« 英語版 Windows 8.1で常に日本語入力を使いたい | トップページ | Windows 7 の IE11 で自動的に「半角カタカナ」入力になる »

2014年2月28日

英語に切り替えた日本語版のWindows 8.1で日本語キーボードを使う

日本語版のWindows 8.1を使っています。Windows 8.1で「言語」を追加して利用するを参考にして、「言語」に「英語」を追加しました。Win+スペースキーで入力言語を切り替えて、「英語」で入力をしようと思うのですが、何か変です。例えば、Shift+2 キーを押せば「”」が入力できるはずなのに、「@」と入力されてしまいます。使っているキーボードに表示されている通りに入力できません。こんな場合、どうするといいのでしょう。

「入力言語」を「英語」に切り替えた際、利用するキーボードが米国でよく利用するタイプの「US キーボード」になっていると、そういう現象になります。
US キーボード
US キーボードの「2」キーの辺り

USキーボードでは、日本語キーボードとは、記号などの位置が違うのです。

日本語キーボード
日本語キーボードの「2」キーの辺り

“ や @ の他、US キーボードは、+や=の位置も違うので、日本語キーボードからの場合は、かなり混乱します。

そこで、入力言語は「英語」だけど、キーボードは「日本語キーボード」にする方法です。

  1. 「設定」チャームで「PC設定の変更」を押す
  2. 「時刻と言語」-「地域と言語」を選択
  3. 「言語」の「English (United States)」を選択して、表示された「オプション」ボタンを押す
  4. 「キーボードの追加」の「+」ボタンを押す
  5. 一覧から「日本語」を選択
    キーボードの追加
  6. 「English (United States)」に「日本語」が追加されたのを確認
    image

これで、デスクトップの入力チップやWin+スペースキーを押します。これで、入力言語の「英語」で「日本語キーボード」が利用できる項目が追加されました。

image

後は、言語設定で「英語 (米国) 日本語キーボード」を選択すれば、日本語キーボードでもスムーズに英語を入力することができます。

英語 (米国) 日本語キーボード

これで、Surface の Type Cover 2 で困っていた現象も解消です。

« 英語版 Windows 8.1で常に日本語入力を使いたい | トップページ | Windows 7 の IE11 で自動的に「半角カタカナ」入力になる »

Windows 8.1」カテゴリの記事

Windows 英語版」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51036/59214878

この記事へのトラックバック一覧です: 英語に切り替えた日本語版のWindows 8.1で日本語キーボードを使う:

« 英語版 Windows 8.1で常に日本語入力を使いたい | トップページ | Windows 7 の IE11 で自動的に「半角カタカナ」入力になる »

Translator


2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ