« 「Skype for Web」ベータ版を使ってみた | トップページ | Windows 10 IP Build 10130 日本語入力の「クラウド候補」 »

2015年6月16日

Windows 10 IP Build 10130 の「メール」アプリで POP3 を設定

Windows 10 Insider Preview Build 10130になりまして、徐々に「メール」アプリもバージョンアップしている模様。メールやカレンダーを開くと「ようこそ」画面が開きました。
Windows 10 Build 10130 カレンダーアプリの「ようこそ」画面

2015年6月16日現在は、17.4211.42291.0 です。

メール/カレンダーアプリのバージョン情報 17.4211.42291.0

なお、アプリのバージョンが古い場合、「ストア(ベータ)」を開き、アカウントの印を押すと表示されるメニューから「ダウンロード」を選択するか、数字のついた下向きの矢印を押すと更新プログラムをインストールすることができます。

さて、Windows 10のメールアプリは、POP3を使う一般的なプロバイダーのメールアドレスでも対応するとのこと。どうなったか、実際に確認してみました。

今回、試しに登録するのは、ここのブログでもお世話になっている@nifty さんのメールアドレス。次のようにしてみました。

  1. 「メール」アプリ起動
  2. ナビゲーションバーの下部にある「設定」(歯車マーク)を押す
    ナビゲーションバーにある「設定」
  3. 「設定」の「アカウント」を選択
  4. 「アカウントの追加」を押す
  5. まずは「その他のアカウント」を選択
    「アカウントの選択」画面
  6. 「メールアドレス」とそのパスワードを入力して「サインイン」ボタンを押します
    「その他のアカウント」の画面
    アカウントが追加されるまでしばらく待ちます。しかし、この方法では、うまくいかず、「設定」から「アカウント」を確認すると、Niftyのアカウントに「注意が必要です」と表示されました。
    「注意が必要です」と表示
    いったん、追加したアカウントを削除します。
  7. 今度は、アカウントの選択で「詳細セットアップ」を選びます。
  8. 「インターネットメール」を選択
    「詳細セットアップ」の画面
  9. 「インターネット メール アカウント」の画面で次のように入力します。
    「インターネット メール アカウント」の画面(1)
    アカウント名:利用するサービス名(例 @nifty)
    表示名:メールを送信する際に表示して欲しい自分の名前
    受信メール サーバー:pop.nifty.com
    アカウントの種類:POP3
    「インターネット メール アカウント」の画面(2)
    ユーザー名:@nifty のメールアドレス全体
    パスワード:メールのパスワード
    送信(SMTP)メールサーバー:smtp.nifty.com
    「インターネット メール アカウント」の画面(3)
    送信サーバーは認証が必要:チェック
    メールの送信時に同じユーザー名とパスワードを使う:チェック
    受信メールにSSLを使う:チェック
    送信メールにSSLを使う:チェック
  10. 「サインイン」ボタンを押す
  11. 「完了 アカウントが正しくセットアップされました」と表示されたら「完了」ボタンを押す

しばらく待ちます。今度は、メールアプリにアカウントが追加されます。「設定」から「アカウント」を表示すると、追加されているのが確認できます。

「設定」から「アカウント」を開いてみた

アカウントの切り替えは、「新規メール」の下、「アカウント名」の右向き矢印を押すと表示されました。

image

@nifty の「受信トレイ」を開くと、ちゃんと受信できました。そして、送信も可能です。ただ、受信しただけでは、サーバーから受信メールを削除しませんでした。受信メールを削除して、同期をするとサーバーからも削除されました。

また、同期設定を確認しましたら、ダウンロードする期間が「過去3か月間」になっていました。これ以上は、「すべて」。後は、「過去7日間」「過去2週間」「過去1か月」が選択可能です。

同期設定の画面

やっとプロバイダーからのメールアドレスも使えるようになりました。しかし、受信サーバーの容量が決まっていて少なめな場合は、定期的に削除ができるデスクトップ版のメールソフトとも連携して使った方がよさそうですね。

« 「Skype for Web」ベータ版を使ってみた | トップページ | Windows 10 IP Build 10130 日本語入力の「クラウド候補」 »

Windows 10」カテゴリの記事

メール」カテゴリの記事

コメント

お陰でメール受信可能になり感謝!感謝です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51036/61751659

この記事へのトラックバック一覧です: Windows 10 IP Build 10130 の「メール」アプリで POP3 を設定:

« 「Skype for Web」ベータ版を使ってみた | トップページ | Windows 10 IP Build 10130 日本語入力の「クラウド候補」 »

Translator


2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ