« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月30日

Windows 8.1のIEで「www.microsoft.com」にアクセスすると・・・

Windows 8.1を使っています。Internet Explorer で http://www.microsoft.com/http://www.microsoft.com/ja-JP/default.aspx へアクセスしてみたところ、「Your current User-Agent string appears to be from an automated process, if this is incorrect, please click this link:United States English Microsoft Homepage」と表示されてしまいました。リンクされている「United States English Microsoft Homepage」を使ってみても変わりません。これは、どうなってしまっているのでしょう?

下記のように表示されるのかと思います。

 32bit Windows 8.1のIEで http://www.microsoft.com/ へアクセス

この現象は、32bit 版 Windows 8.1のInternet Explorerで起こります。Windows 8.1 の 64bit 版や Windows 7では起こりません。

回避方法は、次のようにします。

  1. デスクトップ版のIEで http://www.microsoft.com/ へアクセス
  2. F12 キーをを押して「F12 開発者ツール」を起動し、左側のメニューから「エミュレーション」を選択
    「F12 開発者ツール」の「エミュレーション」
  3. 「ユーザーエージェント文字列」を「既定」 から「Internet Explroer 10」に変更
    「ユーザーエージェント文字列」を開いたところ
  4. Web ページが正しく表示されたのを確認。
    Microsoft のページが開いた

しかし、「F12 開発者ツール」を閉じてしまうと、また元に戻ってしまいます。いちいち「F12 開発者ツール」を開くのは面倒とか、よく http://www.microsoft.com/http://www.microsoft.com/ja-JP/default.aspx を使う場合は、次のようにしてみてください。

  1. デスクトップ版のIEで、該当ページを開いて、「ツール」(歯車マーク)-「互換表示設定」を開きます
    IEの、「ツール」(歯車マーク)を開いたところ
  2. 「追加する Web サイト」に「microsoft.com」が入力されているのを確認して、「追加」ボタンを押す。
    「追加する Web サイト」に「microsoft.com」が入力されている
  3. 「互換表示に追加した Web サイト」に「microsoft.com」が入ったのを確認したら、「閉じる」ボタンを押す。
    「互換表示に追加した Web サイト」に「microsoft.com」が入った

これで、現象がどうなるか確認します。

なお、ストアアプリ版のIEの場合は、デスクトップ版IEで上記のように「互換表示設定」に追加登録後、F5キーやアプリバーの「最新の情報に更新」ボタンを押してみてください。
IEのアプリバー

2014年12月5日 追記:
この現象が解消されました。デスクトップ版 IE の「互換表示設定」から「microsoft.com」を削除して、http://www.microsoft.com/ などへアクセスしてみてください。私の環境では、Web ページが正しく表示されるのを確認できました。ご確認ください。


2014年11月29日

Windows 10 TP の Microsoft IME を日本語化する

Windows 10 Technical Preview は、現在、Build 9879です。まだ、日本語版はありません。ということで、コマンドなどは、英語表記です。

しかし、Microsoft IME の部分は、設定を変更すると日本語表記に変更できます。次のようにします。

  1. 通知領域の「あ」もしくは、「A」を右クリック
  2. 表示されたメニューの「Propertis」を選択
    通知領域の「あ」を右クリック
  3. 「Settings for Microsoft IME」の「Advanced」ボタンを押す
    Settings for Microsoft IME
  4. 「Advanced Settings for Microsoft IME」の「Others」タブを開く
    「Advanced Settings for Microsoft IME」の「Others」タブ
  5. 「General」内にある「Display menus and dialongs in:」を「Auto-select」から「Japanese」に切り替える
    「Display menus and dialongs in:」
  6. 「OK」ボタンを押す

以上で、Windows 10 TP Build 9879でも、Microsoft IME 関連だけが日本語表記されます。

日本語表記になった Windows 10 TP Build 9879 の Microsoft IME

元に戻したい場合は、逆の設定をしてもいいのですが、「その他」タブにある「Propertyの設定を規定値に戻す」ボタンを押すと簡単です。

Windows 10 TP の Microsoft IME について

Windows 10 Technical Preview Build 9879で日本語入力に関して確認してみています。

Windows 8.1では、ストアアプリとデスクトップアプリケーションの Microsoft IMEは、別システムでした。特に、デスクトップの「ユーザー辞書」に登録した語句がストアアプリで使えないのには、困っています。

参考:Windows 8.1 日本語入力時の不都合

Windows 10 TPになりまして、Windows 8.1のストアアプリとは違い、文字入力できるところにカーソルを置いても四角の中に「あ」とか「A」といった表示が出てきません。

参考:Windows 8.1での「全角英数」モード

ストアアプリもウィンドウを小さくすれば、デスクトップで動かしているように感じます。通知領域も見えますので、IMEの変更も可能も可能です。
メールアプリ起動中通知領域も表示される

ストアアプリでも、通知領域のMicrosoft IMEを使って日本語入力のオン/オフが可能になりました。

試しに、フルスクリーンにしてみましたが、やはり、IMEの状態を示す四角の「A」や「あ」は出てきませんでした。フルスクリーンの場合、通知領域が見えないので、少し弱りますね。

さて、IMEのユーザー辞書はどうなっているのでしょう?

私の Windows 10 TPには、まだ、IMEのユーザー辞書に何も登録していません。
Windows 10 TP Microsoft IME ユーザー辞書ツール 空っぽ

この状態で、「PC Settings」内を確認してみました。

「Time and kanguage」-「Region and language」で「日本語」を選択して「Options」ボタンを押します。
PC Settings 「Time and kanguage」-「Region and language」

「日本語」で「Keyboards」内の「Microsoft IME」を選択して、「Options」ボタンを押します。
「日本語」の「Keyboards」内

Windows 8.1の「単語の追加」と同じように「Add a word」が表示され、単語を登録できるようになっていました。ここで、1つ単語を登録します。
PC Settings 日本語の Microsoft IME

今回は、「Windows 10」という単語を「てん」で変換できるように追加登録してみました。

改めて、デスクトップのMicrosoft IME から「ユーザー辞書ツール」を開くと・・・

PC設定内で登録した語句が、デスクトップ版の「Microsoft IME ユーザー辞書ツール」に表示されました!
PC Settings から登録した語句が Microsoft IME ユーザー辞書ツールに表示された

試しに、デスクトップのから単語を登録。ストアアプリでその語句を入力して変換すると、ちゃんと変換できました。

どうやら、Windows 10 TPでは、デスクトップ版とストアアプリ版の Microsoft IME が統合されたようですね。(よかった、よかった)

2014年11月28日

Windows Live Writer で「タイトルについての警告」が!

Windows Live Writer で記事を書いて投稿したところこんなメッセージがでました。

タイトルについての警告
こんな場合、どうするといいのでしょう。

ブログのタイトルを入力しないで、「投稿」や「下書きをブログに保存」を押したのでしょう。この場合は、「タイトルについての警告」で「いいえ」を押して、タイトルを入力してから、再度、「投稿」や「下書きをブログに保存」を押します。

「はい」を押すとこういうエラーになるブログサービスもあります。
ブログ サーバーの問題

ココログは、ブログのタイトルが記載していなくても、投稿できてしまいました。しかし、タイトルがないブログは、混乱のもとです。

タイトルは必ず入力して投稿しましょう!

2014年11月26日

gooブログへ Windows Live Writer 2012から投稿

gooブログを使っています。Windows Live Writer 2012から投稿や編集をしたいのです。どういう風に設定するとできるのでしょう?

調べてみたところ、goo ブログも Windows Live Writer 2012の利用が可能でした。次のようにしてみてください。まずは、goo ブログへログインして設定を変更します。

  1. gooブログにログインする
  2. 左側のメニューから「設定」内の「外部サービス連携」を選択
    gooブログの左側メニュー
  3. 「XML-RPCを利用した各種サービス連携」で「サービス連携機能の使用」を「使用する」に切り替える。
  4. 下に表示された「パスワード欄」に、任意のパスワードを入力して設定する。(goo ブログへログインする際のパスワードとは違うものを設定する)
    XML-RPCを利用した各種サービス連携
    ※ここで入力したパスワードを Windows Live Writer のパスワードで使います。
  5. 「変更を保存する」ボタンを押す
  6. 「更新処理が完了しました」と表示されたら、完了

続いて、Windows Live Writer の設定に入ります。なお、既にWindows Live Writer を使っていて、今回、goo ブログを追加登録する場合で紹介します。初めて Windows Live Writer を使う場合は、「5」から作業してください。

  1. Windows Live Writer 2012を起動。
  2. 「ファイル」タブを押して、表示されたメニューから「オプション」を選択。
    Windows Live Writer 「ファイル」タブ
  3. 左側の欄から「アカウント」を選択。
  4. 右側の「追加」ボタンを押す。
    Windows Live Writer 「オプション」の「アカウント」
  5. 「どのブログ サービスを利用しますか?」で、「他のサービス」を選択して、「次へ」ボタンを押す
    「どのブログ サービスを利用しますか?」
  6. 「ブログ アカウントの追加」で「ブログの Web アドレス」欄に自分の gooブログのURL、ユーザ名、パスワード(先の「XML-RPCを利用した各種サービス連携」で設定したパスワード)を入力。
    「ブログ アカウントの追加」
  7. 「ブログ種類の選択」で「使用するブログの種類」を「Movable Type API」に変更。「ブログのリモート投稿用の Web アドレス」欄に http://blog.goo.ne.jp/xmlrpc.php と入力。「次へ」ボタンを押す。
    「ブログ種類の選択」
  8. 「ブログ テーマのダウンロード」は、任意のボタンを押す
    ブログ テーマのダウンロード
    「はい」を押すと、「プレビュー」した際に、Web 上のブログのイメージで表示できる。
    「いいえ」では、Web 上のイメージで表示できない。
  9. 「ブログが構成されました」と表示されて「ブログのニックネーム」に自分のブログのタイトルが表示されたら「完了」ボタンを押す。
  10. 開いているダイアログを「OK」ボタンを押して閉じる。

さて、このままで記事を書いて投稿すると、下記のように「サーバーの応答が無効です」というエラーが表示されます。

サーバーの応答が無効です

これは、Windows Live Writer のエンコードが goo ブログのものと違っているためです。次のようにして、変更します。

  1. 「ホーム」タブで、「ブログのアカウント」が「goo ブログ」になっているのを確認
  2. 「ブログ アカウント」タブを開き、「ブログのオプション」を押します。
    「ブログ アカウント」タブ内
    「ファイル」タブからは、「オプション」-「アカウント」で、編集したいブログを選択後、「編集」ボタンを押します。
  3. 左の項目から「詳細設定」を選択。
  4. 「文字セット」が「規定(euc-jp)」になっていることでしょう。これを「Unicode (UTF-8):utf-8」に変更します。
    ブログのオプションの「詳細設定」
  5. 「OK」ボタンを押す。
  6. 「ホーム」タブに切り替えて、「投稿」を押します。

以上で、正しく投稿できるかどうか、確認します。

2014年11月25日

Windows 10 TP の Build 9879がダウンロード可能

Windows 10 Technical Preview の2014年11月に配信されたアップデート版である Build 9879の ISO イメージファイルがダウンロードできるようになりました。

英語のダウンロードページを教えてもらったのですが、探してみたところ日本語のダウンロードページもありました

Download Windows Technical Preview November Update - Microsoft Windows (英語ページ)

Windows Technical Preview November Update のダウンロード - Microsoft Windows(日本語ページ)

Windows 10 TP Build 9879は、旧 Build から自動的にインストールされてアップデートできます。しかし、クリーン インストールをしたい場合や、仮想マシンにインストールしたい場合は、ISO ファイルを使った方が便利でしょう。

上記ページに記載されている内容をよく確認して、ご利用ください。

なお、日本語のダウンロードページはありましたが、日本語版の Windows 10 TPはまだありませんでした。

2014年11月24日

WLWで投稿後ココログの「HTML編集」を開くと 【2014年11月24日版】

2014年11月11日に WLWで投稿後ココログの「HTML編集」を開くと【IE11編】 で、Windows Live Writer で投稿後、IE11でココログの「HTML編集」に入った妙なスペースを「F12開発者ツール」で削除する方法を紹介しました。

そうしたところ、何かあったのでしょう。2014年11月11日に紹介した方法でも、削除できないのに気がつきました。

しかし、ちょっとやり方を変えてみたところ、削除することができました。次のように作業してみてください。

  1. Windows Live Writer で記事を書き、ココログへ投稿。
  2. 投稿後、IE11でココログの管理ページへログインし、投稿した記事を編集するページを開く
  3. 「HTMLの編集」タブを開くと空白タグ [  ] がたくさん入っている。
    空白タグ [  ] がたくさん入っている
  4. F12キーを押して、「F12開発者ツール」を起動
  5. 左側のメニューの「エミュレーション」を選択して、「ドキュメント モード」を「8」に変更
    「エミュレーション」の「ドキュメント モード」
  6. 自動的に、「記事の作成」タブに戻るので、再度「HTMLの編集」タブを開く
  7. 無駄な空白タグ [  ]が消えました。
    無駄な空白タグ [  ]が消えた
  8. 「F12開発者ツール」を表示させたまま、編集作業をして、「保存」します。
  9. 反映されたのを確認したら、「F12開発者ツール」を×ボタンで閉じます。

2014年12月11日 追記:
F12開発者ツールのデザイン変更がありました。WLWで投稿後ココログの「HTML編集」を開くと 【2014年12月11日版】 でどうぞ。

Windows 8.1のロック画面の画像を初期に戻したい

Windows 8.1を使っています。「PC設定」の「PCとデバイス」-「ロック画面」で「参照」ボタンを押して、ロック画面の画像を変更しました。何度か変更後、初期の画像に戻したのですが、下に表示されている初期のロック画面が表示できなくなっているのに気がつきました。過去の使った画像にはすぐ戻せるようになっているわけですが、初期の画像に戻したいのです。どうするといいのでしょう?

「ロック画面のプレビュー」では、初期の場合、下記のように表示されます。

初期画像の「PC設定」の「PCとデバイス」-「ロック画面」

「参照」ボタンを押して、写真を選択すると、ロック画面のプレビュー画像が切り替わります。何度か、ロック画面を取り換えていくと、こんな風に表示されていきます。

写真を取り換えたPC設定の「ロック画面」

上記は、2回切り替えた場合です。ロック画面で使った写真を取り換えると、プレビュー画面の下の左側に履歴として残ります。そして、どんどん取り換えていくと、初期の画像は消えていき、表示されなくなります。

初期のロック画面の画像は、下記に保存されています。

C:\Windows\Web\Screen

image

PC設定の「ロック画面」から「参照」ボタンを押して C:\Windows\Web\Screen が開けるといいわけですが、「隠しファイル」の表示や「保護されたオペレーティング システム ファイルを表示しない」のチェックを外してみても、表示されません。

そこで、次のようにします。

  1. C:\Windows\Web\Screen の保存されているファイルをコピーします。
    ここの画像を切り取ったり、削除してしまったりしないように注意!
  2. 自分のPCの「ピクチャ」フォルダー内に、コピーした画像を貼り付けます。
  3. PC設定の「ロック画面」で、初期の画像が残っている場合は、それに切り替えていきます。これで、自分で取り込んだ画像が右端に配置されます。
    PC設定の「ロック画面」で取り換えた画像を右端に配置
  4. 「参照」ボタンを押して、表示されていない初期画像を選択します。

PC設定の「ロック画面」が初期画像に戻ったら、自分のPCの「ピクチャ」フォルダー内にコピーした画像は削除しても構いません。

2014年11月23日

Windows Live メールが「オフラインで作業中」にならない 【Windows 7編】

Windows Live メールが「オフラインで作業中」にならない 【Windows 8.1編】 の続き。

Windows 7 の Internet Explorer 10の際は、「ホーム」タブの「ツール」内にある「オフラインで作業」を押すと、バツ印のない地球マークの「オンラインで作業」に切り替わりました。

Windows 7 の時のWindows Live メール「オフライン作業中」

Windows 7 でも IE11が利用可能です。ということで、Windows 7 も IE11 にしてみました。
Windows 7 の IE11

IEの「ファイル」を開くと、「オフラインで作業」がなくなりました。

Windows 7 IE11の「ファイル」内

これで、Windows Live メール 2012の「オフラインで作業」を押します。ステータスバーに「オフライン作業中」と表示されていますが、「ホーム」タブの「ツール」内は、赤いバツ印の付いた「オフラインで作業」のままです。

ステータスバーに「オフライン作業中」と表示されている

そして、程なく、ステータスバーは「オンライン作業中」へ自動的に戻ってしまいました。

ステータスバーに「オンライン作業中」と表示されている

IE11にすると、「ホーム」タブの「ツール」内にある「オフラインで作業」を押しても、赤いバツ印のない「オンラインで作業」には切り替わりません。IE11に、「オフラインで作業」がないため、利用できなくなったと考えられます。

Windows Live メールの「オフラインで作業」は、IE10までしか利用できませんので、ご留意ください。

2014年11月22日

Windows Live メールが「オフラインで作業中」にならない 【Windows 8.1編】

Windows 8.1で、メールソフトに Windows Live メール 2012を使っています。「ホーム」タブの「ツール」内にある「オフラインで作業」を押したのですが、赤い×印がついたままの状態です。そして、メールの送受信もできます。また、Windows Live メールの右下に「オンライン作業中」と表示されている部分をクリックすると「オフライン作業中」の赤い×印がついた地球マークになりました。しかし、「ホーム」タブの「ツール」内にある「オフラインで作業」は、赤い×印が全く消えずにそのままです。これは、どうなってしまったのでしょう?

Windows Live メールの「オフラインで作業」については、過去に下記の2つを紹介しました。

Windows Live メールが「オンライン」にならない? (2013年5月4日)
Windows Live メールが「オンライン」にならない! (2013年6月11日)

上記ページでは、いずれも、Windows 7で紹介しました。

さて、Windows 8.1になりまして、Windows Live メールを使うとこうなります。

まず、「ホーム」タブの「ツール」内にある「オフラインで作業」ですが、Windows Live メールが「オンライン」にならない? でも説明した通り、現在の状態を示しているわけではなく、「そういう風にできる」ということを示しています。「オフラインで作業」を押すと、「オフラインで作業になるわけ」ということです。

Windows Live メール、「ホーム」タブの「ツール」内

現在の状態は、Windows Live メールのステータスバーの右端に表示されています。ステータスバーに「オンライン作業中」と表示されていれば、オンライン。

Windows Live メールのステータスバーの右端「オンライン作業中」

そして、ステータスバーに「オフライン作業中」と表示されていれば、オフラインということです。

Windows Live メールのステータスバーの右端「オフライン作業中」

さて、Windows 8.1の Windows Live メールでは、ステータスバーに「オフライン作業中」と表示されていても、「ホーム」タブの「ツール」内にある「オフラインで作業」のままで、「オンラインで作業」の表示になりません。
Windows 8.1 Windows Live メール「オフライン作業中」

Windows 7 の時は、切り替わったのですが、Windows 8.1では切り替わりません。
Windows 7 の時のWindows Live メール「オフライン作業中」

原因は不明です。ただ、Windows 8.1の Internet Explorer 11では、Alt キーを押して「ファイル」を開いて確認すると、IE10にはあった「オフライン作業」が無くなっています。
Windows 7  IE10の「ファイル」内 Windows 8.1  IE11の「ファイル」内

どうも、このために、「ホーム」タブの「ツール」内にある「オフラインで作業」が機能しないように思えます。

しかも、Windows 8.1では、Windows Live メールの「オフライン作業中」は継続できません。ふとした弾みに、「オンラインで作業中」に戻ってしまいます。

Windows Live メール も小さな更新はありますが、「2012」からバージョンが上がりません。もう、かなり無理が生じているように思えます。そろそろ、Windows Live メールを使うのは無理になってきているのでしょう。

2014年11月23日 追記:
Windows 7 をIE11にするとどうなるかも確認してみました。続きは、Windows Live メールが「オフラインで作業中」にならない 【Windows 7編】 でどうぞ。

2014年11月20日

Surface TypeCoverのワイヤレスアダプターで英語キーボードになった

Surface タッチ/タイプカバー用ワイヤレスアダプター を入手して、快適に使っていたのですが・・・

ふと気がつくと、日本語キーボードのTypeCoverなのに、英語キーボードとして認識されてしまいました。

「半角/全角」キーだけでは、日本語入力できるようにならないわ(英語キーボードの場合は、Alt+「半角/全角」キーで切り替わります)、@マークがShift+2キーの位置になってるわで、オタオタ。

Microsoft Surface タイプ カバー用ワイヤレス アダプターに関するトラブルシューティング で確認しても、キーボードの誤認識に関する情報は見当たりません。

そこで、デバイス マネージャー(Win+X キーで見つかります)で「キーボード」の部分を確認してみました。すると、Sureface TypeCover キーボードなのに、「HID キーボード デバイス」と表示されています。

デバイスマネージャーの「キーボード」を展開してみた

どうも、これが怪しいです。次のようにしてみました。

  1. 「HID キーボード デバイス」を右クリックして、「ドライバー ソフトウェアの更新」を選択
    「HID キーボード デバイス」を右クリック
  2. 「コンピューターを参照してドライバー ソフトウェアを検索します」を選択
    「ドライバー ソフトウェアの更新」の「どのような方法でドライバーソフトウェアを検索しますか?」
  3. 「コンピューター上のデバイス ドライバーの一覧から選択します」を選択。
    「ドライバー ソフトウェアの更新」の「コンピューター上のドライバー ソフトウェアを参照します。」
  4. 「互換性のあるハードウェアを表示」のチェックを外す
    「ドライバー ソフトウェアの更新」の「このハードウェアのためにインストールするデバイスドライバーを選択してください」「互換性のあるハードウェアを表示」チェック有
  5. 「製造元」から「Microsoft」を選択して、「モデル」から「Surface Type Cover Filter Device」を選択して「次へ」ボタンを押す
    「ドライバー ソフトウェアの更新」の「このハードウェアのためにインストールするデバイスドライバーを選択してください」「互換性のあるハードウェアを表示」チェック無し
  6. 「ドライバーの更新警告」が表示されたら「はい」を押す
    ドライバーの更新警告
  7. 「ドライバー ソフトウェアが正常に更新されました」と表示されたら「閉じる」ボタンを押す
    ドライバー ソフトウェアが正常に更新されました
  8. パソコンの再起動を求められます。すべての作業を終了して、「はい」ボタンを押します。
    システム設定の変更

パソコンが再起動すると、ちゃんと日本語キーボードとして認識されました。デバイス マネージャーにも、キーボードにちゃんと「Surface Type Cover Filter Device」と表示されました。

デバイス マネージャーの「キーボード」に「Surface Type Cover Filter Device」と表示

あぁ、よかった。

紹介した方法で改善されなかった場合は、Windows 8 でキーボードが英語配列キーボードとして認識される の「方法2:キーボード レイアウトを日本語キーボードの設定に修正する」を参考に作業してみてください。Windows 8で紹介していますが、Windows 8.1でも同じです。

2014年11月19日

2014 MVP ComCamp -2nd Round OneNote - 一歩進んだデジタルノート

2014 MVP ComCamp -2nd Round、2014年11月18日に登壇した「OneNote - 一歩進んだデジタルノート」のスライドを公開しました。

この他、急きょ行ったオプションのセッション「Lync セッションについて」のスライドも上がっております。

2014 MVP ComCamp -2nd Round も残すところあと2日!まだまだ、楽しいセッションが開催されますよ。どうぞ、奮ってご参加ください。

なお、配信されたセッションは、MVP Community Camp 2014 Nov. (日本語) | Channel 9 で公開されます。視聴し逃した方は、ぜひこちらからどうぞ。

Lyncセッションにスムーズに登壇する方法【登壇者編】

ただいま、2014 MVP ComCamp -2nd Round 開催中です。私も2014年11月18日に登壇しました。(この報告は、2014 MVP ComCamp -2nd Round OneNote - 一歩進んだデジタルノート でどうぞ。)

さて、Lync セッションに登壇する場合は、どうするといいのでしょう?という質問を受けました。

登壇者は、どうするとスムーズにLync セッションに登壇できるのかを紹介します。  

  1. 事前に、Lync で使う資料を主催者に渡す。      
    パソコンがLync 2013 を搭載していない、もしくは、Lync 用のアカウントを持っていない場合は当日の資料、PowerPointのファイルなどは、セッションの前に主催者に渡します。これで、主催者から、Lync へ当日の資料がアップロードされます。
    なお、Lync 用のアカウントを持っていて、Lync 2013搭載機であれば、自分で資料をアップロードすることが可能です。 モニターの形をした「ステージ管理」ボタンをマウスでおさえて、「プレゼンテーション」タブで見つかる「PowerPoint」を選択するとアップロードできます。
    「ステージの管理」ボタン
    ※Lync セッションでは、PowerPointにアニメーションを設定しすぎると、場合によってはカクカクとした動きだったり、コマ飛びを起こしたりします。アニメーションは使わない方が無難です。   
  2. 登壇直前、Lync セッションに参加。      
    主催者から教えてもらった専用 URL へアクセスして、Lync セッションに参加します。参加は、Office 365の Lync アプリケーション、Lync Web App どちらからでも可能。 (Lync アプリは、使わないでください)    
    Lync Web Appから参加する際は、できるだけ Internet Explorer をお使いください。そして、「ゲストとして以下に名前を入力する」欄に「登壇者」であることがわかる名前を入力します。      
    Lync Web App 参加ページ
    ※2014年12月18日追記:
    Google Chrome では、Lync Web Appが利用できません。
    Google Chrome では Lync Web App がサポートされなくなりました。 - Lync Support Team Blog JAPAN - Site Home - MSDN Blogs 
  3. Lync セッションに参加したら、主催者に連絡します。    
  4. 主催者から、発表者権限が与えられます。セッション画面上部に「発表者になる」ボタン表示されるので、クリックします。      
    「発表者になる」ボタン   
  5. 「ステージの管理」ボタンを押して、Lync に収まっている共有ファイルを確認します。自分が使うファイルがそろっているのを確認したら、選択してステージに表示させます。      
    「ステージの管理」ボタン   
  6. 主催者と同じ会場内にいる場合は、通知領域の「スピーカー」から自分のパソコンのスピーカーを「ミュート」に設定します。
    自分のパソコンのスピーカーを「ミュート」
    ※主催者と同じ会場内にいて、会場のマイクの性能の方がいい場合(例えば、日本マイクロソフト社内の会議室)、自分のパソコンのマイクもオフにした方が視聴者に聞こえやすいようです。
    「Lync のマイク」が「オフ」

以上で準備が整いました。発表用PowerPointの準備が整うと、発表者の Lync 会議画面の右下には、こんなツールが用意されます。
Lync 会議画面の右下

「レイアウトの選択」で、「コンテンツビュー」を選択すると画面を広く使えます。
レイアウトの選択

「縮小表示」を有効にすると、次にどんなスライドが出るのか、サムネイルでわかります。
「縮小表示」を有効

「ノート」を有効にすると、スライドに記載した「ノート」が表示されます。ただし、「ノート」と「縮小表示」の両方を有効にすることはできません。

後は、セッションを開始します。

Lyncセッションにスムーズに参加する方法【視聴者編】

ただいま、2014 MVP ComCamp -2nd Round 開催中です。私も2014年11月18日に登壇しました。(この報告は、2014 MVP ComCamp -2nd Round OneNote - 一歩進んだデジタルノート でどうぞ。)

ところで、Lync セッションの参加予定だった皆さん。無事参加できましたでしょうか?

実は、私。そもそも、どうやって、今回の Lyncセッションに参加するのか?が、まったくわかりませんでした。

事前に 日本マイクロソフトより確認メールとして「マイクロソフト オンライン セミナー 参加用 URL のご案内」とが届きます。本文中には、参加するためであろう URL が記載されています。しかし、実際にアクセスしてみると、セミナー登録済みイベント一覧が表示されます。

登録済みのイベント一覧から、今回参加するセミナーを開いてみます。それでも、いったいどこから、セミナーに参加できるのか、なかなかわかりません。

本文中に、やっと、[ 当日のご参加方法 ]を見つけました。次のように書いてありました。  

1. セミナー開始30分前より、本ページ右上に表示される「参加」ボタンをクリックしてください。      
2. Lync Web App もしくは Lync クライアントが自動的に起動しますので、画面の案内に沿って会議にご参加ください。

これでやっと、「参加」ボタンが表示されるようになるのは、開催30分前からだとわかりました。下記画像は、時間前なので「登録」しか表示されていません。

セミナーのWebページ

時間が来ると、ページ上部の右側、「イベントの登録」の枠内、「登録」ボタンの隣に表示されるのでした。
開催30分前に「参加」ボタンが見つかる

何とわかりづらいことか・・・

さて、Lync を使っている方は、Lync アプリなどを持っていることと思います。「参加」ボタンを押します。すると、Lync の参加するためのWebページが開きます。そして、Lync アプリケーションなどを使っている方は、自動的にWebページから切り替わって、インストールされている Lync アプリなどが起動します。

Lync アプリケーションなどが搭載されていない場合は、ブラウザで Lync Web App の参加ページが開きます。

Lync Web App の参加ページ

※2014年12月18日追記:Lync Web App の参加ページが変わりました。
image
「Lync Web App プラグインの更新をインストールします」にチェックをつけてください。

「Lync Web App プラグインの更新をインストールします」にチェックを付ける

「ゲストとして以下に名前を入力する」欄にLync 会議に参加した際に表示する自分の名前を入力します。ここは、自分だけがわかる名前でも構いません。

「会議へ参加」をクリック。

「Microsoft Lync Web App プラグイン」メッセージが開きます。   
「Microsoft Lync Web App プラグイン」メッセージ

この画面には、「このドメインのためのプラグインを常に許可する」のチェック項目があるのですが、これには、チェックを付けず、このまま「許可」ボタンを押します。

これで、Lync セッションに参加できます。

セッション中にいくつか「音声が聞こえない」という質問がありました。ほとんどの場合は、プラグインが正しくインストールできていないためか、会議からいったん退出して入り直すと聞こえることが多いです。それでも、音声が聞こえない場合は下記のことを確認してみてください。

  • Lync Web App からの場合は、OSが Windows XP や Vista だと音声は聞こえない
  • Windows 7以降の場合は、パソコンにスピーカーだけでなく、マイクも搭載されていないと聞こえない場合がある
    特にデスクトップタイプのパソコンは、事前にマイクを接続しておく必要がある
  • Lync Web App に Google Chrome を使ってアクセスすると、プラグインがインストールできず、エラーになってしまうため音声が聞こえない。ブラウザは、最新の Internet Explorer や Firefox を使う。
  • ※2014年12月18日追記:
    Google Chrome では、Lync Web Appが利用できません。
    Google Chrome では Lync Web App がサポートされなくなりました。 - Lync Support Team Blog JAPAN - Site Home - MSDN Blogs

質問:セッション中、表示されているスライドの下に左右の矢印が見えます。これを使うとスライドが切り替えられると思うのです。勝手に触ってもいいものでしょうか。

回答:スライドの下に、下記の画像のような左右の矢印がある場合、視聴者が触っても構いません。
スライドの下にうある左右の矢印
右向きの矢印を押すと、現在表示されているスライドよりも先のスライドが表示されます。また、右向きの矢印を押すとスライドを戻せます。ただし、これは、「プライベート表示」であって、自分だけの表示です。登壇者の他のセッション参加者も気が付きません。上部に下記のように「プライベート表示中」と帯が出ていることでしょう。現在進行中のスライドに戻す場合は「発表者ビューに戻る」ボタンを押してください。
スライドを操作すると表示される「プライベート表示中」の帯

さて、このほか、Lync セッション前にオプションセッションで使った、Lync セッションに参加する際に、確認、設定変更すると便利な機能を紹介するスライドもアップしました。併せてご参照ください。

 

2014年11月16日

2014 MVP ComCamp -2nd Round 【開催告知】

Microsoft MVP による勉強会、MVP Community Camp (ComCamp) 。今年度は、3ヶ月に一度のペースで、開催されています。初回は、2014年9月22日 (月) から9月26日 (金) 、アジアの開発系 MVP が日替わりで各々のテーマに沿った内容で登壇しました。

さて、第2回は、2014年11月17日(月)から11月21日(金)に開催されます。第2回のテーマは二つ、「Enjoy the PC Life」と「クラウドの最大活用術 - アプリ編 -」です。

「Enjoy the PC Life」では、Excel や PowerPoint を効果的に効率的に利用するための情報を Excel MVPと PowerPoint MVPが担当。また、PC ライフが劇的に向上する可能性を秘めた Office 365 と OneDrive に関する活用方法などは、Office 365 MVPが担当します。なお、OneNote は、「一歩進んだデジタルノート」と題して日本から私が担当することとなりました。

そして、「クラウドの最大活用術 - アプリ編 -」では、クラウドを活用するために、どのようにアプリケーションを設計し開発することができるのか、最新のクラウド開発技術を使ったアプリの開発方法を開発系 MVP が担当することになっています。

各国の詳細ページは下記の通り。

MVP Community Camp 日本

MVP Community Camp 韓国

MVP Community Camp 中国

MVP Community Camp 台湾

日本人MVPが担当するのは、下記の通りです。

トラック 1 - Enjoy the PC Life (20時より)   

  • 11月17日(月)      
    Office 365 - マイクロソフト オフィス製品を活用してもっと高い生産性と仕事に喜びを!      
    奥田 理恵 Microsoft MVP for Office 365      
    Session Level: 初級(日本語)      
    マイクロソフトのクラウドサービスである Office 365。全体としてどのようなサービスが提供されているのか、各 Office 製品との関連、そして Home ユーザーにこの先どのような影響をあたえるかをご説明します。
  •    
  • 11月18日(火)      
    OneNote - 一歩進んだデジタルノート      
    さくしま たかえ Microsoft MVP for Windows Expert-Consumer      
    Session Level: 初級(日本語)      
    OneNote は、パソコンで使えるノートブックです。会社やご家庭、学校、外出中といった様々なシーンで、自由な発想で書き込むことができます。OneNote があなたの強い味方となりますように。
  •    
  • 11月19日(水)      
    Excel - 達人が教える基礎と応用      
    伊藤 潔人 Microsoft MVP for Excel      
    Session Level: 初級(日本語)         
    Visual Basic for Applications (VBA) でマクロを作るためにとても便利な、オブジェクトブラウザの使い方をご紹介します。オブジェクトブラウザを使いこなして、誰かが作ったコードのコピペと無駄な試行錯誤によるマクロ作成から脱却しましょう。
  •    
  • 11月20日(木)      
    PowerPoint - あなたのプレゼンテーションをよりリッチにする方法      
    河合 浩之 Microsoft MVP for PowerPoint      
    Session Level: 初級(日本語)         
    プレゼンテーションソフトの代名詞でもある PowerPoint。実はとってもおもしろい“表現ツール”なのです。本セッションでは、スライドプレゼンテーションを例に、PowerPoint の多彩な表現力をご覧いただきます。
  •    
  • 11月21日(金)      
    OneDrive - ビジネスにもパーソナルでも利用できる最強のオンラインストレージ      
    目代 昌幸 Microsoft MVP for Office 365      
    Session Level: 初級(日本語)         
    Office365 に情報を集約することで、よりビジネスを楽に!SharePoint Online と OneDrive for Business を活用し、社内でも外出先でも Office365 を利用したり、外部ユーザーとファイルや情報の共有を行うなど、ユーザー視点での活用方法をご紹介します。

トラック 2 - クラウドの最大活用術 - アプリ編 - (21時より)   

  • 11月17日(月)      
    開発者はどのようにアプリケーションを設計するのか - 最近の動向とベストプラクティスを理解する      
    小島 富治雄 Microsoft MVP for Visual C#      
    Session Level: 初級(日本語)         
    Windows アプリケーション開発初心者の方向けに、Visual Studio を使ったアプリケーション開発の基本についてご紹介いたします。      
    Windows でのデスクトップ アプリケーションとストア アプリケーションの違い、開発にどんな知識が必要になるのか、さらにそれらを開発するためのツール Visual Studio についてもご説明いたします。
  •    
  • 11月18日(火)      
    Microsoft Azure上にWebサイトやアプリケーションを構築する方法(初歩)      
    関 満徳 Microsoft MVP for Visual Studio ALM      
    Session Level: 中級(日本語)         
    Azure とは、簡潔に言うと Microsoft のクラウド プラットフォームのことです。超初心者でも、少しの手順を踏めば簡単に Microsoft Azure 上にWebサイトやアプリケーションを構築することができます。開発者向けのツールを使わない、シンプルな構築手順について、わかりやすくご紹介いたします。
  •    
  • 11月19日(水)      
    Microsoft Azure上にWebサイトやアプリケーションを構築する方法(アドバンスド)      
    廣瀬 一海 Microsoft MVP for Microsoft Azure      
    Session Level: 中級(日本語)         
    前日火曜日のセッションを発展させ、さらにスケーラブルでクラウドを最大限に生かしたアプリケーションの作成の際に考慮すべき点や、Tipsをご紹介いたします。クラウド環境に適切なアプリケーションを作成するには少しのコツが必要です。最後にQ&Aのパートもご用意いたします。
  •    
  • 11月20日(木)      
    Windows ストアアプリをHTMLで作成する - あなたの既存の知識でアプリケーションの開発を実現      
    保住 匡範 Microsoft MVP for ASP.NET/IIS      
    Session Level: 中級(日本語)         
    Windows 8/8.1から登場した新しい形のアプリケーション「Windowsストアアプリ」。本セッションでは、このWindowsストアアプリをHTMLやCSS、JavaScriptといった標準的なwebクライアント開発テクノロジを利用して開発する方法についてご紹介いたします。
  •    
  • 11月21日(金)      
    Ask the Expert セッション - 日頃の開発にまつわる疑問点をMVP受賞者と話し合ってみませんか      
    川俣 晶 Microsoft MVP for Visual C#      
    Session Level: 中級(日本語)         
    「なぜ僕らはストアアプリを作らなければならないのか?」開発者から見たストアアプリの可能性と希望、必然性を語ります。“ストアアプリで限界を突破する”方法、クラウドに注目すべき理由、Azure Storageの壁と可能性についてお話します。後半はQ&Aセッションとして、参加者からの質問にお答えします。

セッションスケジュールやセミナー参加への予約登録は、MVP Community Camp で可能です。いずれも参加費無料。オンラインセミナーですので、インターネットを通じて、自宅や会社からでも、視聴できます。興味のある方は、ぜひご視聴ください。

2014年11月13日

Windows 10 TPの 新しい Build 9879 公開

Windows 10 Technical Preview の新しい Build が公開されました。

New build available to the Windows Insider Program (英語版)

Windows 10 Technical Preview ビルド9879のリリース

新しい Build のインストールは、待っていれば自動的にインストールされるのですが、PC設定の「Update and recovery」-「Preview build」で見つかります。「Download now」ボタンを押して作業開始です。
image

「Check now」になっている場合は、ボタンを押して新しい Build を探します。

よく見ると Build 9860 から「早目にインストール」の「Fast」と「状況を見ながらゆっくりインストール」の「Slow」の2つが選択できるようになっていますね。
Choose how fast you'd like to get new preview build. Choosing to get them faster might mean there are more bugs.

ここが「Slow」になっていると、「Check now」を押しても、新しいBuildが見つからないとのことです。

参考:Windows10 TP版のUpdate ~ Build9879が公開されました: パソコンのツボ ~Office のTIP

さて、ダウンロードが完了したら「Install now」ボタンを押します。
image

インストールが完了すると自動的に再起動します。セットアップが完了すると、Build 9879になりました。
Build 9879

Build 9879の変更点はこんな感じです。

  • タスク バーを右クリックして表示されるコンテキストメニューで「検索」や「タスク ビュー」を非表示にできる
    「検索」と「タスク ビュー」表示
    「検索」と「タスク ビュー」非表示
  • Internet Explorer からフィードバックが送れる
    IE からフィードバックが送れる

    Let us know what you think
  • OneDrive がすべてのフォルダーの同期から、一部のフォルダーを選択しての同期が可能になった
    Choose what you want to sync : Choose folders to sync

    Choose what you want to sync : All files and folders on my OneDrive
  • OneDrive アプリがない!
    「All Apps」からOneDrive のアイコンを押したら、エクスプローラーのOneDrive フォルダーで開きました。OneDrive のファイル操作は、エクスプローラーのみになったもよう。

また、いろいろ見てみましょうね。

2014年11月11日

WLWで投稿後ココログの「HTML編集」を開くと【IE11編】

2009年2月に、Windows Live Writer で投稿後、Firefox でココログの「HTML編集」を開くと、妙なスペースがたくさん入ることを紹介しました。

WLWで投稿後ココログの「HTML編集」を開くと・・・

あの時は、回避方法としてブラウザにFirefoxではなく、Internet Explorer を使うようお勧めしました。

さて、IE10 以降、この現象が Internet Explorer でも起こるようになりました。それでも、IE10では、「互換表示」を使うことで回避できました。

ところが、IE11になりまして、互換表示を使っても現象を回避できなくなりました。「一つずつ手動で、空白タグ [  ] を消す?」とも考えたのですが、何とも面倒です。

そこで、F12開発者ツールを使えば、現象を回避できることがわかりましたのでご紹介します。

  1. Windows Live Writer で記事を書き、ココログへ投稿。
  2. 投稿後、IE11でココログの管理ページへログインし、投稿した記事を編集するページを開く
    ココログの記事編集ページ
  3. 「HTML編集」タブを開く
    ココログのタグ編集ページ
    [  ] タグがいたるところで見えます。
  4. 再び「記事の作成」タブに戻る
    「HTML編集」タブを開いたら記事の段落に妙な空白ができた
    記事の段落が妙に開いてしまいます。
  5. F12キーを押して、「F12開発者ツール」を起動
    IEの下部に収まっている場合は、右側にある「ピン留めを外す」を押します。
  6. 左側のメニューより「エミュレーション」を選択。
    「F12開発者ツール」のエミュレーション
  7. 「ドキュメント モード」を「Edge」から「9」に変更。
    「モード」の「ドキュメント」モードを「9」に変更
  8. 「ドキュメント モード」が「9」になったのを確認したら、右上の「×」ボタンで、「F12開発者ツール」を閉じます。
    「ドキュメントモード」が「9」の「F12開発者ツール」
  9. 妙な空白行が無くなります。
    ココログ記事編集ページで妙な空白行がなくなった
  10. 「HTMLの編集」タブを開いても、[  ] タグは見当たりません。
    「HTMLの編集」タブを開いても、[  ] タグがない

以降は、「ドキュメント モード」が「9」のままで保持されますので、「F12開発者ツール」を立ち上げて、閉じれば完了です。

Firefoxでも、この現象が発生します。IE9以前は発生しなかったのは、IE9以前が何か不適切な部分があったのでしょう。Windows Live Writer は、その不適切な対応のまま作られたのだと思われます。

IE10以降は、適切になったわけですが、Windows Live Writer は対応できないので、このような現象が起きるのだと考えます。

Windows Essentials は、2014年になった今でも、バージョンが2012で止まっています。果たして、今後はどうなるか?すごく便利に使っているので、対応してくれるといいのですけど。

2014年11月24日 追記:
ここで紹介した方法でも、[  ] タグが削除できなくなりました。何かの更新プログラムで変わったのでしょうか?少しやり方が変わりました。
WLWで投稿後ココログの「HTML編集」を開くと 【2014年11月24日版】 でどうぞ。

2014年12月11日 追記:
F12開発者ツールのデザイン変更がありました。WLWで投稿後ココログの「HTML編集」を開くと 【2014年12月11日版】 でどうぞ。

2014年11月10日

Surface タッチ/タイプカバー用ワイヤレスアダプター

米国で開催された Microsoft でMVP Global Summit から帰国しました。

さて、今回は、日本で入手できない製品を手に入れてきました。Surface タッチ/タイプカバー用ワイヤレスアダプターです。

Surface タッチ/タイプカバー用ワイヤレスアダプター

日本でも発売するという予定でしたが、発売されないまま、製造停止となりました。それを見つけてしまったものですから!!(うふふ)

最初、「日本語キーボードだと誤作動するかしら?」と心配したのです。しかし、日本から持って行った Surface Pro2の日本語版キーボードでも問題なく使えました。

日本語版 Surface Pro2でも問題なし

充電も、Surface のUSBからできます。

製品の販売はしていませんが、機能説明やトラブルシューティングは、公式ページが用意されていました。

Microsoft Surface タイプ カバー用ワイヤレス アダプター | Bluetooth キーボード アダプター

Microsoft Surface タイプ カバー用ワイヤレス アダプターに関するトラブルシューティング

Surface から最大9m離れたところから操作可能とのこと。何か面白い使い方をしてみたいものです。

2014年11月 6日

Windows 8.1 Pro の Hyper-Vでスムーズなネット環境を構築

ただいま、米国の Microsoft でMVP Global Summitに参加中です。もう、時差ボケと疲労とでわけのわからない状態になっておりますが、周りの皆さんのおかげで何とかなっております。

さて、そんな中、教えていただいた技!忘れないうちに、自分のメモとしてブログにアップしておきます。

私のWindows 8.1 Proは、Surface Pro2。Windows 8.1 Pro には、Hyper-V という仮想環境があるわけですが、Hyper-Vでネットをつなげるように設定してしまうと、ホストのネットが使えなくなってしまうのです。これを、ホストもゲストも、ネットが使えるようにする設定方法を(寄ってたかって)教えていただきました。

悩み多き文教市場のインフラ屋さん の林智久さん、Windows Server Essentials を中心とした雑記 の 澤田賢也さん、ひかえちょう の新谷剛史さん、ありがとうございました!

Windows 8.1 Pro の Hyper-Vでスムーズなネット環境を構築する方法

  1. Hyper-V マネージャーを起動
  2. 左側の一覧より「仮想スイッチ マネージャー」を選択
  3. 「外部」を選択しているのを確認して、「仮想スイッチの作成」ボタンを押す
  4. 「仮想スイッチのプロパティ」で「名前」欄に任意の名前を入力。
    仮想スイッチ マネージャー
  5. 「適用」ボタンを押す。
  6. 「ネットワークの変更を適用」で「はい」を押す
    ネットワークの変更を適用
  7. しばらく待つ
    変更を適用しています
  8. 「OK」ボタンを押す
    適用後の「仮想スイッチ マネージャー」
  9. 任意の「仮想マシン」を選択して、「設定」を押す
  10. 左側から「ネットワーク アダプター」を選択
    ※プルダウンの選択肢がしっかりと選ばれていることを確認
  11. 「仮想スイッチ」欄で、作成した仮想スイッチを選択
  12. 「帯域幅管理を有効にする」のチェックを外す
    仮想OSの設定
  13. 「適用」を押して「OK」を押す
  14. ゲストOSを起動

これで、ホストOSもゲストOSもネットが利用できるようになりました。

ホストOSもゲストOSもインターネットが使える

2014年11月 1日

2段階認証した Microsoft アカウントでの「認証アプリ」のセットアップ

2013年4月に Microsoft アカウント 2段階認証の「認証アプリ」について を紹介しました。あれから、Web ページも変更され、よりわかりやすくなりました。

そこで、最近の2段階認証をした Microsoft アカウントで、スマートフォンに認証アプリをセットアップする方法を紹介します。

  1. Microsoft アカウントへのサインイン
  2. 「セキュリティとプライバシー」内にある「パスワードとその他の変更」を選択
    image
  3. 「アカウントの保護」が開く。「認証アプリ」の「セットアップ」を押す
    image
  4. 「認証アプリの設定」が開く
    image
    持っているスマートフォンを選択して、「次へ」ボタンを押す
  5. 認証アプリの設定ページが開く。
    image
    スマートフォンには、次の推奨アプリをインストールします。
    Android:Microsoft アカウント - Google Play の Android アプリ
    iPhone iPad、または iPod touch:Google Authenticator on the App Store on iTunes
    Windows phone:Authenticator | Windows Phone Apps+Games Store (United States)
  6. スマートフォンでインストールしたアプリを起動して、Webページ上に表示されているQRコードをカメラで撮ります。表示された数字を「アプリによって生成されたコード」欄に入力して、「次へ」ボタンを押します。

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

Translator


2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ