。

2016年12月22日に再度確認してみたところ、Windows Live メールの「アドレス帳」に登録しても、Web 上の「Outlook 連絡先」に反映されませんでした。アドレス帳も同期を止めています。

また、フォトメールの送信もできなくなりました。写真をメールで送りたい場合は、Windows Live メールで「フォト メール」が送れないを参考にしてみてください。

参考にした Outlook メール で利用中のアドレスをWindows Live メール へ設定する方法 では、「POP」での設定方法も紹介しています。都合に合わせて設定してみてください。

2016年9月3日 追記:
Windows Essentials 2012製品のサポート終了日が公開されました。以降の利用は、自己責任になります。詳細は、Windows Essentials 2012は2017年1月10日でサポート終了  でどうぞ。

« Windows 10 で Windows Live Essentials は使えないのですか? | トップページ | Windows 10:「メール」アプリでエイリアスメールが利用可能に! »

Microsoftアカウント」カテゴリの記事

MS OnlineService」カテゴリの記事

Windows Live」カテゴリの記事

メール」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
「次を使用して認証する」のところは「クリアテキスト」なのに「セキュリティで保護されたパスワード認証」だと思い込み何回も失敗してしまいました。おかげさまで、設定成功しました。ありがとうございました。

大変ありがとうございました。
マイクロソフトに問い合わせしたところ、サポートが終了したと言われ有償サポートを進められました。
( ´∀` )

突然、送受信出来なくなり、丸二日間憂鬱な気分でいたのが、おかげさまでhappy01!ありがとうございました!

LiveMail2011で使えなくなり、MicrosoftOutlook2003で使っていましたがまたもや使えなくなり途方に暮れていたのですが、Livemail復活です!

感謝です!!ありがとうございます!happy01

素晴らしい!
VISTA + Windows Live2011でメール同期できずしばらく悩んでました。
パソコン買い換えかなあなど。。。。

一発で解決じゃないですか
救世主ですよ!

ありがとうございます。(=゚ω゚)ノ o(_ _)oペコッ

はじめまして、、
Win8.1 Win Live メール 2012のみ利用していましたが
お知らせメールに気付きませんでした。
メーリングリスト利用(msn.com)メールが
お知らせ期限到来のようで受送信エラーばかりに落ち込んでいました。
おかげさまでWin Llive メール へ
outlook.comアカウント取得出来ました\(^o^)/
やはりWin Live メールが慣れ親しんでおり使いやすいです。
ありがとうございました(^人^)感謝♪

10月に入って同期されなくなり本当に困っていました。
こんなやり方があるとは…。本当にありがとうございます。
助かりました。

8月からWin Live メール 2011が使えなくなっていろいろ調べて、サポートが終了したと書いてあったので、Thunderbirdを入れて使用していたのですが、とても使い勝手が悪く、よくフリーズ?していたので、どうにかならないかな~と、また調べていたらこちらのサイトにたどり着き、設定をしたら、無事見れるようになりました。
大変助かりました。ありがとうございました!とっても感謝しています♪

Windows7のまま、Windows Live 2012を使い続けたくて
何か方法はないものかと検索していて
このページに偶然たどり着きました。
手動でのIMAP設定で使えるようになりました。

直接お礼を言いに伺いたいくらい
本当にうれしいです!(笑)

わかりやすい情報のご提供、
ありがとうございました!!!

【問い合わせ】

メールの同期ができるようになったのですが、送信ができません。
以下のとおりの設定にしています。

【送信サーバー情報】
ポート:25 (25 がブロックされていて利用できない場合は 587)
セキュリティで保護された接続 (SSL) が必要:ポートを587にした場合は、チェックを入れる

25で送れなかったので、587にポートの番号を変えました。

また、以下のようなエラーメッセージが出ます。

*********
ホスト 'smtp-mail.outlook.com ' が見つかりません。サーバー名が正しいことを確認してください。

件名 'Re: お問合せありがとうございます。'
サーバー: 'smtp-mail.outlook.com '
Windows Live メール エラー ID: 0x800CCC0D
プロトコル: SMTP
ポート: 587
セキュリティ (SSL): はい
ソケット エラー: 11004
*********

Windows Liveメールで自動で同期していたアカウントをそのまま残しているからでしょうか。

原因がわかれば、教えていただけますでしょうか。
よろしくお願いいたします。

ama さん
エラーメッセージをそのままコピーして貼り付けてありましたので、エラーになっている原因がわかりました。
> ホスト 'smtp-mail.outlook.com ' が見つかりません。
とあるように、送信サーバー情報の
smtp-mail.outlook.com
の後ろにスペースが入っているようです。
設定したメールのプロパティの「サーバー」タブを開いて、「送信メール(SMTP)」欄の末尾を確認してみてください。
スペースが入っていたら削除して、「適用」、「OK」ボタンを押します。
これで、現象がどうなるか、確認してみてください。

早速のご回答ありがとうございます。
おっしゃるとおり、スペースが入っていました。
修正後、送信できました。
こんな小さなミスでお手を煩わせてしまい、申し訳ありませんでした。
ありがとうございます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51036/64099343

この記事へのトラックバック一覧です: Outlook メールで利用中のアドレスを Windows Live メールへ手動で設定:

« Windows 10 で Windows Live Essentials は使えないのですか? | トップページ | Windows 10:「メール」アプリでエイリアスメールが利用可能に! »

Translator


2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ