« Windows 8で ATOK 2013 無料版を使ってみた | トップページ | Windows 8 搭載 タブレットPCにもなるノートパソコン購入 »

2012年12月27日

日本語版 Windows 8 のタッチキーボードでコマンドプロンプトを使うと!

日本語版のWindows 8では、コマンドプロンプトを起動させても、IME がオンの状態で起動します。

この件は、Windows 8 RP でコマンドプロンプトを起動するで紹介しました。製品版のWindows 8になりましたが、これは修正されませんでした。Windows 8でコマンドプロンプトを起動させると、即日本語入力ができてしまいます。
デフォルトの場合 コマンドプロンプトを起動するとIMEがオン

これを避けるためには、コントロールパネルから「言語」を選択して、「詳細設定」の「入力方式の切り替え」にある「アプリ ウィンドウごとに異なる入力方式を設定する」にチェックを付けて、アプリごとにIMEを手動でオンにできるよう設定を変更します。
「言語」の「詳細設定」

「詳細設定」の「入力方式の切り替え」内

これで、コマンドプロンプトもIMEがオフの状態で起動するようになります。
コマンドプロンプトもIMEがオフになった

ところが、この現象、「物理キーボード」でなら!ということがわかりました。標準のタッチキーボードを使うと、先に紹介した設定になっているのに、日本語入力できる状態で起動してしまいます。
「アプリ ウィンドウごとに異なる入力方式を設定する」にチェックを付けたのに標準のタッチキーボードだとIMEがオン

コマンドプロンプトで、タッチキーボードのスペースキーの左が「あ」と表示されてしまいました。
標準のタッチキーボードの「スペース」キーの左が「あ」

この現象、意外と弱っている方が多く、本当に使いづらいとのこと。

そんな中、「コマンドプロンプトでもIMEがオフで起動します」とおっしゃる方が!どうして?と思って、よくよく聞いてみましたら、「ハードウェア キーボードに準拠したレイアウト」のタッチキーボードを使っている場合でした。
「ハードウェア キーボードに準拠したレイアウト」のタッチキーボードだとIMEがオフ

「ハードウェア キーボードに準拠したレイアウト」のタッチキーボードは、「設定」チャームから「PC設定の変更」を選択して、「全般」内にある「タッチキーボード」で「ハードウェア キーボードに準拠したレイアウトを使えるようにする」を有効にすると、下記のように利用できます。
「ハードウェア キーボードに準拠したレイアウト」のタッチキーボード

標準のタッチキーボードは、「ハードウェア キーボードに準拠したレイアウト」のタッチキーボードに比べるとすごい機能を持っています。日本語入力する際にもスムーズな変換ができるシステムを持っています。しかし、どうしても!という場合は、切り替えてみるといいかもしれません。

« Windows 8で ATOK 2013 無料版を使ってみた | トップページ | Windows 8 搭載 タブレットPCにもなるノートパソコン購入 »

MS-IME」カテゴリの記事

Windows 8」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51036/56406611

この記事へのトラックバック一覧です: 日本語版 Windows 8 のタッチキーボードでコマンドプロンプトを使うと!:

« Windows 8で ATOK 2013 無料版を使ってみた | トップページ | Windows 8 搭載 タブレットPCにもなるノートパソコン購入 »

Translator


2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ