« Windows 10 IP Build 10130 の「メール」アプリで POP3 を設定 | トップページ | Windows 8.1の Skype for modern Windows がサインインできなくなる! »

2015年6月17日

Windows 10 IP Build 10130 日本語入力の「クラウド候補」

2015年5月15日に Windows 10 IP Build 10074 日本語入力の「クラウド候補」 を紹介しました。Build 10074では、クラウド候補を常時使えるようにする設定が「設定」のかなり奥の方にありました。

さて、Build 10130になりまして、「設定」からだけでなく、通知領域の入力チップから出も設定できるようになっていました。次のように作業します。

  1. 通知領域の「あ」もしくは「A」を右クリック。表示されたメニューから「プロパティ」を選択。
    「あ」を右クリックしたところ
  2. 「Microsoft IMEの設定」が開くので、詳細設定」のボタンを押す
    Microsoft IMEの設定
  3. 「Microsoft IMEの詳細設定」が開くので「予測入力」タブを開く。「予測入力を使用する」にチェックがついているのを確認して、「クラウド候補を使用する」にチェックを付け「OK」ボタンを押す
    「Microsoft IMEの詳細設定」の「予測入力」タブ

この設定は、もちろん、「設定」の「クラウド候補」とも連動しています。どちらで設定しても、大丈夫です。

「設定」の「クラウド候補」

  1. スタートメニューの「設定」から「時刻と言語」を選択
  2. 「地域と言語」の「日本語」を選択して「オプション」ボタンを押す
  3. キーボード内にある「Microsoft IME」を選択して「オプション」ボタンを押す

※初回設定変更後、うまく利用できない場合は、パソコンを再起動してみてください。

クラウド候補が表示

« Windows 10 IP Build 10130 の「メール」アプリで POP3 を設定 | トップページ | Windows 8.1の Skype for modern Windows がサインインできなくなる! »

MS-IME」カテゴリの記事

Windows 10」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51036/61756422

この記事へのトラックバック一覧です: Windows 10 IP Build 10130 日本語入力の「クラウド候補」:

« Windows 10 IP Build 10130 の「メール」アプリで POP3 を設定 | トップページ | Windows 8.1の Skype for modern Windows がサインインできなくなる! »

Translator


2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ