« Windows 8.1 で確定申告 | トップページ | Windows 8.1のInternet Explorer での「ソース表示」(2) »

2014年1月21日

Internet Explorer 11での「ソース表示」

Windows 8.1を使っています。デスクトップの Internet Explorer 11でソースの表示をする際に「メモ帳」を使いたいのです。しかし、色のついたソースが表示され、メモ帳にできません。こんな場合、どうするといいのでしょう?

この件については、Internet Explorer 10の際にも紹介しました。

Windows 7 の Internet Explorer での「ソース表示」

Windows 8.1でも、デスクトップ版IEで「ソースの表示」を選択するとこんな感じで開きます。

Windows 8.1のデスクトップ版IEで「ソースを表示」をしてみた

これは、ソースを見るためのビューアです。ビューアですので、書き替えるといった編集作業ができません。このビューアをメモ帳に切り替えたい場合、IE10までは、F12 キーを押すと開く「開発者ツール」でできました。 「ファイル」から「Internet Explorer ソース表示のカスタマイズ」で「メモ帳」を選択すると使えるようになりました。
IE10の「開発者ツール」

さて、IE11になっても、「F12 開発者ツール」は、歯車マークの「ツール」にみつかります。
IE11で「ツール」を開いたところ

しかし、起動させてみると、こんな風に表示されます。
IE11の「開発者ツール」

メニューバーがなくなり、「ファイル」から「Internet Explorer ソースの表示のカスタマイズ」を選択することができなくなりました。

そこで、IE11では、次のように設定を変更します。

  1. IEを起動して「ツール」から「インターネット オプション」を選択。
  2. 「プログラム」 タブを開く。
  3. 「HTML の編集」 の 「HTML エディター」 で 「メモ帳」 を選択。
    「インターネット オプション」の「プログラム」タブ
  4. 「OK」ボタンを押す

これで、「ソースの表示」を使うと、「メモ帳」で開くようになりました。
「ソースの表示」がメモ帳で開いた

ただし、これをいったん作業すると、元のビュアーに戻せなくなりました。「インターネット オプション」の「詳細設定」タブで「詳細設定を復元」や「リセット」をしても戻せませんでした。弱ったなぁ。

この続きは、Windows 8.1のInternet Explorer での「ソース表示」(2) でどうぞ。

2017年2月21日 追記:
Windows 10 の場合は、Windows 10:ブラウザから「ソースの表示」を実行して「メモ帳」で開きたい を参照ください。

« Windows 8.1 で確定申告 | トップページ | Windows 8.1のInternet Explorer での「ソース表示」(2) »

Internet Explorer」カテゴリの記事

Windows 8.1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51036/58986243

この記事へのトラックバック一覧です: Internet Explorer 11での「ソース表示」:

« Windows 8.1 で確定申告 | トップページ | Windows 8.1のInternet Explorer での「ソース表示」(2) »

Translator


2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ