« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月27日

Windows 8.1の「カレンダー」アプリの始まりの曜日を変更

Windows 8.1を使っています。「カレンダー」アプリの月単位の表示で、週の始まりが日曜日からにになっています。これを月曜日始まりにすることはできるのでしょうか。

Windows 8.1の「カレンダー」アプリ 週の始まりが日曜日

次のようにしてみてください。

  1. デスクトップのタスク バー右端にある時計をクリック
  2. 「日付と時刻の設定変更」をクリック
    カレンダーと時計
  3. 「日付と時刻」の「日付と時刻」タブにある「日付と時刻の変更」ボタンをクリック
    「日付と時刻」の「日付と時刻」タブ
  4. 「カレンダーの設定の変更」をクリック
    image
  5. 「形式のカスタマイズ」の「日付」タブにある「カレンダー」で「週の最初の曜日」を「月曜日」に設定。
    image
  6. 「OK」ボタンを押して開いていったダイアログを閉じる。

以上で、「カレンダー」アプリを起動して確認します。

なお、変更されていない場合は、いったん「カレンダー」アプリの右上にある「×」ボタンで閉じてから再度開いてみてください。

Windows 8.1の「カレンダー」アプリ 週の始まりが月曜日

2015年2月26日

OneNote のウィンドウを2つ並べて表示させたい

Windows 8.1で OneNote 2013を使っています。OneNoteのウィンドウを2つ同時に表示させたいのです。左右にウィンドウを並べて、右のノートを見ながら左のノートにテキスト打ち込むといった作業がしたいのです。こんな場合、どうするといいのでしょう?

やり方としては、OneNote の機能を使う方法と Windows の機能を使う方法の2種類があります。

次のようにしてみてください。

OneNote 2013の機能を使う

  1. OneNote 2013を起動します。
  2. 「表示」タブを開きます。
  3. リボンの「ウインドウ」内に「新しいウインドウを開く」がありますので、クリックします。OneNote 2013の「表示」タブ
    OneNote 2013の「表示」タブの「ウインドウ」内

Windowsの機能を使う

  1. OneNote 2013を起動します。
  2. タスク バーにアイコンが表示されます。そのタスク バーのアイコンをShift キーを押しながらクリックします。
    もしくは、タスク バーのアイコンを右クリックして、ジャンプリストを表示させ、「OneNote 2013」をクリックします。
    OneNote 2013 のジャンプリスト

いずれの方法でも、2枚目の OneNote ウィンドウが起動します。

2枚目のOneNote ウィンドウが起動

全く同じノートブックのページが開きますが、閲覧したいノートを変更することも、ノートブックを変更することも可能です。後は、スナップ表示させて左右に並べるといいでしょう。

OneNote のスナップ表示

2015年2月25日

困った時の活用ガイド - Windows , Surface , Officeの道しるべ -

MVP の MVP による Windows ストア アプリが公開されました。

Windows ストア の Windows 用 困った時の活用ガイド - Windows , Surface , Officeの道しるべ – アプリ

Windows 8.1にインストールして使えます。早速、インストールしてみました。

困った時の活用ガイド アプリ

私のブログ記事もこのアプリで閲覧できます。表示されている画像は全然関係ないのですが・・・

Windows 8.1をご利用の皆さん、ぜひどうぞ。

Windows 10 JTP の Windows Update

Windows 10 January Technical Preview の「コントロールパネル」には、Windows Update が見当たりません。

Windows 10 JTPのコントロールパネル

Windows 10 January Technical Preview の Windows Update は、「Settings」ー「保守と管理」内にありました。

Windows 10 JTPの「Settings」

Windows 8.1では、コントロールパネルとPC設定の「保守と管理」の両方にありましたが、Windows 10では1か所にしたようです。

Windows 10 JTPでの「保守と管理」の Windows Update はこんな感じ。

「保守と管理」の Windows Update

「更新プログラムの詳細を表示する」を押すと、ダウンロード中の更新プロつラムの一覧が表示されました。

「更新プログラムの詳細を表示する」

「詳細」を押すと、その説明も表示されます。

「更新プログラムの詳細を表示する」で「詳細」を開いた

「詳細オプション」では、Windows Update に関する設定ができました。従来のWindows Update にあった「設定の変更」のようなところです。

「詳細オプション」

「更新プログラムのインストール方法を選んでください」は「自動(推奨)」になっていました。

「更新プログラムのインストール方法を選んでください」は「自動(推奨)」

選択項目は、「自動(推奨)」と「再起動の日時を設定するよう通知する」の2種類。

「自動(推奨)」と「再起動の日時を設定するよう通知する」

「再起動の日時を設定するよう通知する」にしてみます。

「再起動の日時を設定するよう通知する」にした場合

更新プログラムがインストール後、再起動が必要な場合は、通知が表示されるようになりました。

更新プログラムがインストールされて再起動が必要な場合

「必要な更新プログラムをインストールするために、再起動が必要です。スケジュールを設定するには、このメッセージを選択してください。」のメッセージを押すと、「Settings」のWindows Update が開き、スケジュールを設定できるようになっていました。

ここで、再起動したい時間を指定できます。

「再起動が予定されています」

「プレビュービルドのインストール方法」も選択できます。「高速」に設定すると、いち早くプレビュービルドが入手できます。

プレビュービルドのインストール方法を選択してください

「低速」にすると、問題が起こらないかどうか、確認できたぐらいにインストールされるようです。

プレビュービルドのインストール方法は高速と低速の2種類

2015年2月24日

Windows 10 JTP C:\Users 内のユーザーフォルダー

Microsoft アカウントの表示名をうっかり「日本語表記」にしてあったため、それで、Windows 10 January Technical Preview のセットアップしたらC:\Users 内のユーザーフォルダーが日本語表記になってしまいました。

image

こうなっていると、Windows Update で更新プログラムのインストールの際に問題が発生するのか、うまく更新プログラムがダウンロードできなかったり、インストールできなかったり、IEでCookieが利用できないなど、いろいろ不都合が発生しやすいです。特に、名前に 郎 六 肋 和 脇 という文字が入っている方は、注意してください。

さて、いったんできてしまったユーザーフォルダー名を後から変更することはできません。そこで、C:\Users 内のユーザーフォルダーが日本語表記にならないよう、Windows 10をセットアップする際、いったん、ローカルアカウントでアルファベットのアカウントを作り、その後、Microsoft アカウントに紐づけます。

次のようにしてみてください。

  1. 「Microsoft アカウントへのサインイン」の画面で「新しいアカウントを作る」を押す
    「Microsoft アカウントへのサインイン」の画面
  2. 「Microsoft アカウントの作成」画面が表示される。
    「Microsoft アカウントの作成」画面
    これをマウスで触ると、右側にスクロールバーが表示される。下げてから「Microsoft アカウントを使わずにサインインする」を押す
    マウスで触るとスクロールバーが表示
  3. 「お使いのアカウント」画面が表示される
    「お使いのアカウント」画面
    ユーザー名欄に、ローカルアカウント名を直接入力の英数字で入力。後は、パスワードとパスワードのヒントを入力して「完了」ボタンを押す。

以上で、C:\Users 内のユーザーフォルダーがアルファベット表記になります。

C:\Users 内のユーザーフォルダーがアルファベット表記

引き続きて、ローカルアカウントから、Microsoft アカウントへ関連付けます。

  1. スタートメニューを開き、ユーザー名をクリック。表示されたメニューから「アカウントの変更」を選択
    スタートメニューのユーザー名をクリック
  2. 「Settings」の「アカウント」-「お使いのアカウント」が開く。「Microsoft アカウントへ関連付ける」をクリック
    「Settings」の「アカウント」-「お使いのアカウント」
  3. 「Microsoft アカウントに切り替える」が開くので、現在のパスワードを入力して、「次へ」ボタンを押す
    Microsoft アカウントに切り替える
  4. 「Microsoft アカウントへサインイン」が開くので、Microsoft アカウントのメールアドレスとそのパスワードを入力して、「次へ」ボタンを押す
    image
  5. 「情報保護にご協力ください」が表示されたら、コードを受け取るメールアドレスなどを指定して、そのメールアドレス全体を入力して、「次へ」ボタンを押す
    image
  6. 受け取ったコードを入力して、「次へ」ボタンを押す
  7. 「Microsoft アカウントへ切り替える」が表示される。内容を確認して「切り替え」ボタンを押す
    image

これで、「Settings」の「アカウント」-「お使いのアカウント」に戻ります。サインインしているアカウントがMicrosoft アカウントに関連付けられました。
image

以上で、C:\Users 内のユーザーフォルダーは英数表記ですが、ユーザーの表示名は日本語表記となりました。その後、必要に応じて、管理者権限を与えます。

なお、いったん出来上がってしまった日本語表記のフォルダーから、アルファベット表記のフォルダーに変更したい場合は、日本語表記のフォルダーの利用をあきらめます。日本語表記のフォルダーの「設定」-「アカウント」-「お使いのアカウント」で「ローカル アカウントでのサインインに切り替える」を押して作業します。その後、紹介したようにして作ったローカルアカウントを Microsoft アカウントに関連付けます。

2016年7月31日 追記:
ここで紹介したやり方は、既に古くなっています。C:\Users 内のユーザーフォルダーについて をどうぞ。

2015年2月22日

Windows 8.1の「メール」アプリに iPhoneの i.softbank.jp アカウントを設定

Windows 8.1を使っています。スタート画面の「メール」に iPhone のメールアドレス(i.softbank.jp)を設定したいのです。どうするといいのでしょう?

Softbank の iPhone 「メール」では、Eメール(i)という「@i.softbank.jp」のメールアドレスが利用できます。このメールアドレスは、送受信サーバーとして、SMTP に IMAP を使っています。2014年5月7日に Office Outlook 2013に iPhoneの i.softbank.jp アカウントを設定したい を紹介しました。Windows 8.1の「メール」アプリも、「IMAP」に対応していますので、応用すれば、「メール」アプリに設定可能です。次のようにしてみてください。

  1. Windows 8.1のスタート画面で「メール」タイルを押す
    「メール」アプリのタイル
  2. 「設定」チャームを開き、「アカウント」-「アカウントの追加」-「その他のアカウント」を選択
    「メール」アプリの「設定」チャーム 「アカウント」-「アカウントの追加」
  3. 「メール アカウントの追加」が開くので「IMAP」にチェックをつけて「接続」を押す
    「メール アカウントの追加」
  4. 「その他のアカウントの追加」が開く。メールアドレスとそのパスワードを入力。「詳細を表示」を押す。
    「その他のアカウントの追加」
  5. 「その他のアカウントの追加」の詳細画面になる。 未入力の各項目へは次のように入力し、設定する。

    ユーザー名:メールアドレスの@マークの前の部分
    受信(IMAP)メールサーバー :imap.softbank.jp
    IMAPポート:143
    受信サーバーは SSL が必要:チェックなし
    送信(SMTP)メールサーバー :smtp.softbank.jp
    SMTPポート :587
    送信サーバーはSSLが必要: チェックなし
    送信サーバーは認証が必要: チェックあり
    メールの送信t受信で同じユーザー名とパスワードを使う: チェックあり 

    「その他のアカウントの追加」の詳細画面 
    ※画像のメールアドレスは、一例です。
  6. 「接続」ボタンを押す

以上で「メール」アプリにiPhoneのメールアドレスが追加されました。

2015年2月21日

ノートンのアップデート後にIEが強制終了し起動できない

またもや、「Internet Explorer は動作を停止しました。」と出る系の記事に妙にアクセスが集中しています。

原因を探りましたところ、Norton を搭載しているパソコンで問題が起きている模様です。

IEがノートンのアップデート後に強制終了し起動できない現象が発生 | 日刊時事ニュース

この現象は、日本だけではなく世界中で起きています。

あいにくとノートンは、持っていないので確認不能ですが、情報まで。

2015年2月21日 19:20 更新:
日本のMicrosoft Community にもスレッドができています。
「Internet Explorer は動作を停止しました」 が表示され、IEが全く動作しない。

コントロールパネル>インターネットオプション>詳細設定>セキュリティの中にある「拡張保護モードを有効にする*」にチェックをつけて「OK」ボタンを押す。その後にパソコンを再起動して確認ください。

2015年2月21日 19:50 更新:
ノートンが修正ファイルを配布開始したとのことです。LiveUpdateで「IPS定義ファイルの更新」が見つかりましたら、あててみてください。

2015年2月20日

iPhone の OneDrive アプリで共有されたフォルダーに写真をアップロードできるか?

iPhoneで OneDrive アプリを使っています。先日、仲の良い友人たちと旅行へ行きました。その際に、iPhoneで撮った写真をOneDrive 上にアップしました。知人にも見てもらい、追加写真もアップロードできるよう、「共有」もし「編集可能」の設定にしてあります。ところが、友人のiPhone の OneDrive アプリからは、私の OneDrive フォルダーに写真がアップロードできないと連絡がありました。こんな場合、どうするといいのでしょう?

実際に、iPhoneで確認してみました。

iPhoneの OneDrive アプリを起動して、下部の「共有アイテム」をタップ。共有してくれたユーザーを選択します。

下部の「共有アイテム」をタップして共有してくれたユーザーを選択

共有されているフォルダーは「編集可能」の文字が見えます。このフォルダーを開きます。右上の「・・・」をタップすると、メニューが開きました。「アイテムの追加」も表示されています。

右上の「・・・」をタップ

「アイテムの追加」をタップすると、「フォルダーの作成」や「写真や動画の撮影」、そして「既存フォルダーからの選択」というメニューが表示されるはずなのです。しかし、ここでは、先のメニューが閉じるだけで、何も表示されませんでした。

そこで、iPhone、iPod touch、iPad 用 OneDrive ダウンロードページを確認してみました。

すると、次のように書いてあります。

• 自分の OneDrive ファイルと共有ファイルを閲覧

もしかすると「共有ファイル」は「閲覧」が主なのかもしれません。

また、iPhoneからの「編集」は何ができるのか確認してみました。同じく右上の「・・・」をタップして、メニューから「アイテムの選択」をタップ。すると、選択したファイルやフォルダーの削除ができました。また、WordやExcelといった Microsoft Office 製品のファイルが共有されている場合は、関連アプリがあれば編集が可能です

しかし、OneDrive アプリを使って。共有されたフォルダーにiPhoneからファイルをアップロードすることができませんでした。

なお、iPhoneのサファリからOneDrive.com へサインインして、「共有」を開いてみたのですが、「編集可能」と表示されているフォルダーを開いても、できるのは閲覧だけでした。サファリでは、パソコンのブラウザからでは上部に表示されるはずのコマンドが表示されません。削除すらもできませんでした。

iPhoneは、そういう仕様なのだと考えられます。

もちろん、自分自身のフォルダー内であれば、写真のアップロードは、「・・・」をタップして「アイテムの追加」から「既存フォルダーからの選択」と進み、写真を選択すれば可能でした。そこで、ご自身のフォルダー内は、閲覧だけにします。友人、知人の方も、次のようにしてOneDriveに共有フォルダーを作ってもらい、写真を保存してもらいます。そこを閲覧するという方法がいいでしょう。

右上の「・・・」をタップして「共有とアクセスの許可」をタップ。

自分のフォルダーで右上の「・・・」をタップ

「知り合いの追加」をタップ。

「共有とアクセスの許可」をタップすると表示されるメニュー

後は、共有する相手を指定し、編集を許可するかどうか、アクセスにMicrosoft アカウントでのサインインを求めるかどうか指定します。

「知り合いを追加」の画面

2015年2月23日 追記:
OneDrive の機能の提案サイトでフィードバックしてみました。

I cannot upload files to the folder was shared in the iOS App OneDrive – Feature Suggestions for Microsoft OneDrive

変な英語ですが、「Vote」の部分をクリックすると、同意されたとみなされ、要望率が上がります。

2015年4月8日 追記:
この現象が修正されているのを確認しました。iPhone の OneDrive アプリで共有されたフォルダーに写真がアップロード可能に!

Word で文字を選択してBackSpace キーを押しても消えない

Word 2013 を使っています。文字を削除する場合、文字列を選択してBackSpaceキーを押していました。先日まで、これで消えていたのですが、今は、消えてくれません。文字列を選択せずに、カーソルを文字の後ろに置いて、BackSpace キーを押せば、一文字づつ消えます。しかし、文字列を選択するとできません。こんな場合、どうするといいのでしょう?

この現象は、2011年3月に Word で BackSpace や Delete 、上下左右のカーソルキーが使えない(Word 2007/2010)で追記として紹介しました。しかし、Word 2010までのことでした。

Word 2013でも同じです。次のようにして、設定を確認してみてください。

  1. Word 2013の「ファイル」から「オプション」を選択
  2. 「Wordのオプション」の左側から「詳細設定」を選択
  3. 「編集オプション」内にある「選択した文字列を置換入力する」にチェックをつける
    image
  4. 「OK」ボタンを押す

これで、現象がどうなるか確認します。

2015年2月18日

「Internt Explorer は動作を停止しました」と PhishWall 【2015年2月版】

2015年2月の Windows Update が配信されてから急激に 「Internt Explorer は動作を停止しました」と PhishWall へのアクセス数が増え始めました。

PhishWallクライアント | PhishWall | 株式会社セキュアブレイン さんのWebサイトを確認してみたところ、こんなお知らせが出ているのを見つけました。

最新版PhishWallへの更新のお願い - PhishWall FAQ より

2/13(金)のWindowsUpdate後に3.5.14以前のPhishWallを使用している場合、Internet Explorerに不具合が発生することが確認されています。PhishWallを現時点の最新版(3.5.19)に更新することで、この事象を回避することが出来ます。

不具合を修正するには、いったん現在インストールされているPhishWallをアンインストールしてから、最新版をインストールします。作業方法も、OS別に最新版PhishWallへの更新のお願い - PhishWall FAQで紹介してありました。

2015年2月20日 追記
PhishWallをアンインストール後、再インストールする必要があるかどうか、下記ページも参考にしてみてください。

WindowsUpdate後にIE停止のエラー - マイクロソフト コミュニティ

2015年2月21日 追記
ノートンのアップデート後に、IEのエラーが発生するようになったという情報がありました。ノートンのアップデート後にIEが強制終了し起動できないでご確認ください。

 

「OneNote に送る」ツールを起動したくない

Windows 8.1で OneNote 2013を使っています。OneNote を起動させると「OneNote に送る」ツールが起動してきます。それが、OneNoteを閉じてもタスク バーに居座ります。毎回、「閉じる」で閉じているのですが、どうにも面倒です。「OneNote に送る」ツールは、便利なのですが使う時以外起動して欲しくありません。こんな場合、どうするといいのでしょう?

「OneNote に送る」ツールを使うと、OneNoteへ自分の取っておきたい情報を簡単に送ることができます。

「OneNote に送る」ツール(IE 利用中)

真ん中の「OneNote に送る」ボタンは、現在使っているアプリケーションなどに応じて、対応しているので、変化します。

「OneNote に送る」ツール(Word 利用中)

さて、「OneNote に送る」ツールを閉じる方法です。上部に「×」印があります。これをクリックすると閉じます。しかし、「閉じる」なので、終了していません。よって、タスク バーにいます。

タスク バーの「OneNote に送る」アイコン

タスク バーからもなくしたい場合は、「×」ボタンではなく、下の「終了」を押します。これで、タスク バーからも消えます。しかし、OneNote を起動させると、また一緒に開きます。

質問にあるように、OneNoteを起動させても「OneNote に送る」ツールは起動させたくない場合、左下にある「OneNote と共に起動」のチェックを外して、「終了」をクリックします。

image

これで、もう、OneNote を起動させても「OneNote に送る」ツールは開かなくなります。

ただ、通知領域に「OneNote ツールに送る」が常駐していると思います。

通知領域の「OneNote ツールに送る」アイコン

※通知領域にアイコンがない場合は、OneNote 2013の「ファイル」-「オプション」-「表示」で「タスク バーの通知領域に OneNote のアイコンを追加する」にチェックが付いているかどうか確認します。

OneNote 2013の「ファイル」-「オプション」-「表示」

通知領域に、OneNote が常駐していれば、「OneNote に送る」ツールは、Win+Nキーで起動します。

なお、「OneNote に送る」ツールを起動させなくても、「新しいクイック ノート」はWin+Alt+N キーで実行可能です。また、画面の領域キャプチャーのショートカットキーは、お使いのOSによって、違います。Windows 7/8は、Win+S キーですが、Windows 8.1は、Win+Shift+S キーです。

参考:Windows 8.1にしたら OneNote の画面キャプチャショートカットキーは?

2015年2月17日

PowerPoint 2013の「お勧めテンプレート」が表示されない

2015年2月のSurface RT/2 のPowerPointが起動しなかった問題 【解決】 で起動できなかったPowerPointが起動できるようになったわけなのですが・・・

何故か、お勧めのテンプレートやテーマが表示されなくなっていました。

PowerPoint 2013のお勧めテンプレートが表示されない

我が家でこの現象がおきているのは、これ1台だけです。これも Windows Update の影響でしょうか?とも思ったのですが、Surface2/RTではない機種でも現象が発生しているという情報が入りました。

さて、この修正方法に関する情報が入りました。次のように作業してみてください。

  1. コントロール パネルの「日付、時刻、地域と言語のオプション」-「日付と時刻」をクリックして、「日付と時刻」のダイアログ ボックス を表示する
    もしくは、通知領域の「時計」を右クリックして、表示されたメニューから「日付と時刻の調整」を選択してもいいでしょう。
    [日付と時刻] ダイアログ ボックス
  2. 「日付と時刻の変更」ボタンをクリック
  3. 日付を2ヶ月先に設定する (例:今日は、2015年2月17日なので、2015年4月17日へ変更)
    カレンダーの右側にある三角ボタンを押すと、先の月に切り替えられます。
    日付と時刻の設定
  4. 「OK」ボタンを押して開いたダイアログ ボックスを閉じる
  5. PowerPoint を起動する

これで、PowerPointにお勧めのテンプレートやテーマが表示されるようになりました。

PowerPointにお勧めのテンプレートやテーマが表示された 

後は、再度、「日付と時刻」を開いて、設定を本日の日付に直すのをお忘れなく。

参考:PowerPoint2013を起動した時に表示されるお勧めのテンプレートが表示されない パソコンのツボ ~Office のTIP

2015年2月24日 追記
この現象、Excel 2013でも起こります。回避方法は、このページで紹介した方法と同じです。
参考:Excel2013を起動した時にお勧めのテンプレートが表示されない パソコンのツボ ~Office のTIP

Windows 8.1のIEが常にデスクトップ版だけで開く

Windows 8.1を使っています。ふと気がつくと、IEがデスクトップ版でしか起動しません。「インターネット オプション」の「プログラム」タブを開くと、「常にデスクトップInternet Explorerで開く」の項目がグレーで表示されていて、切り替えができません。どうすれば、ストアアプリ版のIEも使えるようになるのでしょう?

「インターネット オプション」の「プログラム」タブが、こんな風に表示されているのかと思います。

「インターネット オプション」の「プログラム」タブで「リンクの開き方」がグレー表示

この現象は、IEが既定のブラウザではないと起こります。

こうなってしまうと、スタート画面の「Internet Explorer」タイルを押しても、ストアアプリ版のIEは起動せず、デスクトップ版が開きます。
Internet Explorer タイル

こんな場合は、次のように設定を変更してみてください。

  1. インターネットオプションの「プログラム」タブに「Internet Explorer を既定のブラウザにします。」が見つかる場合は、それをクリック。
  2. 「規定のプログラムを設定する」が表示されるので、左側から「Internet Explorer」を選択。
  3. 右側にある「すべての項目に対して、既定のプログラムとして設定する」をクリック。
    「規定のプログラムを設定する」で「Internet Explorer」を選択
  4. 「このプログラムで開くことのできる項目すべてが、これを既定のプログラムとして設定しています。」と表示されたら「OK」ボタンを押す
    IEを既定のプログラムとして設定
  5. 「インターネット オプション」が開いている場合は、「×」ボタンなどで閉じます。

再度、「インターネット オプション」を開きます。「プログラム」タブの表示が変わったことでしょう。

「インターネット オプション」の「プログラム」タブで「リンクの開き方」が黒い表示

「リンクの開き方を選択」も変更可能になります。

「リンクの開き方を選択」も変更可能

2015年2月のSurface RT/2 のPowerPointが起動しなかった問題 【解決】

2015年2月12日に Surface RT/2 のPowerPointが起動しない 問題を紹介しました。

我が家でも Surface RTで、この問題が起きておりました。先ほど、Windows Update を確認してみたところ、Microsoft PowerPointの新しい更新プログラムが配信されているのに気がつきました。

 Surface RTでPC設定から Windows Update を開いてみた

「Microsoft PowerPoint 2013(KB2956149)RTの更新プログラム」 がそうです。

Microsoft PowerPoint 2013 KB2956149 の詳細

February 10, 2015 update for PowerPoint 2013 (KB2956149) の「Notice」より

This update replaces update KB2920732, which is no longer available. If you have already installed update KB2920732, install this update to obtain the new version of this update.

訳:

この更新プログラムに更新 KB2920732、もはや利用可能です。KB2920732 更新プログラムを既にインストールしている場合はこの更新プログラムの新しいバージョンを入手するこの更新プログラムをインストールします。

どうやら、先の「Microsoft PowerPoint 2013(KB2920732)RTの更新プログラム」対策用のようですね。

早速、インストールしてみたところ、エラーになってしまっていたPowerPointが起動するようになりました。

ただ、起動直後の「お勧めテンプレート」が全く表示されませんでした。
PowerPoint 2013のお勧めテンプレートが表示されない

2015年2月17日 19:53 追記:
PowerPoint起動直後の「お勧めテンプレート」などが表示されない件に関して情報が入りました。PowerPoint 2013の「お勧めテンプレート」が表示されない でどうぞ。

2015年2月14日

Windows 10 JTP のスタートメニュー

Windows 10 January Technical Preview では、スタート メニューが復活しました。タスク バーの左端にあるロゴマークやWindowsキーを押すと開きます。

Windows 10 January Technical Preview のスタート メニュー

右上部には、電源ボタンもあり、これを押してシャットダウンや再起動が行えます。

スタートメニュー右上の「電源」ボタン

ロックやサインアウトしたい場合は、Windows 8.1のスタート画面と似たような感じで、ユーザー名の部分を押すとできるようになっています。

スタートメニューのユーザー名を押してみた

なお、ユーザーアカウントを追加している場合は、ここから選択して、サインインするアカウントを変更できます。

ユーザー名のところでアカウントの変更も可能

スタートメニュー内のスクロール方向ですが、縦方向になりました。

スタートメニューのスクロール方向

右上の電源ボタンの横に スタートメニューを展開 「スタートメニューを展開」があります。これを押すと、スタートメニューが広がります。

スタートメニューが展開

元のサイズに戻したい場合は、電源ボタンの右にある スタート メニューを復元「スタート メニューを復元」を押します。なお、タブレットモードにした場合、「スタート メニューに復元」は表示されません。

スタートメニューの右側は、アプリのタイルが並んでいます。ここへアプリをピン留めするには、どうするといいのでしょう?左側のアプリの一覧から、右側へドラッグしてみたのですが、タイルが登録できませんでした。アプリを右クリックして表示されたメニューを使ってピン留めします。

スタートメニューの左側のアプリで右クリック

なお、タスク バーへのピン留めは、アプリの一覧からタスク バーへドラッグすると、ピン留めできました。

タイルの変更も右クリックで可能です。

タイルで右クリック

クイックアクセスメニューも、Windows ボタンを右クリック、もしくは、Win+Xキーで表示されます。

クイックアクセスメニュー

海外で Outlook.com を使う場合

Outlook.com ヘアクセスしてメールの送受信をしています。先日から日本を離れ、海外に来ています。現地のホテルでパソコンを借りて、Outlook.com を開いたのですが、アクセスできませんでした。何かコードを携帯電話へ送るようなことも表示されましたが、私の携帯は海外で使えません。海外で Outlook.com を使いたい場合は、どうするといいのでしょう?

通常とは違うパソコンや通常とは違う地域から Outlook.com といった Microsoft のオンラインサービスにアクセスすると、本人確認を求められます。その際には、Microsoft アカウントを作成した際に登録した電話番号やメールアドレス宛にコードを送ってもらい、本人であることを証明します。

参考:Microsoft アカウント – 連絡先情報の本人確認のお願い|Microsoft アカウント

もうすでに海外に行っていて、今すぐ Microsoft のWebメールである Hotmail や Outlook.com へアクセスしたい場合は、下記の専用フォームを使って問い合わせてみてください。

Microsoft アカウント サポート - Windows ヘルプ

上記ページの「サインインできない」を選択して問い合わせます。個別に対応してもらえますので、本人だと確認できればアクセスできるようになります。

ただし、問い合わせ用の Microsoft アカウントが必要です。これは、海外で新規に作らないといけないでしょう。また、速攻で対応されないので、それなりの時間(半日以上)待たされることでしょう。そして、このサポートを受けるのに、ちょっとしたコツがあります。参考:このインシデントをオンラインで送信したときの電子メール アカウントと一致しません

さて、私も時々、海外へ行きます。現地のパソコンを借りて、Microsoft のサービスにサインインしないといけないこともあります。その際に、私が使うのは、スマートフォンの認証アプリです。

2段階認証した Microsoft アカウントでの「認証アプリ」のセットアップ

なお、この認証アプリは、スマートフォンだけでなくWindows 8.1のアプリにもあります。

Microsoft アカウント 2段階認証の Windows 8.1用「認証アプリ」

認証アプリを使う際、スマートフォンが現地の通信回線やWi-Fiにつながっている必要はありません。コード入力欄に認証アプリで生成されたコードを入力するだけです。ただ、そのためには、海外へ行く前に、認証アプリのセットアップをしておく必要があります。

でも、一番簡単なのは、日本で使っているノートパソコンなどを「信頼済みパソコン」にして、海外に持って行って使うことでしょう。

2015年2月12日

Surface RT/2 のPowerPointが起動しない

Surface 2を使っています。2015年2月の Windows Update の後から、PowerPoint が起動しなくなりました。WordやExcel、OneNote、Outlookは問題ありません。これはいったい、どうなっているのでしょう?

我が家でも Surface RTで同じ現象が起きています。2015年2月の Windows Update 後、PowerPointを起動するとこんなメッセージが表示されます。

PowerPoint.EXE - 正しくないイメージ

C:\program Files\Microsoft office\Office15\1041\PPINTL.DLL は Windows 上では実行できないか、エラーを含んでいます。元のインストール メディアを使用して再インストールするか、システム管理者またはソフトウェアの製造元に問い合わせてください。 エラー状態 0xc0000428

このメッセージの「OK」ボタンを押すと、再度同じメッセージが表示されました。もう1度「OK」ボタンを押すと、今度は×印だけの小さいメッセージが表示。

×印だけの小さいメッセージ

2回目にPowerPointを起動させると、「PowerPointは前回起動に失敗しました。セーフモードを使用すると問題の解決に役立ちますが、一部の機能が使用できないことがあります。セーフ モードで起動しますか」と聞かれます。

PowerPointは前回起動に失敗しました。セーフモードを使用すると問題の解決に役立ちますが、一部の機能が使用できないことがあります。セーフ モードで起動しますか

「はい」ボタンを押して、しばらくすると、先と同じエラーメッセージが出ました。

3回目には、「PowerPointをセーフモードで起動できませんでした。修復を開始しますか」と聞かれます。
PowerPointをセーフモードで起動できませんでした。修復を開始しますか

「はい」を押すとインストーラーらしきものが起動します。
image
しかし、「選択した機能は現在使用できないネットワーク リソースにあります」が表示されました。
選択した機能は現在使用できないネットワーク リソースにあります

「OK」を押すと「パスが見つかりません」と言われます。
パスが見つかりません

仕方なく「キャンセル」です。この後は、初回に戻ります。

という感じで、まったく起動できません。

さて、我が家には、Surface 2 もあります。こちらも 2015年のWindows Updateをインストールしてあるのですが、問題なくPowerPointが起動します。何が違うのか確認してみたところ、起動する方には、「Microsoft PowerPoint 2013(KB2920732)RTの更新プログラム」がありません。

そこで、PowerPoint 2013 (KB2920732) 2015 年 2 月 10 日更新 を確認してみたところ

通知
この更新プログラムは現在利用できません。調査中の問題に対処する改訂されています。問題が解決されると、更新プログラムが復元されます。

となっています。Microsoft も現状を把握しているようです。問題を起こしている PowerPointの更新プログラムも、現在は配信を停止しています。

2015年2月17日 追記:
この問題を解決する更新プログラムが配信されました。詳細は、2015年2月のSurface RT/2 のPowerPointが起動しなかった問題 【解決】 でどうぞ。

2015年2月11日

Office 2013のヘルプでスクリプトエラーが出る

Windows 8.1でOffice 2013を使っています。Office 製品の右上にある「?」を押してヘルプを表示させます。それで、検索すると「スクリプトエラー」が表示されるのです。このスクリプトエラーの「はい」と「いいえ」ボタンのどちらを押しても検索結果は表示されます。しかし、このエラー表示は大丈夫なのでしょうか?

現象を確認してみました。

  1. Office 製品を起動します。今回は、Word 2013を起動してみました。
  2. 右上の「?」マークをクリックして「ヘルプ」を表示。
    officeHelp
  3. 「オンライン ヘルプの検索」欄に文字入力して、Enter キーを打ちます。
  4. 質問者さんのいう「スクリプト エラー」が表示されました。
    officeHelp2

どうやら、日本語で検索すると表示されるようです。半角英数の直接入力では表示されませんでした。とはいえ、日本語で検索しないと、欲しい情報は見つからないことでしょう。「はい」や「いいえ」を押せば、検索結果に行けますので、無視してもいいと思います。

さて、こういったスクリプトエラーは、その昔、Internet Explorer でよく表示されました。

Internet Explorer のスクリプト エラー時の対処法 - Windows ヘルプ より

ほとんどの場合、これらは無視できます。

やはり、無視して「はい」か「いいえ」を押して、検索結果を表示させればいいのでしょう。

「Internet Explorer のスクリプト デバッグと通知を無効にするには」を確認すると・・・

スクリプト エラーのデバッグと通知は既定で無効です。有効になっている場合は、次の手順に従って無効にしてください。

  1. Internet Explorer を開くには、[スタート] ボタン [スタート] ボタンの画像 をクリックし、検索ボックスに「Internet Explorer」と入力して、結果の一覧の [Internet Explorer] をクリックします。

  2. [ツール] ボタン、[インターネット オプション] の順にクリックします。

  3. [詳細設定] タブをクリックし、[スクリプトのデバッグを使用しない (Internet Explorer)] チェック ボックスと [スクリプトのデバッグを使用しない (その他)] チェック ボックスをオンにします。

  4. [スクリプト エラーごとに通知を表示する] チェック ボックスをオフにして、[OK] をクリックします。

私の環境では、インターネットオプションで無効になっていました。

image

ユーザーサイドでは、修正ができそうにありません。何か新しくわかったら、改めてお知らせします。

2015年2月22日 追記:
Office 2013の「ヘルプ」で日本語の文字列を入力して検索しても、スクリプトエラーが表示されなくなりました。修正されたのかと考えられます。ご確認ください。

2015年2月 9日

Windows 10 JTP でタブレットモードを確認

Windows 10 January Technical Preview では、2in1 パソコンなどで、キーボードやマウスなどを利用するのに適したタイプとタッチ操作をするのに適したタイプをスムーズに切り替えられる「Continuum」という機能がつきました。

キーボードを外すと右下に「タブレットモードを開始しますか?」というメッセージが表示されます。

「タブレットモードを開始しますか?」というメッセージ

これをタップすると、タブレットモードの開始です。起動中のアプリがあった場合は、すべて最大化の表示に自動的に変わります。スタートメニューも最大化のようなイメージのサイズです。

展開されたスタート メニュー

面白いのがデスクトップ版アプリケーションの終了方法です。「×」ボタンをタップするだけではなく、ストアアプリの終了のように、画面上端から下へスライドさせても終了できます。

デスクトップアプリケーションでも、上端から下へスライドして終了できる

動画にはしてありませんが、下にさげたデスクトップアプリケーションを途中から左右へ移動させます。
ペイントを途中で右方向へスライドさせてみた

すると、「スナップ機能」が働いて1/2画面でスナップされました。

1/2画面でスナップ表示

なお、実際にタブレットモードがどんな風になるのか、HP Envy x2で動画にしてみましたので、参考にしてみてください。

2015年2月 8日

Windows 10 JTP を使った要望を出す方法

現在、公開されている Windows 10 January Technical Preview は、まだ開発途中の Windows です。使っていていろいろ思うことがあることでしょう。そんな思いをどうしたらいいのでしょう?

Microsoft Community にも専用フォーラムができました。

Windows Insider Program - マイクロソフト コミュニティ

上記フォーラムでも、質問を受け付けています。しかし、まだ、開発途中の製品です。仕様がどんどん変わります。「○○ができないのですけど、どうしたらいいのでしょう?」と質問されても誰も答えられないかもしれません。

Windows 10 には、専用のフィードバックツールが付いています。これを使って、要望を出すことが可能です。しかも、日本語で要望が出せます。

参考:フィードバック方法 - オペレーティングシステム開発統括部 - Site Home - MSDN Blogs

Windows 10 のフィードバックを! - 高橋 忍のブログ - Site Home - MSDN Blogs

「Windows Feedback」の使い方

  1. Windows 10 のインストールプログラムをダウンロードした際に使った Microsoft アカウントでWindows 10にサインインします
  2. スタートメニューを開くと、「Windows Feedback」タイルが見つかりますで、押します。
    「Windows Feedback」タイル
    ※よく見ると「Windows Feedb」までで、後の文字が切れてますね。
  3. 「Windows Feedback」が起動します。
    「Windows Feedback」が起動
  4. 起動時は、検索結果が「トレンド」になっています。「よくある要望」というところでしょうか。この検索結果は、「トレンド」以外にも「最新」や「同意」に変更可能です。
    「結果の並べ替え基準」を開いてみた
  5. 「フィードバックを入力」欄に自分が要望したいことが既にないかどうか、キーワードとなりそうな語句を入力します。
  6. 似たようなフィードバックが見つかったら選択します。
  7. さらに自分の思いを書きたい場合は、「さらに詳細を追加しますか?」欄に入力します。
    似たようなフィードバックが見つかった
  8. 「フィードバックの種類」で「提案」なのか「問題」なのか選択します。
  9. 「送信」ボタンを押します。

似たようなフィードバックが見つからない場合

  1. 「新しいフィードバック」ボタンを押します。
  2. 「新しいフィードバック」の画面になります。
    「新しいフィードバック」の画面
  3. 「カテゴリの選択」欄でカテゴリを選択します。「サブカテゴリの選択」も同様に選択します。
  4. 意見や要望、提案を書き込みます。
  5. 「フィードバックの種類」で「提案」なのか「問題」なのか選択します。
  6. 画面の画像があるとわかりやすい場合は、「スクリーンショットをとる」ボタンを押します。
  7. 画面の左上に、下記のような「カメラ」と「チェック」のボタンが表示されます。
    スクリーンショット中に画面左上に表示されるボタン
    「カメラ」のボタンを押すと、スクリーンショットを撮ります。複数回押すとスクリーンショットが押しただけフィードバックに挿入できます。
  8. 「チェック」のボタンを押すとフィードバックの画面に戻ります。内容を確認して「送信」ボタンを押します。

もしかすると、自分がしたフィードバックが取り入れられるかもしれません。また、要望が多いものも取り入れられる可能性が高いことでしょう。「同意」もどんどんして、より使いやすい製品になるよう要望してみましょうね。

2015年2月 6日

Windows 10 JTP のエクスプローラー

Windows 10 January Technical Preview のエクスプローラーは、起動させると「クイック アクセス」で開きます。

Windows 10 JTP のエクスプローラー

クイック アクセスには、「よく使用するフォルダー」と「最近使用したファイル」が表示されています。

Windows 10 JTP のエクスプローラー「クイック アクセス」

これらを使って、素早く必要なフォルダーやファイルにアクセスしやすいようになりました。

「よく使用するフォルダー」に新しくフォルダーを追加したい場合、フォルダーを選択して、「ホーム」タブにある「クイック アクセスにピン留め」を押します。

「ホーム」タブにある「クイック アクセスにピン留め」

これで、「クイック アクセス」の「よく使用するフォルダー」にフォルダーが追加表示されました。

「よく使用するフォルダー」にフォルダーが追加された

さて、Windows 8.1のころのように「PC」で開くようにできないものでしょうか。そういう場合は、次のようにします。

  1. エクスプローラーの「表示」タブにある「オプション」を押します。
  2. 「フォルダー オプション」が開きます。
    Windows 10の「フォルダー オプション」
  3. 「全般」タブの上部にある「エクスプローラーで開く」を「クイック アクセス」から「PC」へ切り替えます。
    「全般」タブの上部にある「エクスプローラーで開く」
  4. 「OK」ボタンを押します。
  5. 開いていたエクスプローラーをいったん閉じます。

これで、エクスプローラーを開くと「PC」で起動するようになりました。

エクスプローラーが「PC」で起動

Windows 8.1では、エクスプローラーのローカル内にあるファイルを共有する際は、デスクトップ版のアプリケーションで、OneDrive 内に保存されているファイルは、Web上の OneDrive.com へ移動してから共有の作業をする必要がありました。この仕様がWindows 10では変更されています。「共有」タブを開くと「共有」が見つかります。「共有」を押すと「共有」チャームが開きました。

「共有」タブにある「共有」を押してみた

Windows 8.1のエクスプローラーではできなかった、ストアアプリが使えるようになりました。で送ることができます。「共有」チャームで、「メール」アプリを選択すると「メール」アプリでファイルが送信できます。

エクスプローラーからでも「共有」で「メール」アプリが使える

2015年2月 5日

Windows 10用の次世代 Office Preview版公開

Windows 10 January Technical Preview で使える、次世代の Office が Preview版で公開されました。

The next chapter of Office on Windows - Office Blogs

2015年2月5日現在は、Excel と Word、PowerPoint がインストールできました。しかも、日本語版です。

次世代の Excel と Word、PowerPoint

アプリは、Windows 10 January Technical Preview のグレーの「ストア(ベータ)」アプリで見つかります。「Office」で検索すると、見つかることでしょう。

「ストア(ベータ)」アプリで「Office」の検索結果

インストール画面の「最新版情報」を見ると「一部のテキスト関連は現在準備中ですが、将来の更新でサポートされる予定です」となっており「日本語、中国語、韓国語の IME 入力」と「タッチキーボードでの予測入力」が使えないとのこと。

Word Preview インストール画面

確かに、物理キーボードもタッチキーボードでも日本語入力できませんでした。

OneNote アプリは、Windows 10 に標準搭載済み。

OneNote も起動してみた

後は、Outlook 待ちですね。

2015年2月 2日

Windows 8.1 完全制覇 パーフェクト 初版第3刷発行

2015年2月5日、Windows 8.1完全制覇パーフェクト の初版第3刷が発行されます。

Windows 8.1 完全制覇 パーフェクトの奥付

2013年11月28日の発売開始から、約1年2ヶ月で第3刷。お役にたっているようで、うれしい限りです。

MVP Community Camp 2015 北陸会場 富山合同勉強会 .NET & Java ~ぶりしゃぶで休もう~

2015年1月31日、MVP Community Camp 2015が日本全国8都市で開催されました。

北陸会場は、呉羽ハイツで「富山合同勉強会 .NET & Java ~ぶりしゃぶで休もう~」と題して、Microsoft 系と Java 系の勉強会を同時開催しました。参加してくださった皆さん、ありがとうございました。

さて、私は、「.NET」枠で参加していました。その様子を掲載OKの取れた登壇者の写真を中心に紹介します。

Microsoft MVP for ASP.NET/IIS 矢後 比呂加氏
「今からASP.NETを始める方法」
最新のツールと環境を駆使した ASP.NET の始め方について。
ブログ: miso_soup3 Blog
Microsoft MVP for ASP.NET/IIS 矢後 比呂加氏

Microsoft MVP for Remote Desktop 金子雄一 氏
「リモートデスクトップのしくみ ~音声伝送編~」
リモートデスクトップのしくみ、音声伝送編という事で「音」について。
ブログ: リモートデスクトップを開発するIchiGekiのブログ。
Microsoft MVP for Remote Desktop 金子雄一 氏

Microsoft MVP for Windows Server for Small and Medium Business 澤田 賢也 氏
「Windows Server 2003 からの移行をスムーズにおこなうために ~初心者向けファイルサーバーの構築方法~」
2015年7月に Windows Server 2003 のサポートが終了するため、Windows Server 2003で構築されたファイルサーバーを新しいOSへスムーズに移行するためのノウハウとファイルサーバーの基礎知識について紹介。 
ブログ: Windows Server Essentials を中心とした雑記
著書: 現場で役立つ Windows Server 2012 R2 Essentials 構築・運用ガイド (Small Business Support)
Microsoft MVP for Windows Server for Small and Medium Business 澤田 賢也 氏

ランチセッション(LT)

Microsoft MVP for Windows Platform Development 池原大然氏  「Officeもどき作成」
Microsoft MVP for Windows Platform Development 池原大然氏

Microsoft MVP for Windows Expert-IT Pro の Park Sung Ki氏 「Global MVP Overview」
Microsoft MVP for Windows Expert-IT Pro の Park Sung Ki氏

北陸会場の昼食

北陸会場の昼食

何を慌てているのやら?お弁当の上にかかっているカバーを取るのを忘れて撮っているわ。

Microsoft MVP for Windows Expert-Consumer さくしま たかえ
「Windows 10 TPを使ってみた(仮)~次期OSはどうなる?!~」 改め「Windows 10 January Technical Preview 日本語版を使ってみた」
Windows 10 January Technical Preview を1週間使ってみて、どんな感じなのか、どう操作するといいのかを紹介。 
ブログ: 世の中は不思議なことだらけ
Microsoft Online Services 検証の館
著書: Windows 8.1完全制覇パーフェクト

「.NET MVP による、C# ドキドキ・ライブコーディング!!」
北信越の .NET MVP 3名が C# の魅力について語る、LT や コーディング ライブ。
Microsoft MVP for .NET 石野 光仁 氏 コミュニティ: AILight
Microsoft MVP for .NET 小島 富治雄 氏 ブログ: プログラミング C# - 翔ソフトウェア (Sho's)
.NET MVP によるドキドキ・ライブコーディング! 小島の分
Microsoft MVP for .NET 鈴木 孝明 氏 ブログ: xin9le note
石野光仁氏 小島富治雄氏 鈴木孝明氏

日本マイクロソフト株式会社 エバンジェリスト  井上 章(チャック)氏
「Linux & Mac OS でも動く! ~ クロスプラットフォーム対応に見る ASP.NET Core 5 の可能性 ~」
クロスプラットフォーム対応が進む ASP.NET Core 5 の登場は、アプリケーション プラットフォームで進むクラウド最適化の流れの中でとても重要な意味を持つ。本セッションでは、ASP.NET 5 / Visual Studio 2015 が描く新時代の開発フレームワークの特徴とビジョンをデモを通じて紹介。
Blog: THE TRUTH IS OUT THERE - MSDN Blogs


日本マイクロソフト株式会社 エバンジェリスト  井上 章(チャック)氏 仙台会場と通信中

ハッピーアワー LT

原水真一氏 「Backend as a Service」

原水真一氏 富山勉強会 Backend as a Service

石坂忠広氏 「関数型・オブジェクト指向 宗教戦争に疲れたあなたに送る Go言語のススメ」

石坂忠広氏 関数型・オブジェクト指向 宗教戦争に疲れたあなたに送る Go言語のススメ

Microsoft MVP for Surface 新谷剛史氏 HTMLのおはなし 「コードはシンプルに!」

Microsoft MVP for Suraface 新谷剛史氏

Microsoft MVP for .NET 石野光仁氏 セッションのオプションLT

Microsoft MVP for .NET 石野光仁氏 のオプション LT

じゃんけん大会の景品。私は、日経ベストPC+デジタル 2014冬号[日経ソフトウエア2015/1月号増刊] を5冊。(日経パソコンさんより)。この他、現場で役立つ Windows Server 2012 R2 Essentials 構築・運用ガイド (Small Business Support) が20冊(翔泳社さんより)。

IMG_3452

北陸会場の懇親会!富山はこの時期、寒ブリです。ということで「鰤しゃぶ」付き!

北陸会場の懇親会料理

参加された皆さん、楽しんでいただけたでしょうか?また、楽しい勉強会を企画できればと思っています。その際には、またご参加くださいませ。ありがとうございました。

#toyamaburi - Twitter検索

関連記事

2015/01/31 富山合同勉強会 .NET & Java (MVP Community Camp 2015 北陸会場) #MvpComCamp #toyamaburi - koda-album

[Event] 「富山合同勉強会 .NET & Java - MVP Community Camp 2015 北陸会場 -」が開催されました (プログラミング C# - 翔ソフトウェア (Sho's))

富山合同勉強会 .NET & Java ~ぶりしゃぶで休もう~に行ってきました! | Kazuki.Kachi.Relucer.net

富山合同勉強会お疲れ様でした - プログラマーの脳みそ

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

Translator


2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ