« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月31日

Office Word 2013でPDFファイルの編集をしてみた

Word 2013では、PDFファイルの編集も可能になりました。

Word 2007からWordのファイルをPDFファイルに変更できるようになっています。Word 2013では「ファイル」-「エクスポート」で「PDF/XPS ドキュメントの作成」ボタンをクリックすると、PDFファイルに変更可能です。
「ファイル」-「エクスポート」で「PDF/XPS ドキュメントの作成」ボタンをクリック

さて、そういう風に作成したり、よそ様からいただいたPDFファイルを Word 2013では、編集することも可能です。

では、こんなPDFファイルをWord 2013で開いてみましょう。(Windows 8.1 「リーダー」アプリ使用)
Windows 8.1 「リーダー」アプリ使用
参考:Windows 8 基本アプリ Reader の使い方

  1. PDFファイルを Word 2013で開きます。
    PDFファイルをそのままダブルクリックしてしまうと、PDFファイルに関連付けたアプリケーションで開いてしまいます。Wordを起動してから「ファイル」-「開く」を使って開くか、エクスプローラーでPDFファイルを右クリックして、「プログラムから開く」-「Word(デスクトップ)」を選択してもいいでしょう。
    PDFファイルで右クリック
  2. メッセージが開きます。
    PDFから編集可能なWord文書に変換します。この処理には、しばらく時間がかかる場合があります。変換すると、Word文書はテキストが編集しやすくなるよう最適化されるため、元のPDFとまったく同じ表示にはならない場合があります。特にグラフィックが多く使われている場合に、そうなる可能性が高くなります。
    このメッセージには、「PDFから編集可能なWord文書に変換します。この処理には、しばらく時間がかかる場合があります。変換すると、Word文書はテキストが編集しやすくなるよう最適化されるため、元のPDFとまったく同じ表示にはならない場合があります。特にグラフィックが多く使われている場合に、そうなる可能性が高くなります。」と書いてあります。レイアウトが崩れてしまう場合があるとのことです。
    「OK」ボタンをクリックします。
  3. WordでPDFファイルが開きました。
    image

確かに、レイアウトがちょっと崩れます。上記ページは、画像を2枚とテキストボックスを挿入してテキストを書き込んでいます。しかし、画像は、1枚の扱いに変換されていました。
挿入してある画像部分を選択してみた

テキストの部分は、テキストボックスではなく、インデントを使って挿入されていました。
テキストはインデントで挿入

そういうことで、元データと違う改行になってしまったようです。

テキストを横書きにして、紹介しましたが、縦書きの場合は、こんな具合になりました。
PDFのテキストが縦書きの場合
どうなっているのだろう?と思ったら、一文字一文字、テキストボックスに入れて、配置してありました。

簡単なPDF編集ということで、ご利用ください。

参考:文書を PDF に変換する -Word 2013:Word - Office.com

2013年10月30日

Windows 8.1のデスクトップ「Secure Bootが正しく構成されていません」を削除する

Windows 8.1 のデスクトップに「Secure Bootが正しく構成されていません」が表示されたの続き。

Microsoft よりデスクトップ画面の右下に表示される「Secure Bootが正しく構成されていません」を削除する更新プログラムが公開されました。

デスクトップ画面右下「Secure Bootが正しく構成されていません」

更新プログラム Windows 8.1 および R2 の Windows Server 2012 で「Windows 8.1 の SecureBoot がいない正しく構成されている」透かしを削除します。

ダウンロードする際には、コントロールパネルの「システム」で「x86」なのか「x64」なのかよくシステムの種類を確認して、システムにあったものをご利用ください。
image

「システムの種類」が32ビットの場合は x86 ベース

2013年11月1日 追記:
実際に更新プログラムを使ってみたNasuさんからの報告
Windows 8.1 「Secure Bootが正しく構成されていません」の透かしを削除するKB2902864を使ってみた

2013年10月28日

Windows 8.1で「ディスプレイ ドライバーの応答停止と回復」と出る

我が家のHP ENVY x2 11-g005TUを Windows 8 から Windows 8.1にアップデートしました。

さて、最近、ちょっと妙なのです。まず、スリープからなかなか起きてくれなくなりました。

そして、やっと起動するとデスクトップの通知領域に「ディスプレイ ドライバーの応答停止と回復」というメッセージが表示されます。
「ディスプレイ ドライバーの応答停止と回復」のポップアップ

このメッセージは、一瞬しか表示されないので、すばやくキャプチャーに撮って確認してみたところ「ディスプレイ ドライバー Intel Graphics Accelerator Drivers for Windows 8(R)が応答を停止しましたが、正常に回復しました。」と書いてありました。

また、画面のテキスト部分が表示されないという現象も起こります。下記画像は、PC設定の「パーソナル設定」です。PC設定のテキスト部分が塗りつぶされた

これは、私がテキスト部分をわざと塗りつぶしたわけではありません。マウスポインターでなでると表示される場合もありますし、もっとひどい表示になってしまい、パソコンを再起動して回避することもあります。

私は、このHP ENVY をマルチディスプレイにして使っています。その関係でしょうか?と思い、シングルディスプレイにしても見たのですが、改善されません。

HP ENVY x2 11-g005TU のシステム
プロセッサ:Intel® Atom™ CPU Z2760 @ 1.80GHz  1.80GHz
実装メモリ(RAM):2.00GB
システムの種類:32 ビット オペレーティング システム、 x86 ベース プロセッサ
ペンとタッチ:5タッチ ポイントでの Windows タッチのフルサポート

いろいろ確認してみたところ、HP Support Forumsで見つけました。

HP Envy x2 - Wake from sleep delay (Driver Display Stopped W... - HP Support Forum – 3034893

どうやら、HPのディスプレイ ドライバーに問題があるようです。この件に関しては、何かわかりましたら、またお知らせします。

Windows 8.1で「言語」を追加して利用する

Windows 8では、どのエディションでも外国語の言語パックが使えます。これを利用すれば、日本語版のWindows 8 を英語表示や韓国語表示にできるという機能です。Windows 8で「言語」を追加する方法は、Windows 8で言語パックを使いたいのだが で紹介しました。

さて、Windows 8.1になりまして、コントロールパネルの「言語」だけではなく、PC設定でもこの作業ができるようになりました。「PC設定」を使う場合は、次のように作業します。試しに、英語と韓国語を追加インストールしてみました。

  1. 「設定」チャームの「時刻と言語」-「地域と言語」を開き、「言語を追加する」をクリック/タップします。
    「設定」チャームの「時刻と言語」-「地域と言語」
  2. 「言語を追加する」が表示されます。「English(英語)」を選択します。
    「言語を追加する」
  3. 「English」には、いろいろあります。「United State 英語(米国)」を選択。
    言語パックの English
  4. 「言語パックをインストールしました」と表示されたら、完了です。
    English の言語パックが追加された
    ※「英語(米国)」は、ほとんど時間がかからずに作業が完了してしまいました。
  5. 韓国語の場合は、「言語パックを使用できます」と表示されました。「オプション」をクリック/タップ。
    韓国語を追加 「言語パックを使用できます」
  6. 「言語パックのダウンロード」で「ダウンロード」ボタンを押します。
    韓国語の言語オプション「言語パックのダウンロード」
  7. ダウンロードとインストールが始まりますので、しばらく待ちます。
    言語パックのインストール中
  8. 「言語パックをインストールしました」と表示されたら、完了です。
    言語パックをインストールしました

表示言語を切り替えたい場合は、「言語」選択すると表示されるメニューで「主に使用する言語に設定する」ボタンをクリック/タップします。
言語を選択すると表示されるメニュー
「次回のサインイン以降に表示言語となります」と表示されます。

English で「次回のサインイン以降に表示言語となります」と表示された

いったん、サインアウトします。

Win+Xキーで表示される「クイックリンク」メニューでの「サインアウト」

サインインすると、Windows 8.1が指定した言語で起動します。
英語表記のWindows 8.1起動

2013年10月25日

Windows 8.1 IE11 のBing バーで

Windows 8.1を使っています。デスクトップ版のInternet Explorer でBingバーを使っています。使おうと思うのですが、「ブラウザを起動し直してください」というメッセージが出ます。しかし、IEを再起動しても直りません。どうなっているのでしょう?

Windows 8.1のInternet Explorer 11で確認してみたところ、「ニュース」や「Facebook」、「Skype」、そして「Bingバーの設定を変更」でもこんなメッセージが出ました。
bingバーからのメッセージ「申し訳ありません アプリケーションの動作が正常ではないようです。ブラウザを起動し直してください。

これには、「申し訳ありません アプリケーションの動作が正常ではないようです。ブラウザを起動し直してください。」と書いてあります。しかし、Internet Explorer を再起動させても直りません。

Bing Toolbar ダウンロードページから「必要条件」を確認すると、次のようになっていました。

Windows 7 以降、Windows Vista、Windows XP Service Pack (SP) 3

Internet Explorer 7 以降

日本語版の Bing バーを入れていたので、いったんアンインストールして、試しに米国版の Bing bar を入れてみました。すると、ちゃんと使えます。
米国版 Bing バーで「Bing bar settings」をクリック

どうも、日本語版の Bing バーが Windows 8.1やInternet Explorer 11に対応していないからのように思えます。Bing 関連のフィードバックは、フィードバックの送信で可能です。フィードバックしておきましょう。

2013年10月25日 14:50 追記:
あれから、日本語版を再インストールしたら、現象が改善されました。バージョンは「7.3.1140」です。どうやら、古いバージョンだと未対応なようです。
image

2013年10月24日

日経パソコンのスキルアップ講座で「すぐに使えるWindows 8.1」連載中

パソコン総合情報誌日経パソコンのスキルアップ講座で「すぐに使えるWindows 8.1」の連載が始まっています。

ただ、日経パソコンは、一般書店で手に入りません。「ぜひ、読んでみたい!」と思われる方は、年間購読の申し込みをしてください。

なお、スキルアップ講座は、1ページだけですが、Web上で立ち読み可能です。最新号のページから入って、「ちょっと立ち読み」をクリックしてみてください。PDFファイルで閲覧できるようになっています。最新号を見損ねた場合は、バックナンバーで閲覧できます。

10/14号から6回シリーズです。どうぞ、よろしくお願いいたします。

Windows 8.1にしたら通知領域の SkyDrive アイコンがない!

Windows 8 で Windows 用 SkyDrive デスクトップ アプリを使っていました。この度、Windows 8 からWindows 8.1 にアップグレードしました。そうしたところ、通知領域にあったSkyDrive アイコンがなくなりました。しかし、Windows 8.1で SkyDrive を利用しているようです。現在のパソコンで SkyDrive のフォルダーの同期設定をしたいのです。どこを調べても「通知領域のアイコンを右クリックする」という説明しか見つかりません。Windows 8.1では、どうするといいのでしょう?

従来の Windows で Windows 用 SkyDrive デスクトップ アプリ使っていた場合、通知領域に「SkyDrive」のアイコンが表示されていました。これを使って、Windows 用 SkyDrive デスクトップ アプリの設定変更が可能でした。
従来のWindows 用 SkyDrive デスクトップ アプリの場合

Windows 8.1になりまして、Windows 用 SkyDrive デスクトップ アプリは、Windows のシステムに組み込まれました。これにより、従来の Windows にあった通知領域のアイコンはなくなりました。
Windows 8.1の通知領域にあるインジケーター

「SkyDriveのフォルダーの同期設定」がしたいとのことですが、Windows 8.1ではそういう設定がなくなりました。Windows 8.1 Preview SkyDrive FAQよりでも少し説明しましたが、Windows 8.1では、SkyDrive 上のすべてのフォルダーやファイルが閲覧可能です。Windows 用 SkyDrive デスクトップ アプリでできた一部のフォルダーを非同期にするということはできないようです。

SkyDrive の同期するフォルダーを選択する代わりに、「オンラインのみ」と「オフラインでも利用可能」と設定できます。SkyDrive 上のフォルダーや各ファイルがどういう設定になっているかは、エクスプローラーの「表示」タブで「レイアウト」を「詳細」にするとわかります。「名前」や「更新日時」と共に「利用可能性」が表示されるでしょう。
image

「オンラインのみ」に設定されていると、PC の領域を節約できるとのことでした。

エクスプローラーで「オンラインのみ」と「オフラインでも利用可能」の設定変更は、右クリックするとできます。「オンラインのみ」になっている場合は、コンテキストメニューに「オフラインで使用する」と表示されます。
image

「オフラインで利用可能」で右クリックすると、「オンラインでのみ使用する」と表示されます。
image

また、ストアアプリの「SkyDrive」では、任意のフォルダーやファイルを右クリックや下向きにスワイプすることで表示されるアプリバーで変更可能です。
ストアアプリ「SkyDrive」のアプリバー

なお、お使いの PC の容量に問題がない場合は、SkyDrive 全体をオフラインで利用することも可能です。

  • 「エクスプローラー」のナビゲーションバーで「SkyDrive」を右クリックして、「オフラインで使用する」を選択します。
    「エクスプローラー」のナビゲーションバーで「SkyDrive」を右クリック
  • 「SkyDrive」アプリの「設定」チャームから「オプション」を開いて「すべてのファイルにオフラインでアクセス」を「オフ」から「オン」に切り替えます。
    「SkyDrive」アプリの「オプション」

参考:skydrive FAQ - Microsoft Windows ヘルプ

2014年3月20日 追記:
再び通知領域に SkyDrive アイコンが表示されるようになりました。Windows 8.1の通知領域にSkyDriveのアイコンが! でどうぞ。

2013年10月23日

Windows RT から Windows RT 8.1へのアップデート再開

2013年10月23日、Windows RT から Windows RT 8.1へのアップデートが再開したとのことです。

参考:Windows RT 8.1 へのアップデートは、Windows ストア - マイクロソフト コミュニティ

RT 8.1 へのアップデートの際にファームウェアのアップデートに失敗することがあるので、配信を停止していたようです。

なお、参考ページには、Surface RT で Windows を起動できなくなり、エラーが画面が表示された場合の対処方法も紹介されています。

2013年10月21日

Windows 8.1にしたら OneNote の画面キャプチャショートカットキーは?

今まで Windows 8でOneNote 2013を使っていました。それまでは、OneNoteでの、画面キャプチャーを Win+Sキーで行っていました。この度、Windows 8.1にアップデートしました。そうしたところ、Win+Sキーを押すと、「検索」チャームが表示されるようになってしまいました。
どうしたら、Windows 8.1でも OneNote の画面キャプチャーショートカットキーが使えるようになるのでしょうか?

Windows 8.1では、OneNoteのショートカットキーがバッティングしてしまいました。Win+Sキーを押すと、次のような「検索」チャームが表示されます。

Windows 8.1でWin+Sキーを押すと「検索」チャームが表示される

ちょっと前までは、私も困っていました。しかし、最新の更新プログラムが入ってからか、Win+Shift+S キーで、再び、OneNoteへの画面キャプチャーが行えるようになりました。

Keyboard shortcuts in OneNote 2013 - OneNote - Office.com より

Insert a screen clipping.
Note   The OneNote icon must be active in the notification area, at the far right of the Windows taskbar.

Windows logo key+S (If you’re using OneNote 2013 with the latest updates, press Windows logo key+SHIFT+S)

OneNote Blog - Save time with desktop shortcuts in OneNote より

Note: In Windows 8.1, the shortcut key is Windows + Shift + S. If you've installed the 8.1 preview, be sure to check out the workaround for what to do.

Windows Update でOffice 2013関連の最新の更新プログラムをインストール後、Win+Shift+S キーを押して確認してみてください。

2013年10月20日

Surface RT 8.1 でFnキーのショートカットキーが利用可能

無事アップデートが成功した我が家の Surface RT 8.1(32GB 日本語版 Type Cover使用)。

Windows Update もいろいろ入ってきています。再起動を促されたので、PCを再起動してみました。

Surface RT 8.1 に入った更新プログラム

よく見ると「システム ハードウェアの更新 – 2013/10/14」があります。そういえば、2013年7月24日で使えなかった Fnキーを利用したショートカットキーはどうなったでしょう?

Surface RT で Fn キーを利用したショートカットが使えない

確認してみましたら、ちゃんと使えるようになっていました。Fnキーと組み合わせて使えるショートカットキーは下記の通りです。

Fn + Caps 数字キーの上を「音量」や「チャーム」などから F1 ~ F12 のファンクション キーに変更できる。再度押すと戻る。
Fn + スペース Print Screen
Alt + Fn + スペース 選択中のウィンドウだけをキャプチャする。従来の Alt+Print Screen
Win + Fn + スペース 全画面キャプチャーして「ピクチャー」ライブラリの「スクリーンショット」フォルダーに自動保存。Win8 のWin+PrintScreen
Fn + Del モニターの輝度をあげる
Fn + BackSpace モニターの輝度を下げる
Fn + 左矢印 Home
Fn + 右矢印 End
Fn + 上矢印 Page Up
Fn + 下矢印 Page Down

そこで、デバイスマネージャーで「Surface Type Cover Firmwareのプロパティ」の「ドライバ」タブを確認してみました。

デバイスマネージャーの「Surface Type Cover Firmwareのプロパティ」の「ドライバ」タブ

日付も「2013/09/05」、バージョンも「2.7.26266.0」と、より新しいものになっていました。

私は、Alt+F4での終了や PrintScreen キーをよく使うのでかなり便利になりましたよ。

Windows RTがWindows RT 8.1へアップデートできない!

Windows RT を使っています。「ストア」アプリを開くと、アップデートできるとのことですが、見つかりません。どうなっているのでしょう?

2013年10月20日現在、Windows RT から Windows RT 8.1へのアップデートした際に、問題が発生する場合があるとのことです。そのため、一時的にWindows RT 8.1へのアップデートの提供を中止しているとのことです。

2013年10月20日現在、Windows RTからWindows RT 8.1へアップデートはできません。

参考:Windows RT 8.1 へのアップデートは、Windows ストア - マイクロソフト コミュニティ

この件に関しては、また何かわかり次第、お知らせしたいと思います。

その他、Windows 8 / Windows 8.1 よくあるお問合せ:TechNet Blogsもどうぞ。

2013年10月23日:追記
Windows RTからWindows RT 8.1へのアップデートが再開されました。詳しくは、Windows RT から Windows RT 8.1へのアップデート再開でご確認ください。

2013年10月17日

Windows 8.1の配信開始

2013年10月17日 20時(日本時間)、Windows 8.1の配信が始まりました。

Windows 8 や Windows RTで「ストア」アプリを開くと「無料でWindows 8.1に更新」と表示されると思います。
「ストア」アプリを開くと「無料でWindows 8.1に更新」と表示された

見当たらない場合は、ストアで更新プログラムが見つからない理由 - Microsoft Windowsを参考にしてみてください。

システム要件

  • Processor: 1 GHz 以上
    64 ビット PC に 64 ビット版 OS をインストールする場合、プロセッサが CMPXCHG16b、PrefetchW、LAHF/SAHF をサポートしている必要があります
  • メモリ: 1 GB (32 ビットの場合) または 2 GB (64 ビットの場合)
  • ハード ドライブ空き領域: 16 GB (32 ビットの場合) または 20 GB (64 ビットの場合)
    空き容量が足りない場合は、PC ドライブの空き容量を増やすヒント - Microsoft Windows ヘルプを参考にしてみてください。
  • グラフィックス カード:MicrosoftDirectX 9 グラフィックス デバイスおよび WDDM ドライバー

参考:
Windows 8.1 へのアップグレード - Microsoft Windows
Windows 8 のシステム要件 - Microsoft Windows

注意:
言語パックを追加インストールしてある場合は、いったんすべてアンインストールしてから、アップグレード作業に進んでください。
2013年12月13日 追記:Google IME をインストールしてある場合も、いったんアンインストールしてから作業に進んでください。

Surface RTでどんな風に進むのかを確認してみました。紹介いたします。

  1. 「ストア」アプリの「Windows のアップデート」をクリック/タップ。
  2. 「Windows RT 8.1」の「ダウンロード」ボタンをクリック/タップ。
    「Windows RT 8.1」ダウンロードページ
  3. ダウンロードが始まりますので、しばらく待ちます。
    Windows RT 8.1 ダウンロード中
  4. ダウンロードが完了して、準備が整うと、再起動するよう促されます。作業中のアプリがある場合は、保存して終了させます。「今すぐ再起動」ボタンをクリック/タップ。
    「PCの再起動が必要です」のメッセージ
  5. Surafece のロゴマークが表示され、何度か再起動を繰り返します。
    Surafece のロゴマークが出て設定開始
  6. 設定が完了すると、「ライセンス条項」が表示されます。
    ライセンス条項
  7. 設定・サインインと進んで、「SkyDrive」の説明画面が出たら、そろそろ完了。
    SkyDriveの説明

無事、Surface RT 8.1 になりました。
Surface RT 8.1の「システム」

20時過ぎに開始して、完了したのが、21時50分ごろでした 私のSurface RTは、32GBのタイプ。ハードディスクの空き容量が、12GBほどしかなく、ちょっと心配したのですが、何とかなりました。

なお、Windows 8.1 Preview をお使いで、Windows 8.1 にしたい場合は、下記ページを参考にしてみてください。

Windows 8.1 Preview から Windows 8.1 に更新する - Microsoft Windows ヘルプ

Update from Windows 8.1 Preview to Windows 8.1 - Microsoft Windows Help

Windows RT 8.1 PreviewでRT 8.1 RTMがストアに表示されずに困った時の対処法 - はつねの日記

2013年10月16日

Windows 8.1 キオスクモードをスレートPCで使ってみた

2013年10月12日に開催された「ヒーロー島 秋の収穫祭 2013」で「Windows 8.1開発入門-新しいストアアプリ環境について-」のセッションをなさったCoelacanthさんより「キヨスクモード」というのを習いました。

参考:Windows 8.1のキヨスクモードを試してみる | 眠るシーラカンスと水底のプログラマー

キヨスクモードとは、業務や店頭などで、パソコンを使ってもらう際、管理人が指定したアプリしか使えないようにするというものです。正式には、「アサインド アクセス モード」(Assigned Access Mode)というそうです。利用できるのは、Windows 8.1 Pro と Windows 8.1 Enterprise、そして、Windows RT 8.1で、無印の Windows 8.1ではできません。

設定方法は次のようにします。

  1. 管理者アカウントでWindowsにサインインして、専用のアカウントを作成します。そのアカウントサインインして、アプリをインストールしておきます。
  2. 管理者アカウントの「設定」チャームから「PC設定の変更」-「アカウント」-「その他のアカウント」と進み、「割り当てられたアクセスを使うアカウントをセットアップする」をクリック/タップ。
    「PC設定の変更」-「アカウント」-「その他のアカウント」
  3. 「割り当てられたアクセス」で「アカウントを選ぶ」の「+」をクリック/タップして任意のアカウントを選択。
    割り当てられたアクセスで「アカウントを選ぶ」
  4. 「このアカウントがアクセスできるアプリを選ぶ」の「+」をクリック/タップして任意のアプリを選択。
    割り当てられたアクセスで「アプリを選ぶ」
  5. 以上でセットアップ完了です。
    アプリ選択完了

以降は、指定したアカウントにサインインすると、設定したアプリしか起動しません。スタート画面やデスクトップはもちろん、チャームも開きません。設定したアプリのみが使える情報端末機(キヨスク端末)になります。

さて、スタート画面やチャームが開きませんので、サインアウトする際は、ちょっとコツが必要になります。セットアップページにあるように、Windows ロゴ キーをすばやく5回押します。では、キーボードのないスレートPCの場合は、どうするのでしょう?これも一緒でした。スレートPCの枠のところにある「Windows」ボタンを5回連続で叩きます。これで、サインアウトできました。

Windows 8では、画面の端(エッジ)に板のようなものをあてて、ストアアプリを終了できなくするような方法が取られていたわけですが、Windows 8.1ではそのまま展示できそうですね。

2013年10月14日

ヒーロー島 秋の収穫祭 2013より

2013年10月12日(土)、ヒーロー島 秋の収穫祭 2013が開催されました。その様子を写真で紹介します。

日時:
2013年10月12日(土) 10:00 – 18:30 (09:30 開場)

場所:
日本マイクロソフト株式会社 中四国支店 セミナールーム
日本マイクロソフト株式会社 中四国支店 セミナールーム

参加申し込みサイト:
.NET 勉強会 / ヒーロー島 - [10/12(土)] ヒーロー島 秋の収穫祭 2013

当日のプログラム:

  1. 「Dynamics CRM Online と Windows Azure を連携して Web サイトを構築する」
    ヒーロー島:MVP for Office System: 上本 亮介さん
    ヒーロー島:MVP for Office System: 上本 亮介さん
  2. 「Windows Azure で仮想マシンを使ってみる」
    ヒーロー島: MVP for Virtualization: 松浦 正樹
    ヒーロー島: MVP for Virtualization: 松浦 正樹
  3. スペシャルセッション
    日本マイクロソフト株式会社: 長坂 一則さん 
    日本マイクロソフト株式会社: 長坂 一則さん 
  4. 「私がWindows 8.1を勧める理由~Windows 8.1のいいところを存分に紹介!」
    MVP for Windows Expert-Consumer: さくしま たかえ
    MVP for Windows Expert-Consumer: さくしま たかえ
  5. 「ADO.NETとORMとMicro-ORM -dapper dot netを使ってみた-」
    OITEC:MVP for ASP.NET: きよくら ならみ さん 
    OITEC:MVP for ASP.NET: きよくら ならみ さん
  6. 「Windows 8.1開発入門ー新しいストアアプリ環境についてー」
    Windows Phone ハンズオン in 広島:MVP for Client Development: coelacanth
    Windows Phone ハンズオン in 広島:MVP for Client Development: coelacanth
  7. 特別のセッション
    「Microsoft MVPについて」
    日本マイクロソフトの北端 智さん
    日本マイクロソフトの北端 智さん
  8. ハッピーアワー ピザ パーティー
    ハッピーアワー ピザ パーティー

今回、すごく気になったのが、登壇されたスピーカーさんで3名も使っていた黒い大きな指輪。
IMG_0455IMG_0464IMG_0475

「黒曜石」というコクヨのプレゼンツールだそうです。
フィンガープレゼンター│コクヨS&T

今回、初めて北陸から他のコミュニティの勉強会に参加してみました。皆さん、熱心ですよね。すごく温かく迎えてくださいまして、とてもうれしかったです。またぜひ呼んでくださいね。

関係ブログ:

10月12日のヒーロー島 秋の収穫祭2013のスライドを公開します | 眠るシーラカンスと水底のプログラマー

ORMとかdapper dot netについてお話させていただきました - 三日坊主と呼ばせない!日記

2013年10月 9日

Windows 8.1 「ストア」アプリでの「更新プログラム」のインストールについて

私のSurfaceRTの「ストア」に、いくつかストアアプリの更新プログラムが配信されてきました。「ストア」アプリのタイルに数字が表示されるのでわかります。ところが、同じストアアプリをインストールしてあるWindows8.1だと「ストア」アプリのタイルに何の表示も出てきません。時間差があるのかな?と思い、しばらく待っていたのですが、まったく表示されません。

そこで、Windows 8.1の「ストア」アプリの「設定」チャームで「アプリの更新」-「更新プログラムを確認する」をしてみました。すると、「更新プログラム」が表示されました。そのまま、インストールせずに放っておきました。ところが、配信された更新プログラムが一覧から徐々に消えていきます。「あれ?私ったら、インストール作業したかしら?」いろいろ心配してしまいましたが、どうやら、Windows 8.1の「ストア」アプリが勝手にインストールしている模様。

Windows8.1の「ストア」アプリは、更新プログラムの配信方法に何か変更があったのでしょうか?

Windows 8.1の「ストア」アプリからは「自動更新」がデフォルトになりました。「ストア」アプリの「設定」チャーム「アプリの更新」を開きます。「アプリを自動的に更新する」が「はい」になっています。

Windows 8.1「ストア」の「アプリ更新」

Windows 8では、この部分、「アプリに会った更新プログラムを自動的にダウンロードする」になっていました。
Windows 8/RT「ストア」の「アプリ更新」
つまり、Windows 8/RTでは、ダウンロードまでは自動にしてくれますがインストールはユーザーが作業しないといけませんでした。

このインストール作業も Windows 8.1では、なくなりました。ユーザーは、更新プログラムが配信されても手動で更新作業をしなくてもいい設定になっています。

従来通り、手動でインストール作業をしたい場合は、「ストア」アプリの「設定」チャーム「アプリの更新」で「アプリを自動的に更新する」を「いいえ」にします。これで、何らかの未インストールの更新プログラムが見つかると「ストア」アプリに数字が表示されました。 
「ストア」アプリのタイルに数字が表示

「ストア」アプリを開くと右上に、「更新プログラム」と表示されていますので、クリック/タップします。これで、手動での「更新プログラム」のインストール作業ができました。
「ストア」アプリの右上に「更新プログラム」と表示されている

2013年10月 8日

Windows ストアアプリの「Lync」がアップデート

Windows 8/8.1/RTの「Lync」アプリ。これは、2013年6月6日にSurface RT の Lync アプリで Lync にサインインしてみたで紹介しました。

再度確認してみたところ、Lync アカウントがなくても「Lync」アプリで会議に参加できるようになっていました。

Windows ストア の Windows 用 Lync アプリ

ダウンロードページの「説明」には、「このアプリを使用するには、Lync アカウントが必要です」とあります。しかし、「詳細」-「注意」には、「- Lync アカウントがなくても会議に参加できます」とありました。

まず、Lync 2013での会議画面は、こんな感じです。PowerPointのファイルを共有して、スライドを表示させました。
Lync 2013の会議画面
また、マイクも有効にして、音声も流しています。

これに、「Lync」アプリから次のようにして会議に参加します。なお、「メール」アプリで会議参加URLをクリック/タップしてみたのですが、妙に長い URLになってしまってうまく参加できませんでした。

  1. 「Lync」アプリを起動します。
  2. 「会議に参加する ゲストの場合」をクリック/タップします。
    「Lync」アプリサインイン画面
  3. 「名前」欄に参加者名、「会議リンク」にLync 会議参加 URLを入力します。「参加」ボタンをクリック/タップします。
    「会議に参加する ゲストの場合」サインイン画面
    ※「Lync が次の接続先に接続しようとしています」メッセージが表示された場合は。「はい」をクリック/タップします。
  4. 音声会議に参加できました。主催者がコンテンツを共有している場合は、上部にある「会議コンテンツを承諾します」が表示されていることでしょう。「承諾」をクリック/タップします。
    音声会議に参加
  5. しばらくすると、主催者が共有しているPowerPointのスライドが表示されました。
    共有されているPowerPointのスライドも閲覧できる

デスクトップ画面の共有もできました。Lync アプリから、主催者のパソコンの操作をしてもらおうと思い、画面の制御を渡してみましたが「できない」と表示されてしまいました。「Lync」アプリからのサポートは、音声で誘導ですね。

それと、一度会議を抜けて、「Lync」アプリを閉じます。再度、すぐに参加しようとするとうまく行きませんでした。その場合は、デスクトップでタスクマネージャーを起動して(Ctrl+Shift+Esc キー)、「Lync」アプリを選択、「タスクを終了」する必要があります。

Lync 2013 for iPhone がアップデート

2013年10月7日に Lync 2013 for iPhone がアップデートされ、バージョンが5.2になりました。

iTunes App Store で見つかる iPhone、iPad、iPod touch 対応 Lync 2013 for iPhone

詳細を確認したところ、下記のように修正されたのことです。

- Lync アカウントがなくても、会議に参加可能
- 会議の参加者の詳細情報を表示
- 証明書およびパッシブ認証のサポート
- 簡単にグループで会話を開始可能
- Microsoft カスタマー エクスペリエンス向上プログラムのサポート

Lync アカウントがなくても、会議に参加できる!?どこまでできるのでしょう?

実際に確かめてみました。

まず、パソコンでのLync会議画面は、こんな感じです。PowerPointのファイルを共有して、スライドを表示させました。
パソコンでの Lync 2013会議画面
また、マイクも有効にして、音声も流しています。

このLync会議に、Lync 2013 for iPhone をインストールしたiPhoneで参加してみましょう。参加方法はこんな具合です。

  1. Lync 会議の招待メールをiPhone宛に送ります。
  2. iPhoneへ送られてきた招待メールの URL をタップします。
  3. ブラウザのSafariが起動後、Lync 2013が起動して、サインイン画面が開きます。「ゲストとしてサインイン」をタップします。
    iPhoneのLync 2013 サインイン画面
  4. 「名前を入力してください」欄に参加者名を入力して「会議に参加」をタップ。
    「匿名で参加」画面
    ※「オプション」を開いて、データー通信の方法を確認しておくといいでしょう。
    Lync 2013 オプション

さて、iPhoneでの会議画面は、こんな感じです。
Lync 2013 for iPhone で会議に参加中

音声は聞こえます。お互いビデオカメラを有効にしてみたところ、双方ともカメラも映りました。テキストチャットもできます。

しかし、PowerPointのスライドは表示できませんでした。

そこで、iPhoneから Lync アカウントでサインインして会議に参加してみました。会議参加画面は、似たような感じです。やはり、音声やビデオは使えますがスライドは表示されません。ただし、パソコンには、「新しい人が参加しましたが、その人は、発表している内容も共有している内容も見ることができません」と表示されました。
Lync アカウントでサインインしてiPhoneから参加すると「新しい人が参加しましたが、その人は、発表している内容も共有している内容も見ることができません」と表示された

Lync 2013 for iPhone では、テレビ電話会議までですね。ちょっと残念。でも、音声だけでもいいから会議へ参加したい!という場合に便利そうです。なお、イヤフォンの利用をお忘れなく。

2013年10月 7日

Windows 8.1の便利なショートカットキー

Windows 8 のショートカットキーは、Windows 8の便利なショートカットキー紹介で紹介しました。Windows 8.1になりまして、少々変更があります。Windows 8.1で改めて紹介しましょう。

Win+ C :チャームバーと時計を表示する
チャームバーと時計
 
Win+ I :[設定] チャームを開く 
[設定] チャーム
 
Win+ K :[デバイス] チャームを開く 
[デバイス] チャーム

Win+ H :[共有] チャームを開く
Internet Explorer の「共有」チャーム

Win+ W :設定の[検索] チャームを開く
設定の[検索] チャーム

Win+ F :ファイルの [検索] チャームを開く
ファイルの「検索」チャーム

Win+ Q :「すべての場所」の[検索] チャームを開く
「すべての場所」の[検索] チャーム

Win + Ctrl + Tab:起動中のアプリの一覧を表示。
キーを離してもアプリ履歴は表示されたままとなる。矢印キーで切り替えられる。
起動中のアプリ一覧

Win + Tab :起動中のアプリ一覧でアプリを切り替える。Winキーを離さず、Tabキーを押して切り替える。(逆の切り替えは Win+Shift+Tab)

Win+Ctrl+BackSpace:起動中のアプリを順次切り替える。

Win+ Space :言語または入力方式を切り替える (複数の言語または入力が有効である場合)
言語または入力方式の切り替えの切り替え

Win+ X :「クイックリンク」メニューを開く
「クイックリンク」メニュー

Win+ P:セカンド ディスプレイの表示方法(「デバイス」チャームの「表示」)
表示

Win+ Z :スタート画面や現在のアプリケーションのアプリバーの表示 (アプリケーションで複数定義されている場合) 
スタート画面のアプリバー

Win+ Enter :ナレーターの起動/終了。スレートPCは、Win+VolumeUp。再度、Win+VolumeUpでナレーター終了。
ナレーターの設定

Win+ D :スタート画面からデスクトップ画面の表示。デスクトップ上では、表示されていたウィンドウがすべて最小化される。
デスクトップ

Win+ Shift+左右矢印:マルチ モニター環境で [スタート] 画面を移動させる
マルチモニターでスタート画面が右

マルチモニターでスタート画面が左

Win+ . :一画面に複数のアプリを表示中、アクティブなアプリを移動できる状態にする。移動は、Windowキーを離さずに移動させたい方向の左右矢印キーを押す
「天気」アプリが移動可能な状態

Win+ , :スタート画面やWin8アプリからデスクトップ画面をプレビューする
※Win+ , キーを押した後、「,」キーを離しても、Win キーは離さずに。
デスクトップ画面をプレビュー

Win+PrintScreen :全画面キャプチャーして「ピクチャー」の「スクリーンショット」フォルダーに自動保存。スレートPCの場合は、モニター画面付近にある「Win」ボタン+VolumeDown。
全画面キャプチャーが保存されている「スクリーンショット」フォルダー

スタート画面で Ctrl + Tab :パソコンにインストール済みのアプリ一覧の「アプリビュー」を表示する
アプリビュー

Ctrl+「-」:セマンティックズームでの縮小表示。Ctrl+「+」で戻る。
スタート画面での場合
スタート画面のセマンティックズーム

Alt+Tab:デスクトップ アプリを含めた起動中のアプリすべてを表示。 Altキーを離さずに、Tabキーを押して切り替える。(逆の切り替えは Alt+Shift+Tab)

現在起動中のすべてのアプリ
※Win+Tab キーでは、デスクトップ アプリが複数起動していても1つにまとめられてしまいます。

2013年10月 2日

Windows 8.1の新しいフォント

Windows 8.1の標準フォントに新しいフォントが加わりました。「游ゴシック」と「游明朝」

「游ゴシック」と「游明朝」

それぞれ、標準、太字、細字と用意されています。

游ゴシックの細字、太字、標準

游ゴシック 標準

游明朝の細字、太字、標準

游明朝 標準

「メール」アプリでも、利用できます。英語表記なので、ちょっと戸惑いますが。

「メール」アプリでフォントを指定

ということで、Windows 8.1の標準フォントは、「MSPゴシック」「MS ゴシック」「MS UI Gothic」「MSP明朝」「MS 明朝」「メイリオ」「Meiryo UI」「游ゴシック」と「游明朝」です。

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

Translator


2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ