« Windows 10:日本語版を別の言語表記にする | トップページ | Microsoft Office 製品の再インストール方法について »

2016年2月14日

Windows 10:ストアアプリ版 OneNote で Office Lens

OneNote を手軽で便利なスキャナーのように使える Office Lens。カメラアプリで撮ったドキュメントやホワイトボードの写真が Office Lens で自動的にトリミングされ、美しく調整してくれるアプリです。この件は、過去、下記記事でも紹介しました。

iPhone の OneNote アプリで Office Lens が利用可能

Windows 8.1 ストアアプリ版 OneNote で Office Lens

もちろん、Windows 10の OneNote アプリでも利用可能です。ただ、Windows 8.1の OneNote アプリとは、操作方法が違いますので、改めて紹介しましょう。

  1. OneNote アプリを起動します。
    デスクトップ版の OneNote ではなく、ストアアプリ版を起動します。バージョン番号の記載のない方が ストアアプリ版です。
    OneNote のタイル
  2. OneNote アプリの「ホーム」タブや「挿入」タブにある「カメラ」を押します。
    OneNote アプリの「挿入」タブ
  3. 左側にOffice Lens の切り替えアイコンがあります。押すと「写真」「ドキュメント」「ホワイトボード」と切り替えられます。
    OneNote で「カメラ」起動中
    ドキュメント:紙に記載された書類などを取り込みたい場合、斜めに撮っても台形補正されます。
    ホワイトボード:ホワイトボードに書かれたものを取り込みたい場合
  4. 右側の「カメラ」ボタンをタップ/クリックして、写真を撮ります。
    右側にある「カメラ」ボタン
  5. 撮り終えたら、右下の「すべて挿入」ボタンを押します。 複数枚写真を撮って、一度に挿入することも可能です。
    右下の部分
  6. OneNoteのノートに、写真が挿入されます。 

OneNoteは、OCRで検索可能なので、写真で撮ったテキストの部分も検索すると、ヒットします。

ちょっと試しに「写真」でも撮って、同じノートに貼り付けてみました。上が「ホワイトボード」で撮った場合、真ん中が「ドキュメント」、下が「写真」で撮った場合です。

写真で撮れたホワイトボードを挿入

紙に記載されたものを撮影しようとすると、どうしても斜めや台形になってしまうことでしょう。

本の表紙を「ドキュメント」で撮影してみる

これを「ドキュメント」で撮影します。すると、形を補正し、必要な部分だけをトリミングしてノートに挿入します。

本の表紙が適切な形でノートに挿入

« Windows 10:日本語版を別の言語表記にする | トップページ | Microsoft Office 製品の再インストール方法について »

OneNote」カテゴリの記事

Surface」カテゴリの記事

Windows 10」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51036/63208658

この記事へのトラックバック一覧です: Windows 10:ストアアプリ版 OneNote で Office Lens:

« Windows 10:日本語版を別の言語表記にする | トップページ | Microsoft Office 製品の再インストール方法について »

Translator


2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ