« Windows 10:アプリケーションのコンテキストメニュー項目が違う | トップページ | Windows 10:日本語版を別の言語表記にする »

2016年2月 8日

Windows 10:Microsoft IMEの不要な予測変換候補を削除する

日本語入力中に文節を間違えてうっかり変換、確定してしまった場合、次に同じ語句を入力すると予測変換候補に間違えた語句が表示されるようになります。

Office IME 2003までなら、変に覚えてしまった変換候補をCtrl+Delete キーで削除することができました。しかし、この削除機能は、Office IME 2007以降から無くなりました。代わりに学習した抑制単語を削除していました。

参考:IME の 学習情報を削除したい

さて、Windows 10の Microsoft IMEに、再び、Ctrl+Delete キーによる誤変換後の予測入力校の削除ができるようになりました。次のようにします。

  1. 「お気に入りの登録」と入力するつもりが、間違えて「沖に入りの登録」と変換して確定したとします。
  2. 次に「おきにいり・・・」と入力すると、予測変換候補が表示され、誤変換してしまった語句が表示されます。
    image
  3. Tabキーか下矢印キーを押して、誤変換している語句を選択します。
  4. 予測変換候補の下部に「Ctrl+Delete キーで候補を非表示」と表示されますので、Ctrl+Delete キーを押します。
    image
  5. 誤変換語句が予測候補から消えました。
    image

参考:Windows 10 を担当者が語るシリーズ II November Update | 日本語周りの改善編

« Windows 10:アプリケーションのコンテキストメニュー項目が違う | トップページ | Windows 10:日本語版を別の言語表記にする »

MS-IME」カテゴリの記事

Windows 10」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51036/63184224

この記事へのトラックバック一覧です: Windows 10:Microsoft IMEの不要な予測変換候補を削除する:

« Windows 10:アプリケーションのコンテキストメニュー項目が違う | トップページ | Windows 10:日本語版を別の言語表記にする »

Translator


2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ