« Windows 8.1 Internet Explorer の「読み取り」ビュー | トップページ | IE11の「拡大」でカスタムが使えない »

2014年4月26日

Surface Pro2 のペンでできること!

Surface Pro2の「ペン」について、調べてみました。

参考:Microsoft Surface Pro のペン | デジタル ペン | Surface Pro に手書きで入力

ペンの構造は、次の通り。

image

ペン先:感圧式の先端を採用しているので、筆圧を感知できるアプリでは、筆圧をかけるほど線が太くなる。

ペイントでは、筆圧を感知しないようです。Microsoft Office 2013 の Word や OneNote、Excel、PowerPointだと筆圧を感知しました。
OneNote での筆圧テスト

ストアアプリでは、Fresh Paint で、筆圧を感知しました。この他、「リーダー」アプリでもペンで書き込みができました。XPS ファイルでは、書き込めませんでしたが、PDFファイルだと黒(色変更はできないもよう)で書き込めました。

PDFファイルを「リーダー」アプリで書き込み

消しゴム:ペンで書きこんだ線を削除したい場合は、ペンのお尻の部分を画面にあてます。「消しゴム」の機能になっていますので、線が消えました。

ペンボタン:「右クリック」できるボタン。「ペンボタン」を押したままにして、ペン先を画面に近づけます。すると、ぺんでの右クリック動作を示す「輪」が表示されます。
ペン操作での右クリック
画面にタッチし、その後ペン ボタンを離すと右クリックが実行されメニューが表示されました。また、ペン先を画面に押し付けたままにしても、右クリックのメニューが表示されます。

さてこのペンでの右クリックしたときに表示されるメニューは、利き手の変更で表示される場所を変更することができます。

  1. コントロールパネルの「タブレット PC 設定」を選択
  2. 「その他」タブを開く
  3. 「きき手」を自分の利き手に変更
    「タブレット PC 設定」の「その他」タブ
  4. 「OK」ボタンを押す
  5. タッチやペンで右クリックの操作をした際、指定した場所でメニューが表示されます。
    image

なお、ペンは、ペンボタンの部分が充電ポートに磁石でくっつきます。

その他、ペン関係でのトラブルは、Microsoft Surface Pro ペンのトラブルシューティング | Surface Pro 用デジタル ペン を参考にしてみてください。

« Windows 8.1 Internet Explorer の「読み取り」ビュー | トップページ | IE11の「拡大」でカスタムが使えない »

Surface」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51036/59532811

この記事へのトラックバック一覧です: Surface Pro2 のペンでできること!:

« Windows 8.1 Internet Explorer の「読み取り」ビュー | トップページ | IE11の「拡大」でカスタムが使えない »

Translator


2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ