« iPhoneで撮った写真がSkyDriveへ自動的にアップロードできる | トップページ | Surface2 で英語版 Touch Cover と 日本語版 Type Coverの付け替え »

2013年11月29日

IE の Web 上で右クリックして「OneNote に送る」を表示させる(OneNote 2013編)

Windows 8.1 で OneNote 2013を使っています。デスクトップ版のInternet ExplorerでWebページ上の画像や文字などをドラッグして右クリックします。以前は、「OneNote に送る」という項目があったはずなのです。今は、表示されません。どうしてしまったのでしょう?

この現象は、Windows 7 の OneNote 2010版の際に IE の Web 上で右クリックしても「OneNote に送る」がない で紹介しました。パソコンがWindows 8.1のOneNote 2013になって、メイン機で表示されません。
Windows 8.1のIEで右クリックしても「OneNoteに送る」がない

しかし、IEのコマンドバー上や「ツール」内には、「OneNote に送る」があります。
コマンドバー上や「ツール」内には「OneNote に送る」がある

※コマンドバー上や「ツール」内に「OneNote に送る」がない場合は、「アドオンの管理」で「OneNote に送る」を選択して、「有効にする」ボタンをクリックします。いったん、IEを閉じて、再起動すると表示されることでしょう。
アドオンの管理

レジストリを確認してみると、HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Internet Explorer\MenuExt 内に「OneNote に送る(&N)」がありませんでした。
レジストリ エディタ HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Internet Explorer\MenuExt

Office 2013 RTが搭載されている SurfaceRTでは、IEで右クリック/長押しタップすると、ちゃんと「OneNoteに送る」が表示されました。レジストリを確認するとちゃんとHKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Internet Explorer\MenuExt 内に「OneNote に送る(&N)」があります。もう一つ、米国で購入した Surface2でも確認してみました。これは、日本語の言語パックを入れてあるのですが、レジストリは英語になっていました。「Se&nd to OneNote」と表記されていました。

私のメイン機には、Office 2013にも英語の言語パックを入れてあります。どうも、この辺で、日本語と英語のレジストリがバッティングしているのではないでしょうか。

さて、修復方法は、下記ページで紹介されています。

Internet Explorer で [OneNote に送る] コマンドが機能しない

  • OneNote だけ、もしくはOffice 製品のアンインストールと再インストール
  • レジストリの書き換え

OneNote 2010でのレジストリの書き換え方法は、IE の Web 上で右クリックして「OneNote に送る」を表示させてみたで紹介しました。こちらでは、OneNote 2013での書き換え方法を紹介します。

※レジストリの書き換えは、あまりお勧めしません。まずは、アンインストールと再インストール作業をして、どうしても表示させたい場合の最後の手段にしましょう。

  1. コンピューターで実行中のプログラムをすべて終了します。
  2. Win+Rキーを押して「ファイル名を指定して実行」を開き、「名前」欄に regedit と入力して「OK」ボタンをクリックします。
  3. [ユーザー アカウント制御] ダイアログ ボックスが表示されたら、[はい] をクリックします。
  4. レジストリ エディターが開いたら、左側の欄で、次のキーをクリックして展開していきます。

    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Internet Explorer\MenuExt
    レジストリ エディタ HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Internet Explorer\MenuExt
    ※展開後、レジストリのバックアップを下記のようにして取ります。何らかの不手際で、不都合な状態になった場合、このバックアップ ファイルをダブルクリックすれば、レジストリを元に戻せます。

    1. [ファイル] メニューの [エクスポート] をクリックします。
    2. [レジストリ ファイルのエクスポート] ダイアログ ボックスで、任意のファイル名にして、デスクトップ上に保存しましょう。
      バックアップが取れたら、次に進みます。
  5. メニューバーの[編集] – [新規] – [キー] とクリックします。
  6. 「MenuExt」の下に「新しいキー #1」ができます。
    「MenuExt」の下の「新しいキー #1」
    これを「OneNote に送る(&N)」と言う名前に変更します。
    「OneNote に送る(&N)」に変更
  7. 「OneNote に送る(&N)」が選択されているのを確認し、ウィンドウ右側の [名前] 一覧の「(既定)」をダブル クリックします。
    「OneNote に送る(&N)」の「(規定)」
  8. [文字列の編集] ダイアログ ボックスが表示されたら [値のデータ] ボックスに以下のように入力します。
    res:// drive \ path \ONBttnIE.dll/105
    drive は、OneNote がインストールされているドライブのドライブ文字です。 path は、"ONBttnIE.dll" ファイルの完全なパスです。
    通常、OneNote 2013は、C ドライブの「Program Files」-「Microsoft Office」-「Office15」フォルダー内にインストールされていることでしょう。特にインストール先を変えていない場合は、「res://C:\Program Files\Microsoft Office\Office15\ONBttnIE.dll/105」と入力します。
    文字列の編集
  9. [OK] をクリックします。
  10. [レジストリ] メニューの [レジストリ エディタの終了] をクリックしするか、×ボタンを押します。
  11. パソコンを再起動します。
  12. デスクトップ版 Internet Explorer を起動して、任意の文字列を選択後、右クリック。「OneNoteに送る」が表示されるのを確認します。
    IE上で「OneNoteに送る」が表示された

なお、このほか、「OneNote に送る」を実行すると、「そのサービスを開始出来ませんでした」というエラーメッセージが表示されるということもあります。その場合は、下記ページの Fix it を実行してみてください。

「、サービスが開始されていません」のエラー メッセージ Internet Explorer で、"OneNote に送信] アドイン使用しようとすると

« iPhoneで撮った写真がSkyDriveへ自動的にアップロードできる | トップページ | Surface2 で英語版 Touch Cover と 日本語版 Type Coverの付け替え »

Internet Explorer」カテゴリの記事

MS Office」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51036/58664032

この記事へのトラックバック一覧です: IE の Web 上で右クリックして「OneNote に送る」を表示させる(OneNote 2013編):

« iPhoneで撮った写真がSkyDriveへ自動的にアップロードできる | トップページ | Surface2 で英語版 Touch Cover と 日本語版 Type Coverの付け替え »

Translator


2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ