« OneDrive に関する重要な変更 | トップページ | Windows 8.1のOneDriveで「個人用ファイルをこれ以上同期できません」というメッセージ »

2016年4月23日

Windows 10 Insider Preview Build 14328のMicrosoft IME

Windows 10 Insider Preview 版の Build 14328が公開されました。

Announcing Windows 10 Insider Preview Build 14328 for PC and Mobile | Windows Experience Blog

上記ブログを確認してみたところ、日本語版では、Microsoft IMEに新機能が入ったとのこと。確認してみました。

「Microsoft IME の詳細設定」の「予測入力」タブにあった「クラウド候補を使用する」に「自動」と「手動」の切り替えができました。

「Microsoft IME の詳細設定」の「予測入力」タブ

クラウド候補が「手動」になっていると、「クラウド候補の取得」というメッセージが表示されます。クラウド候補を使うかどうか、いちいち聞いてくるようになっています。

クラウド候補が「手動」

クラウド候補を「自動」に切り替えると、スムーズに予測候補としてクラウド候補が表示されます。最新の言葉をよく使う場合は、「自動」にしておくと便利でしょう。

クラウド候補が「自動」

日付の入力が予測候補で表示されるようになりました。これは、かなり前から要望していましたので、すごく待ち望んでいた機能です。

例えば、「きょう」と入力します。すると、すぐに「予測候補」が表示されます。候補一覧に今日の日付が含まれています。

「きょう」と入力しての予測候補

Tabキーで予測候補一覧を移動します。「2016年4月23日」と書いてある日付を超えて、Tabキーを押すと、他の日付の候補が表示されます。年が西暦だけでなく「平成」と和暦も表示されるようになっています。また、曜日のついた日付も表示されます。

Tabキーで移動

もちろん、「あした」や「あさって」も入力可能でした。

「あした」と入力しての予測候補

さて、今の時間は表示できないものでしょうか?予測候補を表示するまでの文字数」を「3」から「2」へ変更します。

「Microsoft IME の詳細設定」の「予測入力」タブ

これで、「いま」と入力すると、今の時刻が予測候補に表示されました。

「いま」と入力しての予測候補

これも、Tabキーで次の候補を表示してみると、「午前」や「午後」と着いているタイプ、短い形式の「:」でのタイプも表示されました。

Tabキーで移動

製品版が楽しみです。

« OneDrive に関する重要な変更 | トップページ | Windows 8.1のOneDriveで「個人用ファイルをこれ以上同期できません」というメッセージ »

MS-IME」カテゴリの記事

Windows 10」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51036/63524923

この記事へのトラックバック一覧です: Windows 10 Insider Preview Build 14328のMicrosoft IME:

« OneDrive に関する重要な変更 | トップページ | Windows 8.1のOneDriveで「個人用ファイルをこれ以上同期できません」というメッセージ »

Translator


2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ