« IEの脆弱性を解決する更新プログラムが配信 | トップページ | XP の Microsoft Security Essentials が赤い表示! »

2014年5月 2日

Windows 8.1のIEでアドレスバーなどが非表示にならない

Windows 8.1を使っています。4月9日のWindows 8.1 Updateをしてからだと思うのですが、ストアアプリ版のInternet Explorerでアドレスバーやタブが表示されたままになりました。前は、画面をスクロールすれば消えたはずです。できれば全画面表示で閲覧したいのです。どうすると、アドレスバーなどを消せるのでしょう?

こんな感じなのだと思います。

image

Windows 8.1 Update1 では、ストアアプリ版の Internet Explorer の変更がありました。アプリバーの部分のデザインが変更されて現在開いているページがタブでわかりやすくなっています。また、新しいタブも簡単に開けるようになりました。

Windows 8.1 Update1 後の Internet Explorer

Windows 8.1 Update1前は、この部分、画面をスクロールすると消えました。Update後は、初期設定のままだと消えません。Update前のように消したい場合は、次のようにします。

  1. 「設定」チャームか、「ページツール」(スパナマーク)で「オプション」を選択
    アプリバーの「ページツール」を開いたところ
  2. 「デザイン」の「常にアドレスバーとタブを表示します」が「オン」になっていたら「オフ」に切り替えます。
    IEの「オプション」

これで、IEの下部のデザインが、従来のような表示になります。
IEのアプリバーが従来のような表示になった

画面をスクロールすれば、アドレスバーやタブの部分が非表示になります。再び表示させたい場合は、右クリックするか、画面の上下からエッジスワイプ、もしくは、右下にある「・・・」をクリックすると表示されます。
右下にある「・・・」

« IEの脆弱性を解決する更新プログラムが配信 | トップページ | XP の Microsoft Security Essentials が赤い表示! »

Internet Explorer」カテゴリの記事

Surface」カテゴリの記事

Windows 8.1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51036/59572147

この記事へのトラックバック一覧です: Windows 8.1のIEでアドレスバーなどが非表示にならない:

« IEの脆弱性を解決する更新プログラムが配信 | トップページ | XP の Microsoft Security Essentials が赤い表示! »

Translator


2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ