« Windows 10:Edgeのアドレスバーから天気予報を表示 | トップページ | Windows 10:スタートメニューのスクリーンショットを撮る »

2015年12月 6日

Windows 10:「マップ」アプリの「現在地」が正しくない

Windows 10を使っています。「マップ」アプリを起動してみました。ところが、現在地が全然違う場所を示しています。こんな場合は、どうするといいのでしょう?

「マップ」アプリの現在地は、右側に表示されるツールバーの「○」を押すと表示されます。

「マップ」アプリの右側にあるツールバー

しかし、パソコンの位置情報は、携帯電話やスマートフォンに比べるとかなり精度が悪いようです。利用しているプロバイダーや、現在いる地域によっては、全然違う場所を示すことがあります。

ただ、そんな場合は、上部に「指定された場所に一致する場所が見つかりません。このような場所に使う場所を保存しますか?」というメッセージが上部表示されることでしょう。ここの「場所を保存」を押します。

「指定された場所に一致する場所が見つかりません。このような場所に使う場所を保存しますか?」というメッセージ

検索ボックスが表示されますので、現在地の住所を入力して検索します。すると、候補が表示されます。

検索して候補を見つける

候補の下部の「★」星印を押すと「お気に入り」の登録が表示されます。わかりやすい名称を「ニックネーム」欄に入力。また、自宅や勤務地の場合は、該当の項目を「オン」にします。
image

「保存」ボタンを押します。以上で場所の保存ができました。うまく現在地が表示できない場合は、「保存した場所」に登録した場所を拾って表示します。

マップアプリの「設定」

なお、この設定変更は、「設定」(歯車マーク)を開くと可能です。上部に「指定された場所に一致する場所が見つかりません。このような場所に使う場所を保存しますか?」メッセージが表示されなかった場合は、「設定」から直接登録してみてください。デスクトップタイプなど、持ち歩かないパソコンの場合は、「保存した場所」に登録しておくといいでしょう。

以上で、現在地が見つからない場所の場合は、「保存した場所」の地域を使うようになります。

image

« Windows 10:Edgeのアドレスバーから天気予報を表示 | トップページ | Windows 10:スタートメニューのスクリーンショットを撮る »

Windows 10」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51036/62816676

この記事へのトラックバック一覧です: Windows 10:「マップ」アプリの「現在地」が正しくない:

« Windows 10:Edgeのアドレスバーから天気予報を表示 | トップページ | Windows 10:スタートメニューのスクリーンショットを撮る »

Translator


2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ