« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月29日

Windows 8.1のスタート画面に表示される姓と名の間をあけたい

Windows 8.1を Microsoft アカウントでサインインして使っています。スタート画面右上に名前が表示されています。「姓」と「名」の間にスペースがありません。そこで、半角でも全角でもよいので一つスペースを入れたいのです。どうすればできますか?

こんな風に表示されているのかと思います。
スタート画面のユーザー名 日本語の場合

Microsoft アカウントでサインインしている場合、この表示は、https://profile.live.com/ の自分の「名前の編集」で入力した情報が表示されるようになっています。質問者さんのように、「姓」と「名」欄に日本語で入力してあると、「姓名」と1列で表示されました。

「姓」と「名」の間に空白を入れたいということで、Web上の「名前の編集」ページで、「姓」の後や「名」の前にスペースを入れてみました。しかし、保存して再度確認のため同ページを開くと、削除されていました。どうやら、Web上の「名前の編集」ページでは、頭や末尾にスペース入っていると自動的に削除される模様です。

通常、私は、姓名に半角アルファベットで入力してあります。その場合は、次のように表示されます。

スタート画面のユーザー名 アルファベットの場合

ユーザー名は、2列で、上が名前で下が苗字になっています。そして、サインイン画面では、名、姓の順になりますが、ちゃんとスペースが入って表示されています。

ユーザー名がアルファベットのサインイン画面

しかし、日本語の姓名では、スペースが入りません。
ユーザー名が日本語のサインイン画面

どうやら、日本語では、「姓」「名」の順に表示する、ということはできているのですが、「姓」と「名」の間にスペースを入れるという設定を作り忘れているようです。

それでも、何とかできないだろうか?と思い、https://profile.live.com/ の自分の「名前の編集」でちょっと工夫をしてみました。

「姓」の欄に、苗字の1文字だけを入力、「名」の欄に苗字の残りの文字とスペースを空けて名前を入力します。

Microsoft アカウントの「名前の編集」ページ

これで、無理やりですが、スタート画面とロック画面で、日本語表記でも苗字と名前をあけて表示することができました。

無理やりだが苗字と名前をあけることができた

もしくは、姓欄に任意の記号を入力し、名欄に「姓 名」としてもいいでしょう。

なお、「姓」だけや「名」だけの入力は、保存できませんでした。

「姓」だけの入力にしたら「名」も入力するよう促された

しかし、これは、本当に無理やりです。Web上などでユーザー名が表示される部分では、名前の部分が表示されるようになっていますので。

参考:Windows8.1のスタート画面のサインインしている名前の変更方法

2014年10月28日

IE でhttpsのサイトがなかなか開かない

Internet Explorer を使っています。最近、Twitter や Facebook といったサインインをするようなサイトにアクセスすると「このページは表示できません」となることが多くなりました。何度か更新すると入れるのですが、いったい何が起きているのでしょう?

それは、こういう感じかと思います。

Facebook での「このページは表示できません」の表示

2014年10月14日にGoogleのセキュリティチームから、Secure Sockets Layer(SSL) 3.0に深刻なセキュリティ脆弱性があることが公開されました。

Google Online Security Blog: This POODLE bites: exploiting the SSL 3.0 fallback

これに対応するため、多くのサインインしてから利用する Web サイトで SSL 3.0 が無効化されました。このため、非常に多くの方が、「サイトにアクセスできない!」となった模様です。

2014年10月現在、これに対応する更新プログラムは、まだ配信されていません。何度か、F5キーを押して、更新すると接続できる場合もあるのですが、とても面倒です。そこで、次のようにして設定を変更してみてください。

  1. Internet Explorer の「ツール」(歯車マーク)から「インターネット オプション選択します。
  2. 「詳細設定」タブを開きます。
  3. 「セキュリティ」カテゴリで、「SSL 3.0 を使用する」チェック ボックスをオフにします。
  4. 「TLS 1.0 を使用する」と「TLS 1.1 の使用」、そして「TLS 1.2 の使用」にチェックがついているかどうか確認します。(使用可能な場合)。
    インターネットオプションの「詳細設定」タブ
  5. 「OK」ボタンを押します。
  6. Internet Explorer を終了し、再起動します。
    ※パソコンを再起動させた方がいいタイプもあります。

参考:グーグルのセキュリティチーム、SSL 3.0の脆弱性「POODLE」を説明 - CNET Japan

SSL 3.0 の脆弱性対策について(CVE-2014-3566):IPA 独立行政法人 情報処理推進機構

マイクロソフト セキュリティ アドバイザリ 3009008

ただし、SSL 3.0 が無効化されていないサイトでは、「SSL 3.0 を使用する」にチェックがついていないとアクセスできません。 どうぞ、ご留意ください。

2014年10月30日 追記:
Microsoft では、この数ヶ月の間に Internet Explorer で SSL 3.0 を既定の構成で無効にする措置を取るとのことです。
参考:[回避策まとめ] セキュリティ アドバイザリ 3009008「SSL 3.0 の脆弱性により、情報漏えいが起こる」を公開 その2 - 日本のセキュリティチーム - Site Home - TechNet Blogs

2014年10月24日

Outlook.com や OneDrive.com 間の移動表示が変わりました

ブラウザで Outlook.comOneDrive.com にアクセスして、他のサービスへ移動する際の表示方法が変更されました。

Toggle between Outlook.com, OneDrive and Office Online with the new app launcher - Office Blogs

従来は、こんな感じ。「OneDrive」とか「Outlook.com」とか書いてある部分の右にある下向きの矢印を押します。

旧OneDrive.com

するとこんな風に表示されて、移動できました。

各サービスへの移動タイル

これからは、「OneDrive」とか「Outlook.com」とか書いてある部分の左にある、格子を押します。すると、吹き出し状で表示されるようになりました。

サービスへの移動が吹き出し状

サービスへの移動ボタンが右から左に移動しましたので、ちょっと「どこ行った?」になるかもしれませんね。

2014年10月22日

Windows 10 TPの 新しい Build 9860 公開

Windows 10 Technical Preview の新しい Build が公開されています。

We’re rolling out our first new build to the Windows Insider Program

新しい Build のインストールは、待っていれば自動的にインストールされるとのことですが、PC設定の「Update and recovery」-「Preview build」で見つかります。「Download now」ボタンを押して作業開始です。
PC設定の「Update and recovery」-「Preview build」

ダウンロードが完了したら「Install now」ボタンを押します。

「Preview build」の Install now

自動的に再起動を繰り返しセットアップが完了すると、Build 9860になりました。

Windows 10 Technical Preview Build 9860

Build 9841から7000の修正がなされているとのことです。

Windows 10 TP での気になること で紹介した気になる現象はどうなったでしょう?紹介した部分での修正は見つかりませんでした。

Windows 10 TP のスナップ機能 は、修正されているのを確認しました。画面の端から引き離すと、元のウィンドウサイズに戻りました。

タッチキーボードアイコンの右に見慣れないアイコンがあります。Action Center for Windows PCs だそうです。

Action Center for Windows PCs

何か通知があると、知らせてくれるようです。

2014年10月19日

Windows 8.1の OneDrive でOffice系のファイルの「同期中」が終わらない

我が家の Office 2013 搭載 Windows 8.1 Pro(Surface Pro2)。エクスプローラーを開くと、OneDrive の一部のフォルダーが「同期中」であることを示す。青い矢印マークがついているのに、気がつきました。

Windows 8.1のエクスプローラーを開くと一部のフォルダーに青い矢印マークがある

青い矢印マークがついているフォルダーの中身を確認すると、どれも、この数日間で使った Office 系のファイルでした。

一部のOffice系ファイルの同期が完了しない

アップロードの状態を確認すると、どれも「0%」のままで、まったくアップロードされていません。

通知領域の「アップロードセンター」のアイコンを確認すると、「アップロード保留中のファイルはありません」と表示されています。

通知領域の「アップロードセンター」のアイコンからのメッセージ

しかし、「アップロード センター」を開くと、「Microsoft Office ドキュメント キャッシュへのアクセス中にエラーが発生しました。アップロードセンターを閉じてから再度開いてください。問題が解決しない場合は、[アップロードセンターの設定] ダイアログ ボックスでキャッシュを移動または削除してください」とあります。

「アップロード センター」の「Microsoft Office ドキュメント キャッシュへのアクセス中にエラーが発生しました。」メッセージ

「アップロードセンター」を閉じたり、「Microsoft Office アップロード センターの設定」を開いて「キャッシュファイルの削除」ボタンを押してみるのですが、解決しません。

Microsoft Office アップロード センターの設定

それにしても、この現象は、どこかでやりました。2014年9月に Office アップロード センターのエラー で紹介した現象に似ています。

そこで、Officeの更新プログラムがないかどうか確認してみました。

  1. Office 2013製品を起動して、「ファイル」-「アカウント」と進みます。
  2. 「Office 更新プログラム」で「更新オプション」ボタンを押します。
  3. 「今すぐ更新」を選択。

更新プログラムが見つかったようで、作業が始まりました。作業後のバージョンは、15.0.4659.1001 となりました。

Office 2013 の製品情報

そして、青い矢印も消えました。

Windows 8.1のエクスプローラー OneDrive 内の青い矢印マークがなくなった

はぁ、やれやれ。ですが、これって、何だか、いやですね。

2014年10月17日

新しい Microsoft Office 発売開始

2014年10月17日、新しい Microsoft Office の発売が開始されました。

Office ではじまる、自由な毎日。 - Microsoft Office

とはいっても、現在のバージョン Office 2013 よりも新しいバージョンの Office 製品が出たわけではありません。現在、Office 2013製品を使っている方は、もう、バージョンが変わるたびにOfficeを買い替えるという必要はありません。Office 2013製品は、無料で最新バージョンへ永続的にアップグレードされます。

では、新しい Office とは、何でしょう?

永続的に利用できる Microsoft Office 製品に、1年間だけ利用できる Microsoft のクラウドサービスである Office 365の個人向けが付いて発売されることになりました。

なお、1年間利用できる個人向け Office 365のサービスは下記の通り。

  • iPad で利用できる Microsoft Office (2014年10月17日現在はまだ公開されていない)
  • AndroidやiPhoneなどスマートフォンで利用できる Office アプリ
  • 1TBまで利用できる OneDrive
  • 毎月60分間まで電話へ無料通話できる Skype(日本では固定電話へのみの通話が可能)
  • Office テクニカルサポート

※個人向け Office 365のサービスは、法人向けの Office 365と違います。法人向けのOffice 365は、クラウド版 グループウェア サービス Office 365 でご確認ください。

今回発売されたのは2種類!Office PremiumOffice 365 Solo です。

Office Premium は、パソコン購入時に一緒についてくる「プレインストール版」と呼ばれる Microsoft Office 製品です。購入したパソコンでしか利用できません。しかし、そのパソコンが壊れるまで、最新のOffice製品を使い続けることができます。搭載されるのは、下記のとおり。

Office Personal Premium Word、Excel、Outlook
Office Home &
Business Premium
Word、Excel、Outlook、PowerPoint、OneNote
Office Professional Premium Word、Excel、Outlook、PowerPoint、OneNote、Publisher、Access

そして、1年間利用できる Office 365のサービスが付きます。この Office 365のサービスは、1年経つと受けられなくなります。継続してOffice 365のサービスも受けたい場合は、「Office 365 サービス Office Premium 搭載パソコン専用」を購入します。

なお、本日(2014年10月17日)より Surface Pro3には、Office Home & Business Premiumの Office Premium がプレインストールされて発売されます。

Office 365 Solo は、「既にパソコンは持っているけれども、Office 製品はまだない」という方向けの製品です。最長1年間使える Microsoft Office Professional Premium(Word、Excel、Outlook、PowerPoint、OneNote、Publisher、Access)と Office for Mac Home & Business 2011、Office 365のサービスが付いてきます。そして、Microsoft Office 製品は2ライセンス、2台のパソコンまでインストール可能です。しかも、Windows だけでなく Mac のパソコンにもインストール可能。ただし、期限が過ぎるとすべて利用できなくなります。引き続き Microsoft Office と Office 365を使い続けたい場合は、 Office 365 Soloを再度購入する必要があります。値段は、日本での場合 11,800円(税抜き)でした。

もちろん、個人用 Office 365サービスが付いていない製品も購入可能です。Office Professional 2013単体で、64,584円(税込)で、Office for Mac Home and Business 2011は35,640円(税込) でした。

参考:Office Suites - Microsoft Store

Office 365 Solo は、量販店グループや Microsoft Store(オンラインストア)で発売されています。

参考:【新製品情報】 Office 365 の一般向け・個人向け製品 10 月 17 日より発売開始 - Office Blogs - Site Home - TechNet Blogs

OneDrive アプリに新しい機能追加?

Twitter に OneDrive のメッセージに関する画像が上がっているのに気がつきました。

OneDrive アプリからのメッセージのようですが、何ともおかしな文面です。どうも、漢字の「フリガナ」の部分が、カタカナで大きく出てしまっているようです。

この情報をよせてくださったのは、元「なんでもエンジニ屋」のダメ日記 でお世話になっている Satoru Nasu さん。

どういう環境で再現したのか、教えてもらいました。

  • Windows 7
  • OneDrive アプリ搭載
  • 写真を保存してある、USBメモリーをパソコンに挿入したら表示された

メッセージ画像に書いてある説明文を見ると、「携帯端末を接続すると」と読めます。

私もWindows 7 で OneDrive アプリを搭載しています。試に、写真データが保存されている USB メモリやiPhoneを接続してみました。しかし、私の環境では、表示されません。Windowsの「自動再生」が開きました。

iPhoneをWindows 7 に接続したら「自動再生」のメッセージが開く

そこで、OneDrive アプリの設定画面を見せてもらいました。バージョン 2013 ビルド 17.3.1229.0918 なのですが、表示されているタブに違いがあるのがわかりました。私の環境では、「設定」「フォルダーの選択」「パフォーマンス」「バージョン情報」の4つ。

メッセージが表示されない OneDrive アプリの設定

ところが、現象が起きる環境では、「設定」タブの次に「自動保存」タブというのがあります。
メッセージが表示される OneDrive アプリの設定

「自動保存」タブを開いてみたら、こんな感じ。

OneDrive アプリの設定 「自動保存」タブ

どうやら、写真が保存されているデバイスをパソコンに接続すると、自動的にOneDrive上に保存するかどうか設定できる機能が追加されているようです。

私の環境で再現できないかと、Windows 7 の OneDrive アプリをいったんアンインストールしてから、再インストールしてみました。しかし、この機能は追加できませんでした。コントロールパネルから「自動再生」を開いて、どんな設定が表示されるか確認してみましたが、私の環境では、OneDrive に関する項目は見当たりませんでした。
メッセージが表示されない「自動再生」

さて、現象が起きる場合のコントロールパネルから「自動再生」を見せてもらいました。

メッセージが表示される「自動再生」

「OneDrive」が見えますね。そして、「Dropbox」も・・・

この件に関しては、何か分かりましたら、またご報告します。

2014年10月12日

Windows 10 TP の不都合を画像を付けて報告する

Windows 10 Technical Previewを使っていての不都合を報告する場合は、Windows Feedback を使います。

参考:Windows Technical Preview の使い方 「ご意見ご感想をお寄せください」- Microsoft Windows

フィードバック方法 - オペレーティングシステム開発統括部 - Site Home - MSDN Blogs

どんな内容が報告されているかも閲覧できます。その報告に、同意できる場合は、選択して開き、「Me too!」ボタンを押します。
「Me too!」ボタンと「Report abuse」

同意できない場合は、詳細を書いて「Report abuse」を押すといいようです。

なお、Windows Feedback は、問題が起きている現象の画像を添付して報告することも可能です。次のようにします。

  1. Windows Feedback を起動します。
    スタートメニューの「Windows Feedback」タイルを押すと起動できます。
    スタートメニューの「Windows Feedback」タイル
  2. Windows Feedback が起動したら、左から大きなカテゴリを選択して、右に表示される小さなカテゴリを開きます。
    Windows Feedback が起動
  3. 「Search existing feedback」(訳:既存のフィードバックを探索します。)欄に、現象のキーワードとなりそうな言葉を入力して似たような報告がないか探します。
    「Search existing feedback」欄
  4. 見つからない場合は、「New feedback」ボタンを押します。
    「New feedback」ボタン
  5. 新規フィードバックフォームが開きます。
    新規フィードバックフォーム
    右下にある「Screenshot」ボタンを押します。
    「Screenshot」ボタン
  6. フィードバック ツールが引っ込みますので、不都合な現象を再現して、左上の「カメラ」ボタンを押します。現象の段階ごとに「カメラ」ボタンを押していきます。
    左上に表示される「カメラ」ボタンと「チェック」ボタン
    ※撮影された画像は、「Pictures」の「Feedback」フォルダー内に保存されます。
  7. すべてのScreenshotを撮り終えたら、「カメラ」ボタンの右の「チェック」ボタンを押します。
  8. フォームに戻ります。「Screenshot」で撮った画像が表示されているのを確認します。 
    Win10_saku080
  9. 「Add details」欄に報告文を記載して「Send」ボタンを押します。

以上で報告が完了です。

Windows 10 TP での気になること

Windows 10 Technical Previewをインストール して、いろいろ確認してみています。

ここまででわかったことや気になることを記録として、書き出しておきます。

2014年10月12日現在:Build 9841

  • スタートボタンを押したらスタートメニューが表示される。これを、Windows 8.1の時のようにスタート画面にしたい場合。
    スタートボタンを押したらスタートメニューが表示
    「Taskbar and Start Menu Properties」の「Start Menu」タブを開き、「Use the Start menu instead of Start screen」のチェックを外して「OK」ボタンを押す。
    「Taskbar and Start Menu Properties」の「Start Menu」タブ
    サインアウトするよう促すメッセージが表示されるので、「Sign out and change settings」を押して、サインアウトする。
    Change Start settings
    サインイン後、スタートボタンを押すとスタート画面が表示される。
    Windows 10 Technical Preview のスタート画面
  • マウスポインターを画面右上隅に持って行ってもチャームが表示されない
    「Taskbar and Start Menu Properties」の「Navigation」タブで設定を確認すると、「When I point to the upper-right conner, show the charms」にチェックが付いていて表示できるような設定になっているが、表示されない。
    「Taskbar and Start Menu Properties」の「Navigation」タブ
    ただし、画面右からのスワイプやWin+Cキーでショートカットキーを使えば表示できる。
    画面右からのスワイプやWin+Cキーでチャームが表示できる
  • タッチキーボードで日本語の手書き入力が表示できない。
    Windows 10 Technical Previewでタッチキーボードのレイアウト変更を押してみた
    日本語版(Japanese Microsoft IME)だと手書き入力の項目がグレー表示で利用できないようになっている。
    日本語版だと手書き入力の項目がグレー表示
    英語(ENG)に切りかえれば、手書き入力可能。
    英語版なら手書き入力可能
  • ストアアプリ版のIEがない?
    Internet Property の「Programs」タブで「Open Internet Explorer tiles on the desktop」にチェックがついていたので、外してみた。
    Internet Property の「Programs」タブ
    しかし、スタート画面のIEタイルを押すと、ストアアプリ版ではなくデスクトップで起動する。
    IEはデスクトップでしか起動しない
    スタート画面のIEタイルもWindows 8.1の際、既定のブラウザをIE以外のものにすると表示されるような感じになっている。
    Windows 10 Technical Preview の Internet Explorer タイル
    ストアアプリ版のIEは検索しても見つからない。
    検索しても Internet Explorer はデスクトップ版しか見つからない
    ストアアプリ版のIEは搭載されていないのかもしれない。

また、見つけたら追加します。

2014年10月 9日

Windows 10 TP のスナップ機能

Windows 10 Technical Previewをインストールしてみました。

スナップ機能が新しくなっているので、確認してみています。ちょっと妙な感じなので、2014年10月9日時点の記録として覚書を残しておきます。

Windows 10 Technical Preview (Build 9841)でのスナップ機能

マウスでの操作

  1. タスク バーを持って、右端(もしくは左端)に移動。
    タスク バーを持って、右端へドラッグ
  2. マウスポインターが画面の端に触れた瞬間、ウィンドウに影ができる。
    ウィンドウに影ができた
  3. マウスの左ボタンを離すと、ウィンドウがスナップされ、画面の半分のサイズになる。
    画面右端で半分のサイズにスナップ
  4. タスク バーを持って、右上角や左上角に持っていくと、マウスポインターが角に触れた瞬間、ウィンドウに影ができる
    タスク バーを持って、右上角へ
  5. マウスの左ボタンを離すと、ウィンドウがスナップされ、上部でウィンドウが1/4のサイズになる。
    右上で1/4のサイズでスナップ
  6. 下はどうするのだろう?と思ったら、そのまま右下角や左下角へ持っていけばいい。マウスポインターが角に触れた瞬間、ウィンドウに影ができる。
    右下角へドラッグ
  7. マウスの左ボタンを離すと、ウィンドウがスナップされ、下部でウィンドウが1/4のサイズになった。
    右下で1/4のサイズでスナップ

参考:Windows 10 テクニカルプレビューのレビュー③ ウィンドウのスナップ - Surface.jp

キーボードでのショートカットキー

  1. ショートカットキーでは、Win+左(もしくは右)矢印キーで、画面の半分のサイズになる。
    Win+左矢印キー
  2. 画面の半分のサイズになったところで、Win+上(もしくは下)矢印キーを押すと、ウィンドウが1/4のサイズになる。
    Win+上矢印キー
    ※通常のウィンドウサイズでWin+上矢印キーは最大化される。
  3. 1/4 のサイズになったら、Win+下(もしくは上)矢印キーとさっきと反対方向の矢印キーを押すと半分のサイズに戻る。
    Win+下矢印キー
  4. 半分に戻ったところで、再度Win+下矢印キーを押すと、下部で1/4 のサイズでスナップされる。
    Win+下矢印キー
  5. 再度、Win+下矢印キーを押すと最小化される。
    Win+下矢印キー で最小化

また、スナップした後、Windows 7 やWindows 8.1では、画面の端に張り付いたウィンドウを引きはがせば元のサイズになった。しかし、Windows 10 Technical Previewでは、ウィンドウを画面の端から引きはがしても、元のサイズにならない。マウスでドラッグなどして、サイズを変更する必要がある。

なお、ストアアプリは、解像度によってなのか、1/4のサイズになりませんでした。
ストアアプリで1/4サイズにスナップに挑戦してみたができなかった

2014年10月22日 追記:
スナップした後、画面の端から引きはがしても元に戻らない現象は、Build 9860で解消しているのを確認しました。

2014年10月 3日

Windows 10 Technical Previewをインストールしてみた

Windows 10 Technical Previewをインストールしてみました。Surface Pr2 の Hyper-V と HP ENVY x2 に英語 32 ビット (x86)にしてみました。

起動させると Hyper-V はデスクトップで起動しました。

Windows 10 Technical Previewのデスクトップ

そして、HP ENVY x2は、Windows 8.1のような感じのスタート画面で起動しました。

Windows 10 Technical Previewのスタート画面

どうやら、インストール時にどんなパソコンなのか、OSが見ているようですね。

さて、使い方ですが、Windows Technical Preview の使い方 - Microsoft WindowsWindows 開発統括部ブログ IME を参考にしてみてください。そして、何か不都合を見つけたら、ご意見ご感想をお寄せくださいを参考にして、報告してみてください。フィードバックは日本語で書いても構わないとのことでした。

参考:Windows 開発統括部ブログ「フィードバック方法」

 

Windows 10 Technical Preview 公開

次期 Windows である Windows 10の Technical Preview が公開されました。

Windows Technical Preview - Microsoft Windows

ご注意!
Windows 10 Technical Preview は、次期Windowsをより良い製品にするために、Microsoft へ報告をするためのものです。何か不都合が起きた場合に、Microsoft へ報告します。しかし、報告したからといってすぐに修正方法を教えてくれるもではありません。通常使うパソコンにインストールすると、不都合が発生した場合、誰もサポートできません。また、以前のWindowsに戻したい場合は、以前のバージョンを再インストールする必要があります。メイン機ではなく、テスト機やHyper-Vといった仮想環境でお使いください。

システム要件

Windows 8.1 を実行できるパソコン

  • CPU: 1 GHz 以上
  • メモリ: 1 GB (32 ビット) または 2 GB (64 ビット)
  • ハード ディスクの空き容量: 16 GB
  • グラフィックス カード: Microsoft DirectX 9 グラフィックス デバイス (WDDM ドライバー付き)
  • Microsoft アカウントとインターネット アクセス

その他の注意事項

  • Windows ストアにアクセスし、アプリをダウンロードして実行するには、インターネット接続、1024 x 768 以上の画面解像度、Microsoft アカウントが必要
  • Windows RT 8.1 や Windows N エディションでは動作しない。
  • インストール後は、Windows Media Player を使って DVD を再生できない。
  • タッチ操作よりもマウスとキーボード操作の方が最適。

言語

日本語版はない。
英語、簡体字中国語、ポルトガル語 (ブラジル) で使用可能。

参考:Windows Technical Preview をインストールする前に - Microsoft Windows

使用期限は 2015年4月15日まで。

次期Windowsのテストをすることに興味のある方は、ぜひダウンロードして、使ってみてください。

2014年10月 1日

Microsoft アカウントに登録したメールアドレスが古くてコードが受け取れない場合

Windows 8.1を使おうと思っています。セットアップの際に、Microsoft アカウントを入力するよう促されたので、かなり前から使っていた Hotmail を入力しました。その後、「情報の保護にご協力ください」と表示されて、コードの受け取り方法が出ました。ところが、表示された連絡先のメールアドレスが古く、もう使っていないものでした。メールアドレスは正しく入力できますが、受信できないのでコードを受け取ることができません。Windows 8.1でどうしても、この Microsoft アカウントが使いたいのですが、こんな場合、どうするといいのでしょう。

Windows 8.1に Microsoft アカウントをセットアップする際の「情報の保護にご協力ください」は、こんな感じかと思います。どうしても、その Microsoft アカウントを使いたい場合は、とりあえず、下の方にある「後で行う」を押して進んでください。
Windows 8.1セットアップ時の「情報の保護にご協力ください」

こうやってセットアップを完了させます。

デスクトップの通知領域にある「アクションセンター」を開くと、「この PC で本人確認を行ってください」と表示されることでしょう。
通知領域にある「アクションセンター」を開いてみた

「この PC で本人確認を行ってください」をクリックすると、PC設定に移動して「お客様のアカウント保護にご協力ください」と表示されます。
PC設定の「お客様のアカウント保護にご協力ください」

この時にも、利用できないメールアドレスが表示されるわけですが、選択項目が増えています。「メールを送信」の右にある下向きの矢印を押して、「その他」に切り替えます。
「お客様のアカウント保護にご協力ください」で「その他」を選択

「オンラインで更新」ボタンを押します。後は、次のように作業します。

  1. ブラウザが起動するのでサインインします
  2. 「お客様のアカウント保護にご協力ください」が開きます。ここでも、メールアドレスが表示されますので、下向きの矢を押して表示された項目から「その他」を選択して、「次へ」を押します。
    オンライン上での「お客様のアカウント保護にご協力ください」
    ※場合によっては、英語表記になってしまうことがあります。その場合は、ブラウザで https://account.live.com/ からサインインします。左側の欄から「セキュリティとパスワード」を選択してみてください。
    Microsoft アカウントの左側
  3. 「現在のセキュリティ情報にアクセスできません」に変わります。「追加するセキュリティ情報を選んでください」を「電話番号」から「連絡用メールアドレス」に変更します。
    「現在のセキュリティ情報にアクセスできません」の「追加するセキュリティ情報を選んでください」が「電話番号」
  4. 現在利用できる連絡先を入力して、「次へ」ボタンを押します。
    「現在のセキュリティ情報にアクセスできません」の「追加するセキュリティ情報を選んでください」が「連絡用メール アドレス」
  5. 「メールの確認」が開きます。
    メールの確認「登録したメールアドレス宛にお送りしたメール内の指示に従って、セキュリティ情報の置き換えを続けてください。
    登録したメールアドレスにメールが届いているので、すぐに確認します。
  6. 入力したメールアドレス宛に「Microsoft アカウントのセキュリティ情報」と言う件名で「セキュリティ情報の置き換え」メールが届きます。「続行」ボタンを押します。
    「セキュリティ情報の置き換え」メール
  7. ブラウザが起動して「先に進む前に」ページが開きます。作業中の Microsoft アカウントを入力して「次へ」ボタンを押します
    「先に進む前に」ページ
  8. 「すべて完了しました」と表示されます。
    「すべて完了しました」
    ここには、次のように書いてあります。

    お使いの Microsoft アカウントにはいつものように引き続きアクセスできます。セキュリティ情報を置き換えることができるように 201X/XX/XX にメールをお送りします。


    つまり、新しくした連絡先が使えるようになるのは、ここに記載されている日である、ちょうど30日後にメールが来てからになります。
  9. 内容を確認したら「完了」ボタンを押します。

参考:すべてのセキュリティ情報を置き換えるにはどうすればよいですか - Windows ヘルプ

これで、30日後にメールが来ると、セキュリティ情報である連絡先が変更できるようになります。

さて、30日間も待っていられない場合、現在の Microsoft アカウントからセキュリティコードが正しく受け取れる Microsoft アカウントに切り替えてしまった方がいいでしょう。下記ページを参考に、Microsoft アカウントからローカルアカウントに切り替えます。作業完了後、連絡先が現在使えるメールアドレスにした Microsoft アカウントにして設定します。

Windows 8.1のMicrosoft アカウントをローカルアカウントに切り替える

Windows 8.1のローカルアカウントをMicrosoft アカウントに切り替える

2014年12月2日 追記:
この操作方法が既に古くなってしまいました。Microsoft アカウントに登録したメールアドレスが古くてコードが受け取れない場合【2014年12月 改定】をご参照ください。

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

Translator


2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ