« Windows 8 のリモート アシスタンスを使って誰かに助けてもらう方法 | トップページ | Windows 8/RT の「メール」アプリで既定の送信者を変更したい »

2013年3月30日

Windows 8 のリモート アシスタンスを使ってサポートする

Windows 8 でリモート アシスタンスを起動するには?の続き。Windows 8 のリモート アシスタンスを使って誰かに助けてもらう方法で、パソコンのサポートしてもらう方法を紹介しました。

今回、Windows 8 の Windows リモート アシスタンスを使って誰かを助ける方法を紹介しましょう。こちらでも「簡単接続」で説明します。

フリーズしてしまっているパソコンを「Windows リモート アシスタンス」でサポートして何とかすることはできません。「Windows リモート アシスタンス」は、パソコンの使い方がよくわからないと言った場合にサポートするための方法です。

  1. 「Windows リモート アシスタンス」が起動したら、「招待してくれた人を助けます」を選択します。
    「Windows リモート アシスタンス」起動画面
  2. 「相手のコンピューターへの接続方法を選択します」が表示されますので「簡単接続の使用」を選択。
    「相手のコンピューターへの接続方法を選択します」
    ※過去にWindows リモート アシスタンスに招待した、招待されたことがある場合は、相手が登録済みになっています。招待相手を選択して接続できます。登録されていない相手の場合は、「助けてもらう相手を招待する」を選択すると、「相手のコンピューターへの接続方法を選択します」が表示されます。
  3. 「簡単接続パスワードの入力」画面が表示されますので、相手からもらったパスワードを入力して、「OK」ボタンをクリックします。
    「簡単接続パスワードの入力」
    パスワードは、12文字の英数字です。アルファベットの大文字小文字は無視されますので、小文字で入力しても、構いません。
  4. 相手がコンピューターに接続することを許可すると、相手のパソコンの様子が見えるようになります。
    リモート アシスタンスでサポート中
  5. 操作は、上部のコマンドで行います。
    Windows リモート アシスタンスの上部
    制御の要求:相手がどう操作したらいいのか、わからない場合に使います。「制御の要求」を相手が承諾すると、こちらから相手のパソコンを操作できるようになります。
    実際のサイズ:相手の画面が自分の使っているパソコンの画面内に収まっていない場合は見やすいように
    チャット:チャットを開始できます。
    設定:リモート アシスタンスの設定が変更できる。「このセッションのログを保存する」と「簡単接続を使用するときに連絡先を交換する」の設定。
  6. サポートが終わったら、右上の「×」ボタンで閉じます。

« Windows 8 のリモート アシスタンスを使って誰かに助けてもらう方法 | トップページ | Windows 8/RT の「メール」アプリで既定の送信者を変更したい »

Windows 8」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51036/57068578

この記事へのトラックバック一覧です: Windows 8 のリモート アシスタンスを使ってサポートする:

« Windows 8 のリモート アシスタンスを使って誰かに助けてもらう方法 | トップページ | Windows 8/RT の「メール」アプリで既定の送信者を変更したい »

Translator


2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ