« Windows 10の Edge:「新しいタブ」のトップサイトを初期化 | トップページ | Windows 10:アクションセンターの「機内モード」が誤表示 »

2015年11月20日

Arc Touch Mouse Surface Edition を使ってみた

マイクロソフト 【Surface用】アーク タッチ マウス Surface エディション E6W-00008 を購入しました。

Arc Touch Mouse Surface Edition

実は、11月1日より、MVP Global Summitへ参加していました。その際、RedmondのMicrosoft のカンパニーストアーで購入してきたものです。現在、Windows 10にした Surface Pro3で使ってみています。

電源の入り切りは、上から押させてぺったんこにすると電源が切れます。

Arc Touch Mouse Surface Editionの電源が切れた状態

電源を入れるときは、ぽこっと折り曲げます。

真ん中を指でなでるとスクロールします。スクロールが実行されると振動が指に伝わります。勢いよくなでることで、勢いよくスクロールすることも可能でした。

Arc Touch Mouse Surface Editionの操作部分

なお、時々、スクロールしても振動が起こらないことがあります。そういう場合は、一度電源を切って、再度入れてみるといいようです。

では、スクロールボタンのクリックは?ちょっとコツがいるのですが、真ん中の境目を触ります。ポコッとなったら、スクロールボタンがクリックされた状態になりました。

ぺったんこにすれば、カバンにすんなり入るので、Surfaceと一緒に持ち運びにも便利。なかなか重宝しそうです。

さて、もう一つ、Surface 用に重宝しそうなものを買ってきました。USB端子に接続。

Microsoft のSDカードリーダー付きUSBハブ

すると、USBが2つとSDカードとマイクロSDカードが接続できるというもの。(こういうの、なんていうの?)

カードリーダー部 USBハブは上下に2個

Surface には、USB端子が1つしかありません。また、マイクロSDカードは挿入できるのですが、SDカードが使えないので、デジカメから画像を移し換える際、Wi-Fi使うしか方法がありませんでした。しかし、デジカメのWiFiが不安定なことが多く、急いで移し替えたいのに「できない!?」という事態がよく発生。これを使えば、簡単に移し替えることができるようになりました。(うふふ

Surface でSDカード取り込み中

なお、米国でも、Bellevue の Microsoft ストアーではありませんでした。Redmond 本社のカンパニーストアーでのみ購入できるものかと思います。

« Windows 10の Edge:「新しいタブ」のトップサイトを初期化 | トップページ | Windows 10:アクションセンターの「機内モード」が誤表示 »

Surface」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51036/62714981

この記事へのトラックバック一覧です: Arc Touch Mouse Surface Edition を使ってみた:

« Windows 10の Edge:「新しいタブ」のトップサイトを初期化 | トップページ | Windows 10:アクションセンターの「機内モード」が誤表示 »

Translator


2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ