« OneDrive アプリに新しい機能追加? | トップページ | Windows 8.1の OneDrive でOffice系のファイルの「同期中」が終わらない »

2014年10月17日

新しい Microsoft Office 発売開始

2014年10月17日、新しい Microsoft Office の発売が開始されました。

Office ではじまる、自由な毎日。 - Microsoft Office

とはいっても、現在のバージョン Office 2013 よりも新しいバージョンの Office 製品が出たわけではありません。これから、Office 製品を購入される方は、もう、バージョンが変わるたびにOfficeを買い替えるという必要がなくなります。そして、Office 製品は、無料で最新バージョンへ永続的にアップグレードされます。

では、新しい Office とは、何でしょう?

プレインストール版としては、永続的に利用できる Microsoft Office 製品に、1年間だけ利用できる Microsoft のクラウドサービスである Office 365の個人向けが付いて発売されることになりました。

なお、1年間利用できる個人向け Office 365のサービスは下記の通り。

  • iPad で利用できる Microsoft Office (2014年10月17日現在はまだ公開されていない)
  • AndroidやiPhoneなどスマートフォンで利用できる Office アプリ
  • 1TBまで利用できる OneDrive
  • 毎月60分間まで電話へ無料通話できる Skype(日本では固定電話へのみの通話が可能)
  • Office テクニカルサポート

※個人向け Office 365のサービスは、法人向けの Office 365と違います。法人向けのOffice 365は、クラウド版 グループウェア サービス Office 365 でご確認ください。

今回発売されたのは2種類!Office PremiumOffice 365 Solo です。

Office Premium は、パソコン購入時に一緒についてくる「プレインストール版」と呼ばれる Microsoft Office 製品です。購入したパソコンでしか利用できません。しかし、そのパソコンが壊れるまで、最新のOffice製品を使い続けることができます。搭載されるのは、下記のとおり。

Office Personal Premium Word、Excel、Outlook
Office Home &
Business Premium
Word、Excel、Outlook、PowerPoint、OneNote
Office Professional Premium Word、Excel、Outlook、PowerPoint、OneNote、Publisher、Access

そして、1年間利用できる Office 365のサービスが付きます。この Office 365のサービスは、1年経つと受けられなくなります。継続してOffice 365のサービスも受けたい場合は、「Office 365 サービス Office Premium 搭載パソコン専用」を購入します。

なお、本日(2014年10月17日)より Surface Pro3には、Office Home & Business Premiumの Office Premium がプレインストールされて発売されます。

Office 365 Solo は、「既にパソコンは持っているけれども、Office 製品はない」という方向けの製品です。1ユーザーに最長1年間使える Microsoft Office Professional Premium(Word、Excel、Outlook、PowerPoint、OneNote、Publisher、Access)と Office for Mac Home & Business 2011、Office 365のサービスが付いてきます。そして、Microsoft Office 製品は2ライセンス、2台のパソコンまでインストール可能です。しかも、Windows だけでなく Mac のパソコンにもインストール可能。ただし、期限が過ぎるとすべて利用できなくなります。引き続き Microsoft Office と Office 365を使い続けたい場合は、 Office 365 Soloを再度購入する必要があります。値段は、日本での場合 11,800円(税抜き)でした。

もちろん、個人用 Office 365サービスが付いていない製品も購入可能です。Office Professional 2013単体で、64,584円(税込)で、Office for Mac Home and Business 2011は35,640円(税込) でした。ただし、製品名に「2013」とか「2011」と付いているタイプは、永続的に使えます。しかし、今後発売されるであろう最新版にはなりません。

参考:Office Suites - Microsoft Store

Office 365 Solo は、量販店グループや Microsoft Store(オンラインストア)で発売されています。

参考:【新製品情報】 Office 365 の一般向け・個人向け製品 10 月 17 日より発売開始 - Office Blogs - Site Home - TechNet Blogs

« OneDrive アプリに新しい機能追加? | トップページ | Windows 8.1の OneDrive でOffice系のファイルの「同期中」が終わらない »

MS Office」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51036/60494475

この記事へのトラックバック一覧です: 新しい Microsoft Office 発売開始:

« OneDrive アプリに新しい機能追加? | トップページ | Windows 8.1の OneDrive でOffice系のファイルの「同期中」が終わらない »

Translator


2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ