« Windows 10 IP で「Windowsテーマ」の壁紙を使う | トップページ | Skype ビデオ通話をするとチャット欄が狭い »

2015年7月12日

Windows 8.1の Skype for modern Windowsを起動してみたら!

Windows 8.1の Skype for modern Windows がサインインできなくなる! の続き。

2015 年 7 月 7 日​以​降、​Skype for modern Windows ア​プ​リ​に​は​サ​イ​ン​イ​ン​で​き​な​く​な​り​ま​す。​

ということで、2015年7月7日は、とっくに過ぎてしまいました。Windows 8.1の Skype アプリを起動させるとどうなるのでしょう?

ストアアプリ用の Skype とデスクトップ用Skype のタイル

※デスクトップ用のSkypeではなく、ストアアプリ用の Skype を起動します。

起動させると、こんな風に表示されました。「新しい Skype アプリをダウンロード」と表示されています。

新しい Skype アプリをダウンロード

その下には、「このアプリは、パワーアップした新しい Skype アプリに変わりました。新しいアプリの機能をご覧ください」と書いてあり、「今すぐダウンロード」ボタンがあります。

「今すぐダウンロード」を押すと、ブラウザが起動しました。開いたページは、Skype for Windowsデスクトップに今すぐアップグレード

image

このWebページの「Skypeをダウンロード」を押してみます。表示されたのは、Windows用デスクトップ版 Skype のダウンロードページでした。

Windows用デスクトップ版 Skype のダウンロードページ

「Skype for Windows デスクトップをダウンロード」ボタンを押して、表示された通知バーの「保存」を押して、インストールファイルをダウンロード。

通知バー

ダウンロードが完了したら、実行します。「ユーザーアカウント制御」が表示された場合は、「はい」を押します。

Skype for Windows デスクトップのインストール作業中

デスクトップ版 Skype が起動します。バージョンは、7.6.64.105。

image

また、Skype ホームの上部には、「Skype をアップデートしました。全般に修正を加え、パフォーマンスを強化した最新バージョンがご利用いただけます。」とあります。

Skype ホームにあったメッセージ「Skype をアップデートしました。全般に修正を加え、パフォーマンスを強化した最新バージョンがご利用いただけます。」

ということで、ストアアプリ版の Skype は利用できなくなりましたので、アンインストールします。タイルを右クリックすると「アンインストール」が見つかります。「アンインストール」を選択。

Skyep タイルを右クリックして「アンインストール」を選択

確認のメッセージが表示されますので、「アンインストール」ボタンを押します。

image

なお、Windows RT 8.1のSkype アプリは、正常に起動します。

« Windows 10 IP で「Windowsテーマ」の壁紙を使う | トップページ | Skype ビデオ通話をするとチャット欄が狭い »

Skype」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51036/61877020

この記事へのトラックバック一覧です: Windows 8.1の Skype for modern Windowsを起動してみたら!:

« Windows 10 IP で「Windowsテーマ」の壁紙を使う | トップページ | Skype ビデオ通話をするとチャット欄が狭い »

Translator


2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ