« Windows Essentials 2012 日本語版 | トップページ | Windows 7にWindows Essentials 2012をインストールしてみた »

2012年8月10日

Windows Live メール 2012 日本語版で ~ や - を使ってみた

Windows Live メール 2012 日本語版が出ましたので、Windows Live メール 2011 で気になっていた下記の不具合を確認してみました。

  • メール本文中に ~ や - が含まれているとエンコードが「Unicode(UTF-8)」になって送信される
  • 半角カタカナをメール本文中に使っていても、半角カタカナのままエンコードが「Unicode(UTF-8)」になって送信される
  • 「テキスト形式」で1行が全角39文字で送信すると余計な改行が入る

残念ながら、3つ共、まったく解消されていませんでした。

今回の変更は、Photo Gallery と Movie Maker だったので、メールはまだなのかもしれませんが…。

Windows 8に標準搭載される「メール」アプリは、送信メッセージのエンコードが「Unicode (UTF-8)」です。これは、全く切り替えることができません。「Unicode (UTF-8)」非対応のメールソフトで受信すれば、文字化けすること確実でしょう。

どうしても「Unicode (UTF-8)」で送信されると困る場合は、Windows Live メールの利用をあきらめる必要があると思います。

« Windows Essentials 2012 日本語版 | トップページ | Windows 7にWindows Essentials 2012をインストールしてみた »

Windows Live」カテゴリの記事

メール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51036/55391890

この記事へのトラックバック一覧です: Windows Live メール 2012 日本語版で ~ や - を使ってみた:

« Windows Essentials 2012 日本語版 | トップページ | Windows 7にWindows Essentials 2012をインストールしてみた »

Translator


2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ