« ヒーロー島 秋の収穫祭 2013より | トップページ | Windows 8.1の配信開始 »

2013年10月16日

Windows 8.1 キオスクモードをスレートPCで使ってみた

2013年10月12日に開催された「ヒーロー島 秋の収穫祭 2013」で「Windows 8.1開発入門-新しいストアアプリ環境について-」のセッションをなさったCoelacanthさんより「キヨスクモード」というのを習いました。

参考:Windows 8.1のキヨスクモードを試してみる | 眠るシーラカンスと水底のプログラマー

キヨスクモードとは、業務や店頭などで、パソコンを使ってもらう際、管理人が指定したアプリしか使えないようにするというものです。正式には、「アサインド アクセス モード」(Assigned Access Mode)というそうです。利用できるのは、Windows 8.1 Pro と Windows 8.1 Enterprise、そして、Windows RT 8.1で、無印の Windows 8.1ではできません。

設定方法は次のようにします。

  1. 管理者アカウントでWindowsにサインインして、専用のアカウントを作成します。そのアカウントサインインして、アプリをインストールしておきます。
  2. 管理者アカウントの「設定」チャームから「PC設定の変更」-「アカウント」-「その他のアカウント」と進み、「割り当てられたアクセスを使うアカウントをセットアップする」をクリック/タップ。
    「PC設定の変更」-「アカウント」-「その他のアカウント」
  3. 「割り当てられたアクセス」で「アカウントを選ぶ」の「+」をクリック/タップして任意のアカウントを選択。
    割り当てられたアクセスで「アカウントを選ぶ」
  4. 「このアカウントがアクセスできるアプリを選ぶ」の「+」をクリック/タップして任意のアプリを選択。
    割り当てられたアクセスで「アプリを選ぶ」
  5. 以上でセットアップ完了です。
    アプリ選択完了

以降は、指定したアカウントにサインインすると、設定したアプリしか起動しません。スタート画面やデスクトップはもちろん、チャームも開きません。設定したアプリのみが使える情報端末機(キヨスク端末)になります。

さて、スタート画面やチャームが開きませんので、サインアウトする際は、ちょっとコツが必要になります。セットアップページにあるように、Windows ロゴ キーをすばやく5回押します。では、キーボードのないスレートPCの場合は、どうするのでしょう?これも一緒でした。スレートPCの枠のところにある「Windows」ボタンを5回連続で叩きます。これで、サインアウトできました。

Windows 8では、画面の端(エッジ)に板のようなものをあてて、ストアアプリを終了できなくするような方法が取られていたわけですが、Windows 8.1ではそのまま展示できそうですね。

« ヒーロー島 秋の収穫祭 2013より | トップページ | Windows 8.1の配信開始 »

Windows 8.1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51036/58397230

この記事へのトラックバック一覧です: Windows 8.1 キオスクモードをスレートPCで使ってみた:

« ヒーロー島 秋の収穫祭 2013より | トップページ | Windows 8.1の配信開始 »

Translator


2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ