« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月30日

Japan ComCamp 2016 powered by MVPs 開催のお知らせ

もっと実践的な内容でご自身の IT 知識を深めたい方にお薦めの誰でも参加できる無料の IT 勉強会として「Japan ComCamp 2016 powered by MVPs 」が開催されることとなりました。2015年1月31日に MVP Community Camp 2015として全国で合計 700 名を超える学生、開発者ならびに IT 技術者の方々にご参加いただいき、大変好評だったカンファレンス。次回は 2016 年 2 月 20 日(土)に全国 8 都市、札幌、東北(仙台)、東京、名古屋、北陸(金沢)、大阪、岡山、福岡での同時開催が決定いたしました!

さて、私の住んでいる北陸地方でも石川県で開催されます。私も登壇いたしますよ。お近くにお住まいで興味のある方は、ぜひご参加ください。

なお、勉強会の後、懇親会も開催します。こちらからお申込みください。

その他の会場のセッション概要や登録は下記のサイトからどうぞ。

札幌会場 / 東北会場 / 東京会場 / 名古屋会場 / 大阪会場 / 岡山会場 / 福岡会場

富山合同勉強会2016 ~ブリしゃぶ会 2016~

またまた、富山県にて .NET Framework やJava、Ruby に関する勉強会を2016年1月30日(土)に開催します。 なお、前回の様子は以下を参照してください。

MVP Community Camp 2015 北陸会場 富山合同勉強会 .NET & Java ~ぶりしゃぶで休もう~

私も登壇いたしますよ。お近くにお住まいで興味のある方は、ぜひご参加ください。

  • 開催日時: 2016年1月30日(土)13:00~
  • 会場: 富山大学 五福キャンパス
    ※本イベントは富山大学とは無関係です。富山大学へのお問い合わせは行わないようにお願い致します。
  • 参加費: 1,000円(会場費として)
  • 参加申し込みページ
    富山合同勉強会2016 - connpass
    セッション内容やスケジュールは、変更される恐れがあります。随時更新されますので、参加申し込みページでご確認ください
  • ハッシュタグ: #toyamaburi

今年も.NET Framework と Java に関する勉強会を同時開催します。 2つの部屋にて、それぞれのセッションが同時進行されますので、お好きな部屋へ自由に移動してご参加ください。。

また、勉強会終了後に懇親会も開催します。懇親会への申し込みは、富山合同勉強会2016 【懇親会用】 - connpass でどうぞ。

なお、今回のMVP Community Camp 2016 北陸会場は、2015年2月20日 に金沢で開催されます。詳細は、Japan ComCamp 2016 powered by MVPs 開催のお知らせ でどうぞ。

Windows 10:デュアルモニターで別々の壁紙を使いたい(Ver.1511)

2015年8月2日に、Windows 10のデュアルモニターで別々の壁紙を使いたい を紹介しました。しかし、2015年10月12日に公開された Insider Preview 版の Build 10565以降や製品版も2015年11月12日に公開された Ver.1511 から少し見た目が変わりました。

デスクトップの何もないところを右クリックして、「個人設定」を選択します。「設定」の「パーソナル設定」にある「背景」が開きます。

「設定」の「パーソナル設定」にある「背景」

左側から「テーマ」を選択して、「テーマの設定」を押します。
「設定」ー「パーソナル設定」-「テーマ」

コントロールパネルの「個人設定」がひらきます。更新されてから下部に「デスクトップの背景」が表示されるようになったのですが、ここを押すと、「設定」の「パーソナル設定」にある「背景」が開いてしまいます。

Windows 10 Ver.1511 以降のデスクトップ版「個人設定」

そこで、エクスプローラーのアドレス欄に下記のパスを入力して、直接「デスクトップの背景」を開きます。

control /name Microsoft.Personalization /page pageWallpaper

これで、次のように作業します。

  1. 任意の壁紙画像の上で右クリックします。
    ※利用したい壁紙が表示されていない場合は、「画像の場所」の「参照」ボタンを押して利用したい壁紙が保存されているフォルダーを指定します。
  2. 「モニター 1 に設定」と「モニター 2 に設定」が表示されますので、任意のモニターを指定します。
    デスクトップの背景
  3. 別の壁紙でも右クリックして、設定していない方のモニターを指定します。
  4. それぞれのモニターに指定した壁紙が配置されているかどうか確認します。
  5. 「変更の保存」ボタンを押します。
  6. コントロールパネルの「個人設定」を開きます。設定した壁紙で「マイテーマ」に「未保存のテーマ」が出来上がります。このまま、時々取り換えてもすぐ戻せるようテーマとして保存したい場合は、右クリックして「テーマの保存」を選択します。
  7. 「名前を付けてテーマを保存」が表示されるので、「テーマ名」欄に任意の名前を入力して、「保存」ボタンを押すと「マイテーマ」として保存されます。

Windows 10 Ver.1511のデュアルモニターでも左右別々の背景を設定できました。

Windows 10 Ver.1511のデュアルモニターでも左右別々の背景を設定

なお、この件は、Windows フィードバックアプリで報告済みです。Windows 10をお使いの場合は、リンク先を開くと「Windows フィードバック」アプリの報告が表示されます。「このコメントに一票」を押すと、より修正してもらいやすくなります。お困りの方はぜひ「このコメントに一票」を押してくださいね。

参考:マルチディスプレイ環境での壁紙の個別設定|マイクロソフト コミュニティ|Windows 10

2016年9月11日 追記:
設定変更方法が改善されています。Ver.1511 以降から、「設定」-「個人用設定」-「背景」で設定変更可能です。詳細は、 Windows 10:デュアルモニターで別々の壁紙を使いたい(Ver.1607) でどうぞ。

2017年5月11日 追記:
Windows 10 Creators Update では、コントロールパネルの「デスクトップの背景」が開かなくなりました。Creators Update 後の方法は、Windows 10:マルチモニターで別々の背景にしたい(Ver.1703)でどうぞ。

Windows 10:「メール」アプリからメールアドレスをPeopleに新規登録

Windows 10の「メール」アプリを使っています。受信したメールアドレスをPeopleに登録したいのですが、どうするといいのでしょう?

新しくメールをもらった人をWindows 10の連絡帳である People アプリに登録する方法です。

  1. 「メール」アプリで送信者の名前の部分を押します。
  2. 送信者の情報が表示されます。右側の「連絡先を開く」を押します。
    「メール」アプリで送信者の名前の部分を押す
  3. Peopleが起動します。未登録のメールアドレスの場合、右上に「保存(フロッピー)」が表示されますので押します。
    Peopleでの送信者の情報
  4. 「連絡先の選択」が表示されます。下部の「+」ボタンを押します。
    「連絡先の選択」画面
    ※すでに登録してある連絡先に追加したい場合は、ここで選択して、追加登録します。
  5. 「新しい連絡先」の登録画面が表示されます。名前やメールアドレスは既に入力済みです。内容をよく確認して、「保存(フロッピー)」を押します。
    「新しい連絡先」の登録画面
  6. 新しい連絡先として追加登録されます。
    新しい連絡先として追加登録

※なお、この方法は、割と不都合を起こしやすく、使えなくなることが多いです、何度か、Windows フィードバック アプリを使って報告 (このリンク先は、Windows 10の 「Windows フィードバック」が開くようにしてあります)しています。2015年12月30日現在、利用できるのを確認しました。できないようになったら、ぜひ、Windows フィードバックアプリを使ってご報告ください。

2015年12月29日

Windows 10:「メール」アプリが更新され新機能追加

Windows 10の「メール」アプリを起動させると、こんな動画メッセージが表示されました。

Windows 10「メール」アプリの新機能を説明する動画

新機能が追加されたようですね。「メール」アプリのバージョン17.6525.42271.0 からの新機能です。

このメッセージを再度見たかったのですが、一度閉じたら、もう表示されませんでした。仕方がないので別の Windows 10 で、再度じっくり見てみました。こういう機能です。

メールアカウントを1つの受信トレイにリンクします。

「メール」アプリに複数のアカウントを登録してある場合、「受信トレイ」届いたメールは、いちいち、アカウントを切り替えないと閲覧できませんでした。これが、まとめて閲覧できるようになりました。次のようにして、設定を変更します。

  1. 「メール」アプリの「設定」(歯車マーク)ー「アカウントの管理」と進みます。
  2. 「受信トレイのリンク」を押します。
  3. 「受信トレイのリンク」設定画面が表示されます。
    「受信トレイのリンク」設定画面
    現在、「メール」アプリに登録されているアカウントが表示されています。「受信トレイ」をまとめて表示させたいアカウントにチェックをつけます。なお、「リンクされた受信トレイ名」は、都合の良いものに変更しても構いません。
  4. 「保存」ボタンを押します。
  5. ナビゲーション メニュー内に「リンクされた受信トレイ」が表示されました。

これで、「受信トレイ」を開くと、いちいちアカウントを変更しなくても、各アカウントの「受信トレイ」内に届いたメールがまとめて閲覧できました。

ナビゲーション メニュー内に「リンクされた受信トレイ」が表示

すべてのメッセージを選んで、操作を1度実行します。

今までは、「メッセージ一覧」内を「すべて選択」することができませんでした。更新後は、「すべて選択」ができるようになりました。「メッセージ一覧」内の「選択モードを開始する」を押して、上部にある□にチェックをつけるか、「メッセージ一覧」を選択して Ctrl+A キーを押します。

「選択モードを開始する」を有効

これで、すべてのメッセージが選択できました。今まで面倒だった「削除」も一度でできます。

操作を間違った場合に、元に戻します。

これは、うっかり操作を元に戻せる機能です。必要だったメールをうっかり削除してしまった。すると、メッセージ一覧の下部に「元に戻す」が表示されました。

メッセージ一覧の下部に表示されて「元に戻す」機能

これで、うっかり操作を取り消すことができました。

2015年12月28日

Windows 10 Mobile:パソコンの「音楽」ファイルと同期

Windows 10 Mobile:「Groove ミュージック」で音楽を聴く の続き。

Windows 10のパソコン内に保存されている音楽をWindows 10 Mobileでも聴けるようになりました。しかし、iPhone に比べると、ちょっと変です。そう、iPhoneだと iTunes を使って同期がとれるのです。Windows 10 Mobileでは、パソコン内の音楽ファイルを同期することはできないのでしょうか?

PC から Windows 10 Mobile デバイスにプレイリストをコピーします。 - Windows Help - に、こうありました。

Windows 10 Mobile デバイスにプレイリストを取得する方法は 2 つあります。

  1. Groove ミュージック アプリを使用して、PC にプレイリストを作成します。Windows 10 Mobile デバイスの Groove にプレイリストが自動的に表示されます。
  2. PC に Windows 10 Mobile デバイスを接続し、デバイス上のミュージック フォルダーにプレイリスト用のファイルを手動で追加します。実際のプレイリスト用の曲を同期させる必要がある場合があります。

    • Groove Music Pass がある場合は、PC、電話、タブレット、または Xbox で Groove にサインインすると、Groove カタログ内にある曲がストリーミングされます。
    • Music パスがない場合は、OneDrive のミュージック フォルダーに曲を保存します。ほぼどこからでも聞きたいときに曲をストリーミングまたはダウンロードできます。

どうも、パソコンにサインインしている Microsoft アカウントと、Windows 10 Mobile の Microsoft アカウントが同じであればできそうな感じです。しかし、実際にやってみると、全く同期されません。

いろいろ調べているうちに、下記の記事を見つけました。

Windows10PCとWindows10Mobile(WindowsPhone)間で音楽やプレイリストを同期する | garicchi.com

「Groove ミュージック」アプリではなく、Windows Media Playerを使うとうまくいくとのこと。しかも、プレイリストは、Groove ミュージックで作ってしまうと同期できないとのこと。プレイリストもあらかじめ、Windows Media Playerで作成しておきます。

では、パソコンの「音楽」ファイルをWindows 10 Mobileと同期する方法です。

  1. Windows 10 パソコンに Windows 10 Mobileを接続
  2. Windows Media Playerを起動。Windows Media PlayerがWindows 10 Mobileを認識すると、ナビゲーション ウインドウに「Windows Phone」の項目が表示されます。
    なお、プレイリストは、あらかじめ、Windows Media Playerの「プレイリストの作成」を使って作成し、任意の楽曲を登録しておきます。
    Windows 10 Mobileを接続後、Windows Media Playerを起動
    Windows 10 MobileにMicroSDカードが装備されている場合は、ナビゲーション ウインドウに、「Windows Phone - Windows Phone」と「Windows Phone – Phone – SD card」の2つが表示されることでしょう。都合の良いほうを選択します。今回、私は、Windows 10 Mobile の空き容量が心もとないので、SDカードの方を選択してみます。
  3. 同期をしたいデバイスで右クリックして、メニューの「同期の設定」を選択
    同期をしたいデバイスで右クリック
  4. 「デバイスの設定」が表示されるので、「完了」もしくは「同期」ボタンを押す
    「デバイスの設定」
    ※ここで同期が自動的に始まってしまいました。急いで選択したデバイスを右クリックして「同期の中止」を押します。
  5. デバイスを右クリックして、再度「デバイスの設定」を押します。
  6. 「同期させるプレイリストの選択」が開き、右側に「同期させるプレイリスト」が表示されます。
    image
  7. 「同期させるプレイリスト」から同期したくない項目を選択して「< 削除」ボタンを押します。
    Windows Media Player では、音楽だけでなく、ビデオや画像も同期されます。パソコン内に画像ファイルがたくさん保存されている場合、それらも Windows 10 Mobileへ送られ同期されます。これが不都合な場合は、「画像」関係を選択して「< 削除」ボタンを押します。
    同期したくない項目を選択して「< 削除」ボタンを押す
  8. Windows 10 Mobileと「同期させるプレイリスト」の項目が決まったら、「完了」ボタンを押します。
    Windows 10 Mobileと「同期させるプレイリスト」の項目決定
  9. Windows Media Player で同期が始まるので、しばらくます。
    同期中

「同期中」の表示が消えたら、完了です。Windows 10 Mobileで「Groove ミュージック」を起動。音楽ファイルとともに、Windows Media Playerの「プレイリスト」は「再生リスト」にちゃんと同期されました。

Windows 10 Mobileで「Groove ミュージック」を起動

2016年1月2日 追記:

Windows 10 Mobile:iTunes と同期する もどうぞ。

2015年12月27日

Windows 10:バッテリー節約機能

そろそろ、年末。帰省される方は、準備できましたか?

さて、旅行や出張時のお供にタブレットやノートパソコンといったバッテリーを備えているパソコンを持っていき、道中使いたい場合、どうしても、「バッテリー切れ」を気にします。最近は、電源が各座席についている電車も増えました。しかし、旅行や出張時の道中、充電できない場合は、果たして目的地に着くまでまで持つだろうか?

Windows 10がお供なのでしたら、「バッテリー節約機能」を「オン」にしてみましょう。「バッテリー節約機能」は、アクションセンターのクイックアクション内で見つかります。

アクションセンターのクイックアクション内

※「バッテリー節約機能」は、パソコンをバッテリーで使用している時に使える機能です。電源に接続されている場合は、利用できません。

「バッテリー節約機能」を押して青くなったら「オン」の状態です。

「バッテリー節約機能」が「オン」

「バッテリー節約機能」が無効だった時は、「残り:2時間45分」でした。

通知領域の「電源」アイコンでは「残り:2時間45分 (95%)」

ところが、「バッテリー節約機能」を「オン」にしてみたら、「残り:7時間30分」となりました。

「バッテリー節約機能」を「オン」にしてみたら「残り:7時間30分 (94%)」

「バッテリー節約機能」は、「設定」-「システム」で確認することができます。

「設定」-「システム」の「バッテリー節約機能」

「バッテリー節約機能」が「オン」になっているのに、残り時間が伸びない場合は、「バッテリーの使用状況」を確認してみましょう。

バッテリーの使用状況

どのアプリで、バッテリーを使っているのかも分かります。使っていないアプリやBluetoothを切ったり、ネットにつながない場合は「機内モード」にしてみるなどすると、「残り:15時間06分」と表示されました。

image

長い道中の場合は、ぜひ使ってみてくださいね。

2015年12月26日

Windows 10:アクションセンターで「タブレットモード」がグレー表示

Windows 10を使っています。アクションセンターを開くと表示される「タブレット モード」がグレー表示のままで使えません。「設定」-「システム」-「タブレット モード」でも「オフ」のグレー表示です。どうすると、タブレット モードが使えるようになるのでしょう?

アクションセンターの「タブレット モード」は、こんな感じのグレー表示なのかと思います。

「タレット モード」がグレー表示のアクションセンター

そして、「設定」-「システム」-「タブレット モード」では、「デバイスをタブレットとして使用すると、Windowsのタッチ機能がより使いいやすくなります。」がこんな感じでグレー表示なのでしょう。

「設定」-「システム」-「タブレット モード」

「タブレットモード」は、モニターをマルチモニターといった複数接続している場合、有効にできません。複数接続しているモニターを外してみるか、アクションセンターの「表示」を押して「PC 画面のみ」にしてみてください。タブレットモードが利用できるようになることでしょう。

利用できるようになったアクションセンターの「タブレットモード」 「無効」の状態 利用できるようになったアクションセンターの「タブレットモード」 「有効」の状態

2015年12月25日

Windows Live メール 2012の「メール サービスに関する重要なお知らせ」(続き2)

Windows Live メール 2012の「メール サービスに関する重要なお知らせ」(続き) の続き。

2015年11月に、こんなメールが来ていたことに気がつきました。

image

お客様各位

今後数週間の間に、@outlook.com、@hotmail、@live、@msn メール アカウントに影響する更新作業を予定しております。 この変更により、お使いの Outlook デスクトップ アプリケーションにメールが配信されなくなります。 メールが配信されなくなったことにお気付きになったら、次の 2 つの手順を実行してください。
Outlook 2003 をご利用の場合
1. Outlook 2003 デスクトップ アプリケーションからメール アカウントを削除する
2. Outlook 2003 デスクトップ アプリケーションにメール アカウントを再度追加する

Outlook 2007 をご利用の場合
1. Outlook 2007 デスクトップ アプリケーションからメール アカウントを削除する
2. Outlook 2007 デスクトップ アプリケーションにメール アカウントを再度追加する

Outlook 2010 をご利用の場合
1. Outlook 2010 デスクトップ アプリケーションからメール アカウントを削除する
2. Outlook 2010 デスクトップ アプリケーションにメール アカウントを再度追加する

この更新が行われると、このメールを Outlook デスクトップ アプリケーションで参照できなくなる恐れがあります。 お使いの Outlook のバージョンに該当する上記 2 つの手順のリンク (削除と再追加のリンク) は、お気に入りに登録するか、保存することをお勧めします。 なお、www.outlook.com にログインすれば、このメッセージは、いつでもご覧いただけます。

これは、Office 2010以前のメールソフトで Microsoft のWebメールを使いたい場合は、いったんアカウントを削除してから下記のようにして設定しなおす必要があるというお知らせです。

Microsoft の個人用メール アカウントにアクセスできるように Outlook 2003 を設定する

Microsoft の個人用メール アカウントにアクセスできるように Outlook 2007 を設定する

Outlook 2010 で Outlook.com アカウントを設定する

Office Outlook 2010以前のバージョンで Microsoft のWebメールである @Hotmail.com や@Outlook.com といったメールアドレスを登録すると、Microsoft Outlook Hotmail Connectorをインストールすることで使えました。また、Windows Live メール 2012で、Microsoftの Webメールを登録すると、自動的に「http」で始まるサーバー(HTTP プロトコル)に接続するよう設定されていました。

このHTTP プロトコル方式は古く、近々廃止されるとのことです。どうもこのために、Outlook 2010以前のバージョン向けのメールや先の Windows Live メール 2012の「メール サービスに関する重要なお知らせ」メールが届いた模様です。

2015年12月現在は、Exchange Active Sync(EAS)と呼ばれる方式でメールを送受信する方式が主流になっています。よって、この新しい方式のEASを採用したメールソフトやアプリを使うよう勧められています。EASが使えるのは、Office Outlook 2013以降、そして、Windows 8.1やWindows 10の「メール」アプリなどです。Office Outlook 2010 や Windows Live メール 2012は、EASに対応していません。そこで、上記のような設定方法や Windows Live メール 2012 向けの更新プログラムKB3093594が出ました。

しかし、これらの対応方法は、「うまくいかない」という声がたくさん上がっています。私も Windows 7で Outlook 2010をバージョンアップ(14.0.7163.5000)して、新たに Microsoft の Webメールを登録してみたのですが、自動ではできませんでした。そこで、手動で「IMAP」に設定してみたところ、登録できました。

もうそろそろ、Outlook 2010以前のバージョンと Windows Live メール 2012でMicrosoft のWebメールを送受信するのはあきらめた方がいいでしょう。そして、メールソフトではなく、ブラウザを使って、Outlook.com へアクセスしてメールを送受信した方がいいでしょう。

なお、Outlook 2010以前と Windows Live メール 2012で、Microsoft のWebメール以外のメールアドレスやPOPを使うプロバイダーからのメールアドレスを使うのは問題ありません。逆に、Microsoft のWebメールを使っていないのでしたら、今回の対応はしなくても大丈夫です。

ただ、Windows Live Essentials 2009 および Windows Live Essentials 2011 はサポートが終了しているので、違った不具合が発生するようです。そこで、Windows Essentials ダウンロード から、2012版をインストールしてみてください。これには、更新プログラム(KB3093594)は、まだ含まれていないようでした。

また、Windows Live メールは、Windows 10に未対応です。これも、いつ不具合が発生するかわかりません。Windows 10の「メール」アプリは、MicrosoftのWebメールだけではなく、POPのメールにも対応しています。「メール」アプリも使ってみてください。

2015年12月24日

NORAD サンタ追跡サイト 2015

よい子の皆さん!今年も12月24日の晩にNORAD(北米航空宇宙防衛司令部)が、サンタさんの追跡を開始しますよ。うっかりしていましたが、もう今晩です。

Official NORAD Santa Tracker

image

右側に「Microsoft Edge」というのが見ます。何でしょう?開いてみるとこんなメッセージが表示されました。

「Microsoft Edge」を押すとメッセージが出た

Microsoft and NORAD have teamed up again to track Santa on his magical journey!
Check out all the fun throughout the month of December including the Microsoft Edge
coloring book.

訳:マイクロソフトと NORAD がある場合、彼の魔法の旅にサンタを追跡する再に提携している!
Microsoft Edge の塗り絵で12 月の全体のすべての楽しさをチェックしてください。

Windows 10に搭載されているブラウザ Microsoft Edge で塗り絵ができるとのこと。Microsoft Edgeの右側にある「Web ノートの作成」を押します。

 Microsoft Edge の右上

好きなペンを使って、ページ内を描画してみましょう。

「Web ノートの作成」の左上にあるツール

こんな風に遊べますよ。

迷路で遊んでみた

今回もサンタ追跡用のアプリが用意されています。

NORAD Tracks Santa - Google Play の Android アプリ

NORAD Tracks Santa on the App Store

Windows 10 APP

英語版のみですが、これで外出中でも、スマートフォンやタブレットPCからサンタさんを追跡できますよ。

このページでも追跡できるようにしておきますね。

さぁ、今晩は、よい子にしてサンタさんが来るのを待ちましょうね。そして、12月25日の朝、枕元に素敵なプレゼントが置いてありますよ~に!

2015年12月22日

OneNote 2016 でオンラインビデオの挿入

Windows 版 OneNote 2016 の新機能 で「OneNote のページに Office Mix、Vimeo、YouTube からのビデオを埋め込むことができるようになりました」という情報を見つけました。

Word 2016 や PowerPoint 2016の「挿入」タブにも、「オンラインビデオ」はあります。

Word 2016の「挿入」タブで「オンラインビデオ」を開いてみた

PowerPoint 2016の「挿入」タブにある「オンラインビデオ」

PowerPoint 2016の「ビデオの挿入」

WordやPowerPointでは、上記画像のように、挿入元のサービスが選択できるようになっています。

しかし、OneNote 2016は、こんな感じ。

OneNote 2016の「オンライン ビデオの挿入」

「動画のアドレス」入力欄だけです。挿入できる動画は、Office MixVimeoYouTube。動画サイトのアドレスバーに表示されているURLをコピーして、「動画のアドレス」欄に貼り付け。

「動画のアドレス」欄に挿入元のURLを入力

「OK」ボタンを押すだけでした。

OneNoteのページ上で再生も可能。OneNote ですから、挿入した動画のすぐ横にでも、テキストでメモ書きを添えることも可能。

 OneNoteでYouTubeの動画を再生しながらメモ書き

また、いろいろ使ってみましょうね。

Microsoft アカウントのコードを取得するメールアドレスに @i.softbank.jp を登録

Windows 10でユーザーアカウントを追加しようと思っています。新しい Microsoft アカウントを取得しようと思い、「セキュリティ情報の追加」で「連絡用メール アドレス」としてiPhoneのメールである@i.softbank.jp を入力しました。しかし、「someone@example.com の形式でメールアドレスを入力してください」と表示されてしまい、次へ進めません。これは、どうなっているのでしょう?

ソフトバンク iPhoneの電子メールのドメインは、@i.softbank.jp です。私も、iPhoneで使っています。@i.softbank.jp は、下記アイコンの「メール」アプリを使って送受信します。

image

Microsoft アカウントを取得する際の「セキュリティ情報の追加」に、@i.softbank.jp のメールアドレスを入力すると、赤文字で「someone@example.com の形式でメール アドレスを入力してください」と表示されます。

aifonnMail

「セキュリティ情報の追加」に入力したメールアドレスは、後々、本人確認をするために、コードと呼ばれる「セキュリティ コード」を送ってもらうために使われます。「すぐにみられる携帯のメールアドレスがいいだろう」ということで、iPhoneの電子メールのアカウントを登録してみたのですが、確かに通りません。

実は、その昔、通ったのです。現在、そのアカウントで本人確認をするために、コードを送る作業をすると、「SMSを送信」と表示されます。

aifone01

iPhoneで「SMS」が送受信できるアプリは、下記の「メッセージ」アプリです。

image

@i.softbank.jp は、電子メールのアドレスなので、SMSで送られても、受信できません。

これは、一体どういうことなのか、Microsoft アカウントのサポートに問い合わせてみました。

※このサポートを受けるのに、ちょっとしたコツがあります。参考:このインシデントをオンラインで送信したときの電子メール アカウントと一致しません

返事は下記の通りです。

-----
「@i.softbank.jp」 の携帯電話のメールアドレスにてコードをお受け取りしようとすると、「SMS を送信」 になっているため、コードのお受け取りをすることができない状況ですね。
以前、セキュリティ情報を登録いただく際、携帯電話会社から提供しているメールアドレスの登録も可能でありました。
しかしながら、「SMS を送信」 で登録されている原因については、こちらでもお調べすることが難しい状況でございます。
現在、携帯電話会社から提供しているメールアドレスは、セキュリティ情報として、また Microsoft アカウントとして登録できない仕様になっております。
お手数ではございますが、携帯電話番号で SMS にてコードのお受け取りいただく方法か、PC でご利用可能なメールアドレスでメールでお受け取りいただく方法などを、改めて追加していただきますよう、お願い申し上げます。

<現在ご利用可能なセキュリティ情報が登録されている場合>
セキュリティ情報とセキュリティ コード

<現在ご利用可能なセキュリティ情報が一つも登録されていない場合>
セキュリティコードの送付先を新しい連絡先に変更 (更新) したい。どうしたらいいですか。
-----

ということで、現在は、「@i.softbank.jp」 といった携帯電話のメールアドレスを「セキュリティ情報の追加」の「連絡用メール アドレス」として登録することができません。携帯電話へコードを送ってもらいたい場合は、「セキュリティ情報の追加」を「電話番号」にして登録してください。

「セキュリティ情報の追加」を「電話番号」

2015年12月21日

このインシデントをオンラインで送信したときの電子メール アカウントと一致しません

使っていた Microsoft アカウントで問題が起きたので、メールによる個別サポートを受けようと思い、Microsoft アカウント サポートのフォームを使って送信しました。程なく、メールで連絡がきたのですが、返事は、Webページで見られるとのこと。早速、メールに記載されていたURLへアクセスしてみたのですが、「このインシデントをオンラインで送信したときの電子メール アカウントと一致しません」と表示されます。どうすると返事が読めるのでしょう?

Microsoft アカウント サポートのWebページでは、自分の Microsoft アカウントで起きた次の不都合をメールで相談することができます。

  • サインインできない
  • アカウントの削除方法がわからない
  • セキュリティ コードを受信または使用できない
  • セキュリティ情報を確認する方法がわからない
  • ここには該当する問題がない

そして、各フォームのページでは、不都合が起きていない Microsoft アカウントでサインイン後、次のような質問に答えて送信します。

  • 問題の簡単な説明を入力します。
  • この問題によって影響を受ける電子メール アドレス (Microsoft アカウント) を入力します。
  • 連絡先の電子メール アドレス (影響を受ける電子メール アドレス以外) を入力してください。
  • あなたの問題の詳細な説明を入力します。

さて、メールで送信されてきたURLを開くと、サインインを求められます。そのとき、フォームを送信する際にサインインした Microsoft アカウントを使います。しかし、こんな風に表示されることがあります。

問題が発生しました。Microsoft アカウント<メールアドレス>が、このインシデントをオンラインで送信したときの電子メールアカウントと一致しません。一度、サインアウトし、インシデントを送信した元の Microsoft アカウントを使用して再度サインインしてください。

問題が発生しました。Microsoft アカウント<メールアドレス>が、このインシデントをオンラインで送信したときの電子メールアカウントと一致しません。一度、サインアウトし、インシデントを送信した元の Microsoft アカウントを使用して再度サインインしてください。

確実に、同じ Microsoft アカウントでサインインしているのですが、このメッセージが表示されます。これに対して、どうしたらよいのかは、マイクロソフト コミュニティの下記スレッドにありました。

マイクロソフト コミュニティ: 『このインシデントをオンラインで送信したときの電子メール アカウントと一致しません』 と表示される

ところが、まったく解消されません。

いろいろやってみて、やっとわかったのが、サインインする際に使う、Microsoft アカウントに問題があったからでした。

このフォームにサインインする際に使う Microsoft アカウントは、Microsoft の Webメール(@hotmail.com や @outlook.com など)にしなければなりません。プロバイダーのメールアドレスやMicrosoft 以外の Webメールを Microsoft アカウントにしている場合、先のエラーになるようです。よって、Windows 8.1やWindows 10のサインインに Microsoft のWeb メール以外のメールアドレスを使っている場合は、自動的にサインインしてしまうので Internet Explorer の「InPrivate ブラウズ」を使ってアクセスし、Microsoft アカウントを切り替える必要があります。また、「連絡先の電子メール アドレス (影響を受ける電子メール アドレス以外) 」も、サインインで使った Microsoft アカウントのメールアドレスにします。

そうやって、届いたメールから、アクセスし、サインインすると、こんな風に表示されます。

image

内容は、「展開」を押すと、見られるようになっています。(はぁ、やれやれ)

Windows 10 Mobile:「Groove ミュージック」で音楽を聴く

今まで、私のスマートフォンは、iPhoneでしたので、音楽は 主に iTunes を使って管理していました。しかし、Windows 10の「Groove ミュージック」でも音楽が聴けます。

image

さて、Windows 10のパソコン内に保存されている音楽をWindows 10 Mobileでも聴けるようにするには、どうするといいのでしょう?

「モバイル コンパニオン」アプリでは、こんな風に書いてあります。

「モバイル コンパニオン」アプリ

「モバイル コンパニオン」アプリの「Windows」-「ミュージック」より一部抜粋

デスクでも外出先でも音楽を聴く

エクスプローラーを開き、PC に保存した曲を OneDrive のミュージック フォルダーに移動します。これで PC に保存したすべての曲を、PC(Windows 10用 Groove ミュージック)や携帯電話(Xbox Music アプリ)で聴くことができます。ストリーミングなので、電話の容量を消費することはありません。

音楽ファイルの入ったフォルダーをOneDriveの「ミュージック」フォルダーに移動してみました。そして、Windows 10 Mobileの「OneDrive」アプリで「ミュージック」フォルダーを開くと、こんな風に見えます。

image

曲名をタップするとダウンロードが始まります。ほどなくして、「Groove ミュージック」が起動して再生されるのですが、曲のジャケットが表示されません。

image

Windows 10 Mobileの容量を節約したい場合は、そうなるようです。

では、ジャケットも表示されるようにするには、どうするといいのでしょう?「モバイル コンパニオン」アプリの「Windows」-「ミュージック」には、続きにこんな風に書いてあります。

オフラインで曲を聞くには、曲のファイルを電話に移動します(電話を PC に接続するだけで始めることができます)。

Windows 10 Mobileをパソコンに接続するとエクスプローラーの「PC」内で表示されます。中を開いていくと「Music」フォルダーがありますので、この中に保存します。

image

※音楽データをパソコンからWindows 10 Mobile内に移動する際、「変換するか?」というメッセージが表示された場合は、「変換する」を選択します。

Windows 10 Mobileの「Groove ミュージック」を起動して、「アルバム」を開いてみます。すると、今度は、ちゃんとジャケットも表示されました。

image

2015年12月28日 追記:
この続き、Windows 10 Mobile:パソコンの「音楽」ファイルと同期 もどうぞ。

2015年12月19日

Outlook や Windows Live メール 等のメールソフトで受信したメールの件名や差出人などが空白になる

メールソフトにOffice Outlookを使っています。メールを受信したとき、そのメールの件名や差出人、内容が空白になってしまい、何も表示されません。これはいったいどうなってしまったのでしょう?

この現象は、OSが Windows 7、Windows 8.1、Windows 10でウイルス対策ソフトにマカフィー製品を使っていると、Windows Liveメールや Office Outlook、Thunderbird といったメールソフトで起こります。

参考:マカフィー:Windows LiveメールやOutlook等のメールソフトで受信したメールの件名や差出人、内容が空白になる事象について より

迷惑メールをフィルタリングするマカフィー製品のサービスが受信したメールを正しく処理できず、メールのヘッダー情報を不適切な状態にしてしまったことで発生します。

メールの件名や差出人、内容が空白になっている Office Outlook

【対処方法】

マカフィー製品を次のようにしてアンインストールします。

  1. コントロールパネルからマカフィー製品をアンインストールします。
    TS101634: プログラムのアンインストールからマカフィー・個人向け製品を削除(アンインストール)する方法
  2. マカフィー製品のコンポーネントを完全に削除するため、削除ツールを使用します。
    TS101693: マカフィー・個人向け製品専用削除ツール(MCPR.exe)の使用方法
  3. 削除ツールを使用してパソコンを再起動した後、マイアカウントからマカフィー製品を再インストールします。
    TS101767: Windows向け製品をWebから新規インストール/再インストールする方法

その後、必要に応じてマカフィー製品を再インストールします。この作業後から受信したメールは、正しく表示されるようになります。ただし、一度、空白になってしまったメールは復旧されませんのでご留意ください。

2015年12月18日

「RSSを表示する」って何ですか?

Windows 10を使っています。Edgeでこのブログの「RSSを表示する」を押してみました。そうしたところ、コードのような文字列が表示されます。「RSSを表示する」は、いったい何に使うものなのでしょうか?

「RSSを表示する」は、私のブログ右側の下の方にあります。

RSSを表示する

これを、Microsoft Edge を使って開くとこんな風に表示されます。

Microsoft Edge で「RSSを表示する」を押してみた

同じようにして、Internet Explorer で開くとこんな表示になります。

Internet ExplorerでRSSを開いてみた

最新ブラウザの Microsoft Edgeですが、RSSといった「フィード」には対応していません。 また、Google Chrome も未対応で、似たような感じのコードで表示されてしまいます。

フィードは、対応しているブラウザでなら簡単に利用できます。対応しているブラウザは、Internet Explorer 以外にも、Firefoxも大丈夫です。

フィードは、頻繁に更新するWebサイトによく仕掛けてあります。このフィードを自動的に受信するよう登録します。そうすることで、わざわざ、そのWebサイトを開かなくても、ページが更新されたことがわかるというシステムです。

では、「どうすると、更新されたことが分かるのか?」です。

例えば、Internet Explorer で開くと、上部に「このフィードを受信登録する」が見つかります。これをクリックします。

頻繁に更新されるコンテンツを含むフィードを表示しています。

すると、「このフィードの受信登録」が開きますので、「受信登録」ボタンを押します。

このフィードの受信登録

「このフィードを正しく受信登録しました。」と表示されたら、完了です。
このフィードを正しく受信登録しました

あとは、登録したページに新しい記事が投稿されるのを待ちます。時々、Internet Explorerの「お気に入り」で「フィード」を開いてみましょう。タイトルの右側に「(新規)」と表示されたら更新されています。クリックします。

「お気に入り」の「フィード」タブ

これで、登録したWebサイトの「フィード」ページが開いて、更新された内容を閲覧することができます。
登録したWebサイトの「フィード」ページ

なお、Web ページ内に「RSSを表示する」とか、フィード関連のアイコンが見当たらない場合は、Internet Explorer のコマンドバーを表示させてみましょう。Internet Explorerの「コマンドバー」は、タイトルバーのあたりを右クリックすると表示されるメニューから表示できます。

タイトルバーのあたりを右クリックすると表示されるメニューでコマンドバーを表示

コマンドバーに表示される「フィード」アイコンがオレンジ色だと、その Web サイトにフィードがあります。クリックすると、登録できるフィードが表示されますので、好きなフィードを選択して、先に紹介したように登録します。

オレンジ色の「フィード」アイコンを押してみた

なお、「フィード」アイコンがグレー表示 「フィード」アイコンがグレー表示の場合、その Web サイトにはフィードがありません。

また、RSS リーダーや「フィード」を読み込める Windows Live メール を持っている場合は、それで閲覧することもできます。RSS リーダーには、フィードとして表示されるURLを登録すれば閲覧可能になります。Windows Live メール は、Internet Explorerと連携していますので、IEで登録すれば、そのまま、Windows Live メールの「フィード」で読み込んでくれます。

Windows Live メール 2012で登録したフィードの記事を読み込む

※私のブログでは、フィードからだと全文が読めない設定になっています。こういったサイトの場合は、タイトルの横の「オンラインで表示」を押して、ブラウザで直接Webページを閲覧します。

※※「description 内に妙なコードがある」と連絡をいただきました。(連絡に感謝!)本来、こういったコードは、<head>タグ内に記述するべきなのです。しかし、私の利用しているココログでは、HTMLへの直接編集ができない仕様になっています。プランを変更すればできるのですが、そこまでしていません。そこで、HTMLでの編集を使わなくてもできる、サブタイトル欄に記載していました。このため、「description 内に妙なコードがある」と見えていました。調べましたら「マイリスト」内に、こういったコードを入れても大丈夫なようです。ちょっと変更してみましょうね。

2016年3月18日 追記:
Internet Explorer なのに、Microsoft Edgeのようなコードが表示される場合は、次のようにして設定を確認します。

  1. Internet Explorer で右上の「歯車」マークを押して、「インターネット オプション」を選択
  2. 「コンテンツ」タブを開き、「フィードとWebスライス」の「設定」ボタンを押します。
  3. 「詳細設定」の「フィードの読み取りビューを有効にする」のチェックが外れていたら、チェックをつけます。
    なお、初期設定の場合、「フィードの読み取り時に自動的にフィードを開封済みにする」にもチェックが付いています。
    もし、これもチェックが外れていたら、チェックをつけるといいでしょう。
  4. 「OK」ボタンを押します。
  5. 「インターネット オプション」の「OK」ボタンも押します。
  6. Internet Explorer をいったん閉じます。
  7. Internet Explorerを再起動して、現象を確認します。

2015年12月15日

Windows 10 Mobile:ロック画面を変更

Windows 10 Mobileのロック画面の変更方法です。

Windows 10 Mobileのロック画面

  1. 「設定」(歯車マーク)設定をタップ
  2. 「パーソナル設定」を選択
    「設定」画面
  3. 「ロック画面」を選択
    パーソナル設定
  4. 「ロック画面」の「プレビュー」が表示されています。
    「ロック画面」
  5. 「背景」を押すと「マイピクチャ」「サンプルの画像」「Bing」「Twitter」と選択できます。
    「背景」を押してみた
  6. 「背景」で「Bing」選択すると、Windows 10の「Windows スポットライト」のような感じで、日替わりのロック画面にできます。
    「背景」で「Bing」を選択した場合
  7. 画面を下部にスクロールさせると「状態の詳細を表示するアプリを選ぶ」と「状態の概要を表示するアプリを選ぶ」(Windows 10の「簡易ステータスを表示するアプリを選ぶ」と同じ)が見つかる。
    ロック画面を下部にスクロール
    「状態の詳細を表示するアプリを選ぶ」は「Facebook」や「電話」「メッセージング」など。
    「状態の詳細を表示するアプリを選ぶ」を開いてみた
    「状態の概要を表示するアプリを選ぶ」は、「+」ボタンを押すと追加登録できる。
    「状態の概要を表示するアプリを選ぶ」の「+」ボタンを押してみた
  8. 画面を触らずにいると画面が切れてしまう時間を変更したい場合は、「画面タイムアウト」で可能。「30秒」「1分」「3分」「5分」と設定できる
    「画面タイムアウト」を開いてみた

あ~ら、楽しい。
カスタマイズ後のロック画面

Windows 10 Mobile:色を変更

Windows 10 Mobile 搭載スマートフォンの画面の色を変更する方法です。

  1. 「設定」(歯車マーク)設定をタップ
  2. 「パーソナル設定」を選択
    「設定」画面
  3. 「色」を選択
    パーソナル設定
  4. 「モードを選ぶ」で「黒」と「白」に切り替えられます。
    「モードを選ぶ」で「白」を選択 「モードを選ぶ」で「黒」を選択
  5. 「アクセントカラーを選ぶ」で「タイル」に使われる色を変更することも可能。
    「アクセントカラーを選ぶ」で任意の色を選択

好みの色にカスタマイズできます。
タイルの色も変更できた

Windows 10 Mobile:壁紙変更

Windows 10 Mobile 搭載スマートフォンの壁紙。アプリのタイルに、なんとなく表示されているのがそうです。

Windows 10 Mobile 搭載スマートフォンの「スタート画面」に表示される壁紙

これを変更するには、どうするといいのでしょう?次のようにします。

  1. 「設定」(歯車マーク)設定をタップ
  2. 「パーソナル設定」を選択
    「設定」画面
  3. 「スタート」を選択
    パーソナル設定
  4. 「背景」が「サンプル画像」になっていました。
    スタート
    「背景」は「サンプル画像」のほか「マイピクチャ」にも変更可能。
    「背景」を開いてみた
  5. 「参照」ボタンを押します。
  6. 好みの写真をタップ
    写真選択画面
  7. 「プレビュー」画面に表示されます。
    壁紙写真変更後
  8. 「タイルの透明度」のスライダーを左右に動かすと、透明度が変わります。
    下部へスクロール

これで、ホームボタンを押すと、壁紙が変更されました。

壁紙を変更したスタート画面

Windows 8.1/RT 8.1で OneDrive の容量を軽くしたい

Windows 8.1を使っています。Cドライブの容量が小さいので空き容量を確保したいと思い、何に使っているのか調べてみました。すると、かなりの容量を OneDrive で使っていることがわかりました。Windows 7の OneDrive アプリでは、利用できるフォルダーを選択できました。Windows 8.1でも、そのような感じで、OneDriveで使っている容量を少なくすることはできませんか?

通知領域にある「OneDrive」アイコンを右クリックして、「設定」を選択します。Windows 7 や Windows 8の場合は、「アカウント」タブがあり、「このデバイスで同期するフォルダを選択」の「フォルダーの選択」ボタンを押すと、OneDrive上のフォルダーと利用中のパソコンで同期するフォルダーを選択することができます。

Windows 7の OneDrive アプリの設定

しかし、同じようにして、Windows 8.1で、OneDriveの「設定」を選択しても、「アカウント」タブがありません。なお、これは、Windows RT 8.1でも同様です。

Windows 8.1の OneDriveの設定

ただし、この設定は、Windows 10で復活しています。Windows 10であれば、パソコンと同期したい OneDrive上のフォルダーを選択できます。

image

さて、Windows 8.1 や Windows RT 8.1では、OneDrive がシステムに組み込まれているので、アンインストールしてから、Windows 7の OneDrive アプリをインストールすることはできません。

そこで、Windows RT 8.1 のOneDriveでは、OneDrive 上に保存されているすべてのファイルを完全にダウンロードするのではなく、必要な時にダウンロードして使うということもできます。なお、この件は、Windows 8.1でも同様です。

Windows 8.1の OneDriveの「設定」からする方法と OneDreive アプリから設定する方法、そして、エクスプローラーから設定する方法の3通りあります。どれか1つで設定してみてください。次のようにします。

OneDriveの「設定」から設定

  1. 通知領域の「OneDrive」アイコンを右クリックして、表示されたメニューから「設定」を選択します。
    通知領域に「OneDrive」アイコンが見当たらない場合は、「隠れているインジケーターを表示します」を押します。
  2. 「設定」タブの「ファイルをオンラインのみで使う」ボタンを押します。
    「設定」タブ

OneDreive アプリから設定

  1. OneDrive アプリを起動します。
    インターネットにつながっていなくても利用できるフォルダーやファイルには、「パソコンと雲」の印がついています。これが、容量を取っています。
    パソコン内に保存されていることを示す「パソコンと雲」の印がついたフォルダー パソコン内に保存されていることを示す「パソコンと雲」の印がついたファイル例
  2. 「設定」-「オプション」と進みます。
  3. 「すべての OneDrive ファイルにオフラインでアクセスする」が「オフ」になっているのを確認し、「ディスクの空き容量を増やす」の「ファイルをオンラインでのみ使う」ボタンを押します。
    OneDrive アプリの「設定」-「オプション」

エクスプローラーから設定

  1. エクスプローラーを起動します。
    エクスプローラーでインターネットにつながっていなくても利用できるフォルダーやファイルは、「表示」タブで「詳細表示」にすると「利用可能性」で「オフラインで利用可能」と表示されます。これが、容量を取っています。
  2. 「OneDrive」を右クリックして「オンラインでのみ使用する」を押します。
    「OneDrive」を右クリック

以上で、OneDrive 上のファイルは、OneDrive アプリやエクスプローラーで表示されますが、実体はパソコン内にありません。容量の軽いアクセスするためのファイルだけになります。利用する場合は、その都度、パソコンをインターネットに接続し、オンライン上で閲覧するか、使いたいファイルを右クリックして「オフラインで使う」もしくは「オフラインで使用する」を選択、ダウンロードしてから使います。使い終わったら、また「オンラインでのみ使う」もしくは「オンラインでのみ使用する」をしておくといいでしょう。

もしくは、もっと徹底的に OneDriveを利用できないようにしたい場合は、下記 Web ページを参考にしてみてください。

参考:OneDrive をオフにするかアンインストールする - Office のサポート

2015年12月13日

Windows Live メール 2012の「メール サービスに関する重要なお知らせ」(続き)

Windows Live メール 2012の「メール サービスに関する重要なお知らせ」 の続き。

まだ、米国も日本の日曜日で休みなのでしょう。Microsoft からのWeb上でのお知らせは見つかりません。唯一、マイクロソフト コミュニティでフォーラムモデレーターさんからの見解が上がったのみです。

マイクロソフト コミュニティ: "メール サービスに関する重要なお知らせ" というメールが着信しました。これは正規のメールでしょうか?

これで、本当に正式な Microsoft からのメールであることはわかりました。また、先のお知らせメールと総合して考えると、次のような感じになるでしょう。

  • 影響するのは、@outlook.com、@hotmail、@live、@msn といった MicrosoftのWebメール
  • Windows Live Essentials 2009 および Windows Live Essentials 2011 はサポート終了。Windows Live メール 2012にアップグレードして KB3093594 をインストールする
  • Windows 10では、Windows Live メールが使えない(使えなくなる)。
  • Windows 8/8,1/10で、MicrosoftのWebメールを送受信したい場合は、ストアアプリ版の「メール」アプリを使うか、Outlook.com へアクセスする
  • Windows 7、Windows 8、および Windows 8.1は、Windows 10へアップグレードして欲しい

疑問点は、Windows 7や Windows 8/8.1で、Windows Live メール を使い続けてもいいかどうかです。使い続けたい場合は、メール本文中にもある Windows Live Essentials Mail 2012 用の更新プログラム (KB3093594) をインストールするとのことですが、Windows Live メール をアップデートすると不具合が発生したという報告が マイクロソフト コミュニティに報告されるようになりました。これらの報告をOSごとにまとめるとこんな感じです。

Windows 10

Windows 10にKB3093594を入れると不具合が発生します。KB3093594のシステム要件にもあるように、Windows 10はサポートされるオペレーティング システムに入っていません。この更新プログラムは、Windows 7、Windows 8、Windows 8.1用とみた方がいいでしょう。

Windows 7

OS不明

また、この件は、日本だけでなく海外の マイクロソフト コミュニティ でも質問として挙がっていました。

Microsoft Community: Live Mail 2012

Windows 10は、Windows Live メールの利用をあきらめて他のメールソフトに乗り換えた方がいいでしょう。また、Windows 7 や Windows 8/8.1で、Windows Live メールに問題が発生していない場合は、しばらく様子を見た方がいいでしょう。

2015年12月19日 追記:
KB3093594 のサポート技術情報に更新プログラムの修正が入ったという情報が追加されています。しかし、まだ次のような既知の問題があります。

問題 1: (2015 年 12 月 17 日前にリリースされました) をこの更新プログラムをインストールした後開始後すぐにプログラムがクラッシュすることを見つける可能性があります。
ソリューション: マイクロソフトの原因を特定するには、適用可能なプラットフォーム上での影響を受けるユーザーの問題を修正する修正プログラムをリリースしました。この問題を解決するには、2015 年 12 月 17 日にリリースされているこの更新プログラムをインストールします。
問題 2: 2015 年 12 月 17 日にリリースされているこの更新プログラムをインストールした後メールの同期に関する問題が発生する可能性があります。
この問題は、サーバー側の問題のために発生します。マイクロソフトはこの問題を調査しては、詳細についてはこの資料の情報が使用可能になったとき。

2015年12月25日 追記:
もうちょっとわかったことがあります。Windows Live メール 2012の「メール サービスに関する重要なお知らせ」(続き2)でどうぞ。

2016年5月22日 追記:
新たに「Windows Live メール 2012 ユーザーの方に必要な手続き」というメールが届きました。詳細は、Windows Live メール 2012 ユーザーの方に必要な手続き でどうぞ。

2016年8月10日 追記:
Windows Live メールで送受信できないという現象がある場合、新システムへ移行が完了しているアカウントです。詳細は、Windows Live メールで送受信できない でどうぞ。

2015年12月12日

OneDrive の無料容量15GBが保持できる!

Microsoft のクラウドストレージ「OneDrive」の無料容量が2016年初頭に15GBから5GBに縮小されます。この件は、2015年11月2日(米国時間)に発表されました。

参考:Microsoft、「OneDrive」の無料容量縮小ヘ “容量無制限”は終了 - ITmedia ニュース

自分のOneDrive がどのくらい容量があるのかの確認は、OneDrive.com へアクセスして、左下の「ディスク容量を追加する」を開いてみるとわかりやすいでしょう。

OneDrive.com の「ディスク容量」

この「ご利用プラン:無料」の15GBが5GBへ縮小します。

また、「カメラ ロールのボーナス」は、OneDrive アプリがインストールしてあるデバイスで「カメラ」アプリで撮った写真をOneDriveへ自動的にバックアップするよう設定してあるともらえる特典した。期間限定でしたので、今からではもうもらえません。

参考:OneDrive の「カメラロールのボーナス」が3GBから15GBに増量! 【期間限定】

しかし、OneDriveの容量が縮小されることに、かなりの抗議があったようです。そこで、https://preview.onedrive.com/bonus/ から申請すると、「ご利用プラン:無料」の15GBと、「カメラロールのボーナス」の15GBがそのまま」保持されるとのことです。

Thank you for using Microsoft OneDrive

Thank you for using Microsoft OneDrive.

You're an important part of what we do, and we want to make sure you know that. That's why we're making it possible for you to keep your base storage quota and camera roll bonus, even after the changes roll out.

Click below and your account will not be affected when the amount of free storage changes from 15 GB to 5 GB and the +15 GB camera roll bonus is discontinued.*

訳:
Microsoft OneDrive を使用していただきありがとうございます。

あなたは、私たちは何をすべきかの重要な一部だし、我々はあなたがそれを知っているを確認します。我々は変更がロールアウトした後も、あなたがお使いのベースのストレージクォータやカメラロールのボーナスを維持することが可能となっている理由です。

下記をクリックすると、無料ストレージの容量が 15 GB から 5 GB に変更されたり、 +15 GBのカメラ ロール ボーナスを中止するということを、あなたのアカウントでは影響を受けません。

参考:容量無制限はなくなるが:Microsoftの「OneDrive」、15GBの無料容量がオプトインで持続可能に - ITmedia ニュース

「Keep your free storage」ボタンを押すと、申請できます。「Keep your free storage」ボタンを押して、サインイン画面が出た場合は、必要な Microsoft アカウントでサインインします。

続いて「このアプリがあなたの情報にアクセスすることを許可しますか? 」ページに移動しますので、「はい」を押します。

このアプリがあなたの情報にアクセスすることを許可しますか?

「アプリのアクセス許可」の確認は、アクセスが許可されているアプリとサービス で可能です。

さて、「はい」を押して、「Success!」(成功!)と表示されたら完了です。

Your account will not be affected by the upcoming storage changes.

Your account will not be affected by the upcoming storage changes.
訳:あなたのアカウントは、今後ストレージの変更も影響を受けません。

なお、この申請は、2016年1月31日までです。それまでに、申請しておかないと、無料容量は5GBに縮小されます。なお、5GB以上使っている場合は、向こう1年間は保存しておけるとのことです。申請し忘れた場合は、なくなってしまう前に、別の場所に保存しておく必要があります。

OneDriveの容量が減ると困る場合は、ぜひ申請しておいてください。

2016年1月9日 追記:
最後の「Success!」(成功!)が開かず、「HTTP 404 未検出」と表示される現象が発生しています。どうも、お使いのMicrosoft アカウントが「OneDrive Preview」を許可すると、「HTTP 404 未検出」となるもようです。「OneDrive Preview」が登録されているので、保持されるはずですが、何だか嫌ですね。何かわかり次第報告いたします。

2016年1月10日 追記:
最後に「HTTP 404 未検出」と表示されていましたが、解消されました。すでに登録済みの場合は、「We see you already activated this free storage offer.」と表示されます。ご確認ください。
We see you already activated this free storage offer.

Windows Live メール 2012の「メール サービスに関する重要なお知らせ」

2015年12月12日、Windows Live メール 2012のサインインに使っている Microsoft アカウント宛に「メール サービスに関する重要なお知らせ」というメールが届きました。

メール サービスに関する重要なお知らせ

次のように書いてあります。なお、ハイパーリンクは、あえて外しました。

Windows Live メール 2012 をご利用いただいているお客様へ
今後数週間の間に、@outlook.com、@hotmail、@live、@msn メール アカウントに影響する可能性のある、メール サービスの更新作業を予定しております。 この変更により、お使いの Windows Live メール 2012 アプリケーションにメールが配信されなくなります。
Windows Live メール 2012 で引き続きお使いのアカウントのメールを送受信するには、こちらで公開されている最新のアップデートをインストールしていただく必要があります。
Windows 8、Windows 8.1、または Windows 10 で Windows Live メール 2012 をお使いの場合は、Windows に組み込みのメール アプリに切り替えて、Windows 8/8.1 と Windows 10 でつながりを保ち、最新機能を利用できるようにすることをお勧めします。
Windows Live Essentials 2009 および Windows Live Essentials 2011 はサポートされていないので、Windows 8/8.1 または Windows 10 にアップデートして、メール アプリまたは www.outlook.com をご利用いただく必要があります。 メール アプリの詳細については、こちらをクリックしてください。

また、Windows 7、Windows 8、および Windows 8.1 で Windows Live メール メールをお使いのすべての方には、Windows 10 にアップグレードし、組み込みのメール アプリを使用して、つながりを保って、最新機能を利用できるようにすることをお勧めします。
本メールは、後で参照できるように保管することをお勧めします。
今後とも Windows Live メールをご利用いただけますようお願い申し上げます。
どうぞよろしくお願いいたします
Outlook チーム

このメールは、outlook@communication.microsoft.com から届いています。Outlook.com で確認すると、緑の盾が表示されており「信頼された差出人」からのメールであることがわかります。

「信頼された差出人」からのメール

また、各ハイパーリンクは、http://communication.microsoft.com/Key-数字と文字列 という感じで、リンク先は公式のところへ飛びました。

しかし、お知らせは、このメールだけです。2015年12月12日 10時現在、Microsoft からの公式サイトでは、メールと同じ内容のお知らせ Web ページは見つかりませんでした。

とはいえ、最近の Windows Live メール 2012は、非常に不具合が多いです。OSがWindows 10になってなおさらひどくなっています。

私自身は、既に Windows Live メール でのメールの送受信は行っていません。RSS リーダとして使っているだけです。Windows 8.1のころから、もう限界だと思い使わなくなりました。

この件関しては、またわかり次第またお知らせいたしますが、まだ、Windows Live メール をお使いの方は、早急に他のメールソフトに乗り換えることをお勧めします。

2015年12月12日 17:50 追記:
「こちらで公開されている最新のアップデート」は、KB3093594 です。しかし、これをインストールすると Windows Live メール 2012が不都合を起こすという報告がいくつか上がっています。
マイクロソフト コミュニティ: Windows Live メール 2012更新プログラム (KB3093594) したら異常終了するようになった

マイクロソフト コミュニティ: 今朝、outlook.com から以下のメールが来たので

2015年12月12日 22:50 追記:
マイクロソフト コミュニティにこの件に関する情報が出ました。
マイクロソフト コミュニティ: "メール サービスに関する重要なお知らせ" というメールが着信しました。これは正規のメールでしょうか?
ただ、まだ正式な情報ではないようですが、メール本文中にある更新プログラムは、Windows 7,Windows 8,Wiindows 8.1用であり、Windows 10には入れない方がいいとのことです。

2015年12月13日 10:00 追記:
このメールは、Windows Live メールをご利用中の方全員に配布されているわけではないとのことです。Windows Live メールのサインインに使っている Microsoft アカウント宛に届いているとのことです。また、サインインして使っていても、その Microsoft アカウントがプロバイダーのメールアドレスや Microsoft 以外のWebメールの場合は、その Microsoft アカウントで Outlook.com にアクセスして確認してみてください。

2015年12月13日 16:30 追記:
この続きは、Windows Live メール 2012の「メール サービスに関する重要なお知らせ」(続き) でどうぞ。

2015年12月11日

Windows 10 Mobile:基本画面の表示方法

Windows 10 Mobile 搭載スマートフォン。画面の切り替えはどうするといいのでしょう?

だんだん、わかってきましたので、基本的な画面の切り替え方法を紹介します。

ロック画面:電源を入れた途端の画面。カレンダーに登録されているスケジュールや届いているメールの数が表示される

ロック画面

サインイン画面:ロック画面を上方向へスライドするとこの画面になる。登録済みのPIN(暗証番号)、もしくは、パスワードを入力

サインイン画面

スタート画面:Windows ボタンを押すと、どこからでもこの画面になる

スタート画面

上部のタイルを押したい:片手で操作中、上部のタイルを押したい場合、Windows ボタンを長押しするとこの画面になる。アプリが起動したら、上部をタップすれば解除される。

image

すべてのアプリ:スタート画面で右から左方向へスライドすると表示される。戻りたい場合は、下部の左向き矢印を押すと戻る

すべてのアプリ

アクションセンター:上方向から下へスライドさせると表示される。通知の履歴が閲覧できる。

アクションセンター

クイックアクション:「展開」をタップすると、クイックアクションの表示が増える。「折りたたむ」をタップすると戻る

クイックアクションの展開

起動中のアプリ:左下の左矢印(←)ボタンを長押しすると表示できる。左右にスライドさせて、目的のアプリを見つけたらタップすると切り替わる。閉じたい場合は、「×」ボタンを押す。

起動中のアプリの表示

Cortana 聞き取りモード:右下の虫眼鏡(検索)ボタンを押すと、Cortanaが聞き取りモードになる。話しかけると、内容の応じた作業を実行する

Cortana 聞き取りモード

Cortana 待機:聞き取りモードで何も話しかけずにいると、この画面になる

Cortana 待機

参考:初めてのWindows 10 Mobile

2015年12月10日

Windows 10:メールアプリのメッセージ内でカーソルが出る

Windows 10を使っています。「メール」アプリで受信したメッセージを表示させると、本文中にカーソルが表示され、点滅していることがあります。「新規作成」画面ではなく、受信したメールです。これは、どうして表示されてしまったのでしょう?

それは、こういうのだと思います。

「ア」の前にカーソルがある

F7キーを押してみてください。点滅していたカーソルが消えることでしょう。

これは、「カーソル ブラウズ」といいます。マウスを使えない環境でキーボードのみでパソコンを操作している場合、記載されている一部のテキスト文字列をキーボードのみで選択する、という作業はできませんでした。そんな場合に「カーソル ブラウズ」に切り替えると、テキストエディタで表示されるような移動可能なカーソルが点滅表示されます。

カーソル ブラウズは、ブラウザでも利用できる機能です。ショートカットキーも同じ、F7 キー。今回の現象は、何かのはずみで、カーソル ブラウズが有効になってしまったのでしょう。

カーソルは、左右矢印キーで一文字ずつ移動、上下矢印キーで1行ずつ移動、Home キーで行頭移動、End キーで行末移動、Ctrl+Home キーで文頭移動、Ctrl+End キーで文末移動します。選択したい部分まで移動させたら後は、Shift キーを押しながら選択したい方向へ矢印キーを押すと文字列が選択できます。

参考:

Windows 10 のメール/カレンダー アプリのキーボード ショートカット - Outlook

IE8 Beta2 のキャレット ブラウズ: 世の中は不思議なことだらけ

【本の紹介】 コピペで使える! 動くPowerPoint素材集1000

いつもお世話になっている パワポ部 の変態パワポ氏(?) 河合 浩之さんの「コピペで使える! 動くPowerPoint素材集1000」を翔泳社さんのご厚意により読ませてもらいました。実は、翔泳社の私の担当さんが河合さんと同じ人だったというご縁です。

IMG_4137

2012年1月に発売されたPowerPointの本なのですが、まだまだ売れ行き好調!とのこと。

「PowerPointのスライドにこんな動きをさせてみたい!」というのが、CD-ROM からコピー&ペーストするだけで、できてしまう!という優れものです。また、紹介されているスライドは、プレゼンデータを効果的に魅せるためには、どう動かしたらいいのか?が満載に紹介されています。例えば、Youtube でもその技は紹介されています。「映画の一部?」と思うような下記動画は、PowerPoint で作成されています。

定価は、2,280円+税。本屋さんでぜひどうぞ!

Outlook 2010 がセーフモードで起動する!

Office Outlook 2010を起動すると、タイトルバーに「セーフモード」と表示される現象が発生しています。この現象は、2015年12月に Windows Update から配信された KB3114409 が原因とのことです。

Windows Update(12月)で不具合、Outlook 2010 がセーフモードで起動 原因は「KB3114409」か : クリスチャントゥデイ

KB3114409が原因でOutlook2010がセーフモードでしか起動しない: パソコンのツボ ~Office のTIP

2015年12月10日現在は、現在、KB3114409 の配信は止まっています。既に、インストールしてしまって、同現象が起きている場合は、KB3114409 をアンインストールしてください。やり方は、パソコンのツボ ~Office のTIP さんの記事がわかりやすいでしょう。

なお、セーフモードで起動している Outlook で設定を変更しても、その設定は反映されません。Outlook を再起動するとまた、設定変更前の状態に戻ってしまいますのでご留意ください。

2015年12月11日 追記:
KB3114409 は、インストールしていないのに、現象が発生するという報告がありました。その場合は、Office 2010を再インストールしてみてください。
参考:マイクロソフト コミュニティ: Outlookがセーフモードで立ち上がるようになったが、KB3114409がインストールされていない

2015年12月17日 追記
今回の現象の修正プログラムが公開されました。
Outlook 2010 (KB3114560) は 2015 年 12 月 16 日更新
この更新プログラムは、緊急でリリースされたため、Windows Update での配信は、まだ行われていません。Windows Update での配信は、2016年1月のOutlook 2010 更新プログラムとして、リリースを予定しているとのことです。

 

【本の紹介】 Surface Pro4 知りたいことがズバッとわかる本

いつもお世話になっている橋本情報戦略企画の橋本和則さんと橋本直美さんの新しい本、「Surface Pro4 知りたいことがズバッとわかる本」を翔泳社さんのご厚意により読ませてもらいました。

Surface Pro4 知りたいことがズバッとわかる本

まだ、Surface Pro4の本は、どこからも出ていないのではないでしょうか?というよりも、私も2015年11月1日に渡米した際に、現地の家電量販店でちょっと触ってきました。

米国でのSurface Pro4 店頭発売の様子

しかし、日本での発売は、2015年11月12日だったはず。そんな短期間でどうやって執筆したのでしょう?と疑問に思い、橋本さんに聞いてみたところ、それはそれは、入手するのに苦労して、その後も、ものすごいスピードで書かれたとのことでした。(お疲れ様です)

私はあいにくと、Surface Pro3しかもっていません。確認しますと、Surface Pro4では、微妙に仕様が変更されていますね。(この仕様変更を見つけるのも、かなり大変かと)

Surface Pro4 だけでなく、Surface 3 や Windows 10にした Surface Pro シリーズにも対応しています。

発売は、2015年12月11日、定価は、1,380円+税。ぜひ、手に取ってご確認ください。

Open Live Writer を使ってみた

私は、ブログの記事を書いて投稿するのに、Windows Live Writer を使っています。

Windows Live Writer は、Windows Essentials の中に含まれる製品です。しかし、Windows Essentials の開発は、既に止まっているらしく、なかなか更新されません。

そんな中、Windows Live Writer のオープンソース版が出ました。

Announcing Open Live Writer - An Open Source Fork of Windows Live Writer - Scott Hanselman より

NOTE: Open Live Writer is NOT a Microsoft product. It is an open source project under the .NET Foundation and is managed and coded by volunteers. Some of the volunteers work for Microsoft and are doing this work in their spare time.

訳:
注)Open Live Writer  はマイクロソフトの製品ではありません。このオープン ソース プロジェクトは、.NET Foundation の管理の下、ボランティアによってコード化されました。なお、ボランティアたちは、マイクロソフトで働いていて、自分の空き時間にこの仕事をやっています。

.NET Foundation - .NET Foundation Projects

Open Live Writer のダウンロードは、下記ページから可能です。

Open Live Writer

英語版でしたが、早速、インストールして使ってみました。この記事も Open Live Writer  で書いています。

インストールを実行すると「Configure Open Live Writer」という「構成します」画面が出ますので、「Next」ボタンを押します。

Configure Open Live Writer

ブログのサービスを選ぶ画面が出ます。自分の使っているサービスを選択して「Next」ボタンを押します。

ブログサービス選択画面

この次に、自分のブログのURLとアカウント名パスワードを入力します。これで、セットアップが始まり、完了です。

セットアップ完了

リボン内のコマンドは英語です。しかし、タブ内のコマンドの位置は、日本語版 Windows Live Writer のものと変わりありませんでした。Windows Live Writer を使い慣れている方には、英語版であっても問題なく利用できると思います。

「Home」タブ

「Insert」タブ

「Blog Account」タブ

Picture Tool 「Format」タブ

しばらく、Windows Live Writerと併用して使ってみましょうね。

Windows 10 Mobile

ふとした弾みで、Windows のマークの付いたスマートフォンを手に入れてしまいました。OSは、Windows 10 Mobileです。

Windows 10 Mobile

ついよ!つい!

Windows 10 Mobile は、スマートフォン用のOSです。「Mobile」とついているので、「携帯できるタイプのパソコン用?」と考えている方がいらっしゃいますが、そうではありません。海外で、「Mobile」は、携帯電話のことを指します。ただ、日本での携帯電話は「二つ折りできるタイプの携帯電話」のことを指しますが、海外では日本でいうところの「スマートフォン」が主流。ということで、Windows 10 Mobileは、スマートフォン用となります。

さて、起動させての使用感は、Windows 10と似た感じです。

そして、こうやってブログに紹介するのに便利な機能が、出てくる出てくる!自分の忘備録としてに書いておきます。

Windows Phone の画面出力アプリ

参考:Windows 10 Mobile の画面出力機能とは? - 高橋 忍のブログ - Site Home - MSDN Blogs

ショートカットキー

  • B:フレームの表示/非表示
  • E:枠いっぱいに拡張
  • F:ウィンドウモードの切り替え
  • R:フレームレートを表示
  • スペース:デバイスの縦横をリセット=デバイスの状態に合わせる

Windows 10 パソコンと共に、少しずつ紹介していきますね。

2015年12月 9日

Office Premium の Office 365 サービスを更新する

2014年11月以降からプレインストール版の Microsoft Officeは、Office Premium と呼ばれ、パソコンの寿命が尽きるまでいつでも最新バージョンのOfficeへアップグレード可能になりました。

Office Premium では、この他、Office 365のサービスとして次の4つが1年間利用できます。

  • 2 台のタブレット (iPad)、および 2 台のスマートフォン (iPhone、Android) に Office をインストールすることができる
  • 1TB の容量の OneDrive
  • 毎月60分間まで無料通話できるSkype
  • Office テクニカルサポート

これらのサービスは、2年目以降から有料です。延長して利用したい場合は、家電量販店などで「Office 365 サービス Office Premium 搭載 PC 専用」を購入し、セットアップ ページ へアクセスして、カードに記載されているプロダクトキーを入力します。

また、ネット上からでも購入が可能です。次のようにして作業します。なお、日本の Office Premium は、日本だけの製品です。日本国外からだと、この作業ができない国、もしくは、その国の Office 365 サービスになってしまう場合もあります。日本国外の場合は、帰国後に作業してみてください。Office 365 サービスは、途中途切れてしまっても、大丈夫です。延長作業を行った日から、また1年間利用可能になります。

  1. マイアカウント へサインインします。
  2. 「アカウントの管理」ボタンを押します。
    image 
    ※「サブスクリプションの更新」は期限切れで1カ月を経過すると、「Office 365」タブが非表示になります。その場合は、「5」へ。
  3. 「サブスクリプションの更新」を押します。
    image
    ※家電量販店などで、「Office 365 サービス Office Premium 搭載 PC 専用」を購入した場合は、「プロダクト キーを使用して更新」を押して、カードに記載されているプロダクトキーを入力します。
  4. 「Microsoft Office 365 Solo の更新」のページが開きます。右のほうに「Office Premium 搭載 PC などの Office 365 サービスの更新はこちら」と書いてある「こちら」をクリックします。
    image
  5. Office Premium 用の Microsoft Office 365 サービスの更新ページが開きます。
    image 
    このページの「今すぐ更新する」を押すと、Microsoft ストアの「Office 365 サービス」購入ページが開きますので、購入作業をして、指示に従います。また、Microsoft アカウントにクレジット カードや PayPal の支払情報を関連付けると、Office 365 サービスの利用期間(サブスクリプション期間)が終了するタイミングで自動的に次の年間の更新・支払をするようにもできます。これは、Microsoft ストアで Office 365 サービス (Office Premium 搭載PCパソコン専用)を購入する際に、「自動更新」を「オン」に設定します。なお、いったん「オン」にした自動更新は、いつでもマイアカウント の「アカウントの管理」で「オフ」にすることも可能です。

参考:Office 365 サービス リニューアル - Microsoft Office

FAQ よく寄せられる質問 - Office Premium

2017年5月5日 追記:
Office Premium の Office 365 サービスの更新方法が変更されています。Office Premium の Office 365を更新したい でどうぞ。

2015年12月 8日

Windows 10:「Windows フィードバック」アプリの「共有」

Windows 10には、利用していて気に入った機能や不都合な機能、改善の要望など、気がついたことがあったら Microsoft へ報告ができるアプリ「Windows フィードバック」があります。このアプリは、過去にも Windows 10 IP 「Windows フィードバック」アプリWindows 10の Insider Program について で紹介しました。

さて、「Windows フィードバック」アプリに新しい機能が追加されているのに、気がつきました。「共有」と「リンクのコピー」です。

フィードバック一覧から気になるものや自分がしたものをクリック/タップします。すると、そのフィードバックだけが表示されます。これで、「共有」や「リンクのコピー」が見つかります。

image

「共有」は、押すと「共有」チャームが表示され、共有できるアプリの一覧が表示されます。

「Windows フィードバック」アプリから「共有」を押してみた

好きなアプリを選んで、メッセージを書き込み共有します。「リンクのコピー」は、生成されたリンクがクリップボードに保存されます。

「共有」や「リンクのコピー」で生成されたリンクは、「Windows-Feedback:?」で始まります。もし、ハイパーリンクになっているのでしたら、そのままクリックしてみてください。例えば、メールで送られてきた場合、ハイパーリンクをクリックすると下記のように「アプリを切り替えますか?」というメッセージが表示されます。

「アプリを切り替えますか?」メッセージ

「はい」ボタンを押すと、「Windows フィードバック」アプリが起動して、共有されたフィードバックが表示されます。

Twitter などで共有されて「Windows-Feedback:?」で始まるリンクが、ただのテキストでハイパーリンクになっていない場合は、リンク文字列を選択してコピーします。

その後、Microsoft Edge や Internet Explorer といったブラウザのアドレスバーに貼り付けて、実行します。なお、IEの場合は、「この Web サイトから、このコンピューターのアプリを開けるようにしますか?」というメッセージが開きました。「Windows フィードバック」アプリを開くためであることを確認して「許可」ボタンを押してください。

、「この Web サイトから、このコンピューターのアプリを開けるようにしますか?」メッセージ

これで、「Windows フィードバック」アプリが起動して、共有されたフィードバックが表示されることでしょう。

「Windows フィードバック」アプリで共有されたフィードバックが開いた

フィードバックは、新規で上げていくよりも「同じ現象が大勢の人で起こっているのだ!」として、「このコメントに一票」ボタンを押して、同意数をあげた方が有効なようです。「共有」や「リンクのコピー」を使って、広く知らせてみるといいでしょう。

2015年12月 6日

Windows 10:スタートメニューのスクリーンショットを撮る

Windows 10のスタートメニューをスクリーンショットに撮りたい。しかも、スタートメニューだけをきれいに撮りたい!そんな時のちょっとした小技を紹介。

スタートメニューを表示させて、PrintScreen キーを押すと、スタートメニューだけでなく、デスクトップ全体が撮れてしまいます。

デスクトップにスタートメニューを表示させて、PrintScreen キーを押してみた

そこで、スタートメニューを表示して、Alt+PrintScreen キーを押してみました。すると、下記のような、スクリーンショットが撮れます。

スタートメニューを表示して、Alt+PrintScreen キーを押してみた

どうやら、Cortana の検索ボックスから上が認識されているようです。

そこで、一度、スタートメニューの右側に配置してあるタイルの「グループに名前を付けます」の部分をクリックして、選択します。すると、下記の画像のように、文字入力のボックスが表示されます。

タイルの「グループに名前を付けます」の部分をクリック

その後、すぐに Esc キーを押して、「グループに名前を付ける」の編集をキャンセルします。

これで、Alt+PrintScreen キーを押します。すると、下記画像のようにスタートメニューだけがきれいに撮れました。

Alt+PrintScreen キーでスタートメニューだけが撮れた

Windows 10:「マップ」アプリの「現在地」が正しくない

Windows 10を使っています。「マップ」アプリを起動してみました。ところが、現在地が全然違う場所を示しています。こんな場合は、どうするといいのでしょう?

「マップ」アプリの現在地は、右側に表示されるツールバーの「○」を押すと表示されます。

「マップ」アプリの右側にあるツールバー

しかし、パソコンの位置情報は、携帯電話やスマートフォンに比べるとかなり精度が悪いようです。利用しているプロバイダーや、現在いる地域によっては、全然違う場所を示すことがあります。

ただ、そんな場合は、上部に「指定された場所に一致する場所が見つかりません。このような場所に使う場所を保存しますか?」というメッセージが上部表示されることでしょう。ここの「場所を保存」を押します。

「指定された場所に一致する場所が見つかりません。このような場所に使う場所を保存しますか?」というメッセージ

検索ボックスが表示されますので、現在地の住所を入力して検索します。すると、候補が表示されます。

検索して候補を見つける

候補の下部の「★」星印を押すと「お気に入り」の登録が表示されます。わかりやすい名称を「ニックネーム」欄に入力。また、自宅や勤務地の場合は、該当の項目を「オン」にします。
image

「保存」ボタンを押します。以上で場所の保存ができました。うまく現在地が表示できない場合は、「保存した場所」に登録した場所を拾って表示します。

マップアプリの「設定」

なお、この設定変更は、「設定」(歯車マーク)を開くと可能です。上部に「指定された場所に一致する場所が見つかりません。このような場所に使う場所を保存しますか?」メッセージが表示されなかった場合は、「設定」から直接登録してみてください。デスクトップタイプなど、持ち歩かないパソコンの場合は、「保存した場所」に登録しておくといいでしょう。

以上で、現在地が見つからない場所の場合は、「保存した場所」の地域を使うようになります。

image

2015年12月 5日

Windows 10:Edgeのアドレスバーから天気予報を表示

Windows 10の 標準ブラウザ、Microsoft Edge。アドレスバーに「地名」と「天気予報」と入力すると、その地方の天気予報を表示します。

参考:Microsoft Edge の概要 - Windows ヘルプ

Microsoft Edgeの「アドレスバー」で天気予報を表示

天気予報が表示さえている左上に、Cortanaのマークが出ている通り、この機能は Cortana が調べて表示しています。

※地名は、県名や市区名を入力てみてください。

ところが、まれにうまく働かないことがあります。

Microsoft Edgeの「アドレスバー」で「天気予報」の検索候補しか表示されない

こんな場合は、いったん、カーソルをアドレスバー以外のところへ移動します。その後、再度、アドレスバーに戻ると、天気予報が表示されました。

なお、アドレスバーだけでなく、Edge を起動させた際の「スタート ページ」にある、検索バーでも同様です。

Microsoft Edge スタート ページの検索バーでも「天気予報」が表示できる

2015年12月 3日

Windows 10:アクションセンターの「Bluetooth」が誤表示

Windows 10 Ver.1511を使っています。パソコンを起動させると、アクションセンターの「Bluetooth」が「ON」になっています。ところが、このパソコンには、Bluetooth が搭載されていません。これは、いったいどうなっているのでしょう?

この質問は、マイクロソフト コミュニティ: [Windows10]Ver.1511 アクションセンターの表示が変!? Bluetooth 機能がないのに Bluetooth アイコンが青くなります で見つけました。我が家の Bluetooth 非搭載機で確認してみたところ、再現しました。

「設定」の「デバイス」と一緒に表示させてみました。「デバイス」内に「Bluetooth」の項目はありませんが、アクションセンターの「Bluetooth」が表示されており、青い表示の「有効」になっています。

「設定」-「デバイス」とアクションセンター

また、デバイスマネージャーにも、もちろん「Bluetooth」はありません。

image

このパソコンは、メーカー製ではなく、自作機で、デスクトップタイプです。Bluetoothは非搭載とわかっているので、アクションセンターに表示されても、気にしなければいいでしょう。

でも、ちょっと変ですよね。

なお、Windows 10:アクションセンターの「機内モード」が誤表示 でアクションセンターの「機内モード」の誤表示を紹介しました。我が家の環境は、デスクトップタイプのため、「機内モード」が表示されません。Bluetoothは、また別の問題が発生しているのではないかと考えます。

2015年12月 1日

Office Outlook の「連絡先」で「新しい連絡先グループ」がグレー表示

Outlook 2016を使っています。「連絡先」で「連絡先グループ」を作ろうと思うのですが、新規作成の「新しい連絡先グループ」がグレー表示で使えません。私の使っているメールアドレスは、@outlook.jp です。この場合どうすると、「新しい連絡先グループ」が使えるようになるのでしょうか?

Office Outlook の連絡先グループ作成方法は、下記ページで紹介されています。

連絡先グループを作成する - Outlook

しかし、既定のメールアドレスが @outlook.jp や @outlook.com、 @hotmail.com、@live.com、@msn.com といった Microsoft のWebメールアドレスである Exchange ActiveSync (EA) の場合は、「連絡先グループ」が利用できないため、「新しい連絡先グループ」がグレー表示になります。

「新しい連絡先グループ」がグレー表示

参考:EA アカウントに接続すると Outlook 2013 連絡先グループを作成できない

そこで、Office Outlook に PST ファイルを作成し、その PST ファイルに「連絡先グループ」を保存します。次のようにしてみてください。なお画像は、Outlook 2016のものを使って説明しますが、Outlook 2013でも似たような感じで作業可能です。

  1. Outlook を起動します。
  2. 「ファイル」 を開き「情報」の 「アカウント設定」を押し、表示される「アカウント設定」ボタンを押します。
    「ファイル」 から「情報」を開いた
  3. 「アカウント設定」が開くので、「データ ファイル」タブを開き、「追加」を押します。
    「データ ファイル」タブ
  4. 「Outlook データ ファイルを開くまたは作成する」が開くので、「Outlook データ ファイル」を追加します。(画像では、ファイル名が「個人用 Outlook データ ファイル (1).pst」となっていますが、わかりやすいファイル名に変更しても構いません。)
    Outlook データ ファイルを開くまたは作成する
  5. 「OK」ボタンを押すと、PST ファイルが追加作成されます。
  6. 「データ ファイル」タブの一覧に表示される新しく作成した PST ファイルを選択して、「既定に設定」をクリックします。
  7. メッセージが表示されるので、「OK」ボタンを押します。
    「メール配信場所」のメッセージ
  8. 「アカウント設定」を「閉じる」ボタンで閉じます。
  9. Outlook を終了して再起動します。
  10. Outlook の再起動後、「連絡先」の「新規作成」で「新しい連絡先グループ] が利用できるようになっていることを確認します。
    「連絡先」の「新規作成」で「新しい連絡先グループ] が利用できる
    ※作成した「連絡先グループ」のデータは、新しく作成した PST ファイルに保存されます。

参考:マイクロソフト コミュニティ: Outlook2013の連絡先を開くと、「新規作成」リボン内の「新しい連絡先グループ」がグレー表示で使えません。

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

Translator


2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ