« Publisher 2013 で作ったラベルを用紙の一部にだけ印刷 | トップページ | Word 2013で縦書きにすると句読点が左下に!(その2) »

2013年5月 8日

Publisher 2013で SkyDrive 上に保存しようとすると!

Publisher 2013でファイルを作成して、それを SkyDrive 上に保存しようとすると、「Windows セキュリティ」が開いて 「ユーザー名」と「パスワード」を求められます。
Publisher 2013でSkyDrive上に保存しようとすると

2013年4月23日に Microsoft アカウントで2段階認証 を紹介しましたが、現在、この Office 2013で使っている Microsoft アカウントで2段階認証を有効にしました。

ここの「パスワード」は通常のMicrosoft アカウントの「パスワード」を入力しても通りません。Web上で「新しいアプリ パスワードの作成」をして、入力する必要があります。なおかつ、「資格情報を記憶する」にチェックを付けて、「OK」を押します。
Windows セキュリティ

これで、しばらくは、「Windows セキュリティ」が開かないはずなのですが・・・

Publisherを再起動すると、また「Windows セキュリティ」が開き 「ユーザー名」と「パスワード」を求められてしまいました。でも、先に「資格情報を記憶する」にチェックを付けてあるからか、そのまま「OK」を押せば保存先が開きます。

試に Microsoft アカウントの2段階認証を無効にしてみました。それでも、やはり、Publisher だけ「Windows セキュリティ」が開きます。

ただ、この保存先もちょっと変なのです。

この Windows 7 には、SkyDrive for Windows をインストールしてあります。Word 2013や Excel 2013、PowerPoint 2013で何か作成して、SkyDrive 上に保存しようとすると、この「Windows セキュリティ」は開きません。私のローカル上の SkyDrive for Windows のフォルダーが開きます。
Word 2013でSkyDrive上に「名前をつけて保存」

よって、WordやExcel、PowerPointは、ローカル上に保存してから、SkyDrive for Windows を介して SkyDrive.com へ保存されるという具合です。

ところが、Publisher 2013は、ローカル上のフォルダーではなく、https://d.docs.live.net/ ではじまるURL先に保存しようとしていることがわかりました。
Publisher 2013でSkyDrive上に「名前をつけて保存」

ここは、SkyDrive のコンテンツが保存されている直リンクのもよう。どうも、Publisher 2013だけ、WordやExcelなどとは、保存に関するシステムが違っているようです。

この件は、また何かわかりましたら、お知らせいたします。

« Publisher 2013 で作ったラベルを用紙の一部にだけ印刷 | トップページ | Word 2013で縦書きにすると句読点が左下に!(その2) »

Microsoftアカウント」カテゴリの記事

MS Office」カテゴリの記事

Windows 7」カテゴリの記事

セキュリティ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51036/57337582

この記事へのトラックバック一覧です: Publisher 2013で SkyDrive 上に保存しようとすると!:

« Publisher 2013 で作ったラベルを用紙の一部にだけ印刷 | トップページ | Word 2013で縦書きにすると句読点が左下に!(その2) »

Translator


2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ