« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月19日

Office 2013がインストールされているパソコンに OneNote デスクトップ版をインストールすると!

OneNote が無償で利用できることを2014年3月に OneNote 2013 無償版公開! で紹介しました。2015年10月現在は、実に様々なデバイスで利用可能になった OneNote。バージョンは、常に最新のものがインストールできます。

OneNote のダウンロード

ここにきて、困ったことが起こります。Office 2013搭載機に、現在、OneNote デスクトップ版をインストールしようとすると、下記のようなメッセージが表示されます。

いくつかの古いアプリを削除する必要があります。

いくつかの古いアプリを削除する必要があります。
一部の古いアプリは、Office 2016で動作しません。新しいOfficeをインストールする前に、次のアプリを削除する必要があります。

そして、削除する必要のあるMicrosoft Office 製品が表示されています。ここでうっかり「削除して続行」ボタンを押してしまうと、既存の Microsoft Office 製品はアンインストールされてしまいます。今まで、使えていた Word 2013やExcel 2013などが使えなくなってしまうわけです。

似たような現象は、Office 2013 のインストールされている環境に、PowerPoint 2016 をインストールすると Office 2013 が削除される: パソコンのツボ ~Office のTIP でも紹介されています。

Office Personal 2013 のインストールされている環境に、PowerPoint2016(Office 2016の各製品)をインストールすると、Office Personal 2013 は削除されてしまいます。
Click to Run 形式で提供されている、Office 2013 と Office 2016 を共存させることはできません。

「Click to Run 形式」というのは、「クイック実行」とも呼ばれます。クイック実行版の Office 2013 と Office 2016が共存できません。また、このほかにも、クイック実行版と従来の Windows インストーラー版も共存できません。

参考:Project Pro for Office 365 のインストール時の制限について - Japan SharePoint Support Team Blog - Site Home - TechNet Blogs

Office 2016 購入に関するご注意

現在、OneNote のダウンロード ページで、OneNote のバージョンを選択することはできません。Office 2013をお使いの場合は、ご留意ください。

2016年10月22日 追記:
Office 製品の仕様が変更されました。詳細は、Office 2013の環境に Office 2016 製品が追加できる! でどうぞ。

2015年10月16日

Office 365 Solo を別のパソコンにインストールする

Office 365 Soloは、Microsoft Officeのパッケージ製品の一つです。最大2台のパソコンやMacにインストールできます。

Office 365 Soloをセットアップしてみた

ということで、2台目のパソコンにインストールするには、どうするといいのでしょう?

本来は、1台目にインストールした際に作った Office マイアカウントページに、これまた、1台目で使った Microsoft アカウントでサインインしてしまいます。これで、1台目と同じようにして、インストール作業をします。

image

よくやってしまうのが、1台目と違う Microsoft アカウントでサインインしてしまうことです。

image

この場合は、「Office はこのアカウントに関連付けられていません」と表示され、インストール作業に進めません。

image

必ず、1台目に使った Microsoft アカウントでサインインしてください。

ところで、Windows 8/8.1/10は、Microsoft アカウントでサインインして使えます。自分のパソコンなのだけれども、1台目と違う Microsoft アカウントで使っているパソコンへ「2台目のパソコン」として、Office 365 Solo は使えるものなのでしょうか?

これは、ライセンス違反になります。ユーザーアカウントが1台目と同じ Microsoft アカウントだけが登録されている Windows 8/8.1/10 でご利用ください。

参考:Office 365 Solo は契約者しか利用できない | Hebikuzure's Tech Memo

2015年11月16日 追記:
Office 2016ではなく、Office 2013をインストールしたい場合は、Office Premium や Office 365 Soloで Office 2016ではなく Office 2013を使いたい場合をご確認ください。

2015年10月13日

Windows 10の Insider Program について

Windows 10の製品版をつかっています。Windows 10の公開前に、Windows Insider Programというのがあったそうですね。もう、終了してしまったのでしょうか?

いいえ、Windows Insider Program は、継続されています。そして、まだ、新たな参加者を募集しています。

Windows Insider Programは、Windows の品質改善プログラムです。現在使っているWindows 10 をもっといい製品にして欲しい!と思ったら気軽に参加してみてください。

よく「Windows 10 Insider Preview 版じゃないと参加できないのではないか?」と思っていらっしゃる方がいます。しかし、そんなことは、ありません。2015年7月29日以降からは、Windows 10 製品版をお使いの方でも参加可能です。参加は、Windows Insider Program へアクセスして「はじめに」ボタンを押します。あとは指示に従って、Windows 10のサインインに使っている Microsoft アカウントでサインインするだけです。

Windows Insider Program参加者と非参加者である一般の方々の違いは、Windows 10の「Windows フィードバック」アプリにあります。

「Windows フィードバック」アプリ

参加者は、「一般のフィードバックの参照」が使えないだけで、あとはすべての機能が使えます。しかし、一般の方々は、一部機能が制限されています。

参考:Windows 10 のフィードバック アプリの変更点 - マイクロソフト コミュニティ

Changes to the Feedback App at the launch of Windows 10 - Microsoft Community

  一般 IP参加者
フィードバックの検索
新しいフィードバックの提出
フィードバックの賛成票
ユーザー主導のフィードバックの回答
一般のフィードバックの参照  
インサイダーのフィードバックの参照  
スクリーンショットの提供  
問題の再現
(カテゴリ限定)
 
フィードバックのビルドでのフィルター  

Windows 10 製品版であっても Windows Insider Program に参加している Microsoft アカウントでWindows 10にサインインして、 「Windows フィードバック」アプリを開くとこんな感じ。「フィルター」内に「マイ ビルド」が見つかります。

Windows Insider Programに参加している Microsoft アカウントでサインインした Windows 10 製品版(Build 10240)で「Windows フィードバック」アプリの「フィルター」を開いたところ

また、「新しいフィードバックの追加」には、「スクリーンショットをとる」が表示されます。

Windows Insider Programに参加している Microsoft アカウントでサインインした Windows 10 製品版(Build 10240)で「Windows フィードバック」アプリの「新しいフィードバック」を開いたところ

逆に Windows 10 Insider Preview 版であっても、Windows Insider Program に参加していない Microsoft アカウントでWindows 10にサインインしている場合は、「フィルター」内に「マイ ビルド」は表示されません。

Windows Insider Programに参加していない Microsoft アカウントでサインインした Windows 10 Insider Preview版(Build 10565)で「Windows フィードバック」アプリの「フィルター」を開いたところ

また、「新しいフィードバックの追加」にも、「スクリーンショットをとる」が表示されません。

Windows Insider Programに参加していない Microsoft アカウントでサインインした Windows 10 Insider Preview版(Build 10565)で「Windows フィードバック」アプリの「新しいフィードバック」を開いたところ

なお、Windows 10 製品版をInsider Preview版にしたい場合は、「設定」-「更新とセキュリティ」-「Windows Update」で「詳細オプション」のボタンを押します。すると、「Insider ビルドの入手」で「開始する」ボタンが見つかります。

image

この「開始する」ボタンを押すことで、Insider Preview版に切り替わります。ただ、2015年10月13日現在は、Build がどんどん更新されているので、Insider Preview版にしてしまうと、製品版に戻すことが難しくなります。

仕事で使っているパソコンを、Insider Preview版にすることは、お勧めできません。何らかの不都合が発生して、仕事に支障が出てしまっては困ります。支障が出ると困るパソコンは、どうぞ、製品版のままでご参加ください。フル機能が使える「Windows フィードバック」アプリで、不都合を報告してみましょう。いつの日か「あれ!改善された!」となるかもしれませんよ。

2016年11月7日 追記:
最新情報を紹介しました。Windows 10:「フィードバック Hub」で使える機能 でどうぞ。

2016年12月5日 追記:
Windows 10 Insider Preview 版用のプロダクトキーは、もう配布されていません。よって、ライセンス認証されていないパソコンでは、ライセンス認証するよう促されます。しかし、短期間検証をするために使うのであれば、ライセンス認証せずに利用可能です。詳細は、Windows 10 IP  : ライセンス認証は必須ですか?でどうぞ。
  

2015年10月11日

Office 365 Soloをセットアップしてみた

Office 365 Soloを Windows 8.1でセットアップしてみました。

Office 365 Soloは、Microsoft Officeのパッケージ製品の一つです。最大2台のパソコンやMacにインストールできます。

参考:新しい Office - Office Premium 搭載 PC と Office 365 Solo の紹介

ただし、「Solo」とついている通り、一人のユーザーでしか利用できません。このため、複数のアカウントを登録してある1台のパソコンにインストールすると、ライセンス違反になります。

参考:Office 365 Solo は契約者しか利用できない | Hebikuzure's Tech Memo

では、Office 365 Soloをセットアップするには、どのように作業するといいのか、紹介しましょう。

  1. ブラウザで http://office.com/setup へアクセス
  2. プロダクトキーを入力して、「はじめに」ボタンを押す
    Officeのセットアップとインストール 
  3. Microsoft アカウントでサインインする
    ※一度使ったOffice 365 Soloのプロダクトキーは、もう使えません。以降は、ここでサインインした際に使った Microsoft アカウントで管理します。どの Microsoft アカウントを使ったのか、忘れないようにしてください。また、別の Office サブスクリプションでも使っている Microsoft アカウントを使うと混乱の元です。すでに作ってあるOffice マイアカウントページにサインインしてしまいます。ほかのOffice サブスクリプションで使っていない Microsoft アカウントでサインインするといいでしょう。
  4. 「国」と「言語」を指定します。
    ※Office 365 Soloの場合は、「国」は「日本」で、「言語」は「日本語」しか選択できませんでした。
    国と言語の指定
  5. Microsoft Officeから連絡がほしい場合は、「電子メール」にチェックをつける
  6. 「続行」ボタンを押す
  7. Office のマイアカウントページが開く
    Office 365 Solo のマイアカウントページ
  8. 「インストール」ボタンを押す
    インストールの項目
    ※ 「新着情報」の内容は、アクセスした時期に変わります。
  9. Windows 8.1 パソコンにインストールしたいので「PC、Mac、Windows タブレットのインストール」の「インストール」ボタンを押す
    Office 365 Soloの「インストール」ページ
  10. 説明が表示されます。通知バーの「実行」ボタンを押す
    あとわずかの手順で完了です...
  11. 「ユーザーアカウント制御」が表示されたら「はい」ボタンを押す
  12. 作業が始まるので、しばらく待ちます。
    準備しています
  13. インストールが始まります。
    インストール作業中 その1
    インストール作業中 その2
    インストール作業中 その3
  14. 「すべて完了です。インストールされました」と表示されたら「閉じる」ボタンを押します。
    すべて完了です。インストールされました
    ※Windows 8.1にインストールしたからか、説明アニメーションがWindows 8.1タイプなのですね。

さっそく、Office 製品を起動してみました。すると、「最初に行う設定です。」というメッセージが表示されます。

image

「自動更新機能」に同意します。これは、Office Premium プラス Office 365 サービス製品と同じですね。

「ファイル」-「アカウント」と進んで「製品情報」を確認してみました。「サブスクリプション製品」の「Microsoft Office 365」と表示されます。

image

バージョンは、16.0.4229.1029でした。Office 2016製品ですね。

2015年10月16日 追記:
この続きは、Office 365 Solo を別のパソコンにインストールする でどうぞ。

2015年11月16日 追記:
Office 2016ではなく、Office 2013をインストールしたい場合は、Office Premium や Office 365 Soloで Office 2016ではなく Office 2013を使いたい場合をご確認ください。

2015年10月 7日

Windows 10:コントロールパネルを素早く開くゴッド モードについて

Windows 10になりまして、コントロールパネルを開くのが少々面倒になりました。「設定」からずーっと見つけていく方法、Win+Xキーでクイックアクセスメニューを表示させて開く方法もあります。

さて、Windowsには、「ゴッド モード (God Mode)」という機能があります。コントロールパネルを素早く開くという機能です。やり方は、いくつか紹介されています。

参考:"God Mode" を使ってみる: パソコンのツボ ~Office のTIP

ASCII.jp:Windows 10でも「ゴッドモード」が用意されていた!|ここが変わったWindows 10

新規フォルダーを作成して、そのフォルダー名を下記のように入力

GodMode.{ED7BA470-8E54-465E-825C-99712043E01C}

Enter キーで確定すると「GodMode」の起動アイコンが出来上がります。

「GodMode」起動アイコン

この起動アイコンを実行すると、こんな感じ。コントロールパネルの操作項目が一覧表示されます。

God Mode 実行

この他、エクスプローラーや「ファイル名を指定して実行」で下記のように入力して実行します。

shell:ControlPanelFolder

この場合は、コントロールパネルが「大きいアイコン」の表示で開きます。

コントロールパネルが「大きいアイコン」で起動

元々は、開発者向けに用意された隠し機能の模様。コントロールパネルを素早く開きたい場合に、どうぞご利用ください。

2015年10月 5日

Windows 10 : Microsoft Edgeでページ内の一部分だけの画像を撮る

Windows 10を使っています。ブラウザの Microsoft Edge だと表示されているページ内の一部分だけの画像を撮って保存できると聞きました。しかし、やり方がわかりません。どうすると、できるのでしょう?

一般的に、画面上の一部分を画像にして保存する場合は、Snipping Tool を使います。この他、Microsoft Edgeだけの機能ですが、「Webノートの作成」を使うと、Web ページ内の一部分だけを画像として保存することも可能です。次のように作業します。

  1. Microsoft Edgeを起動して、該当ページを開きます。
  2. 右上にある「Web ノートの作成」ボタンを押します。
    Microsoft Edgeの右上の部分
  3. 上部のバーの色が変わります。左側にある「クリップ」ボタンを押します。
    「Web ノートの作成」が有効になっている左上部
  4. Webページ全体が薄暗くなり「ドラッグして領域をコピー」と表示されます。
    image
  5. 画面上の必要な部分をマウスやペンでドラッグして、指定します。
  6. 指定が完了すると「コピーしました」と表示されます。
    image
  7. ペイントやOneNote、Wordなど、画像を張り付けられるアプリを起動して、貼り付けます。
    image
    ※画像として保存しておきたい場合は、ペイントに張り付けて、名前を付けて保存するといいでしょう。
  8. 画像のキャプチャー作業が終わったら、他のコマンドボタンを押して「クリップ」を無効にします。

2015年10月 4日

富山県情報センターで「Windows 10 入門」セミナーを開催

2015年10月3日、富山県総合情報センター「IT講座等実施事業」の専門セミナーが開催されました。

富山県総合情報センター

今回、私は、Windows 使いこなしセミナーで「Windows 10 入門」と題して、登壇いたしました。その際に使ったスライドを公開します。

※お使いのブラウザによっては「操作性向上のため、HTML5 をサポートしているブラウザーにアップグレードしてください。」というメッセージが出て、スライドが正しく表示されないことがあります。IEの場合は「互換性表示」が有効になっていないかどうか、確認してみてください。

なお、今回は、日経パソコン編集部さんと翔泳社さんのご厚意で、Windows 10 入門 ★付録(日経BPパソコンベストムック) (日経BPパソコンベストムック)Windows 10完全制覇パーフェクト を数冊ですがご希望の方にプレゼントいたしました。どうぞ、活用してみてください。

参加してくださった皆さん、ありがとうございました。

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

Translator


2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ