« Windows 10 JTP C:\Users 内のユーザーフォルダー | トップページ | 困った時の活用ガイド - Windows , Surface , Officeの道しるべ - »

2015年2月25日

Windows 10 JTP の Windows Update

Windows 10 January Technical Preview の「コントロールパネル」には、Windows Update が見当たりません。

Windows 10 JTPのコントロールパネル

Windows 10 January Technical Preview の Windows Update は、「Settings」ー「保守と管理」内にありました。

Windows 10 JTPの「Settings」

Windows 8.1では、コントロールパネルとPC設定の「保守と管理」の両方にありましたが、Windows 10では1か所にしたようです。

Windows 10 JTPでの「保守と管理」の Windows Update はこんな感じ。

「保守と管理」の Windows Update

「更新プログラムの詳細を表示する」を押すと、ダウンロード中の更新プロつラムの一覧が表示されました。

「更新プログラムの詳細を表示する」

「詳細」を押すと、その説明も表示されます。

「更新プログラムの詳細を表示する」で「詳細」を開いた

「詳細オプション」では、Windows Update に関する設定ができました。従来のWindows Update にあった「設定の変更」のようなところです。

「詳細オプション」

「更新プログラムのインストール方法を選んでください」は「自動(推奨)」になっていました。

「更新プログラムのインストール方法を選んでください」は「自動(推奨)」

選択項目は、「自動(推奨)」と「再起動の日時を設定するよう通知する」の2種類。

「自動(推奨)」と「再起動の日時を設定するよう通知する」

「再起動の日時を設定するよう通知する」にしてみます。

「再起動の日時を設定するよう通知する」にした場合

更新プログラムがインストール後、再起動が必要な場合は、通知が表示されるようになりました。

更新プログラムがインストールされて再起動が必要な場合

「必要な更新プログラムをインストールするために、再起動が必要です。スケジュールを設定するには、このメッセージを選択してください。」のメッセージを押すと、「Settings」のWindows Update が開き、スケジュールを設定できるようになっていました。

ここで、再起動したい時間を指定できます。

「再起動が予定されています」

「プレビュービルドのインストール方法」も選択できます。「高速」に設定すると、いち早くプレビュービルドが入手できます。

プレビュービルドのインストール方法を選択してください

「低速」にすると、問題が起こらないかどうか、確認できたぐらいにインストールされるようです。

プレビュービルドのインストール方法は高速と低速の2種類

« Windows 10 JTP C:\Users 内のユーザーフォルダー | トップページ | 困った時の活用ガイド - Windows , Surface , Officeの道しるべ - »

Windows 10」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51036/61193649

この記事へのトラックバック一覧です: Windows 10 JTP の Windows Update:

« Windows 10 JTP C:\Users 内のユーザーフォルダー | トップページ | 困った時の活用ガイド - Windows , Surface , Officeの道しるべ - »

Translator


2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ