« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月28日

Windows 8.1の「メール」アプリで送信者別に表示したい

Windows 8.1の「メール」アプリを使っています。受信したメールを送信者別に、一覧で並べ替えタイのです。こういう場合、どうするといいのでしょう?

Windows 8.1の「メール」アプリの場合、「受信トレイ」でそのまま、送信者別に並べ替えることはできません。しかし、「お気に入り」を使うと、送信者ごとに受信メールを表示させることができます。

  1. メールアプリを起動して、「お気に入り」をクリック/タップします。
  2. 初めて利用する場合は、「よくやり取りする人」があることでしょう。一覧に見当たらない人は、「連絡先の参照」を押して追加します。
  3. 「☆」印をクリック/タップして、「お気に入り」に登録します。
    メールアプリの「お気に入り」
  4. 星印が白くなると、登録が完了です。
    「お気に入り」に登録完了

以降は、必要に応じて「お気に入り」を開きます。

「お気に入り」が閉じている

「お気に入り」に登録されている人を選択すると、その人からのメッセージだけが表示できます。

「お気に入り」を開くと登録されている人が表示された

お気に入りの登録、解除は、相手には、わかりません。必要に応じて、登録、解除をしてみてください。

2014年3月26日

MVP Community Camp 2014 開催

2014年3月22日(土)、アジアで MVP Community Camp が開催されました。

MVP Community Camp 2014

MVP Community Camp 2014 (公式ページ 世界版)

MVP Community Camp 2014 (公式ページ 日本語版)

MVP Community Camp (ComCamp) は、 IT 業界のリーダー的存在である Microsoft Most Valuable Professionals (MVPs) と 技術コミュニティのリーダーが主催する、どなたでもご参加いただける IT 勉強会です。今回は国境を超えて、技術コミュニティが集まる初めての試みとして、アジアパシフィックの 9カ国 23都市にて開催されました。3月17日から22日の6日間にわたり繰り広げられる本イベントは、ComCamp Week と称し、最初の5日間では、誰でもどこからでもアクセス可能な Live Webcast によるオンライン セミナーが開催されました。そして、3月22日の最終日には、各都市の会場にてカンファレンスが開催されています。

さて、この最終日の2014年3月22日は、私の住んでいる北陸地方でも石川県で開催されました。どんな感じだったのかを写真で紹介いたします。

『Community Camp 2014』北陸会場

北陸会場の流れ

北陸会場

  1. キーノート :スクリーンのその先へ
    東 賢 氏
    Windows Touch & Tablet PC MVP
    インフラジスティックス・ジャパン㈱代表取締役 
    Beyond the screen : There and Back Again
    ※北陸会場では、ライブストリーミングでの視聴
  2. Windows Server 2012 R2 を使ったオンラインサービス連携
    澤田 賢也 氏

    Small Business Server MVP
    Windows Server Essentials を中心とした雑記 

    澤田 賢也 氏
     
  3. まだ Windows 8.1 を使っていないの?
    ~そんなあなたに勧めたい! Windows 8.1 & Surface

    さくしま たかえ
    MVP for Windows Expert-Consumer

  4. ランチタイム:インド料理「るびな」さんよりインドカレーをケータリング
    インド料理「るびな」のカレー
  5. エバンジェリスト養成講座 パワースライド特別編@北陸
    西脇 資哲 氏

    日本マイクロソフトエバンジェリスト 
    IMG_1834
  6. タイトル:HTML5 時代に必要なスキルと考え方
    山崎 大助 氏
    Bing Maps Development MVP

    デジタルハリウッド講師/INOP/U-SYS
    山崎 大助 氏

  7. C# MVP によるドキドキ・ライブコーディング!
    石野 光仁 氏

    C# MVP
    コミュニティ: AILight

    鈴木 孝明 氏
    C# MVP
    ブログ: xin9le note

    小島 富治雄 氏

    C# MVP
    ブログ: http://blog.shos.info
    鈴木 孝明 氏、石野 光仁 氏、小島 富治雄 氏
  8. ライトニング トークス

    芝村 達郎 氏
    Microsoft MVP for ASP.NET/IIS
    ブログ:しばやん雑記
    タイトル:Windows Azure Web サイトと SendGrid で遊ぼう!
    芝村 達郎 氏

    那須 悟 氏
    Microsoft MVP for Windows Home Server
    ブログ: 元「なんでもエンジニ屋」のダメ日記
    タイトル:「Windows Server 2012 R2 Essentialsの魅力~手間暇かけずに活用しよう!」
    那須 悟 氏

    Windows Server 2012 R2 Essentialsの魅力 - 手間暇かけずに活用しよう! from Satoru Nasu

    学生:敷浪俊樹 氏
    タイトル:僕と君と、彼と彼女と ~ヨニンヨンショク、四人でリバーシ~

    敷浪俊樹 氏

    学生:寺本大輝 氏
    タイトル:アップルプラネット

    寺本大輝 氏

    学生:西永俊文 氏
    タイトル:.NET MicroFrameworkで遊ぼうとしてみた
    にしなが としふみ 氏
  9. じゃんけん大会の景品
    北陸会場の景品

北陸会場 懇親会

会場を「与市」へ移動し、北陸の幸に舌鼓を打ちました。

与市にて お刺身

今回も北陸会場は、大変和気藹々とした雰囲気でした。また、随分と遠方からの参加者もあり、スタッフ一同、その情熱に感動感激で恐縮しきりです。今回もスタッフなのに、すっかり楽しんでしまった私。企画に参加させていただきまして、感謝しております。ありがとうございました。

おまけ!

西脇資哲さんの本「エバンジェリスト養成講座」にサインしていただきました。

IMG_1949

セッション前のお忙しい時間にも関わらず、快くサインに応じてくださった、西脇さんに感謝!

さて、Hokuriku.NET では、2014年4月12日に Hokuriku.NET Cloud Party の開催を予定しています。どうぞ、よろしくお願いいたします。

2014年3月24日

Windows 8.1 で「Bing翻訳」アプリを「共有」チャームから使いたい

Windows 8.1を使っています。ストアアプリの「Bing翻訳」をインストールしてみたところ、「メール」アプリや「Internet Explorer」アプリを使っている際、「共有」チャームに表示されるようになりました。しかし、翻訳してくれません。どういう風に使うといいのでしょう。

「Bing翻訳」アプリに関しては、2013年6月10日に Windows 8/RT用アプリ「Bing Translator」 で紹介しました。現在は、「ストア」で検索すると「Bing翻訳」アプリで見つかります。

Windows ストア の Windows 用 Bing 翻訳 アプリ

さて、「Bing翻訳」アプリをインストール後に、「メール」アプリや「Internet Explorer」アプリを起動。文字列を選択して、右クリックして開くメニューから「共有」を選択するか、直接「共有」チャームを開くと、「Bing翻訳」アプリが見えます。

「共有」チャームに「Bing翻訳」がある

英語のWebページで、「共有」チャームから「Bing翻訳」を選択してみるのですが、黒い表示のまま、何も表示されません。

IEアプリで「共有」チャームから「Bing翻訳」を選択しても黒いまま

確かに質問者さんの言う通りです。

実は、「Bing翻訳」の場合は、裏で起動させておく必要があるのです。次のようにして使います。

  1. スタート画面でCtrl+Tab キーを押すと開く、アプリビューから「Bing翻訳」を選択して、起動させます。
    アプリビューの「Bing翻訳」
  2. 「Internet Explorer」や「メール」アプリを起動
  3. 翻訳したいテキスト部分を選択
  4. 「共有」チャームを開き、「Bing翻訳」を選択
  5. 選択中のテキスト部分が翻訳されました。
    IEアプリのWebページ 英文が「Bingアプリ」で翻訳できた

事前に「Bing翻訳」を起動しておかないといけない、というのは、ちょっと変な仕様ですが。翻訳の精度は、なかなかいいですよ。

2014年3月20日

Windows 8.1の通知領域にSkyDriveのアイコンが!

2013年10月24日に Windows 8.1にしたら通知領域の SkyDrive アイコンがない! を紹介しました。

あの時は、確かにWindows 8.1の通知領域に SkyDrive のアイコンはありませんでした。

2013年10月24日頃

ところが、先ほど、通知領域を開いてみましたら、SkyDrive アイコンがあるのに気がつきました。

通知領域にSkyDrive アイコンがある

右クリックするとメニューも表示されます。

アイコンを右クリックしたところ

「OneDrive」と表示されるかな?と思ったのですが、「SkyDrive」と表示されました。

これに関して、何か情報がないかどうか探してみたのですが、よくわかりません。

公式の「skydrive FAQ - Microsoft Windows ヘルプ」にも

タスク バーの右端の通知領域で、デスクトップ アプリの設定と状態情報は利用できなくなりました。

とあります。どうなっているのだろう??

この件に関しては、何か情報が入りしだい、お知らせします。

2014年3月20日 16:50 追記
情報をいただきました!感謝!

KB2923768とのこと。

Update improves OneDrive (formerly SkyDrive) experience in Windows RT 8.1 and Windows 8.1

これ、私の環境では、2014年2月13日に入っていました。

2014年3月18日

OneNote 2013 無償版公開!

Microsoft Office でもちょっと高めの Home and Business 以上のエディションにあった OneNote 2013 が有効期限なしで利用できるようになりました。下記ページよりダウンロードできます。

OneNote 2013 のダウンロード

システム要件

Office のシステム要件 - Office.com より

  • コンピューターおよびプロセッサ
    SSE2 命令セットを搭載した 1 GHz 以上の x86 または 64 ビット プロセッサ。
  • メモリ
    1 GB の RAM (32 ビット)、2 GB の RAM (64 ビット)。
  • ハード ディスク
    3.0 GB のディスク空き容量。
  • ディスプレイ
    グラフィック ハードウェア アクセラレータには、DirectX10 グラフィック カードと 1024 x 576 の解像度が必要です。推奨は 1366 × 768 となります。
  • オペレーティング システム
    Windows 7、Windows 8、Windows Server 2008 R2、または Windows Server 2012。
  • ブラウザー
    Microsoft Internet Explorer 8、9、または 10、Mozilla Firefox 10.x 以降のバージョン、Apple Safari 5、または Google Chrome 17.x 以降。
  • .Net のバージョン
    3.5、4.0、または 4.5。
  • マルチタッチ
    マルチタッチ機能を使用するには、タッチ対応デバイスが必要です。ただし、キーボード、マウス、または他の標準的またはアクセス可能な入力デバイスを使用して常にすべての機能を使用できます。タッチ機能は、Windows 8 での使用に合わせて最適化されていることに注意してください。
  • インターネット
    OneNote 2013 インターネット機能には、インターネット接続と Internet Explorer 8 または Internet Explorer 9 が必要です。
    クイック検索機能には Windows Search 4.0 が必要です。

OneNote は、このブログでもカテゴリ OneNoteを作って紹介していますが、なかなか便利にできています。以前から Windows 8/8.1 のストアアプリ版iPhoneAndroidWeb App が無償で利用できました。今回、デスクトップ版が加わりました。

そうだ!Mac 版は?と思ったら、これも無償版になっていました

Mac App Store - Microsoft OneNote

これで、すべての OneNote が無償で使えるようになったわけです。

同じMicrosoft アカウントでサインインして使えば、同じノートブックが開きます。よそ様とノートブックを共有すれば、共同で同じノートブックが使え情報を共有することも可能ですよ。

参考:OneNote now on Mac, free everywhere, and service powered | Office Blogs

Microsoft の OneNote 2013 がフリーで公開。誰でもダウンロードしてインストール可能に。Mac版も本日から公開。

Mac版OneNoteの無料配布がスタート!iPhoneとも連携できる|Mac

2014年3月16日

Surface でできる面白いシャットダウン

Windows 8.1では、シャットダウンする方法として次のようなやり方があります。

  • 「設定」チャームの「電源」ボタンから
    「設定」チャームの下部 「電源」を押したところ
  • Win+X キーで起動する「アクセス リンクメニュー」から
    アクセス リンクメニューの「シャットダウンまたはサインアウト」を開いたところ。
  • デスクトップですべてのアプリを終了させて Alt+F4 キーを押すと開く「Windows のシャットダウン」から
    Windows のシャットダウン

さて、Surface 2 や Surafce RT 8.1といった InstantGo 搭載パソコンには、もう1つ面白い方法でシャットダウンができます。次のようにします。

  1. 電源ボタンを4秒ぐらい、長押しします。
  2. 画面の上半分に「スライドして PC をシャットダウンします」と記載されているロック画面が表示されます。 
    上半分に「スライドして PC をシャットダウンします」と記載されているロック画面が出た 
  3. ロック画面の部分を下方向へスワイプするか、マウスを使って下方向へドラッグします。
    ※解除したい場合は、上方向へスワイプ、もしくはドラッグします。
  4. パソコンがシャットダウンします。

参考:シャットダウン (電源を切る)、スリープ、休止状態にする - Microsoft Windows ヘルプ

この方法は、ロック画面でもできました。Windows 8.1は、バッテリーの持ちも長いのでスリープで使い続けても大丈夫ですが、大至急シャットダウンしたいという場合に便利です。ただし、未保存のファイルがあった場合、作業内容は保障されませんので留意してください。

2014年3月 9日

Windows 8.1のスタート画面にをピン留めできるWebサイトタイルを作ってみた

Windows 8.1のスタート画面に Web サイトをピン留めする際のタイルが作成できる!ということで、ここ「世の中は不思議なことだらけ」用のWebタイルを実際に作ってみました。

用意するもの

  • 画像データ
  • RSSフィード

やり方

  1. Web サイトを Windows 8.1 のタイルにしよう - Web サイトをピン留めする - Microsoft Internet Explorer にアクセス。
  2. Web サイトのタイルを作成
    Webページのタイトルを入力。背景色を決めて、使いたい画像をアップロード。
    右側にどんな感じになるのか、プレビューされますので、確認しながら作業します。
    Web サイトのタイルを作成
  3. プッシュ通知を追加
    RSSフィードを入力して、「フィードを取得」を押します。
  4. コードを入手
    META タグが表示されます。
  5. パッケージをダウンロード。
    出来上がった画像ファイルをダウンロードします。Zip形式に圧縮されていますので、展開します。
  6. META タグを自分のWebサイトの HTML タグに追加。タイルの画像となる PNG ファイルを Web上にアップロード。

作業できたら、IE アプリでこのブログへアクセス。アプリバーの「お気に入り」から「スタート画面にピン留め」を押すとこんな感じ。
「お気に入り」から「スタート画面にピン留め」を押す

スタート画面に配置してみるとこんな感じ。
image

RSSフィードを拾うよう設定してありますので、ブログが更新されると、タイトルが表示されます。
ブログを更新するとタイトルが表示される

ついでに、ファビコンも変更。

タイルのサイズは、大、ワイド、中、小で作ってあります。お好みのサイズで、ご利用くださいませ。

あと1ヶ月でWindows XP と Office 2003はマイクロソフトからのサポートが終了します

日本時間の2014年4月9日、マイクロソフト サポート ライフサイクル ポリシーに基づき、 Windows XP Service Pack 3 (SP3)、Windows XP 64 ビット版 SP2 および Microsoft Office 2003 Service Pack 3 (SP3) の製品サポートが終了します。

Windows XP/Office 2003 サポート終了のお知らせ - Microsoft

サポート終了後は、マイクロソフトよりこれら対象となる製品への「セキュリティ更新プログラム」など、重要なサービスの提供がなくなります。

セキュリティ更新プログラムとは!

マイクロソフトが提供する各種ソフトウェアのセキュリティ関連の脆弱性 (弱点) を修正するために提供される修正プログラムです。定期的に提供されるものだけではなく、脆弱性の深刻度に応じ緊急的に提供されるものもあります。脆弱性を修正しない状態でインターネットに接続すると、ウイルス感染や情報漏洩などのリスクを伴う場合があります。

ただし、Windows XP や Office 2003搭載機でも、インターネット回線を全く使わずに書類を作るだけとか、はがきを印刷するだけとか、よそのパソコンからデータをもらわないという場合は、そのまま使い続けても構いません。

しかし、メールのやり取りをするとか、パソコンでのテレビ電話をするという場合は、インターネット回線を使います。インターネット回線を使う環境で安全、かつ快適にパソコンを利用するためには、最新版へ乗り換える必要があります。

とはいえ、現在お使いのWindows XPに、最新のOSである Windows 8.1 をインストールして使うのは、お勧めできません。Windows XP 搭載機の場合はもう使用をあきらめ、新しく購入なさった方が無難です。ぜひ、新規購入をご検討ください。

Windows Digital Lifestyle Consortiumが最新パソコンへの買い替えを後押しすることを目標に、興味喚起から店頭送客までを目的とした「最新パソコン、買うなら今でしょ!」キャンペーンを開始しています。こちらの 今だけ!のお得なキャンペーンでは、日経パソコンさんがパソコン活用記事を無料で公開中です。「Windows 8基本操作ガイド」は、私が担当しました。PDFですが、無料でダウンロードして読めますよ。この他、アプリの導入方法を基礎から学ぶ「Windowsストア入門」と「基本から学ぶExcel/Word入門」も公開されています。併せてご利用ください。

PowerPoint 2013で「用紙に合わせて拡大/縮小」を常にオフにしたい

PowerPoint 2013 を使っています。印刷時に印刷用紙の大きさにフィットさせる機能として「用紙に合わせて拡大/縮小」があるのですが、初期設定ではONになっています。これを最初からOFFにすることはできないものでしょうか?

PowerPoint 2013の「用紙に合わせて拡大/縮小」の設定は、次のようにすると確認できます。

  1. PowerPoint 2013して、「ファイル」を開く
  2. 「印刷」を選択
  3. 「フル ページ サイズのスライド」を開く
    バックステージの「印刷」
  4. 「用紙に合わせて拡大/縮小」にチェックが付いていて「有効」、つまり「ON」になっています。
    「フル ページ サイズのスライド」で「用紙に合わせて拡大/縮小」にチェックが付いている

この「用紙に合わせて拡大/縮小」を常に「OFF」、つまりチェックの外れた「無効」の状態にしておきたいとのこと。確認してみましたら、PowerPoint 2013のシステムではなく、各ファイルごとの設定でした。PowerPointでスライドを作る際に次のように設定します。

  1. PowerPoint 2013を起動し、「ファイル」-「オプション」と選択します。
  2. 左側の「詳細設定」を選択します。
  3. 「次のドキュメントを印刷するとき:」の下が「最後に使ったプリンター設定を使用する」になっていることでしょう。
    「PowerPointのオプション」-「詳細設定」
    これを「次のプリンター設定を使用する」に切り替えます。
    そして、その下の「用紙サイズに合わせて印刷する」のチェックを外しておきます。
    「次のドキュメントを印刷するとき:」 
    ※「次のドキュメントを印刷するとき」の右側の欄に注意する必要があります。
    任意のファイルで指定してしまうと、そのファイルだけの設定になります。
    これから作るファイルに対してその設定をしたい場合は、新規作成画面でこの設定をします。
  4. 設定ができたら、「OK」ボタンを押します。

現象を確認します。「印刷」の「フル ページ サイズのスライド」を開くと、「用紙に合わせて拡大/縮小」のチェックは外れていることでしょう。

「フル ページ サイズのスライド」で「用紙に合わせて拡大/縮小」にチェックが外れた

さて、この設定をどのスライドでも使いたい場合は、これからPowerPoint 2013で作るすべての新規作成スライドに対して、この設定にしておく必要があります。そのためには、新規作成用のテンプレートで、この設定を持たせます。次のように新規テンプレートを作ってみてください。

  1. 新規作成で設定をし終えたら、PowerPointのスライド作成画面で F12 キーを押します。
  2. 「名前を付けて保存」のダイアログが表示されますので、「ファイルの種類」を「PowerPoint プレゼンテーション (*.pptx)」から「PowerPoint テンプレート(*.potx)」に切り替えます。
    「名前を付けて保存」
    ※切り替えると同時に保存場所が切り替わります。
  3. わかりやすい任意のファイル名を付けて「保存」ボタンを押します。
    「名前を付けて保存」で「ファイルの種類」を「PowerPoint テンプレート(*.potx)」に切り替えた

以降、新規作成する際に「個人用」のテンプレートから設定を変更したテンプレートを使って作成し始めます。

新規の「個人用」テンプレート

一度、使えば、「お勧めテンプレート」にも表示されるようになりますよ。

2014年3月 8日

Office 365 のメールアドレスをSurface 2/RT の Office Outook で使いたい

Office365 をSurface 8.1 RTの Outlook にセットアップしたいのです。ブラウザから Outlook Web App を使ってメールを閲覧することはできるのです。これを Office Outlook からも閲覧できるようにしたいのです。管理者からは、Outlook Web App の「設定」-「Office365の設定」-「ソフトウェア」-「デスクトップセットアップ」-「セットアップ」と教えられたのですが、うまくいきません。どうするとできるのでしょう?

Surface 2/RT で、Office 365 の Outlook Web App にアクセスして実際に確認してみました。

  1. Outlook Web App の右側にある「設定」(歯車マーク)を押して「Office365の設定」を選択。
    Outlook Web App の右側にある「設定」(歯車マーク)を開いたところ
  2. 「ソフトウェア」を選択
    Office365の設定
  3. 「最新バージョンのOfficeをインストールする」に移動します。Office 製品がインストールされていない場合は、ここで「言語」を確認して「インストール」ボタンを押します。しかし、Furface2/RTには、最新のOfficeがインストール済みです。
    左側にある「デスクトップセットアップ」を選択します。
    最新バージョンのOfficeをインストールする
  4. 「Office 365と連携するようにデスクトップ アプリケーションを設定する」で「セットアップ」ボタンをクリック。
    Office 365と連動するようにデスクトップ アプリケーションを設定する
  5. 下の方に「ファイルを開く」のか、「保存」するのかの確認をする通知バーが開きます。
    通知バー
    この通知バーで「ファイルを開く」を押して、セットアップを実行させるわけですが・・・
  6. Surface 2/RT では、こういったファイルのインストールが全くできません。下記のように、このファイルを使うためのアプリを探すメッセージが表示されます。
    「ストアでファイルを探す」メッセージ

Surface Pro や一般的 Windows の場合には、「Office 365と連携するようにデスクトップ アプリケーションを設定する」でOffice 365 と インストール済みの最新Office製品を連携するよう、自動的に設定するファイルを実行します。しかし、Surface 2/RT では、こういったファイルの実行は一切できません。

参考:Office 365 管理者 ヘルプ

そこで、次のようにして手動で作業します。

  1. Outlook 2013の「ファイル」-「アカウントの追加」を開きます。
  2. 「名前」欄にメールを送信する際表示させたい自分の名前を入力。「電子メールアドレス」欄には、Office 365のメールアドレスを入力。パスワード欄にそのパスワードを入力して「次へ」ボタンを押します。
    アカウントの追加
  3. セットアップが始まりますので、しばらく待ちます。
  4. 「おめでとうございます。電子メール アカウントの設定が完了し、使えるようになりました。」と表示されたら、「完了」ボタンを押します。
    おめでとうございます。電子メール アカウントの設定が完了し、使えるようになりました。
  5. Outlook の再起動を促されますので「OK」ボタンを押します。
    変更を有効にするには、Outlook を再起動する必要があります。
  6. Outlook 2013をいったん閉じ、再起動させます。
  7. 「Windows セキュリティ」が開きます。
    Windows セキュリティ
    「ユーザー名」欄に設定した Office 365のメールアドレスを入力、「パスワード」欄にそのパスワードを入力します。 「資格情報を記憶する」にチャックをつけて、「OK」ボタンを押します。
  8. 設定が完了するまで、しばらく待ちます。

以上で、設定が完了します。

なお、コントロールパネルにある「メール」の「電子メールアカウント」からでも、似たような感じで設定できます。
コントロールパネルにある「メール」

しかし、途中の「Windows セキュリティ」に画面で、うまくパスワードを認識してくれないことがあります。何度か、入力していると通るのですが、ちょっと変です。うまくいかない場合は、Office Outlook から設定登録してみてください。

2014年3月 6日

Windows 8.1 完全制覇 パーフェクト 初版第2刷発行

2014年2月25日、Windows 8.1完全制覇パーフェクト の初版第2刷が発行されました。

Windows 8.1 完全制覇 パーフェクトの奥付

2013年11月28日の発売開始から、約3ヶ月で第2刷。お役にたっているようで、うれしい限りです。

なお、正誤表は、翔泳社刊行物Q&A:Windows 8.1 完全制覇パーフェクトで確認できますよ。

2014年3月 5日

Outlook.com で使える Skype プラグイン公開

2013年8月24日に Outlook.com で使える Skype、日本公開は延期に! と紹介しましたが、Outlook.com で使える Skype プラグインが利用できるようになりました。

Skype is now available in HD for every Outlook.com customer | Office Blogs

Skype Brings the World Closer Together, One Inbox at a Time – - Skype Blogs

日本語の Skype for Outlook.com - 受信トレイから連絡先にビデオ通話や音声通話 Webページもできていました。しかし、プラグインのインストールページは英語でした。試しに、インストールしてみましたので、紹介しましょう。

※Skype アカウントと紐づけされた Outlook.com のアカウントも必要です。まだ、お持ちでない場合は、Outlook.com – マイクロソフトの無料の個人用メール からどうぞ。

まずは、Skype プラグインで「Get started」ボタンを押します。

Please install the Skype plugin to set up calling from Outlook.com

Skypeのプライバシーポリシーと利用規約を確認。「I agree – continue」ボタンを押します。

Before we start…

画面下の方に表示された、通知バーの「実行」を押します。
Your download has started.

インストールが始まります。
「Skype Web Plugin」のメッセージ

途中、ユーザーアカウント制御(UAC)が表示されたら「はい」をクリック。

インストールが済んだら、Web ページの「Next」ボタンをクリック。

ところが、ここからうまくいきません。下記のように表示されます。

It looks like the plugin isn't installed yet. Please follow these instructions.If your download is interrupted or taking too long, you can restart it manually or download the full Skype app now.Select "Next" after you've installed the plugin.

訳:プラグインがまだインストールされていないようです。これらの指示に従ってください。
あなたのダウンロードが中断された場合あまりにも時間がかかり、手動で再起動またはフルの Skype アプリを今すぐダウンロードすることができます。
プラグインをインストールした後に、「次へ」を選択します。

この環境は、Windows 8.1 です。ブラウザは、IE11。そこで、互換表示に切り替えてみました。

  1. プラグインインストールページで、IEの「ツール」(歯車マーク)から「互換表示設定」を選択
    image
  2. 「追加」ボタンを押します。
  3. 「Skype.com」が追加されたのを確認したら、「閉じる」ボタンを押します。
    image

こんな風に表示されたら、完了です。

Setup is compleate.

「Let's get started」ボタンを押すと、Outlook.com ページへ移動しました。右上のメッセージングをクリック。これで、チャット画面が開きました。過去にSkypeでチャットした人たちとの最後のコメントが見えます。オンライン上にいる人には、黄緑色の印が出ています。

Outlook.com のメッセージング画面

黄緑色の印は、「オンライン上にいる」ということ、選択して開くと、チャット画面になりました。

Outlook.com からSkypeへチャット開始

上部の「ビデオカメラ」や「受話器」アイコンを押すとSkypeが開いて、会話することができました。

プラグインさえ入っていれば、Skype アプリがインストールしてある必要がないみたいです。

2014年3月 1日

Windows 7 の IE11 で自動的に「半角カタカナ」入力になる

Windows 7 でOffice IME 2010搭載機です。フォームを設置してあるWebページに CSS の指定で ime-mode を active にしたテキスト入力欄を作ります。これで、そのテキスト入力欄にカーソルを置くと何もしなくても即日本語入力できるようになります。ところがWindows 7 の IE11 で、そんなテキスト入力欄にカーソルを置くと、「半角カタカナ」入力になってしまいます。これは、いったいどうゆうことなのでしょう?

実際に確認できる Web ページを作ってみました。

ime-mode プロパティ|テストページ

Windows 7 の Office IME 2010搭載機で、IE11を使ってアクセスして見てください。「active … 日本語入力モード(変更可能)」のテキスト入力欄にカーソルを置きます。

active のテキスト入力欄にカーソルを置くと「半角カタカナ」入力になる

すると、上記のキャプチャ画像のように、Office IME 2010の「入力モード」が自動的に「半角カタカナ」になってしまうことでしょう。

この現象、Windows 7 のOffice IME 2010搭載機でも IE11だけのようです。IE10では再現されません。また、IMEをMicrosoft IMEに切り替えても再現されませんでした。

Windows 7 の Microsoft IMEなら「ひらがな」入力

そして、Windows 8.1のIE11でも、現象が再現されません。

そこで、これを Microsoft Connectにフィードバックしてみました。

JP:Windows 7 IE11 IME-mode active form. Not Japanese Hiragana characters, it's half-width kana

この現象で困っている方は、どうぞ、サインインしてから、「再現できます」で「私もです」をクリックしてください。もしかすると、修正されるかもしれません。

参考:IE 11 で ime-mode:active のフォームで半角カナになってしまう - マイクロソフト コミュニティ

2014年3月3日 追記:
この件に関する情報がマイクロソフト サポートから出ました。
Windows 7 上の Internet Explorer 11 使用時、ime-mode active 指定で半角カタカナモードになる
現在のところ、回避方法は、Office IME 2010から Microsoft IMEに切り替えるとのことです。

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

Translator


2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ