« 画像の一部分をぼかしたい 【ペイント】 | トップページ | 画像の一部分をぼかしたい 【Windows 10のペイント と フォトアプリ、Snipping Tool】 »

2015年11月16日

Office Premium や Office 365 Soloで Office 2016ではなく Office 2013を使いたい場合

このたび、Office Premium搭載パソコンを購入しました。早速、セットアップしてみたのですが、Office 2016がインストールされてしまいました。しかし、今は、Office 2016を使いたくありません。何とか、Office 2013をインストールできないものでしょうか?

この要望が多かったのでしょう。インストールオプションに「Office 2013」が追加されました。これを使うと、Office 2016から Office 2013へ切り替えることができます。ただし、両方のバージョンをインストールすることはできません。どちらか、片一方だけです。

なお、この件は、Office Premiumだけでなく、Office 365 Soloでも同様です。Office 2016 セットアップ完了後に切り替えることが可能です。

また、OSのシステムが64ビットの場合は、「Office 2013 64ビット版」も使えますが、問題が発生することが多いです。できるだけ「Office 2013 32ビット版」をご利用ください。

まずは、これから、紹介する方法で Office 2013がインストールできるかどうか確認します。確認できたら、すでにインストールした Office 2016をアンインストールしてください。ただ、まれに、素直にアンインストールできない場合があります。その際は、Windows コンピューターから Office 2016、Office 2013、または Office 365 をアンインストールする - Microsoft Office で紹介している「Fix it ツール」を使うか、手動でアンインストールする方法を試してみてください。Office 2016のアンインストールが完了したら、Office 2013のインストール作業をします。Office Premiumの場合とOffice 365 Soloの場合、両方で紹介します。

Office Premium の場合

  1. マイ アカウント ページにサインインし、タブを「Office ○○ Premium」に切り替えます。
  2. 「追加のインストールオプション」を選択します。
    マイ アカウント ページの「Office Home & Business Premium」タブ内
  3. 「追加のインストールオプション」のページに移動します。「バージョン」の下向き矢印を押します。
    「追加のインストールオプション」のページ
  4. 「Office 2013 - 32ビット」と「Office 2013 64ビット」が見つかります。Office 2016をアンインストール後、Office 2013を選択して「インストール」ボタンを押します。
    「バージョン」を開いたところ
  5. インストール作業が始まるので、しばらく待ちます。

Office 365 Soloの場合

  1. マイ アカウント ページにサインインし、「インストール」ボタンを押します。
    Office 365 Soloの「マイアカウント」ページ
  2. 「言語とインストールのオプション」を押します。
    Office 365 Soloの「インストール」ページ
    ※切り替えるパソコンで「非アクティブ化」をクリックしておくとスムーズです。
  3. 「言語とインストールのオプション」のページに移動します。「追加のインストール オプション」を押します。
    Office 365 Soloの「言語とインストールのオプション」ページ
  4. 「追加のインストール オプション」のページに移動します。「バージョン」の下向き矢印を押します。
    Office 365 Soloの「追加のインストールオプション」ページ
  5. 「Office 2013 - 32ビット」と「Office 2013 64ビット」が見つかります。Office 2016をアンインストール後、Office 2013を選択して「インストール」ボタンを押します。
    「バージョン」を開いたところ
    ※「Office Insider」は、Preview版です。早期テストをしたい場合にお使いください。
  6. インストール作業が始まるので、しばらく待ちます。

インストールが完了したら、WordやExcelなどを起動して、「ファイル」-「アカウント」と進みます。「バージョン情報」を開いて、上部に「2013」と表示されていれば完了です。

Excelのバージョン情報 Excel 2013になっている

参考:Office 2016 のアップグレード後に Office 2013 を再インストールする方法 - Office のサポート

なお、似たような感じで、デスクトップ版の OneNote も2013が選択できるようになっていないか確認してみました。しかし、OneNote 2013は見つかりませんでした。

2017年2月1日 追記:
2017年2月28日以降、Office 2013のダウンロードができなくなります。詳細は、Office 365 サブスクリプションでの Office 2013は2017年2月28日終了でご確認ください。

« 画像の一部分をぼかしたい 【ペイント】 | トップページ | 画像の一部分をぼかしたい 【Windows 10のペイント と フォトアプリ、Snipping Tool】 »

MS Office」カテゴリの記事

Office 365」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51036/62688943

この記事へのトラックバック一覧です: Office Premium や Office 365 Soloで Office 2016ではなく Office 2013を使いたい場合:

« 画像の一部分をぼかしたい 【ペイント】 | トップページ | 画像の一部分をぼかしたい 【Windows 10のペイント と フォトアプリ、Snipping Tool】 »

Translator


2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ