« 海外で Outlook.com を使う場合 | トップページ | 2015年2月のSurface RT/2 のPowerPointが起動しなかった問題 【解決】 »

2015年2月14日

Windows 10 JTP のスタートメニュー

Windows 10 January Technical Preview では、スタート メニューが復活しました。タスク バーの左端にあるロゴマークやWindowsキーを押すと開きます。

Windows 10 January Technical Preview のスタート メニュー

右上部には、電源ボタンもあり、これを押してシャットダウンや再起動が行えます。

スタートメニュー右上の「電源」ボタン

ロックやサインアウトしたい場合は、Windows 8.1のスタート画面と似たような感じで、ユーザー名の部分を押すとできるようになっています。

スタートメニューのユーザー名を押してみた

なお、ユーザーアカウントを追加している場合は、ここから選択して、サインインするアカウントを変更できます。

ユーザー名のところでアカウントの変更も可能

スタートメニュー内のスクロール方向ですが、縦方向になりました。

スタートメニューのスクロール方向

右上の電源ボタンの横に スタートメニューを展開 「スタートメニューを展開」があります。これを押すと、スタートメニューが広がります。

スタートメニューが展開

元のサイズに戻したい場合は、電源ボタンの右にある スタート メニューを復元「スタート メニューを復元」を押します。なお、タブレットモードにした場合、「スタート メニューに復元」は表示されません。

スタートメニューの右側は、アプリのタイルが並んでいます。ここへアプリをピン留めするには、どうするといいのでしょう?左側のアプリの一覧から、右側へドラッグしてみたのですが、タイルが登録できませんでした。アプリを右クリックして表示されたメニューを使ってピン留めします。

スタートメニューの左側のアプリで右クリック

なお、タスク バーへのピン留めは、アプリの一覧からタスク バーへドラッグすると、ピン留めできました。

タイルの変更も右クリックで可能です。

タイルで右クリック

クイックアクセスメニューも、Windows ボタンを右クリック、もしくは、Win+Xキーで表示されます。

クイックアクセスメニュー

« 海外で Outlook.com を使う場合 | トップページ | 2015年2月のSurface RT/2 のPowerPointが起動しなかった問題 【解決】 »

Windows 10」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51036/61136930

この記事へのトラックバック一覧です: Windows 10 JTP のスタートメニュー:

« 海外で Outlook.com を使う場合 | トップページ | 2015年2月のSurface RT/2 のPowerPointが起動しなかった問題 【解決】 »

Translator


2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ