« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月30日

Windows 8 のリモート アシスタンスを使ってサポートする

Windows 8 でリモート アシスタンスを起動するには?の続き。Windows 8 のリモート アシスタンスを使って誰かに助けてもらう方法で、パソコンのサポートしてもらう方法を紹介しました。

今回、Windows 8 の Windows リモート アシスタンスを使って誰かを助ける方法を紹介しましょう。こちらでも「簡単接続」で説明します。

フリーズしてしまっているパソコンを「Windows リモート アシスタンス」でサポートして何とかすることはできません。「Windows リモート アシスタンス」は、パソコンの使い方がよくわからないと言った場合にサポートするための方法です。

  1. 「Windows リモート アシスタンス」が起動したら、「招待してくれた人を助けます」を選択します。
    「Windows リモート アシスタンス」起動画面
  2. 「相手のコンピューターへの接続方法を選択します」が表示されますので「簡単接続の使用」を選択。
    「相手のコンピューターへの接続方法を選択します」
    ※過去にWindows リモート アシスタンスに招待した、招待されたことがある場合は、相手が登録済みになっています。招待相手を選択して接続できます。登録されていない相手の場合は、「助けてもらう相手を招待する」を選択すると、「相手のコンピューターへの接続方法を選択します」が表示されます。
  3. 「簡単接続パスワードの入力」画面が表示されますので、相手からもらったパスワードを入力して、「OK」ボタンをクリックします。
    「簡単接続パスワードの入力」
    パスワードは、12文字の英数字です。アルファベットの大文字小文字は無視されますので、小文字で入力しても、構いません。
  4. 相手がコンピューターに接続することを許可すると、相手のパソコンの様子が見えるようになります。
    リモート アシスタンスでサポート中
  5. 操作は、上部のコマンドで行います。
    Windows リモート アシスタンスの上部
    制御の要求:相手がどう操作したらいいのか、わからない場合に使います。「制御の要求」を相手が承諾すると、こちらから相手のパソコンを操作できるようになります。
    実際のサイズ:相手の画面が自分の使っているパソコンの画面内に収まっていない場合は見やすいように
    チャット:チャットを開始できます。
    設定:リモート アシスタンスの設定が変更できる。「このセッションのログを保存する」と「簡単接続を使用するときに連絡先を交換する」の設定。
  6. サポートが終わったら、右上の「×」ボタンで閉じます。

Windows 8 のリモート アシスタンスを使って誰かに助けてもらう方法

Windows 8 でリモート アシスタンスを起動するには?の続き。

実際に、Windows 8 の Windows リモート アシスタンスで誰かに助けてもらうには、次のように作業します。

うまく招待できない場合は、設定の[検索] チャームで「リモート アシスタンス」と入力すると見つかる「このコンピューターからのリモート アシスタンス招待の送信を許可」を開きます。「システム」の「リモート」タブにある「このコンピューターへのリモート アシスタンス接続を許可する」にチェックが付いているかどうか確認します。

  1. 「Windows リモート アシスタンス」が起動したら、「信頼するヘルパーを招待します」を選択します。
    「Windows リモート アシスタンス」起動画面
  2. 「信頼するヘルパーから支援を受ける」が開きます。「この招待をファイルに保存する」と「電子メールを使用して招待を送信する」、そして「簡単接続を使用する」が選択できます。
    「信頼するヘルパーから支援を受ける」 
    この招待をファイルに保存する:リモート アシスタンスと互換性のないメールソフトやまだメールソフトできていない、Web メールでしかメールのやり取りができない場合
    電子メールを使用して招待を送信する:お使いのパソコンが Windows Live メール か Outlook からメールが送信できる状態になっていて、既定のプログラムに設定してある場合
    簡単接続を使用する:相手もWindows 7 以上(Windows RTを除く。Windows RTの場合は「この招待をファイルに保存する」しか利用できません。)のPCを使っている場合。一緒に相手も、「Windows リモート アシスタンス」を起動してもらう必要があります。

    今回は、「簡単接続を使用する」で説明します。 「電子メールを使用して招待を送信する」方法は、Vista のリモート アシスタンスで助けてもらうには?を参考にしてみてください。
  3. 「簡単接続を使用する」を選択したら、招待が作成できるまで、しばらく待ちます。
  4. 「ヘルパーに簡単接続のパスワードを教える」が開きます。相手に、表示されているパスワードを教えて、「Windows リモート アシスタンス」で入力してもらいます。
    「ヘルパーに簡単接続のパスワードを教える」
    パスワードは、12文字の英数字です。アルファベットの大文字小文字は無視されますので、小文字で入力しても、構いません。やり方は、Windows 8 のリモート アシスタンスを使ってサポートするを参考にしてみてください。
  5. 相手がリモート アシスタンスでパスワードを入力し終えると「○○○が、あなたのコンピューターに接続することを許可しますか?」と表示されますので、相手の名前をよく確認してから、「はい」をクリックします。
    「あなたのコンピューターに接続することを許可しますか?」
  6. 以上であなたのパソコンの画面が、サポートして欲しい相手にも見えるようになりました。
    リモート アシスタンス中

以降は、このリモート アシスタンスを使ってチャットをしながらサポートしてもらいます。操作方法がどうしてもわからない場合は、パソコンの共有をしてもらいましょう。これで、相手のパソコンからあなたのパソコンを自由に操作できるようになります。共有を解除したい場合は、Escキーを押すと解除することができます。 リモート アシスタンスの接続をやめる場合は、リモート アシスタンスの「×」ボタンをクリックします。

なお、一度、簡単接続を使うと、Windows リモート アシスタンスに相手の情報が登録されます。以降は、パスワードを教えることなく同じ相手を招待できます。

Windows 8 でリモート アシスタンスを起動するには?

Windows 8 でリモート アシスタンスを利用するには、どうするといいのでしょう?

リモート アシスタンスとは、パソコンの遠隔操作機能の一つです。トラブルに見舞われた初心者のパソコンを離れた場所にいる上級者が実際にパソコンを操作して、サポートを受ける際に便利な機能です。ただし、むやみやたらと見ず知らずの人にリモート アシスタンスを使って助けてもらうということはしない方が無難です。リモート アシスタンスで招待した相手は、あなたのパソコンのファイルや個人情報にアクセスできるようになります。これは、非常に怖いことです。招待をする相手は、信頼できる人にしましょう。

さて、Windows リモート アシスタンスのやり方は、過去に下記ページで紹介しました。

Vista のリモート アシスタンスで助けてもらうには?

Vista のリモート アシスタンスで助けるには?

Windows Live Messenger のリモート アシスタンス

Windows 7 と XP でリモート アシスタンスを利用するには?

しかし、Windows 8 や Windows RTの「すべてのアプリ」には、「Windows リモート アシスタンス」が見当たりません。また、Windows Live Messenger も2013年4月8日から段階的に廃止されます。Windows Live Messenger からリモート アシスタンスを呼び出すこともできなくなります。どうすると、起動できるのでしょう。

Windows 8 や Windows RTでは、次のようにして「Windows リモート アシスタンス」を呼び出します。

  1. 設定の[検索] チャームを開く。(Win+ W キー)
    設定の[検索] チャーム
  2. 検索欄に「リモート アシスタンス」と入力。検索結果の「招待を送って他のユーザーからのサポートを受けたり相手にサポートを提供する」を選択。
    検索欄に「リモート アシスタンス」と入力 
    ※見つからない場合は、Win+Rキーで「ファイル名を指定して実行」を開き「Msra.exe」と入力して「OK」ボタンを押します。
  3. デスクトップに移動して、「Windows リモート アシスタンス」が起動します。
    image147

これで、Windows 8 や Windows RTでも「Windows リモート アシスタンス」が使えます。

Windows 8 の「Windows リモート アシスタンス」

引き続き、Windows 8 のリモート アシスタンスを使って誰かに助けてもらう方法Windows 8 のリモート アシスタンスを使ってサポートする もどうぞ。

2013年3月29日

Windows Live メールでアカウントのフォルダーが展開できた!

Windows Live メールでアカウントのフォルダーが展開できないの続き。

何とか、フォルダーが展開できるようになりました。Outlook.com にアクセスしてやってみたのは、下記の通り。

  • 「受信トレイ」と同じ階層のフォルダー数を減らす
    メインフォルダーの中にサブフォルダーとして置いてみたり、もう使っていないフォルダーを削除してみたりしました
  • 不要なメッセージの削除
    いくつか、1つのフォルダーで大量にメッセージが保存されているものがありましたので、古いものを削除しました。

これらの作業後に、Windows Live メールで同期を取ってみるのですが、白い三角形は表示されません。Windows Essentials の修復もしてみたのですが、ダメでした。Windows Essentialsの修復は、コントロール パネルの「プログラムと機能」で「Windows Essentials 2012」を選択して、「アンインストールと変更」をクリックするとできます。

そこで、いったん、問題を起こしているアカウントをWindows Live メールから削除しました。「アカウントの削除」は、削除したいアカウントで右クリックすると表示されるメニューで簡単にできます。
アカウントの上で右クリックしたところ

アカウントの削除後、再び、電子メールアカウントを登録。これで、今度は、問題を起こしていたアカウントでフォルダーが展開できるようになりました。

問題を起こしていた「メインアカウント」でフォルダーが展開できるようになった

はぁ、ヤレヤレ。

Windows Live メールでアカウントのフォルダーが展開できない

Windows 7 の Windows Live メール 2012に、私のHotmail アカウントを登録しました。このアカウントは、Outlook.com で複数のフォルダーを作り、メッセージルールも組んであります。

Windows Live メール に登録して同期も済みました。しかし、ふと気がつくと新しく追加したアカウントのフォルダーが展開できないのです。

一般的には、Windows Live メールで画面左側のアカウント名の下に作成したフォルダーが表示されていない場合は、 フォルダーが折りたたまれ、非表示になっている可能性があるものです。アカウント名の上にマウスポインターを持って行くと、 アカウント名の左横に白い三角形が表示されます。この白い三角形をクリックすることで、フォルダーが展開されるわけですが・・・。

参考:ウィンドウズライブメールの消えたフォルダの復元方法。 - マイクロソフト コミュニティ

問題を起こしているアカウントには、その「白い三角形」すら表示されません。
白い三角形が表示されないアカウント
他のアカウントでは、白い三角形が表示されていますし、展開もできます。

フォルダーは表示されないのですが、メールはちゃんと各フォルダーに届いています。右側の「メッセージ一覧」の部分は、ちょっと合成してありますが、問題を起こしているアカウントの「MSアラート」フォルダーに届いているメールです。アカウントを選択すると「受信トレイ」に入ったメールを見ることはできます。そして、未開封のメールは、「クイック分類」の「未開封のメール」で確認できます。しかし、いったん開封してしまうと、Windows Live メールでは、各フォルダーを開くことができないので、「受信トレイ」以外に入ったメールを閲覧することができません。

Outlook.com へサインインすれば、問題ありません。また、Windows 8 の「メール」アプリにも同じアカウントを設定しています。Windows 8 でも、問題ありません。Windows 7 の Windows Live メールだけが問題なのでした。

調べてみましたら、来信メールがビューに出ない - マイクロソフト コミュニティ で「ビューの設定を確認する」方法がありました。これには、「ビューの設定を行われた心当たりがない場合も、念のため、以下の手順で、すべてのメールを表示するように設定してください。」とありますので、ちょっとやってみました。

  1. Windows Live メールを起動します。
  2. 画面上部の [表示] タブから、[新規ビュー] をクリックします。
     [表示] タブ
  3. [すべてのメッセージを表示] をクリックし、[適用] をクリックします。
    ビューの定義
  4. 「ビューの適用」画面で、[すべてのフォルダー] を選択し、[OK] をクリックします。
    ビューの適用
  5. [OK] をクリックします。

ダメでした。orz

あぁ、何かやってしまったようです。

この続きは、Windows Live メールでアカウントのフォルダーが展開できた!でどうぞ。

2013年3月28日

Windows 8/RT の「カレンダー」アプリのGoogleカレンダーが同期できない!

Windows 8 /RT の「メール、カレンダー、People」アプリが更新されました。あれから、いろいろ確認しています。

2013年3月17日にWindows 8の「カレンダー」にGoogleカレンダーが追加できないことを紹介しました。しかし、2013年1月30日より前に、Googleアカウントを登録してある場合は、継続して利用できるとのことでした。

更新前の「カレンダー」アプリ

このWindows 8 のアカウントは、2012年11月ぐらいに Google アカウントをMicrosoft アカウントにして、設定したものです。「カレンダー」アプリでGoogle カレンダーも使っていましたので、このまま継続して使えるはずです。

ところが、今回「カレンダー」を更新してみたところ、登録していた Google カレンダーが削除されてしまいました。
更新後の「カレンダー」アプリ

更新後は、Google カレンダーの追加もできません。
「アカウントの追加」に「Google」はない

しかし、Google サービスを Windows と同期する方法 - Microsoft Windows ヘルプでは、2013年3月28日現在、

Google アカウントを 2013 年 1 月 30 日より前に接続した場合

メール、People、またはカレンダー アプリを使用して、既に Google アカウントを PC に接続してある場合、電子メール、カレンダー、および連絡先は、今後も適切に同期されます。何もする必要はありません。
「Google サービスを Windows と同期する方法 - Microsoft Windows ヘルプ」より

とあります。

でも、実際に、Google カレンダーと同期できません。上記ページの更新が遅れているのでしょう。今まで、Google カレンダーを「カレンダー」アプリに使っていた場合は、あ~ぁですが。

Surface Windows RT でプリンタを使いたい

Surface Windows RT でプリンタを使いたいのですが、どうするとドライバをインストールできるのでしょう?

我が家のプリンタは、Canon MG3230。無線LANでも使えるタイプで、Windows 8 対応プリンタです。
キヤノン:インクジェットプリンター PIXUS|対応OS

プリンタについていたCD-ROMは、Surface にCD/DVDドライブが付いていませんので使えません。また、Windows RT なので、インターネット上で見つけたドライバをダウンロードしてインストールすることもできません。

どうするといいのかなぁ・・・と思い、とりあえず、Surface とプリンタをUSBケーブルで接続してみました。すると、それだけで、認識しました。

チャームから「デバイス」を開きます。
「メール」で「デバイス」チャームを開いてみた

ちゃんと、「Canon MG3200 series」が見えます。
「デバイス」チャーム

一度認識させてしまえば、後は、USB ケーブルを抜いても大丈夫でした。無線LANでもちゃんと印刷できました。
無線LANで印刷してみた

この他、「ストア」アプリで探すと、Canon プリンター専用のアプリも見つかりました。

Windows ストア の Windows 用 Canon Easy-PhotoPrint アプリ
Canon Easy-PhotoPrint アプリ

このアプリを使うと、写真を無線LANで印刷することができました。
Canon Easy-PhotoPrint タイル

Windows RT で対応しているかどうか、お使いのプリンターがメーカーのWebサイトで確認してみてください。

インクジェットプリンター ドライバー Windows(R) 8 32bit版(x86) および 64bit版(x64)、Windows(R) RT 対応表 | 製品OS対応情報 | サポート | エプソン

キヤノン:サポート|「Microsoft Windows RT」への対応状況について

これは、CD/DVDドライブがついていないタイプのWindows 8 搭載機でも同じです。Windows 8 や Windows RTに対応しているプリンタであれば、USBケーブルで接続すると自動的にプリンターを認識するようです。

参考:プリンターをインストールする - Microsoft Windows ヘルプ

なお、Windows 8 や Windows RTに対応していないプリンターの場合は、「ホームグループ」を使ってプリンターを共有しているWindows 7/8 などのパソコンを介して印刷します。この件に関しては、Surface RTから印刷するにはホームグループを使う | Moonmile Solutions Blogを参考にしてみてください。

2013年3月27日

Outlook.com でエイリアス メールを作成する

2011年2月6日に、「Hotmail」でエイリアス メールを作成する方法を紹介しました。

1つの Hotmail で別名のメールアドレスを取得する

エイリアスとは、英語の alias のことで、偽名、別名、通称と言った意味です。エイリアス メールを作成すると、今持っているメールアドレスと全く別のメールアドレスを追加できます。

さて、Outlook.com になりまして、作成方法が変わっています。改めて紹介しましょう。

  1. Outlook.com にアクセスし、Microsoft アカウントでサインインします。
  2. 右上の「歯車マーク」を開いて、メニューから「メールの詳細設定」を選びます。
    右上の「歯車マーク」をクリックしたところ
  3. 「オプション」に移動しますので、「Outlook エイリアスの作成」をクリック。
    Outlook.com の「オプション」
  4. 「メール エイリアスの作成」ページに移動します。「メール アドレス」欄に好きなアドレスを入力。
    「メール エイリアスの作成」ページ
    ※@マークから右のドメインは、日本の場合「outlook.com」と「hotmail.co.jp」、「live.jp」の3つが選択可能。
    ドメインの選択
  5. 入力できたら「エイリアスを作成」ボタンをクリック。
    ※既に使用されているアカウントの場合は、 「この電子メール アドレスは既に取得されています。別のアドレスを選択してください。」と表示されますので、入力しなおします。
  6. 「新しいエイリアスを設定しています」と表示されます。作成したエイリアス アドレスの受信フォルダーをどこにするか決め、「完了」ボタンをクリック。
    「新しいエイリアスを設定しています」
  7. 受信トレイに「新しいエイリアスの準備ができました‏」メールが届いたら、完了です。
    ※作成したエイリアスを削除したい場合は、この「新しいエイリアスの準備ができました‏」メール内にある「エイリアスの使用を停止するには」から入ると簡単です。

Windows Live メール でも同期すると、エイリアス宛のメールを受信できます。しかし、Windows Live メール で受信したエイリアス メールから返信すると元にした Microsoft アカウントのアドレスを使って送信されます。Windows Live メールでは、この機能をサポートしていませんのでエイリアス メールで返信したい場合、Outlook.com を利用されることをお勧めします。

なお、Windows 8 や Windows RT の「メール」アプリは、エイリアスメールに対応しています。
参考:Windows 8/RT の「メール」アプリでエイリアス メールなども使える!

2013年3月26日

Windows 8/RT の「メール」アプリでエイリアス メールなども使える!

Windows 8 /RT の「メール、カレンダー、People」アプリが更新されました。

「メール」アプリを確認してみましたら、送信時にエイリアスのメールやプロバイダーのメールを使っても送信できるのに気がつきました。

まず、Outlook.com で下記ページを参考に準備をします。

準備ができたら、「メール」アプリでメッセージを作成します。その際、送信者のメールアドレスの右側にある下向きの矢印を押します。
送信者のメールアドレスの右側にある下向きの矢印

アカウントの切り替えができるわけですが、更新前は、「メール」アプリに登録してあるアカウントしか表示されませんでした。
image

更新後は、エイリアスやプロバイダのメールアドレスにも切り替えられるようになっていました。

image

これで、かなり使い易くなりそうです。

2013年4月2日 追記
送信者のメールアドレスをいちいち切り替えたくない場合は、Windows 8/RT の「メール」アプリで既定の送信者を変更したいを参考にしてみてください。

Windows 8 /RT の「メール、カレンダー、People」アプリが更新

Windows 8 や Windows RT の「メール、カレンダー、People、メッセンジャー」アプリの更新プログラムが配信されました。

スタート画面の「ストア」タイルに数字が表示されていると、更新プログラムが利用できるようになっていることを示します。
スタート画面の「ストア」タイルに数字が表示された

「ストア」アプリを開いて、右側に表示されている「更新プログラム」を押すと、インストールできます。
「ストア」を起動

まだ、利用できるような状態になっていない場合は、次のようにすると手動でインストールできます。

  1. 「ストア」アプリを押して開きます。
  2. 「設定」チャームを開き「アプリの更新」を選択します。
    ストアの「設定」チャーム
  3. 「更新プログラムを確認する」を押します。
    アプリの更新プログラム
  4. 利用可能な「更新プログラム」が表示されますので、選択されているのを確認して、「インストール」を押します。
    利用できる更新プログラムが表示された

Windows 8の「カレンダー」にGoogleカレンダーが追加できないで「カレンダー」アプリでの Google アカウントの追加登録ができないようになったことを紹介しましたが、今回の更新で、「カレンダー」アプリの「アカウントの追加」に「Google」がなくなっています。
カレンダーの「アカウントの追加」

その他には、カレンダーの表示変更としてや「日」や「週」にすると現在の時刻がカレンダー内に表示されていました。
「週」表示のカレンダー

「メール」アプリでは、「アカウントの追加」で「その他のアカウント」を選択した際に表示されていた「POP」の項目が削除されました。
メール アカウントの追加
参考:Surface Windows RT のメールについて

アプリバーの項目も増えました。
「メール」のアプリバー 赤い印が増えた項目

この他、Peopleでも上部のアプリバーが追加されています。また、Facebook の友人のウォールに書き込みが行えるようになっていました。

また、いろいろ使ってみましょうね。

参考:メール、カレンダー、People アプリの更新プログラムが利用できるようになりました - マイクロソフト コミュニティ

2013年3月23日

Windows 8 「カレンダー」アプリの「日本の休日」が表示されるようになった!

Windows 8の「カレンダー」で、やっと「日本の休日」が表示されるようになりました!

私のカレンダーでは、Windows 8 「カレンダー」アプリの「日本の休日」(その2)で紹介したGoogle カレンダーからの「日本の祝日」も登録してあるので、2つ表示されています。

Google と Hotmail カレンダーの両方の祝日が表示された

そして、来年2014年もちゃんと祝日が表示されていました。
2014年も祝日が表示された

はぁ、やれやれ。

追加登録した、Google カレンダーの「日本の祝日」を削除したい場合は、Hotmail カレンダーに登録したカレンダーを削除したいを参考にしてみてください。

2013年6月24日 追記:
カレンダーも Outlook.com に変更されました。Google カレンダーの「日本の祝日」を削除したい場合は、Outlook.com に追加登録したカレンダーを削除したいを参考にしてみてください。

2013年3月22日

Windows 8でデスクトップをスムーズに開きたい

Windows 8を使っています。しかし、今のところ、デスクトップアプリを主に使っています。デスクトップをスムーズに開く方法はないものでしょうか?

キーボードが接続されているタイプであれば、Win+Dキーでデスクトップが開きます。

もしくは、こんな方法もあります。デスクトップタイルをスタート画面、左上に配置します。

「デスクトップ」タイルをスタート画面左上に置く

タイルの大きさは、小さくても大きくても構いません。とにかく、左上に置きます。

「デスクトップ」タイル大の場合

スタート画面が開いたら、Enter キーを叩きます。これだけで、即、デスクトップが開きます。

Surface Windows RT のメールについて

日本語版 Surface Windows RT を購入して、いろいろ見ています。

今回は、「メール」について紹介しましょう。Windows RT でメールを送受信したい場合は、どうするといいのでしょう。

まず最初に目につくのは、スタート画面にある「メール」アプリですね。
スタート画面の「メール」アプリ

この「メール」アプリの他には、ないのでしょうか。

Office 2013 RTには、Word、PowerPoint、Excel、OneNote までが搭載済みです。しかし、Outlook はありません。 追加インストールもできませんので、Office Outlookは使えません。
image

また、デスクトップアプリを追加インストールすることもできません。よって、Windows Live メールなどを追加インストールすることもできません。

ということで、Windows RT で標準で使えるメールは、スタート画面にある「メール」アプリです。

「メール」アプリにアカウントを追加するには、次のようにします。

  1. 「メール」タイルを押して起動。
  2. チャームより「設定」を選択。(Win+I キーでも可能)
  3. 「設定」チャームの「アカウント」を選択
    「設定」チャーム
  4. 「アカウントの追加」を選択

こうして開いた、「アカウントの追加」には、Microsoft のWeb メールである「Hotmail」と「Outlook」、Google の「Gmail」、そして、Yahoo! Japan メールが並んでいます。
「メール」アプリの「アカウントの追加」

「その他のアカウント」を選択するとどうなるのでしょう。

「その他のアカウント」から追加登録できるのは、Exchange ActiveSync (EAS) と IMAP というシステムを使っているメールアドレスが登録できます。
「その他のアカウント」を選択してみた

「POP」も表示されていますが、選択して「接続」を押すと「メールでは、POP3 メール アカウントはサポートされていません」と表示されてしまい、追加登録できません。
「メールアカウントの追加」で「POP」を選択した場合

「メール」アプリでは、POPサーバーを使う一般的なプロバイダからのメールアドレスが利用できません。Exchange ActiveSync (EAS) や IMAP が使えるかどうかは、ご利用のプロバイダへ問い合わせる必要があります。

よくわからない場合、「メール」アプリには、「Hotmail」と「Outlook」、Google の「Gmail」、そして、Yahoo! Japan メールを利用されるといいでしょう。

しかし、どうしてもPOPサーバーのプロバイダからのメールも受信したい場合は、「メール」アプリで使えるアカウントに転送して、受信するという方法を使います。

参考:Outlook.com でプロバイダーのメールを送受信

ただし、「メール」アプリの場合、受信ができても送信は、そのプロバイダのメールアドレスではなく、転送先のメールアドレスになってしまいます。どうしても、プロバイダのメールアドレスで返信したい場合は、Outlook.com へアクセスする必要があります。
参考:
Outlook.com でプロバイダーのメールの送信や返信

後は、Windowsストアで、POP対応のメールアプリが公開されるといいのですけど。(だれか作って!)

プロバイダのメールをメインで使っている人にとって、Windows RTの「メール」は、出先でちょっとメールチェックをしたいという場合に使うものかもしれませんね。

2013年3月26日 追記:
「メール」アプリでプロバイダのメールアドレスでの送信ができるようになりました。Windows 8/RT の「メール」アプリでエイリアス メールなども使える!でご確認ください。

2013年10月23日 追記:
Windows RT から Windows RT 8.1へアップデートすると、Office 2013 RTに Outlook が増えます。アップグレードの仕方は、Windows 8.1の配信開始 でご確認ください。

Outlook.com でプロバイダーのメールを送受信

2012年9月6日に Outlook.com でプロバイダーのメールを受信を紹介しました。あれから、設定方法が変更されています。

では、Outlook.com で POP3 サーバーを使っているプロバイダでも送受信する方法です。

  1. Outlook.com で「Microsoft アカウントをお持ちでない場合」の「新規登録」をクリックして、プロバイダーのメールを受信するための専用 Microsoftアカウントを作ります。
    なお、Outlook.com で作った Microsoftアカウントは、ドメインが「@outlook.com」となります。
  2. 新しい Microsoftアカウントが出来上がったら、サインインします。
  3. 右上の「歯車マーク」を開いて、メニューから「メールの詳細設定」を選びます。
    右上の「歯車マーク」をクリックしたところ
    2014年5月修正:ここは「オプション」を選択します。
    右上の「歯車マーク」をクリックしたところ
  4. 「オプション」に移動しますので、「メール アカウント」をクリック。
    オプション
  5. 「メール アカウント」のページへ移動します。
    ここでは、メールの転送設定がプロバイダでしていない場合で説明します。
    「メール アカウントの追加」の「POP アカウントからのメールを送受信している場合は、送受信用のアカウントを追加してください」の「送受信用アカウントの追加」をクリック。
    「メール アカウント」のページの「メール アカウントの追加」
    メール転送の設定をプロバイダでしている場合
    メールの転送はプロバイダからされますので、「送信専用アカウントの追加」をクリックします。設定は、メールアドレスを入力するだけです。すると、登録したプロバイダのメールアドレス宛に所有者確認のメールが届きますので、承認します。Outlook.com からプロバイダのメールを受信するよう設定をすると、不具合が発生した場合に、まったく受信できなくなります。また、次のような制限もあります。
    POP3 アカウントとの同期は30分に 1 回。
    1回の同期で最大60通までのメールが同期される。
    POP3 アカウントを Hotmail や Outlook.com で同期して受信する場合、1通のメールの最大サイズは25MBまで。
    これらのことから、プロバイダから転送するよう設定した方が比較的スムーズにメールを受信できます。
    参考:別のアカウントからの電子メールの送受信に関する制限事項 - マイクロソフト コミュニティ
  6. 「送受信用アカウントの追加」ページに移動しますので、プロバイダのメールアドレスとそのパスワードを入力して、「次へ」をクリック。
    「送受信用アカウントの追加」ページ
    ※通常は、メールアドレスとそのパスワードだけで、設定が完了します。私は「@nifty」のメールアドレスでやってみました。NiftyのIDではなく、メールアドレスで設定が完了しました。しかし、どうしてもうまく行かない場合は、「詳細オプション」を開いて、設定します。
  7. メールの保存先を指定します。
    保存先を選択
    このMicrosoftアカウントで、複数のプロバイダーのメールをまとめて管理するなら「新規フォルダー」で専用の名前を付けるといいでしょう。このMicrosoftアカウントでは、このプロバイダーのメール1つだけなら「受信トレイ」を選んでもといいと思いますが、「@Outlook.com」のメールも1つのメールアカウントとして使うのでしたら「新規フォルダー」を使った方が無難です。
  8. 「保存」をクリックして、しばらく待ちます。
  9. 「追加されました」と表示されます。
    追加されました
    同時に、設定したプロバイダーのメールアドレス宛に Outlook.com から「Outlook: 電子メール アドレスの確認」という件名のメールが届きます。内容をよく確認して、メール本文内の「所有していることを確認するには」のリンクをクリックして承認します。
  10. 「確認が完了しました。」と表示されたら、設定完了です。
    確認が完了しました。

「受信トレイに戻る」をクリックします。以降は、プロバイダ宛に届いてメールが Outlook.com でも受信できるようになります。
Outlook.com にプロバイダー宛てのメールが届いた

設定完了後、Outlook.com でプロバイダーのメールアドレスを差出人にして送信や返信は、Outlook.com でプロバイダーのメールの送信や返信で紹介してありますので、ご参照ください。

2013年3月21日

Windows 8用「Windows 8 お役立ち記事リンク」アプリ

私のこのブログでも参加している Windows 8 お役立ち記事リンク集のWindows 8専用アプリができました。

Windows ストア の Windows 用 「Windows 8 お役立ち記事リンク」アプリ
Windows 8 お役立ち記事リンク

作ってくださったのは、Windows Server 2012 Essentials と Windows SBS を中心とした雑記でおなじみの澤田賢也さん。

 「Windows 8 お役立ち記事リンク」タイル

合わせて、このブログのアプリ「ブログ 世の中は不思議なことだらけ」もどうぞ。

ブログ 世の中は不思議なことだらけ 概要

Windows 8だけでなくもちろん Windows RTでもインストール可能です。ぜひ、利用なさってみてくださいね。

2013年3月20日

Surface Windows RT を起動してみた

購入した日本語版 Surface Windows RTをさっそくセットアップしてみました。とはいえ、電源スイッチを入れて、Microsoft アカウントを入力して、あとは、我が家のルーターを認識させれば完了でした。10分程度でセットアップ完了。

Surface RT の「システム」

さらっと眺めてみました。

Windows RTには、Office 2013 RTの Word、PowerPoint、Excel、OneNote が搭載済み。ただし、Office Outlook がないので、メールは、スタート画面にある「メール」アプリだけしか付いていませんでした。

参考:Surface の仕様

デスクトップも見た目は、Windows 8と変わりありません。IE10やエクスプローラーも、タスクバーにありましたので、普通に起動します。
Windows RT のデスクトップ

ただ、デスクトップで使えるアプリが、追加インストールすることができません。例えば、インターネット上から、何らかのアプリをダウンロードしてインストールします。しかし、「このアプリはお使いの PC では実行できません」と表示されて止められてしまいました。

このアプリはお使いの PC では実行できません この PC で使用できるアプリを Windows ストアで探してください。

Windows RTで追加インストールできるのは、Windows ストアで公開されているアプリのみです。

後、Windows アクセサリも、Windows 8と比べるとかなり少ないです。

Windows RT のすべてのアプリにある「Windows アクセサリ」

Windows 8 のすべてのアプリにある「Windows アクセサリ」

Windows 8とWindows RTの「Windows アクセサリ」

  Windows 8 Windows RT
Snipping Tool
Windows FAXとスキャン なし
Windows Journal なし
Windows Media Player なし
XPS ビューアー
サウンドレコーダー なし
数式入力パネル
ステップ記録ツール
電卓
付箋 なし
ペイント
メモ帳
文字コード表
リモートデスクトップ接続
ワードパッド なし

それにしても、Windows RT には、Windows Media Player と付箋がないとは!

ネット上でWindows Media Player を使って音楽を聴いていたサイトの場合は、利用できませんでした。Windows ストアで対応アプリが出てくるのを待つしかないようです。

日本語版 Surface Windows RT

2013年3月15日、日本で Surface が発売されました!Surface は、Microsoft が開発した Windows OS搭載タブレット端末です。今回、日本で発売されたのは、Windows RT と呼ばれるOSが搭載されているタイプです。

私も近所の電気屋さんへ行って、触ってきました。既に Windows 8を持っている私。店頭デモ機を触ってみると、Windows 8とかなりの違いがあるのがわかりました。

そんなこんなを眺めているうちに、つい・・・

買ってしまいました。
Surface

今回購入したのは、Surface Windows RT 32GB版でTouch Coverなしのタイプ。その代わりに Type Coverを付けました。また、オプションでプロジェクターと接続できる VGA アダプターも一緒に購入。

Windows RT も、またいろいろ紹介していきますね。

Windows 8 スレートPC で使える便利な機能

Windows 8 スレートPCについている下記の4つのボタン。

  • Windows ボタン
  • ボリュームアップ
  • ボリュームダウン
  • 電源ボタン

このボタン単体では、単体の動作をします。しかし、Windows ボタンと組み合わせて押すとこんな機能となります。なお、ボタンを押す際のコツは、Windows ボタンを先に押しながら、その他のボタンを一緒に押します。ただし、キーボードが接続されると無効になります。

Windows+ボリュームアップ:ナレーターの起動と終了。パソコンの音声ガイドが始まります。
ナレーターの設定

Windows+ボリュームダウン:全画面キャプチャーして「ピクチャー」ライブラリの「スクリーンショット」フォルダーに自動保存します。
全画面キャプチャーが保存されている「スクリーンショット」フォルダー

Windows+電源:Ctrl + Alt + Del キーを押した際と同じ機能。(Windows のセキュリティ 画面)この画面から「ロック」「ユーザーの切り替え」「サインアウト」「タスク マネージャー」が表示できます。
「ロック」「ユーザーの切り替え」「サインアウト」「タスク マネージャー」
キャンセルしたい場合は、左向きの矢印(←)をタップします。

2013年3月19日

スレートPC の Windows 8 で画面の回転を止める

HP ENVY x2 11-g005TUを使うようになりまして、時々、キーボード部を取り外しスレートPCにして、寝っ転がってネットサーフィンなどしています。(あぁ、行儀の悪い)

さて、HP ENVY x2 11-g005TUは、加速度センサー(簡易デバイス方向センサー)搭載だからか、寝っ転がった時に、スレートPCのモニター画面が回転してしまいます。

回転して縦方向になったWindows 8 のスタート画面

この回転を止める方法は、ないものでしょうか。スレートPCによっては、回転が止められる「ロックボタン」があるそうです。しかし、HP ENVY x2 11-g005TUには、見当たりません。そこで、Windows の設定で制御できないか、探してみました。次のようにすると、回転が止まりました。

  1. チャームの「設定」を開きます。
    「設定」チャーム
  2. 「ディスプレイ」をタップします。
    「設定」チャームの下の方
  3. 「輝度調整」スライドの上の方にあるアイコンをタップ。
    「ディスプレイ」をタップしてみたところ
  4. 「ディスプレイ」がロック表示になりました。
    ロック表示になった「ディスプレイ」アイコン

これで、寝っ転がっても、画面は回転しなくなりました。

なお、再び、自動的に回転させたい場合も、「ディスプレイ」をタップして、ロックを解除します。
回転がロックされている場合

Community Open Day 2013 を開催!

今年もコミュニティ合同イベント「Community Open Day」を2013年5月11日(土)に開催します。

Community Open Day 2013

Community Open Day 2013とは、他のコミュニティに属する方々、もしくは未だコミュニティに属していない方々へ各技術コミュニティの活動内容(勉強会)を披露し、興味があればそのコミュニティに参加してもらう機会を構築するオンライン・オフラインイベントです。しかも、同じ日に北海道、東北(仙台)、東京、名古屋、北陸、大阪、広島、九州、沖縄の各地で同時開催されます。キーノートは、ストリーミングを使って当日にライブ配信されます。今年は、Windows 8 など最新のマイクロソフト技術の勉強会となる模様。

参加には、立場や技術レベルは関係ありません。会場に赴けば、各コミュニティの主催者や参加者が温かく迎え入れてくれることでしょう。特に、新社会人、第二新卒、学生さんは大歓迎です。

さて、私の住んでいる北陸地方でも石川県で開催されることとなりました。私も登壇いたします。近くにお住まいで興味のある方は是非ご参加ください。

なお、前回の北陸会場の様子はこちらでどうぞ。
Community Open Day 2012 – 世の中は不思議なことだらけ 
Community Open Day 2012 北陸支部 (2012/06/09) の資料 – 福井情報技術者協会[FITEA]

『Community Open Day 2013』北陸会場

【スピーカー】 発表の順番および内容は変更されることがあります。

  • 伊藤かつら 氏:日本マイクロソフト
    オープニング(ライブストリーミングでの視聴)
  • 金子 雄一 氏:Remote Desktop Services MVP
    「リモートデスクトップの作り方 (基礎編)」
  • 中村 和彦 氏:MVP for Office 365
    「Office 365 チームサイトを美味しく使う10の方法」
  • さくしま たかえ:MVP for Windows Expert-Consumer
    「私がWindows 8を勧める8つの理由」~Windows 8 のいいところを紹介
  • 澤田 賢也 氏:Small Business Server MVP
    「初心者のためのIT講座」
    エクセルからサーバーまで、最新のマイクロソフトのテクノロジーについて幅広く紹介いたします。
  • 石野 光仁 氏:C# MVP
    鈴木 孝明 氏:C# MVP
    小島 富治雄 氏:C# MVP
    「C# MVP に聞くC#アレコレ!」
    北信越の C# MVP 3名が C# の魅力 (基礎) について語ります。LT や コーディング ライブ、Q&A セッションなど。
  • ライトニング トークス

【懇親会】

  • 開催予定

詳細は、変更があり次第Community Open Day 2013 北陸会場 : ATNDで公開していきますので、ご確認ください。

2013年3月18日

Windows 8の「メール」アプリで設定を確認するよう求められた

Windows 8の「メール」アプリを起動させたら、「Gmail アカウントの更新」というのが表示されました。
「メール」アプリを起動させたら「Gmail アカウントの更新」が表示された
「アドレス情報が変更されているため、同期できません。情報を更新してからやり直してください。」と表示されています。メールアドレスは、Gmail です。パスワード欄が空欄になっています。Webサイトへアクセスする際に使うパスワードを入力してみたのですが、「メールアドレスかパスワードが正しくありませんでした。もう一度確認してからやり直してください。」と表示されてしまいました。
正しいメールアドレスとパスワードのはずなのにエラーになる
こんな場合、どうするといいのでしょう。

Gmail の2 段階認証プロセスを有効にしたのではありませんか。

2 段階認証プロセスを有効にすると、Google にログインする際に、通常どおりユーザー名とパスワードを入力に加え、テキスト、音声通話、モバイル アプリで送信されるコードを入力するよう求められます。

参考:Google 2 段階認証プロセス

でも、アプリの場合は、パスワードとコードの両方を入力できません。

参考:アプリケーション固有のパスワードを使用してログインする - Google アカウント ヘルプ

そこで、通常使うパスワードではなく、アプリケーション固有のパスワードを生成してから入力します。

アプリケーション固有のパスワード生成方法

  1. アプリケーションとサイトの認証ページ にアクセスして、更新したいGmail アカウントでサインインします。
  2. 「Google アカウント に許可されたアクセス」ページが開きます。
    「Google アカウント に許可されたアクセス」ページ
    「新しいアプリケーション固有のパスワードを生成する」の「名前」欄にどのデバイスの何のアプリケーション用のパスワードなのかわかる名前を入力します。
    「新しいアプリケーション固有のパスワードを生成する」
  3. 名前を入力したら「パスワードを生成」をクリック
    「名前」欄に入力
  4. パスワードが表示されます。この表示されたパスワードを「メール」アプリの「パスワード」欄に入力して、「更新」を押します。
    ※生成したパスワードは、1回だけしか表示されません。アプリに一度入力すれば、もう必要ありませんので、生成したパスワードを保存しておく必要もありません。入力する前に閉じてしまい、パスワードがわからなくなってしまった場合は再度生成し直します。なお、表示されているパスワードには、4文字ごとにスペースが入っています。しかし、実際に入力する際は、スペースを無視して続けて入力します。
    ※Windows 8の「メール」アプリにはないのですが、利用するアプリによっては、パスワードを保存するかどうか設定できるタイプがあります。その場合は、パスワードを保存するよう設定します。
  5. 生成されたパスワードの下の「完了」をクリック。
    ※ここで、パスワードを求められるでしょう。そのまま、Webページを閉じても構いません。作業内容を確認したい場合は、通常使うパスワードを入力してサインインします。

これで、Gmail が再び送受信できるようになります。

2013年3月17日

Hotmail カレンダーに登録したカレンダーを削除したい

Windows 8 「カレンダー」アプリの「日本の休日」(その2)を読んで、Google カレンダーの「日本の祝日」を登録しました。これを削除するには、どうするといいのでしょう?

Hotmail カレンダーに登録したカレンダーに登録した Web 上のカレンダーを削除したい場合は、次のようにします。

  1. Hotmail カレンダーへアクセスし、サインインします。
  2. 「カレンダーの一覧」より、削除したいカレンダーを選択して、クリックします。
    「カレンダーの一覧」
  3. 選択したカレンダーの「受信登録設定」ページに移動します。上の方の「カレンダーからの受信とうろk取り消し」か、もしくは、下の方の「受信登録の取り消し」のどちらかをクリックします。
    「受信登録設定」ページ
  4. 「カレンダーからの受信登録取り消し」の確認が表示されますので、「受信登録の取り消し」をクリック。
    「カレンダーからの受信登録取り消し」の確認
  5. 「カレンダー一覧」から該当カレンダーが削除されます。

2013年6月24日 追記:
カレンダーも Outlook.com に変更されました。この記事で紹介した方法は、もう使えません。Outlook.com に追加登録したカレンダーを削除したいを参考にしてみてください。

Windows 8の「カレンダー」にGoogleカレンダーが追加できない

Windows 8を使っています。「カレンダー」アプリにGoogleカレンダーを表示させたいと思い、アカウントを追加登録してみました。しかし、エラーになってしまい、表示できません。どうなっているのでしょう。

Windows 8の「カレンダー」アプリにWeb 上のカレンダーを追加登録したい場合は、次のようにします。

  1. スタート画面で「カレンダー」を選択
    スタート画面の「カレンダー」タイル
  2. チャームを開き、「設定」を選択
  3. 「設定」チャームの「アカウント」を選択
    「設定」チャーム
  4. 「アカウントの追加」を選択
  5. 「アカウントの追加」で追加したいサービスを選択。
    「アカウントの追加」

    今回は、「Google カレンダー」を追加したいので「Google」を選択します。

  6. 「Google カレンダー」へアクセスする際に使っているメールアドレスとパスワードを入力して、「接続」を押す。
    Google アカウントの追加

これでいいわけなのですが・・・。

正しいメールアドレスとパスワードを入力したはずなのに、質問者さんの通り「接続できません。入力した情報が正しいか確かめてください」と表示されてしまいました。

image

2013年1月30日以降、「カレンダー」アプリに Googleアカウントの登録ができなくなりました。

参考

どうしても利用したい場合は、ブラウザでGoogle カレンダーにアクセスして、確認します。

ブラウザーでGoogle カレンダーを表示

ただし、2013年1月30日より前にGoogleアカウントを登録してある場合は、継続して利用できます。

2013年1月30日より前に「カレンダー」アプリにGoogleカレンダーを登録していた場合

しかし、同じ Google アカウントでも、違うデバイスで2013年1月30日以降に登録した場合は、カレンダー追加登録できずエラーになりました。
新たに「カレンダー」へGoogleカレンダーを登録してみた場合

この影響は、「メール」アプリにもあります。Google アカウントを「メール」アプリに登録する際、「Google の連絡先とカレンダーを含める」のチェックを外して、「接続」を押してください。
「メール」アプリで Google アカウントの追加

「Google の連絡先とカレンダーを含める」のチェックを付けたまま、「接続」を押すと、これも「接続できません。入力した情報が正しいか確かめてください」と表示されてしまいます。
「メール」アプリで「Google の連絡先とカレンダーを含める」のチェックを付けたまま「接続」を押してみた

2013年3月28日 追記:
2013年1月30日より前にGoogleアカウントを登録してある場合でも、Googleカレンダーが利用できなくなりました。
Windows 8/RT の「カレンダー」アプリのGoogleカレンダーが同期できない!

2013年3月16日

PowerPointなどでファイル名に # を使ってSkyDriveに保存すると # が ^N になる

PowerPointでスライドを作りファイル名の中に # を入れました。それを SkyDrive 上に保存しました。SkyDrive 上からデスクトップアプリのPowerPointで、ファイルを開いてみたところ、タイトルバーに表示されるファイル名で # の部分が ^N という表記になっているのに気がつきました。これは、どうしてなのでしょう?

どうしてなのかは、よくわかりませんが、現象は再現できました。

ファイル名に半角の # を含めた Word と PowerPoint、Excel のファイルを作成してパソコンのローカル上に保存します。これらを SkyDrive 上に保存します。
SkyDrive 上に # が含まれているファイルを保存
※このタイトルは架空のものです。

これを一つずつ選択して、デスクトップアプリで起動します。すると、 半角の # の部分が ^N になっているのでした。
タイトルバーのファイル名 # の部分が ^N になっている

半角の # の他、半角の + も ^M になってしまいます。

SkyDrive で使ってはいけないファイル名は、下記のページにあります。

SkyDrive.com へのファイルのアップロードに関する問題のトラブルシューティング

  • ファイル名が空白文字で開始または終了してはいけない
  • ピリオドで終了してはいけない
  • 次の文字が含まれていないようにする
    : / \ < > :* " ?|

しかし、# や + は含まれていませんので、これらの文字は、SkyDrive 上に保存する際にファイル名で使ってはいけない文字ではないようです。

ただ、Office 製品から「名前を付けて保存」を使って、半角 # が含まれるファイル名をつけようとすると、エラーが発生したと言われ、ファイルが保存できませんでした。
ディスクへのアクセス中に、エラーが発生しました。

どうやら、Office製品を SkyDrive 上に保存したい場合は、ファイル名に # や + を含んで欲しくないもようです。

ただし、全角の#や + は使えました。文字化けもしません。
全角の#だと文字化けしない

この件は、また、何かわかりましたら、お知らせいたします。

2013年3月13日

IE10の「中止」ボタンはどこ?

Windows 7 に Internet Explorer 10 をインストールしてみました。アドレスバーに「中止」ボタンが見当たりません。どこに隠れているのでしょう?

Internet Explorer 9では、アドレスバーに、「最新の情報に更新(F5)」ボタンと「中止(Esc)」ボタンが並んでいました。
IE9のアドレスバー右端

Internet Explorer10になりまして、アドレスバーの右端に「最新の情報に更新(F5)」ボタンしかありません。
IE10のアドレスバー

「中止」ボタンはどこへ行ったかというと、「最新の情報に更新(F5)」ボタンか F5キーを押してみてください。すると、「最新の情報に更新(F5)」ボタンが「中止(Esc)」ボタンに変わります。

IE10で更新してみた

これは、Windows 7の IE10だけでなく、Windows 8のIE10でも同じです。

「最新の情報に更新(F5)」ボタンと「中止(Esc)」ボタンを同時に使うということは、ありませんからね。利用できない時は表示されないということになったのでしょう。

2013年3月12日

WEBページの背景や一部の画像が印刷できない

Windows 8を使っています。Windows 8のデスクトップ版のInternet ExplorerでWEBページを印刷しようとすると、そのページ内の一部が印刷されないことがあります。同じ問題を抱えている人の回答をみると、「インターネットオプション」→「詳細設定」→「印刷」の「背景の色とイメージを印刷する」にチェックを入れると書いてありました。しかし、IE10では詳細設定の中に「印刷」の項目がありません。Windows 8のIEではどうするといいのでしょう?

質問者さんは、かなり古い情報を参考にされたようです。

「インターネットオプション」の「詳細設定」タブを開くと、「設定」の「印刷」内に「背景の色とイメージを印刷する」とあったのは、Internet Explorer 8以前でした。
Internet Explorer 8 のインターネットオプション「詳細設定」タブ

ところが、Internet Explorer8で、この「背景の色とイメージを印刷する」にチェックを付けても、実際には印刷されません。仕様が変更され、「ページ設定」の「背景の色とイメージを印刷する」を使うよう変更されています。それなのに、IE8では、「インターネットオプション」の「詳細設定」タブにも「印刷」の設定項目が残っていて混乱がありました。

Internet Explorer 8 では、インターネットの「背景の色とイメージを印刷する」オプション有効になっている場合でもバック グラウンドの色とイメージは印刷されません

Internet Explorer 9/10 では、「インターネットオプション」の「詳細設定」タブに「印刷」の項目は無くなりました。
Internet Explorer 9 「インターネットオプション」の「詳細設定」タブ

Internet Explorer 10 「インターネットオプション」の「詳細設定」タブ

Internet Explorer 9/10では、次のようにして、設定を変更します。

  1. 「ツール」(歯車マーク)-「印刷」ー「ページ設定」を選択。
    「ツール」から「印刷」を開いた
  2. 「ページ設定」の「背景の色とイメージを印刷する」 にチェックをつける。
    「ページ設定」
  3. 「OK」ボタンを押す。

これで、現象がどうなったか、確認してみてください。

2013年3月10日

Internet Explorer の「お気に入り」を SkyDrive アプリで同期

Internet Explorer の「お気に入り」を他のパソコンと同期させたい場合、Windows Live Mesh で行っていました。しかし、Windows Live Mesh が使えなくなりどうするといいでしょう。Windows 8同士の場合は、同じ Microsoft アカウントを使うとブラウザーのお気に入りと履歴を同期させることができます。しかし、Windows 7の場合は?そこで、SkyDrive アプリで同期させてみました。

これから紹介する方法は、事前にSkyDrive アプリ より Windows 用 SkyDrive デスクトップ アプリを入手して、セットアップを済ませておいてください。Windows 用 SkyDrive デスクトップ アプリは、Windows 8、Windows 7、または Windows Vista Service Pack 2 (Platform Update for Windows Vista を適用)で利用可能です。
参考: SkyDrive for the Windows を使ってみた

  1. エクスプローラーを起動して、「お気に入り」から「SkyDrive」を選択。
    Windows 7のエクスプローラーの「お気に入り」
  2. SkyDrive フォルダー内に、IEの「お気に入り」を保存する新規フォルダーを作る。フォルダー名は適当でも構いませんが、後々わかりやすいよう「Favorites」にしておくといいでしょう。
  3. IEの「お気に入り」が保存されているフォルダーを見つけます。通常は、C:\Users\<UserName> 内にあります。
  4. 「お気に入り」フォルダーを右クリックして、「プロパティ」を選択。
    ※Internet Explorer が起動している場合は、終了させておきましょう。
  5. 「お気に入りのプロパティ」が開くので、「場所」タブ内の「移動」ボタンをクリック。
    「お気に入りのプロパティ」の「場所」タブ
  6. 「SkyDrive」内に作ったフォルダーを選択して、「フォルダーの選択」ボタンを押す。
  7. 「お気に入りのプロパティ」に戻るので、「OK」ボタンを押す。
  8. 「フォルダーの移動」メッセージが開くので、内容をよく確認して「はい」をクリック。
    「フォルダーの移動」メッセージ
  9. コピーが始まりますので、しばらく待ちます。

以降、Internet Explorer の「お気に入り」は、SkyDrive フォルダー内に置かれます。
SkyDrive内に置かれた「お気に入り」

Internet Explorerの「お気に入り」を同期させたい他のパソコンでも、Windows 用 SkyDrive デスクトップ アプリで同じMicrosoft アカウントを使い、同じように作業します。

ところで、SkyDrive で一部のファイルが同期できない で紹介したタイトル名の中に全角の *: ? | < > 記号がつかわれていると同期できなかった件はどうなったでしょう?

今回、確認してみたところ、ちゃんと同期できるようになっていました。
ファイル名に*: ? | < >が付いていても同期できた

あぁ~、よかった。

2016年1月18日 追記:
Windows 8.1やWindows 10では、Windowsのシステムで同期が可能です。詳しくは、Windows 10:Internet Explorerの「お気に入り」をパソコン間で共通にしたい でどうぞ。

2013年3月 8日

日本語版 SkyDrive でも「Excel アンケート」開始

日本での SkyDrive の Excel Survey は?で紹介した SkyDrive の「Excel Survey」こと「Excel アンケート」が日本でも実装されました。

「作成」内に「Excel アンケート」が表示された

ファイル名を付けて作成開始すると、日本語のウィザードで進めます。

ウィザードも日本語表示

これでもう、いちいち言語の変更をしなくても済みますね。

2013年3月 6日

Windows Live Messenger 終了後はどこからメールを見る?(その2)

Windows Live Messenger 終了後はどこからメールを見る?の続き。

Hotmail や Outlook のサインインページをブラウザのお気に入りに登録するという方法もありますが、もっと目立つようにしたい場合。Windows 7 や Windows 8 でInternet Explorer 9/10をお使いでしたら、Hotmail や Outollok サイトをタスクバーにピン留めすることができます。
Outlool.com のファビコン

やり方は、アドレスバーやタブにあるファビコンをドラッグして、タスクバーに移動するだけです。
Outlool.com のファビコンをドラッグしてタスクバーへ

これで、タスクバーのアイコンを押せば、サイトにアクセスしますので、メールチェックが簡単にできます。
タスクバーにピン留めされた Outlool.com

ファビコンをタスクバーにピン留めしてあると(どうも「サインインしたままにする」にチェックを付けておいた方がいいような)、右クリックした際のジャンプリストのタスクに「受信トレイ」だけでなく、「カレンダー」や「People」、「SkyDrive」にもアクセスできるようになっているので、便利です。
Outlool.com のジャンプリスト

2013年3月 4日

Windows 7にOffice 2013をインストールしたら Microsoft IME が使えなくなった

Windows 7に Office 2013 をインストールしました。そうしたところ、日本語入力ができなくなりました。Office 2013をインストールする前は、Office2007を使用していたのですが、IME 2007 ではなく Microsoft IMEを利用していました。コントロールパネルの「地域と言語」-「キーボードと言語」タブの「キーボードの変更」ボタンより「テキスト サービスと入力言語」を確認してみたところ、「全般」タブの「規定の言語」が空欄になっていました。そこで、「追加」ボタンより、「Microsoft IME」を追加して「既定の言語」にしました。日本語入力は可能になったのですが、それまで使っていた Microsoft IMEの「ユーザー辞書」が空っぽになっていました。これは、いったいどうなってしまったのでしょう?

Office 2010搭載機で、IME 2010 と Microsoft IME の両方が使えるWindows 7に Office 2013 をインストールしてみました。私の場合、利用していたIMEが IME 2010だったからでしょう。Office 2013をインストール後、再起動させると IME は、IME 2010で起動しました。そして、IME 2010のユーザー辞書は問題なく、使えました。

次に、「テキスト サービスと入力言語」を確認してみました。すると、IME 2010 と Microsoft IME の両方を登録しておいたのに、IME 2010しか見当たりません。
「テキスト サービスと入力言語」の「全般」タブ

そこで、「インストールされているサービス」に「Microsoft IME」を追加。その後、Microsoft IMEを起動させて見ました。「Microsoft IME 辞書ツール」を確認すると、ユーザー辞書は空っぽでした。
「Microsoft IME 辞書ツール」が空っぽ

どうも、Windows 7にOffice 2013をインストールすると、Windows 7の標準 IME である Microsoft IME がリセットされてしまうようです。

通常は、Microsoft IMEを削除したり、Office をアンインストールしても、Microsoft IME がリセットされるようなことはありません。Microsoft IME のユーザー辞書は残っていて、利用することができます。今回は、Microsoft IME がリセットされてしまったので、ユーザー辞書も空っぽになった模様です。

私の場合は、IME 2010のユーザー辞書が残っていましたので、IME 2010のユーザー辞書を「テキスト ファイル」形式で書き出して登録するという方法が取れました。

参考:過去のバージョンの IME の「ユーザー辞書」を Office IME 2010で使いたい: 世の中は不思議なことだらけ

Windows 7の場合、IME のユーザー辞書は、C:\Users\<User_name>\AppData\Roaming\Microsoft 内に保存されています。Microsoft IMEが「IMJP10」でIME 2007が「IMJP12」、IME 2010が「IMJP14」というフォルダーです。Office IME だと「辞書ツール」の「ツール」-「Microsoft IME 辞書からの登録」を選択して、「ユーザー辞書」形式でもファイルが取り込めるバージョンもあります。しかし、OS標準の Microsoft IMEの場合は、テキスト ファイル形式で取り込んでみてください。

Office IME のユーザー辞書が使えない、Microsoft IMEのバックアップもないと言う場合は、Windows 7の機能である「以前のバージョンの復元」を使ってみてください。

  1. エクスプローラーで IME のユーザー辞書が保存されているフォルダーを開きます。
    通常は、C:\Users\<User_name>\AppData\Roaming\Microsoft 内に保存されています。
    上手く開けない場合は、Windows 7 で写真ファイルを回転させたらファイルが消えた!?を参考にして、隠しフォルダーを見えるように設定を変更してください。
  2. Microsoft IME のユーザー辞書が保存されているフォルダーを右クリックして、「以前バージョンの復元」を選択します。
    Microsoft IME のユーザー辞書の保存場所を特に変更していなければ、フォルダー名は「IMJP10」です。
  3. 「IMJP10のプロパティ」の「以前のバージョン」タブが開きますので、Office 2013 をインストールする前の日付を選択して、「コピー」ボタンを押します。
    「IMJP10のプロパティ」の「以前のバージョン」タブ
    ※システムファイルだからでしょう。このまま「復元」することはできませんでした。
  4. 「項目のコピー」が開きますので、どこにコピーするのか指定し、復活させたいフォルダーをコピーします。
    「項目のコピー」
  5. 復活させたコピーフォルダーのユーザー辞書をMicrosoft IMEのユーザー辞書ツールに登録します。

この現象を避けるためには、Office 2013をインストールする前にユーザー辞書のバックアップを取っておくか、Microsoft IME からOffice IME 2010に切り替えるかだと思います。

しかし、これは弱りますねぇ。 > IME チームさん!

2013年3月 3日

Word 2013 のワードアートを鏡文字にしたい

Word 2013 を使っています。以前は、Word 2003を使っていました。ワードアートで鏡文字を作りたいので、「オブジェクトの回転」の「左右反転」をクリックしました。しかし、鏡文字になりません。Word 2003の時は、この方法でできました。Word 2013 では、どうするといいのでしょう?

Word 2013 のワードアートでは、「描画ツール」の「書式」タブで、「オブジェクトの回転」の「左右反転」を選択しても「鏡文字」になりません。
「左右反転」を選択しても鏡文字にならない

この現象は、Word 2010からです。Word 2007以前ならばできます。

そこで、次のようにして「互換モード」にします。

  1. 「ファイル」-「名前を付けて保存」を選択します。

  2. 「ファイルの種類」を「Word97-2003文書(*.doc)」としてファイル名を付け、「保存」をクリックします。

互換モードのWord 2013でワードアートを挿入して、「ワードアートツール」の「書式」タブから「オブジェクトの回転」の「左右反転」を選択すると、鏡文字にできます。
image

しかし、どうしても、Word 2013の形式の「ワードアート」で鏡文字にしたい場合は、次のようにして図形に変換してから、左右反転をします。

  1. ワードアートを選択して、コピーもしくは、切り取ります。
  2. 「貼り付けのオプション」の「図」を選択します。
    「ホーム」タブの「クリップボード」内

以上でワードアートが図形に変更できました。後は、変更した図形を選択して、「図ツール」の「書式」タブから「オブジェクトの回転」の「左右反転」を選択すると、鏡文字にできます。
互換モードではないが鏡文字になった

2013年3月 2日

Word 2013 を使ってブログへ投稿

ブログを投稿するのに、Wordが使える!これは、Word 2007から可能になりました。

Word 2013 ではどんな感じでしょう?

まず、Word 2013を起動し、「白紙の文書」を選択。
Word 2013 初期起動画面

新規作成画面が開いたら、「ファイル」を選択。
Word 2013 起動

「共有」の「ブログに投稿」を選択して、「ブログに投稿」ボタンを押します。

「ファイル」タブ内

もしくは、「白紙の文書」を選択せずに、検索欄に「ブログ」と入力して、「ブログの投稿」テンプレートを見つけ出してもいいでしょう。

さて、初めて「ブログの投稿」を開いた場合は、「ブログ アカウントの登録」が開きます。 「今すぐ登録」を選択。
ブログ アカウントの登録

「新しいブログ アカウント」のウィザードが開きます。「ブログ プロバイダの選択」で自分の使っているブログを選択します。

「新しいブログ アカウント」のウィザード

選択できるのは、「Blogger」、「SharePoint ブログ」、「Telligent Community」、「TypePad」、「WordPress」、「その他」の6種類。

「ブログ プロバイダーの選択」を開いたところ

設定方法は、私も使っている WordPress とココログの場合で紹介します。

WordPress の場合

「WordPress」を選択して「次へ」ボタンを押す。
「新しい WordPress アカウント」で次のように入力。

ブログの投稿先 URL WordPressのURLに「/xmlrpc.php」をつける
例) http://mysteriousramu.wordpress.com/xmlrpc.php
ユーザー名 WordPressにログインする際に使うユーザー名
パスワード そのパスワード

「新しい WordPress アカウント」設定画面

ココログの場合

「その他」を選択して「次へ」ボタンを押す。
「新しいカウント」で次のように入力。

API Metaweblog
ブログ投稿先のURL https://app.cocolog-nifty.com/t/api
ユーザー名 @nifty ID
パスワード そのパスワード

「新しいカウント」設定画面
参考:Word でブログを管理する - Word - Office.com

以上で、ブログへの投稿文書作成画面が開きます。

実際に記載してみると、Word 2010の頃と変わりなく、投稿文のフォントは「MS 明朝」でした。
image

これを変更したい場合は、Word 2010 を使ってブログを作成する際の既定のフォントを参考にしてください。なお、既定のフォントを変更後のWordを閉じる際に、」下記のようなメッセージが開きますので「保存」をクリックします。このメッセージを利用して、ブログのテンプレートである「ブログの投稿.dotx」を保存してください。
image

以降は、指定したフォントで投稿文が記載できるでしょう。
image

また、アカウントを複数登録した場合の切り替えは、タイトルの下にできました。
image

投稿テストの結果ページはこちら。

Word 2013 からの投稿テスト: 世の中は不思議なことだらけ

Word 2013 による投稿テスト | Microsoft Online Services 検証の館

もちろん、Windows RTに搭載されているWord 2013からでも投稿可能!

しかし、この記事は、Windows Live Writer で書いているという。(ごめんなさい。

Word 2013 からの投稿テスト

Word 2013からの投稿テストです。うまくいくでしょうか?

できました!編集も「既存の投稿を開く」を使うと簡単です。
「ブログの投稿」タブにある「既存の投稿を開く」

Windows Live Messenger 終了後はどこからメールを見る?

日本時間2013年3月2日の未明、Microsoft アカウント宛に Microsoft Messenger チームさんより「重要:  Messenger から Skype にアップデートしてください」というタイトルで冒頭が下記のメールが届いたかと思います。

Messenger をご利用いただいている皆様へ
2013 年 4 月 8 日に全世界で Messenger サービスの提供を停止し、Messenger と Skype の優れた機能を統合する予定です。 Messenger のサービス提供の停止は、数週間の期間をかけて行いますが、4 月 8 日から Skype へのアップデートのお願いメッセージが表示されるようになります。

2013年4月8日でWindows Live Messenger が利用できなくなります。

そういうことからでしょうか。増えてきたのがこんな質問。

Windows Live Messenger の終了後は、どこからHotmailのメールを見たらいいのでしょう?

どうやら、意外と Windows Live Messenger の新着のメールのお知らせを利用している人が多いようですね。
Windows Live Messenger の新着メッセージのお知らせ

Windows Live Messenger の新着のメールのお知らせが表示されたら、Windows Live Messenger の「受信トレイ」をクリック。
Windows Live Messenger の右上

これで、ブラウザが起動し、Hotmail や Outlook へサインインできるのです。
※ Windows Live メールを Microsoft アカウントでサインインして利用している場合は、ブラウザではなく、Windows Live メール が起動します。

しかし、Skype でのメールの新着通知は?でも紹介しましたが、Windows Live Messenger から Skype に移行しても、新着メールのお知らせ機能や「受信トレイ」を開く機能は、Skypeにありません。よって、Skype からは、新着メールを確認することはできません。

ただ、Windows 8であれば、「メール」アプリを設定することで、新着メールを知らせてくれますが、Windows 7以前のOSの場合、Windows の機能では、こういった新着メールを知らせしてくれるシステムがありません。
Windows 8の「メール」アプリからの通知

さて、Hotmail や最新の Outlook へのアクセスは、ブラウザから簡単にできます。Internet Explorer のアドレスバーに、「hotmail.com」とか「outlook.com」と入力してみてください。
outlook.com と入力して→をクリック
なお、「live.jp」や「hotmail.jp」でも大丈夫でした。

その後、アドレスバーの右矢印(→)をクリックするか、Enter キーを押せば、Hotmail や Outlook のサインインページへ移動します。
Outlook.com のサインインページ

2013年3月6日 追記:
他にもこんな方法があります。Windows Live Messenger 終了後はどこからメールを見る?(その2)もどうぞ。

2013年3月 1日

Windows Essentials をオフラインでインストールしたい

Windows Essentials やVista用の Windows Live Essentials 2011、XP 用の Windows Live Essentials 2009をインターネットがつながっていない環境でインストールしたいのです。これらのオフライン インストーラーは、どこで入手できるのでしょうか?

検索してみると、すぐに下記ページが見つかりました。

オフライン時に Windows Essentials をインストールするにはどうすればよいですか? - オフラインでのインストール

やり方として、上記ページに下記のように記載されています。

オフライン時に Windows Essentials をインストールするには

  1. この Web ページにあるインストーラー ファイルのリンクを使って、お使いのオペレーティング システムや言語に対応するリンクを探して、そのリンクをクリックします。
  2. インストーラー ファイルを実行するか保存するかをたずねるメッセージが表示されたら、[保存] をクリックし、ファイルをデスクトップに保存します。
  3. 使用しているコンピューターに Windows Essentials をインストールするには、デスクトップの wlsetup-all.exe ファイルをクリックし、[実行] をクリックして、画面に表示される指示に従います。

しかし、実際に作業してみたところ、妙なことに気がつきました。

Windows 7 と Windows Server 2008 用の Essentials インストーラー ファイルの場合、ファイル名は「wlsetup-all.exe」で、ファイルの容量が 131MB あるとのこと。

Windows 7 と Windows Server 2008 用の Essentials インストーラー ファイルの場合

ところが「Windows Vista 用の Essentials インストーラー ファイル」に記載されていたWindows Live Essentials 2011 や「Windows XP 用の Essentials インストーラー ファイル」に記載されていたWindows XP 用の Windows Live Essentials ダウンロード ページの場合の場合は、ファイル名が「wlsetup-all.exe」ではなく「wlsetup-web.exe」となっています。しかも、容量が1.22MBしかありません。

「Windows Vista 用の Essentials インストーラー ファイル」の場合

Windows Live Essentials 2011やWindows Live Essentials 2009のオンライン インストーラーは、容量が軽いのかしら?と思っていたら、リンク先が間違っていることがわかりました。日本語版の オフライン時に Windows Essentials をインストールするにはどうすればよいですか? - オフラインでのインストール を次の英語版のページに切り替えてみたところ正しいリンク先がわかりました。

How do I install Windows Essentials while offline? - Install offline

ファイル名を確認してみると、ちゃんと「wlsetup-all.exe」と表示されています。

Installer file links for Windows Live Essentials 2011の場合
Installer file links for Windows Live Essentials 2011の場合

Installer file links for Windows Live Essentials for Windows XP
Installer file links for Windows Live Essentials for Windows XP

英語ページですが、説明されている文面を訳してみると日本語ページでの説明がそのまま使えます。オフライン インストーラーの日本語版が欲しい場合は、「Japanese」を見つけて、作業してみてください。

2013年3月14日 追記:
日本語版の オフライン時に Windows Essentials をインストールするにはどうすればよいですか? - オフラインでのインストール のページが修正されました。Windows Vista 用の Essentials インストーラー ファイル、Windows XP 用の Essentials インストーラー ファイル共に、wlsetup-all.exeが直接ダウンロードできるようになりました。説明文にあるような、ダウンロードのWeb ページへは移動しませんので、ご注意ください。

2013年4月1日 追記:
マイクロソフト コミュニティでもダウンロードの直リンクが紹介されています。
Windows Live メール 2009(XP用)、2011(Vista用)、2012(Win7用)のオフラインインストーラ入手方法

2016年12月28日 追記:
Vista用の Windows Live Essentials 2011、XP 用の Windows Live Essentials 2009 のサポートはすでに終了し、ダウンロードはできなくなっています。また、Windows Essentials 2012のサポートも2017年1月10日に終了します。2017年1月10日以降は、すべての Windows Essentials 製品のダウンロードができなくなります。

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

Translator


2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ