« OneDrive の「共有」フォルダーがエクスプローラーで操作できる! | トップページ | Windows 10 「アプリと機能」で「利用不可」と表示される! »

2015年8月15日

Microsoft Edge 「天気」の地域設定について

Windows 10の Microsoft Edgeでスタートページには、「天気」が表示されます。表示される地域は、初期設定の場合、「現在地」を表示します。この現在地は、インターネット回線を利用する際のIPアドレスから割り出しています。しかし、パソコンは、スマートフォンの位置情報と違い、数キロ離れた場所を現在地として表示することがあります。

さて、私は現在「東京都港区」にはいません。「天気」に、適当な地域を表示させています。

Microsoft Edge スタートページの「天気」

どうしても、現在地が自動的に割り出せない場合は、手動で地域を指定します。

次のようにします。

  1. Edgeでスタートページの「天気」に表示されている地域名の部分か、その下の「詳しい天気予報」を押します。
  2. 現在設定している地域のより詳しい天気予報が表示されます。その上部には、「お気に入りに追加」と「現在の場所を検出」ボタンがあります。
    image
    「現在の場所を検出」を押すと、IPアドレスから割り出した現在地を表示します。
    「お気に入りに追加」を押すと、現在表示されている地域をお気に入りに追加できます。
  3. 「表示されている地域」欄を押すと、「最近の検索履歴」や「お気に入りの場所」などが表示されます。
    image
  4. 「市区町村/場所を検索」欄に市区町村名を入力して、Enterキーを押します。すると、地域の候補が表示されます。
    image
  5. 地域の候補を押すと、天気予報がその地域に変わります。
    image
  6. 再度、地域の欄を押して、表示されたメニューから「この場所をホームに設定」を押します。
    image
  7. 現在表示されている地域に「ホーム」のマークがつきました。
    image

以上で、Microsoft Edgeのスタートページの「天気」が指定した地域で表示されるようになります。

image

« OneDrive の「共有」フォルダーがエクスプローラーで操作できる! | トップページ | Windows 10 「アプリと機能」で「利用不可」と表示される! »

Microsoft Edge」カテゴリの記事

Windows 10」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51036/62087847

この記事へのトラックバック一覧です: Microsoft Edge 「天気」の地域設定について:

« OneDrive の「共有」フォルダーがエクスプローラーで操作できる! | トップページ | Windows 10 「アプリと機能」で「利用不可」と表示される! »

Translator


2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ