« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月28日

Microsoft アカウントをプロバイダーのメールアドレスにした場合の Windows 8 RP 「カレンダー」アプリ

Microsoft アカウントをプロバイダーのメールアドレスにした場合の Windows 8 RP 「メール」アプリの続き。

何とか、Windows 8 Release Preview の Microsoft アカウントをプロバイダーのメールアドレスにした場合でも 「メール」アプリが使えるようになりました。この状態で「カレンダー」アプリを開きます。
Windows 8 Release Preview の「カレンダー」アプリ

すると、まったく同じ予定が2個ずつ表示されていました。

同じ予定が2個ずつ表示されている「カレンダー」アプリ

「どうなっているのだろう?」と「カレンダー」の設定チャームで「アカウント」を確認してみると、まったく同じメールアドレスの「Hotmail」が2つ登録されていました。
「カレンダー」アプリの「アカウント」

「メール」アプリでは、1つしか登録されていないのですが、「カレンダー」アプリではちゃんとHotmail として認識されているようです。最初に登録したHotmailは、デフォルトらしく削除できないようになっていました。
デフォルトのアカウントは削除できない

2個目の方は、アカウントが削除可能です。しかし、カレンダーでアカウントを削除してしまうと、一緒に「メール」アプリのアカウントも削除されてしまいました。

追加登録したアカウントは削除できる

そこで、下記のようにして、1つアカウントを非表示にします。

  1. 「カレンダー」の設定チャームで「オプション」を選択
    「カレンダー」の設定チャーム
  2. 「カレンダー」アプリの「オプション」が表示されます。
    「カレンダー」アプリの「オプション」
  3. 非表示にしたいカレンダーのスライドを動かして「非表示」に設定します。
    非表示にしたいカレンダーのスライドを動かして「非表示」に設定
  4. 「カレンダー」アプリで予定の表示が1つだけになりました。
    「カレンダー」アプリで予定の表示が1つだけになった

Microsoft アカウントをプロバイダーのメールアドレスにした場合の Windows 8 RP 「メール」アプリ

Windows 8 CP の「メール」アプリを起動させてみた(その2)でHotmail や Gmail 以外のメールアドレスを Microsoft アカウントした場合に、「メール」アプリを起動させるとどうなるのかを紹介しました。これが、Windows 8 Release Preview では、どうなったでしょう。

今回も Windows Live ID としても使っている私の Nifty のメールアドレスをMicrosoft アカウントにして「メール」アプリを起動させてみました。

なお、Microsoft アカウントにしたアドレスは、Hotmail でプロバイダのメールを受信するを参考にして、Hotmail のWebページで送受信できる状態にしておきます。

  1. Windows Live ID として使っている私の Nifty のメールアドレスでWindows 8 CP のユーザーアカウントを作ります。
  2. スタート画面の「メール」アプリを開きます。
    スタート画面の「メール」アプリ
  3. 「Exchange アカウントの追加」が開きました。「メールアドレス」欄には、このアカウントをセットアップした際に Microsoft アカウントにした Nifty のメールアドレスが表示されています。
    「Exchange アカウントの追加」
    ※ここでは「@nifty.com」を使ってみていますが、「@nifty.com」だけでなく「@nifty.ne.jp」でも同様です。
    設定したいのは、「Exchange」ではなく「Hotmail」なので「キャンセル」をクリックします。
  4. 「メール」アプリが開くのですが、やはり「真っ白け」で表示されます。
    「メール」アプリが開くが真っ白け
  5. Win+I キーを押して「メール」の設定チャームを開き「アカウント」を選択します。
    「メール」アプリの設定チャーム
  6. 「アカウント」内には、何も登録されていません。「アカウントの追加」をクリック。
    「メール」アプリの「アカウント」
  7. 「アカウントの追加」で「Hotmail」を選択。
    「メール」アプリの「アカウントの追加」
  8. 「Hotmail アカウントの追加」が表示されますので、Microsoft アカウントにしてある、Nifty のメールアドレスとWindows Live IDパスワードを入力し、「接続」ボタンをクリック。
    Hotmail のアカウントの追加
  9. Nifty のメールアドレスが Hotmail として登録できました。
    プロバイダーのメールアドレスが Hotmail として登録できた

Windows 8 Consumer Preview では、「Hotmail」を選択しても登録できませんでしたが、修正されましたね。

この続き、Microsoft アカウントをプロバイダーのメールアドレスにした場合の Windows 8 RP 「カレンダー」アプリもご参照ください。

2012年6月27日

またもや HP TouchSmart Notebook PC tx2/CTが起動しない!

またもや、HP TouchSmart Notebook PC tx2/CT が起動しなくなりました。

症状は、2012年4月22日のHP TouchSmart Notebook PC tx2/CTが起動しない!と全く同じです。電源のスイッチを入れると、CapsLock キーと End (NumLock)キーの上のランプが同時に点滅し続けます。通常なら、すぐにHPのログマークが表示されるはずなのですが、画面は真っ黒のままです。
CapsLock キーと End (NumLock?)キーの上のランプが同時に点滅

何をしていたかは、Windows 8 Release Preview の検証中、スリープから起動させようと思ったら、この状態でした。

4月の時も、Windows 8 Consumer Preview での検証中ででのこと。こうなってくると、Windows 8 だと何か電源系に問題があるのでは?と思ってしまいます。弱ったなぁ。sad

2012年7月21日 追記:
やっと、戻ってきました。作業報告書によると「システムボードとCPUの故障」とのこと。最初、ボードだけ交換したのですが、直らず。CPUの取り寄せに時間がかかったようです。交換して完了したとのこと。早速、起動して確認。HDDは初期化されていませんでした。

2012年6月26日

メトロスタイル IE アプリでの右クリック禁止ページでタブとアドレスバーを表示する方法

Windows 8 Release Preview のメトロスタイル Internet Explorer アプリで右クリックするとタブとアドレスバーが表示されます。ところが、右クリック禁止ページでは、右クリックしてもタブとアドレスバーが表示できません。こんな場合は、どうするといいのでしょう?

「右クリック禁止ページ」を見つけるのが面倒だったので、テストページを作ってみました。

右クリック禁止ページテスト

Windows 8 Release Preview のメトロスタイル Internet Explorer アプリを使って、このページ上で右クリックをすると、確かにタブとアドレスバー(アプリバーとナビゲーションバー)は開きません。右クリックするとエラーメッセージを表示されるよう設定したので、こんな風になります。
Windows 8 Release Preview のメトロスタイル Internet Explorer アプリを使って「右クリック禁止ページ」で右クリックしてみた

解決策としては、下記の通りです。

キーボードがある場合は、ショートカットキーのWin+Z キーを押します。
タッチ対応のモニター画面の場合は、モニター画面下端、もしくは上端からスワイプします。

しかし、どうしても、マウス操作で表示したい場合は、下記のようにします。

  1. 画面最上部にマウスポイントします。すると、マウスのポインターが下記の画像のように「手の形」状になります。
    メトロスタイルアプリの画面最上部にマウスをポイントしたところ
  2. この状態で右クリックします。
  3. タブとアドレスバー(アプリバーとナビゲーションバー)が表示されます。
    アプリバーとナビゲーションバー表示されたメトロスタイルIEアプリ

参考:右クリック禁止のサイトだとInternet Explorer(Metro)でタブとアドレスバーを表示出来なくなる:Internet - Microsoft Answers
Metro IE10で、全画面画像表示、または、右クリック禁止ページで、マウスでナビゲーションする方法は? (リモートデスクトップ接続)

2012年6月23日

Internet Explorer の表示がいつの間にか変わっている!

Windows 7 で Internet Explorer 8を使っていました。起動させるとInternet Explorerが開くのですが、何だかいつもと違います。上部の「戻る」や「進む」矢印とか、表示される画面がいつのまにか変わってしまいました。何をしたのかわかりません。そして、元に、戻すこともできません。 どうなってしまったのでしょう?

2012年3月中旬より、Internet Explorer の自動アップグレードが実施されています。

参考:Internet Explorer の自動アップグレードについて | TechNet

対象となる Windows と IE での適用される IE のバージョンは下記の通りです。

  • Windows XP SP3 の Internet Explorer 6/7 は Internet Explorer 8 へ
  • Windows Vista SP2 の Internet Explorer 7/8 は Internet Explorer 9 へ
  • Windows 7 の Internet Explorer 8 は Internet Explorer 9 へ

よって、質問者さんの Internet Explorer 8 も、Internet Explorer 9 になっているものと思われます。

私のメイン機のWindows 7は、既に Internet Explorer 9 へ手動でアップグレードしてしまっているので、うっかりしていました。試に、検証機の Windows 7 + Internet Explorer 8 搭載機で Windows Update をしてみました。Windows Update 完了後、パソコンを再起動し、Internet Explorer を起動させると「お使いのブラウザがアップグレードされました」と表示されてビックリ。

お使いのブラウザがアップグレードされました

本当に何の案内もなしでInternet Explorer 9になってしまいました。

2011年7月のInternet Explorer 9の自動配信はどうなった?の頃は、Internet Explorer 9をインストールするかどうか聞いてくれたのですが、それも今回はありませんでした。対象となるタイプを使っている場合は、ユーザーの意思に関係なく、アップグレードされます。

さて、どうしても旧バージョンの Internet Explorer を使い続けたい場合は、Internet Explorer 9をアンインストールして、旧バージョンに戻します。その後、Internet Explorer 9 Blocker Toolkit を使って、Internet Explorerが最新版にされないようブロックします。なお、このツールキットは英語版ですが、サポート対象OSのすべての言語で正常に動作するとのことです。

参考:Internet Explorer 9 Blocker Toolkit: よく寄せられる質問| TechNet

しかし、旧バージョンの Internet Explorer だと Windows 関連のアプリケーションで、トラブルが発生することも多いようですので、あまりお勧めいたしません。Internet Explorer 9の使い方がわからないという場合は、私のブログでも Internet Explorerカテゴリ内で、いろいろ紹介しています。どうぞ参考にしてみてください。

2012年6月22日

Windows Live メール が起動しない

2012年6月下旬から「Windows Live Essentials の更新をしてみたけれども、Windows Live メールが起動しない」という質問が増えてきています。

Windows Live Essentials の更新を促すメッセージは、2012年6月現在、Windows 7 や Vista で、Windows Live メールのバージョンがVersion 2011 (Build 15.4.3555.308) になっていれば出ません。しかし、これよりも古バージョンの製品で出るとのことで、更新の作業をしなければ、Windows Live メールが起動できません。

更新の作業をしてみたけれども、Windows Live メールが起動しないという場合は、バージョン更新が正常に完了しなかった可能性が考えられます。次に紹介する専用のアンインストールツールを使用した後、オフラインインストールファイルを使って再インストールをおこなってみてください。

なお、このやり方は、Windows Live Messenger が起動しない場合も同じです。

参考:Windows Live Mailが起動できません - Microsoft Answers
Windows Live Messenger 2011起動できない - Microsoft Answers

  1. 下記よりアンインストールファイルをダウンロードします。
    http://g.live.com/1rewlive4arp/wlarp.exe
  2. ダウンロードが完了したら、ファイルを開き、[実行] をクリックします。
  3. 英語の画面が表示されたら、[OK] をクリックします。
    ※[OK] をクリックすると、自動的に処理が行われます。
  4. 進行状況のバーが消えたらコンピューターを再起動します。
  5. 下記ページよりお使いのパソコンに合ったオフラインインストールファイルをダウンロードします。
    オフライン時に Windows Essentials をインストールするにはどうすればよいですか? - オフラインでのインストール
  6. ダウンロードが完了したら、ファイルを開き、インストールを開始します。
  7. Windows Live メール や Messenger が起動するかどうか確認します。

2012年6月21日

Windows Live Messenger 2009を起動したら新しいバージョンをインストールするよう促された

Windows 7 で Windows Live Messenger 2009を使っています。サインインしようと起動させたところ「新しいバージョンがダウンロードされ、使用できるようになりました。」というメッセージが出ました。アップデートしたくなかったので、「いいえ」を選択して「OK」をクリックしました。しかし、Windows Live Messengerにサインインできず、メッセージが延々表示されます。どうするといいのでしょう?

Windows 7や Vista で、Windows Live Messenger 2009を起動し、サインインしようとすると下記のようなメッセージが表示されます。

Windows Live Messenger 「新しいバージョンがダウンロードされ、使用できるようになりました。」

新しいバージョンがダウンロードされ、使用できるようになりました。このプログラムの使用を続行するには、新しいバージョンをインストールする必要があります。インストールしますか?

対処方法は、このメッセージに書いてある通りです。Windows Live Messenger をこれからも使い続けたい場合、アップデートの拒否はできません。「はい」を選択して、「OK」ボタンをクリックしてください。

これもWindows Live Essentials の更新をキャンセルすると!と同様です。

Microsoftでは、2012年3月より、Windows Vistaや Windows 7 で Windows Live おすすめパック 2009 を利用中のユーザーへ最新版となる Windows Live Essentials 2011 への任意のアップグレードを勧めてきました。さて、この方針が2012年6月15日より変わりました。Windows Vista、および Windows 7へのWindows Live おすすめパック 2009 の提供を終了することとなりました。引き続き利用するためには、Windows Live Essentials 2011 へのアップグレードが必要となります。

また、Windows Live Messenger 2011でも古いバージョンである場合は、同様のメッセージが表示されアップデートを促されます。これも、アップデートを拒否すると Windows Live Messengerがサインインできなくなります。

Windows XP は、Windows Live Essentials 2011に対応していませんので、引き続きWindows Live おすすめパック 2009 を利用します。

参考:Windows Live Essentials 2011 へアップグレードが必須となります - Microsoft Answers

2013年12月28日 追記
2013年4月8日より Windows Live Messenger は、利用できなくなりました。Messenger に代わり、Skype がその役目を果たします。なお、Windows Vista 以降のOSで、Windows Live Essentials のバージョンが2009の方は、早急に最新の Windows Essentials - Windows Live Essentials へ乗り換えてください。

2012年6月20日

Windows Live メール にサインインしたら「アドレス帳」が空っぽになった

この度、Windows Live メール を2011にしました。それまでも、Windows Live メールを使っていたのですが、旧バージョンではサインインせずに使っていました。2011になって、サインインするよう促されたのです。ところが、アドレス帳が空っぽになってしまいました。今まで使っていたアドレス帳は、どこにあるのでしょう?

まずは、パソコンを再起動させてみましょう。これだけで、アドレス帳が表示されるようになったという報告がありました。

それでも表示されない場合。Windows Live メール ではサインインするIDによって、「アドレス帳」がそのID専用のもので開きます。サインインせずに使っていた場合の「アドレス帳」は、C:\Users\<User name> にあります。

Windows 7の C:\Users\<User name> 内

Windows Live  IDでサインインすると空っぽになってしまうアドレス帳は、次のようにして、サインインせずに使っていたアドレス帳から取り込み(インポート)ます。

  1. Windows Live メール 2011にサインインして起動します。
    ※サインインする際の Windows Live ID は、Hotmail(@hotmail.co.jp や @live.jp など)をお使いください。
  2. 左下にある「ショートカット」欄から「アドレス帳」をクリックします。
    左下にある「ショートカット」欄
  3. 「ホーム」タブの「ツール」にある「インポート」をクリック。
    アドレス帳の「ホーム」タブにある「ツール」
  4. メニューが開くの「現在の Windows ユーザーのアドレス帳」をクリック
    「インポート」をクリックしたところ
  5. インポートが始まりますので、しばらく待ちます。
    アドレス帳のインポート中
  6. 「インポートが完了しました」と表示されたら「OK」ボタンをクリック。
    「インポートが完了しました」
  7. 今まで使っていたアドレス帳の中身がインポートされたことを確認します。

以降、同じ Windows Live ID で Windows Live メール にサインインすれば、アドレス帳は同じ情報で表示されるようになります。

Windows Live Essentials の更新をキャンセルすると!

Windows7 で Windows Live メール 2009 を利用しています。Windows Live メールを起動すると Windows Live Essentials の更新画面が表示され、インストールとキャンセルが選択できます。更新したくないので、キャンセルを選択しました。すると、Windows Live メールが起動しません。こんな場合、どうするといいのでしょう。

Microsoftでは、2012年3月より、Windows Vistaや Windows 7 で Windows Live おすすめパック 2009 を利用中のユーザーへ最新版となる Windows Live Essentials 2011 への任意のアップグレードを勧めてきました。さて、この方針が2012年6月15日より変わりました。Windows Vista、および Windows 7へのWindows Live おすすめパック 2009 の提供を終了することとなりました。引き続き利用するためには、Windows Live Essentials 2011 へのアップグレードが必要となります。

よって、Windows 7 や Windows Vista で、Windows Live Essentials の更新をキャンセルすると、Windows Live おすすめパック 2009 製品は利用できなくなります。

Windows 7 や Windows Vista で Windows Live おすすめパック 2009 を使っている場合は、Windows Live Essentials の更新をキャンセルしないでください。「インストール」をクリックして、Windows Live Essentials 2011へ移行してください。

また、Windows Live メール 2011でも古いバージョンである場合は、同様のメッセージが表示されアップデートを促されます。これも、アップデートを拒否すると Windows Live メールが起動できなくなります。

Windows Live Essentials:ダウンロードページ

なお、Windows XP は、Windows Live Essentials 2011に対応していませんので、引き続きWindows Live おすすめパック 2009 を利用します。

参考:Windows Live Essentials 2011 へアップグレードが必須となります - Microsoft Answers
Windows Live メールのアップデートを促すメッセージが表示され起動できない。 - Microsoft Answers

2012年6月18日

Windows 8 RP 「winlogon.exe - ディスクがありません」と出てシャットダウンできない

Windows 8 Release Preview を使ってみています。「シャットダウン」を選択すると、デスクトップの画面に「winlogon.exe - ディスクがありません」と言うメッセージが出ます。「キャンセル」ボタンや「再実行」ボタン、「続行」ボタンを何度押してもWindows8が終了できません。
「winlogon.exe - ディスクがありません」

現在、電源ボタンの長押しで強制シャットダウンするしか電源を切る方法がない状態です。こんな場合、どうするといいのでしょう?

私のWindows 8 RP では、この現象、起きないのですが、比較的、質問が多いので情報として回避方法を紹介します。

参考:パソコンのツボ ~Office のTIP: ドライブにディスクがありませんとなって、シャットダウンができない
[Win8RP] 「winlogon.exeディスクがありません」と出てシャットダウンできない - Microsoft Answers
Shows winlogon.exe no disk error on shutdown. How do I remove the - Microsoft Answers

「高速スタートアップ」を無効にする

  1. 「スタート」画面で[電源ボタン] と打つ。どこに?とか考えずにとにかく打つ。
  2. 右側に検索チャームが表示される。一番上の検索欄に「電源ボタン」と入力されているか確認。ここでもし、アルファベット入力になっていた場合は日本語入力に切り替える。
  3. 検索項目は「設定」フィルターを選択。
  4. 左側に検索結果が表示される。「電源ボタンの動作の変更」をクリックします。
    「設定」での「電源ボタン」の検索結果
  5. デスクトップに移動し、コントロール パネルの「電源オプション」-「システム設定」が開くので「現在利用可能ではない設定を変更します」をクリック。
    「電源オプション」-「システム設定」
  6. 「シャットダウン設定」の「高速スタートアップを有効にする (推奨)」にチェックが付いていることでしょう。ここのチェックを外す。
    「電源オプション」-「システム設定」の「シャットダウン設定」
  7. 「設定の変更」ボタンをクリックします。
  8. コンピューターを再起動します。

以上で、現象がどうなるか、確認してみてください。

この設定項目は、Windows 8 Consumer Preview の際、日本語版 Windows 8 CP のキーボードレイアウトが英語キーボードになってしまうと言う現象が発生していました。Windows 8 Release Preview になって、キーボードレイアウトが英語キーボードになってしまう現象は修正されたようですが、代わりにシャットダウンできないという現象が発生している模様です。

2012年6月17日

Windows 8 RP の「メール」アプリで「迷惑メール」と扱われた場合

Windows 8 Release Preview で「メール」アプリを使って見ています。ところが、試に送ったメールが届きません。「何でだろう?」と思ったら!!

「迷惑メール」フォルダーの中にありました。

「迷惑メール」フォルダーの中

メッセージのヘッダーには下記のようなメッセージがあります。
このメッセージは迷惑メールとして扱われています。

このメッセージは迷惑メールとして扱われています。
安全のため、リンク、画像、添付ファイルはすべて利用できなくなっています。差出人を信頼する・・・

となっていて、最後まで読めません。

多分、このメッセージを送ったメールアドレスを「差出人セーフリスト」に追加すればいいのでしょう。差出人名の部分をマウスポインターで押させると、その人のメールアドレスがポップアップされます。

差出人名をマウスで押さえると情報がポップアップで表示される

「People」に登録してある場合は、差出人名をクリックするとその人で「People」が開きます。しかし、この差出人は、「People」に登録していないからか、差出人名をクリックしても何も起こりません。

次に、右クリックしてアプリバーを出してみました。
「メール」アプリで右クリックしてみた

アプリバーに表示されたコマンドは、「移動」「ご意見ご感想」「スタート画面にピン留め」「未開封にする」「送受信」の5つだけ。

「メール」のアプリバー

試に、「移動」をクリックして、このメッセージを「受信トレイ」へ移動させてみました。
アプリバーの「移動」をクリックしたところ

その後、同じメールアドレスで送信してみましたら、「迷惑メール」にはならず、ちゃんと受信トレイに入りました。

このやり方で正しいのかどうか、わかりませんが。この辺は、Windows Live メールを使った方が簡単なのですけどねぇ。

2012年6月16日

Windows 8 RP の Xbox コンパニオンを使ってみた

Windows 8 Release Preview の「Xbox LIVE ゲーム」を見ていて、「Xbox でプレイ」と言う部分をクリックしてみたところ、「Xbox コンパニオン」を取得するよう促されました。そう言えば、Windows 8 Consumer Preview の際は、標準でついていましたけど、見当たりません。

「Xbox LIVE ゲーム」で「Xbox でプレイ」をクリックしたところ

image

「Xbox コンパニオン」を使う場合の制限事項

  • Xbox 360 本体を持っている
  • Xbox 360 本体の電源が入っている
  • PCで利用している Microsoft アカウントがXbox LiveにサインインしているIDと同じ
  • Xbox 360本体で「Xbox コンパニオン」を「使う」に設定済み
  • Xbox 360本体に「Xbox コンパニオン」が接続されているデバイスが3台以下

Xbox コンパニオンは、Xbox 本体をインストールされたPCをリモコンとして使い、操作するものでした。

Windows 8 RP からXbox を操作中 Xbox コントローラー表示

Xbox に Kinect があれば、要らないかなぁ・・・

でも、これで、キーボード操作もできると良いですね。

2012年6月15日

Windows 8 RP の「People」アプリを使ってみた

Windows 8 Release Preview の「People」アプリを使ってみました。

Windows 8 RP 「People」

開くと既に、Windows Live Messenger 上の知り合いが登録済みでした。この他、手動で知り合いを追加登録できすようですが、Twitter や Facebook、Google、LinkedIn もアカウントとして追加登録できました。

知り合いを開いて、「メッセージの送信」をクリックすると、「メッセージング」が起動し、チャットができます。
People からメッセージングを起動できる
「メッセージング」では、Windows Live MessengerとFacebookでつながっている人とチャットできる模様。Twitter のダイレクトメッセージには対応していないようです。

また、IEアプリのチャームで「共有」をする際、「People」を選択してみました。
IE アプリで「共有」チャームを開いてみた

すると、こんな感じで開きました。
Webページを「People」で共有する場合

私の「People」に登録してある、Facebook と Twitter 上に呟けるのですね。
投稿先を選択できる

簡単なメッセージを書いて送信します。すると、選択したソーシャルネットワーク上に投稿されました。

2012年6月10日

Community Open Day 2012

2012年6月9日(土)、日本の各地でCommunity Open Day 2012が開催されました。

Community Open Day 2012とは、各地の技術コミュニティが他のコミュニティに属する方々や未だコミュニティに属していない方々に、その活動内容(勉強会)を披露し、興味があればそのコミュニティに参加してもらう機会を構築するというオンライン・オフラインイベントです。しかも、2012年6月9日に北海道、福島、東京、名古屋、北陸、大阪、広島、四国、九州、沖縄の各地で同時開催されました。

私の住んでいる北陸地方でも開催されましたので、北陸会場の様子を紹介します。

『Community Open Day 2012』北陸会場

午前中のキーノートやジェネラル セッションは、東京会場から Lync 2010を使って各会場へライブ配信されました。

  • 10:30 – 12:00
    長坂 一則 氏 日本マイクロソフト デベロッパー&プラットフォーム統括本部エバンジェリスト
    キーノート「新しいユーザー体験を実現するWindows 8 Metro スタイル アプリケーション」 
    太田 寛 氏 日本マイクロソフト株式会社 デベロッパー&プラットフォーム統括本部エバンジェリスト
    開発者向けジェネラル セッション「Windows 8 Metro スタイル アプリ開発概要」

北陸会場では、配信に使われた「Lync」に関する質問が上がりました。急遽、私が「Lync とは」と説明してみましたが、何の用意もしていなかったので、しどろもどろだったことでしょう。Lync は、Office 365を導入すると使えるようになるインスタント メッセージ (チャット)、Web 会議などの機能を提供するサービスです。このブログでもOffice 365カテゴリ内で少し紹介してありますので、参考にしてみてください。

昼食は、事前希望者にのみインド料理 カレー  [Rubbinaa by the bay / るびな ばいざべい(ルビナ バイザベイ)] をご用意。
「るびな」のお弁当
ナンとカレーがすっごいマッチしていて、美味しかったです。そして、野菜にかかっていたドレッシングが独特。(今度食べに行こうっと)

さて、午後からは、北陸会場である石川工業高等専門学校でのセッションです。私は、北陸会場でスタッフ&登壇者として参加いたしました。当日の北陸会場の登壇者の様子を写真で紹介しましょう。

  • 13:00 – 13:50
    松崎 剛 氏 日本マイクロソフト デベロッパー&プラットフォーム統括本部 デベロッパー エバンジェリスト
    「.NET Modern Web ~ クライアントと連携するServer Side API 開発における実践 Tips!」
    このセッションでは、Windows 8 などクライアントと連携可能な Web 上のAPI 開発における最新情報をざっと紹介し、これらのテクノロジを有効活用していただくため、環境面、負荷分散の方法、スレッドの有効活用などのさまざまな観点で、実践的な手法やHowを徹底解説します。
    SignalR の Scale Out とロード バランサー対応 (SignalR.WindowsAzureServiceBus 編) - 松崎 剛 Blog - Site Home - MSDN Blogs 
    松崎 剛 氏
  • 14:00 – 14:50
    小島 富治雄 氏 (@Fujiwo) Microsoft C# MVP 福井コンピュータ株式会社 シニアエキスパート
    「JavaScript + HTML5 と C# + XAML で作る Windows 8 アプリ」 (スライド
    Windows 8 の Metro スタイル アプリの実際の作り方をデモを交えて二通りご紹介します。
    小島 富治雄 氏
  • 15:00 – 15:50
    蒲 清和 氏 @kabakiyo
    「Windows Phoneのバックグラウンドエージェントについて~Metro Styleへ続く…~」 (スライド
    Windows Phoneはフォアグラウンドで動くアプリケーションは一つだけ。そこでバックグラウンドエージェントを利用すればアプリケーションが停止しているときにも処理が可能となりアプリケーションの幅が広がります。これはMetro Styleでも同じです。デモを交えて紹介します。
    IMG_8605
  • 16:00 – 16:50
    鈴木 孝明
    「async/await deep dive」(スライド
    非同期処理の概要から、次期.NET Frameworkで搭載されるasync/awaitの内部までご紹介します。
    IMG_8608
  • 17:00 – 17:30
    卜部 和敏 氏 マルチコンピューティング株式会社
    「MVVM 入門」(スライド
    「MVVMって言葉をよく聞くけど、難しそう」そんなことはありません、初心者にも"眠たくならないよう"わかりやすく解説します。
    IMG_8615
  • 17:30 – 18:00
    さくしまたかえ  (@RamuMystery) MVP for Windows Expert-Consumer
    「Windows Live 関連の最新情報と Windows 8」(スライドPDF
    最近の「Windows Live」はどんどん新しい機能を盛り込み始めています。そんなWindows Liveの最新情報とWindows 8でWindows Liveはどうなるのか?!を紹介いたします。
    すみません、写真を撮ってもらうのを忘れました。ただ、私のセッション中、iPhoneからSkyDriveへ写真をアップし、Twitterへ共有するというデモをしました。そのツィートがこれです。

  • 18:10 – 18:40 ライトニングトーク
    矢後 比呂加 氏 「ぜい肉のないコントローラ」 (スライド
    矢後 比呂加 氏
    山本晃平 氏(石川高専5年)「Kinect+お掃除ロボットを動かそうとしてみた(予定」
    山本晃平 氏
    山田貴之 氏(石川高専5年)「今まで作った作品の紹介」
    山田貴之 氏
  • 18:40 – 19:00 プレゼント抽選会
    参考:Community Open Day 2010 豪華プレゼント
    日本マイクロソフト 松崎さんとじゃんけん大会。じゃんけんに夢中になってしまい、写真を撮り忘れました。

懇親会は、与市へ移動し、北陸の幸を堪能!
与市にて

私は、スタッフにもかかわらず、しっかり楽しんでしまいまして、申し訳ないかぎりです。でも、おかげさまで、楽しく過ごすことができました。楽しい企画に参加させていただきまして、感謝しております。ありがとうございました。

なお、次回、Hokuriku.NET 勉強会は、2012年秋ごろに福井県で開催予定です。また、どうぞ、よろしくお願いいたします。

2012年6月 7日

Windows 8 RP での表示言語を変更する方法

日本語版 Windows 8 RP で言語パックをインストールの続き。

先に紹介したように、言語パックをWindows 8 Release Preview にインストールしたら、表示言語が変更できるようになります。それでは、言語パックをインストールした言語に変更する方法です。

  1. コントロール パネルの「言語」を開きます。OSで表示させたい言語の「Windows の表示言語」が「利用可能」になっているのを確認し、「オプション」をクリック。
    コントロール パネルの「言語」
  2. 「言語のオプション」が開きます。「Windows の表示言語」で「利用可能」になっているのを確認し、「この言語を第一言語にします」をクリック。
    「言語のオプション」
  3. 「表示言語の変更」が表示されます。「表示言語の変更を有効にするにはログオフする必要があります」とあります。「今すぐログオフ」をクリック。
    「表示言語の変更」
    ※「後でログオフ」にした場合は、「次回サインインした時に有効になります」ので手動でサインアウトし、サインインします。
  4. 自動的にサインアウトしますので、サインインすると指定した言語表記でWindows 8が起動します。

以上で、選択した言語の表示になりました。
英語表記になったWindows 8 Release Preview スタート画面

PC 設定もこんな感じで英語表記です。
英語表記の「PC 設定」

日本語表記に戻す方法

  1. 「コントロール パネル」の「Language」を開き「日本語」の「Options」をクリック。
  2. 「Windows display language」で「Make this the primary language」をクリック。
  3. 「Change display language」の「Log off now」をクリック。

日本語版 Windows 8 RP で言語パックをインストール

Windows 8 Release Preview でいろいろやってみています。

先日まで、コントロールパネルの「言語」で英語を追加し、表示を切り替えようと思っても、「言語パックを利用できません」と表示されていました。本日、再度確認してみたところ、言語パックが使えるようになっていましたので、作業してみました。

やり方は、日本語版 Windows 8 CP を英語表記させてみたで紹介した方法と変わっていないのですが、表示されている項目名がいくつか変更がありますので、再度紹介しましょう。

  1. スタート画面で「すべてのチャーム」(Win+C)を開き、「設定」を選択。
  2. 「スタートのチャーム」(Win+I キーでも可)が開いたら、下の方の「PC 設定の変更」をクリック。
    「スタートのチャーム」
  3. 「PC 設定」が開くので、左側の欄から「全般」を選択。
  4. 右側をスクロールし「言語」の「言語設定」をクリック。
    「PC 設定」の「全般」
  5. 「コントロール パネル」の「言語」が開きます。日本語版 Windows 8 RP の場合は「言語の設定の変更」に「日本語」が表示されていることでしょう。「言語の追加」をクリック。
    「コントロール パネル」の「言語」
  6. 「言語の追加」が開きます。この中からOSの表示言語として使いたい言語を探します。 今回は、「米国英語」を追加してみましょう。「英語」は「漢字」の中に見つかりました。
    「言語の追加」の「漢字」
    開くと、どこの国の「英語」を使うのか選択できました。「英語(米国)」を選択し、「追加」ボタンをクリック。
    「言語の追加」の「英語」
  7. 「言語」に戻ります。「日本語」だけでなく、「English (United States)」が追加されました。
    「English (United States)」が追加された「言語」
    「English (United States)」の「Windows の表示言語」が「ダウンロード可能」になっています。「オプション」をクリックします。
    「言語」の「「English (United States)」の部分
  8. 「言語のオプション」が開きます。「Windows の表示言語」の「言語パックをダウンロードしてインストールします」をクリック。
    「英語(米国)」の「言語のオプション」
  9. 「ユーザー アカウント制御」が開いたら「はい」をクリック。
  10. 「更新プログラムのダウンロードとインストールを実行中です」が表示されます。「English Language Pack」のダウンロードとインストールが始まりますので、しばらく待ちます。 RP版の英語の言語パックは、157MBほどあるようです。
    「English Language Pack」ダウンロード中
    「English Language Pack」インストール中
  11. 「インストール完了」と表示されたら完了です。「閉じる」をクリック。
    「更新プログラムのダウンロードとインストール」-「インストール完了」

以上で、言語パックのインストールが完了しました。「Windows の表示言語:利用可能」と表示されています。

言語パックインストール済みの「言語」

Windows 8 RP での表示言語の変更方法は、Windows 8 RP での表示言語を変更する方法でどうぞ。

2012年6月 4日

SkyDriveの無料アップグレードが表示されない

SkyDrive を一年以上前から利用しています。ファイルもいくつか保存してあります。先日、SkyDrive の無料で利用できる容量が変更になったということを知りました。でも、以前から SkyDrive を利用している場合は、「無料アップグレード」が使えるとのこと。そこで、SkyDrive へアクセスし、容量を確認してみました。7GBでしたので、「容量の管理」から25GBにしようと思ったのですが、なぜか、アップグレードの表示がありませんでした。こんな場合、どのようにすればいいでしょうか?

この件に関しては、2012年4月28日に SkyDrive の無料で利用できる容量が変更で紹介しました。

  • 2012年4月1日時点で、4GB 以上を利用しているユーザーは、自動的に25GBの無料ストレージになっている
  • 2012年4月22日時点で SkyDrive にご登録済みで、なおかつ何等かのファイルをアップロード済みのユーザーは、自分で登録を変更することで25GBまでの無料ストレージを維持することが可能

さて、2012年4月28日に記事を書いた時点では、こうでした。SkyDrive へアクセスし、左側の欄で「空き容量」が「7GB」と表示されていたら 「容量の管理」をクリックします。
SkyDrive の左側の欄

「容量の管理」ページが開きます。ここの「SkyDrive 無料」欄で「容量の無料アップグレード」と言う吹き出しの付いた「無料アップグレード」ボタンが見えました。
「容量の管理」ページ 容量の無料アップグレードができる

しかし、2012年6月4日現在は、「無料アップグレード」ボタンが表示されなくなっていました。
「容量の管理」ページ 容量の「無料アップグレード」ボタンがない!

どうやら、無料アップグレードできる期間があったようです。しかも、もう、終わってしまっているようです。

ただ、Microsoft Answers を探してみましたら、いま少し、受け付けてくれるようです。

参考:SkyDriveの無料UPGRADEについて

2012年4月22日以前から SkyDrive を使っていて、どうしても25GBまで利用できるようにしたい場合は、下記ページよりフォームを使って問い合わせてみてください。

電子メールサポート - SkyDrive ストレージ サブスクリプション

無料版の場合は、Windows Live SkyDrive 有料サービスに契約していないので、お使いの SkyDrive に関連付けられている電子メールアドレスと氏名、住所を入力して問い合わせると良いようです。ただし、この問い合わせも、いつまでも受け付けていないことでしょう。どうぞ、お早目にお問合せ下さい。

2012年7月4日 追記:
「無料アップグレード」期間が完全に終了しました。もう、フォームを使った申請も終了しています。どうしても容量を増やしたい場合は、有料のプランをご利用ください。

2012年6月 2日

Windows Live メールでコピーして貼り付けると空白行がなくなる

Windows7で Windows Live メール 2009を使用しています。メール本文を書く際は、HTML形式を使っています。段落ごとに行間を空けて作成しているのですが、そうした文章をコピーし、貼り付けると、空白を入れてあったのに無くなってしまうのに気がつきました。
例えば、
〇〇〇です。

△△△です。

□□□です。
という文章をコピーし貼り付けると、
〇〇〇です。
△△△です。
□□□です。
となってしまいます。その為、貼り付けをした後に、いちいち空白行を入れる作業をしなければなりません。何かした設定を変更した覚えはありません。ただ、Internet Explorerを8から9にしたぐらいです。どうすれば、元々の文章をそのままの状態でコピペすることが出来るようになるのでしょうか?

Windows 7でWindows Live メール 2009搭載機がないもので、Windows Live メール 2011で確認してみました。しかし、現象が再現できません。そこで、質問者さんに再度情報をいただいたところ、Internet Explorer 9 から Internet Explorer 8へ戻して現象を回避したとのことです。

どうやら、Internet Explorer 9搭載の Windows Live メール 2009で起こる現象のもよう。

回避方法としては、IE9をアンインストールしてIE8に戻すか、Windows Live メール 2009 を Windows Live メール 2011にアップグレードするかでしょう。

質問者さんは、IE8に戻されましたが、Windows Vista や Windows 7 をお使いのかたは、そろそろ、Internet Explorer 9 で Windows Live メール 2011にされることをお勧めします。

2012年6月 1日

Windows 8 RP をインストールしてみた

Windows 8 Release Preview をインストールしてみました。

ご注意
Windows 8 Release Preview は、現行Windows のアップグレード版ではありません。

参考:Windows 8 Release Preview: よく寄せられる質問

スタート画面は、こんな感じです。

Windows 8 Release Preview スタート画面

デスクトップで Build を確認したら 8400 でした。
Windows 8 Release Preview Build 8400

Windows 8 CP で使っていた Microsoft アカウントと同じものでサインインしたら、いろいろ引き継がれています。さぁ、いろいろ確認してみましょうね!

Windows 8 Release Preview 公開

2012年6月1日、日本時間では午前4時頃に Windows 8 Release Preview が公開されました。

ダウンロードページ:Windows 8 Release Preview ISO イメージ

ご注意
Windows 8 Release Preview は、現行Windows のアップグレード版ではありません。不都合が発生しても、誰もサポートできません。Windows 8 Release Preview は、起こった不具合を報告するためのものですので、下記の項目すべてに当てはまる方のみ、試に使ってみてください。

  • 最新のソフトウェアを使用して新機能を試してみたい。
  • Windows 8 のアプリを開発したいと思っている開発者である。
  • PC のバックアップ、ハード ドライブのフォーマット、オペレーティング システムのクリーン インストールが苦にならない。
  • PC で問題が起きた場合に自分で解決できる。
  • ソフトウェアを頻繁に更新することが苦にならない。
  • Windows 8 Release Preview のテストが完了した後、以前のオペレーティング システムに戻すためのインストール メディアやリカバリ メディアとその知識がある。
    以前のオペレーティング システムに戻す場合は、お使いの PC に付属するリカバリ メディアまたはインストール メディア (通常は DVD メディア) から再インストールする必要があります。リカバリ メディアがない場合は、PC の製造業者から提供されたソフトウェアを使用して、PC のリカバリ パーティションから作成できます。詳細については PC 製造業者の Web サイトのサポート情報を参照してください。Windows 8 をインストールしたら、PC のリカバリ パーティションを使用して以前のバージョンの Windows に戻すことはできません。

参考:Windows 8 Release Preview: よく寄せられる質問

システム要件

Windows 8 Release Preview は、Windows 7 が動作するのと同じハードウェアで問題なく動作するとのことです。

  • プロセッサ: 1 GHz 以上

  • RAM:1 GB (32 ビット) または 2 GB (64 ビット)

  • ハード ディスクの空き領域: 16 GB (32 ビット) または 20 GB (64 ビット)

  • グラフィック カード: Microsoft DirectX 9 グラフィックス デバイス (WDDM ドライバー付き)

特定の機能を使用するための追加要件:

  • タッチを使う場合は、タブレット、またはマルチタッチに対応しているモニター。

  • Windows Store にアクセスし、アプリをダウンロードして実行する場合は、インターネット接続と 1024 x 768 以上の画面解像度。

  • アプリをスナップする場合は、1366 x 768 以上の画面解像度。

  • インターネット アクセス (ISP 料金が発生する場合があります)

Windows 8 Release Preview をインストールする際、日本語 106 キーボード配列が変更される場合がありますので、操作を行う前に下記ページをご覧になることをお勧めします。

Microsoft Answers :Windows 8 Release Preview インストール時の注意事項

引き続きバグ報告、修正依頼も Microsoft Answers Windows フォーラムでできる模様です。今まで、「Windows 8 Consumer Preview」と記載されていたのが、「Windows 8 Release Preview」に変わっていました。
Microsoft Answers も準備完了!

ライセンス条項を確認してみたところ、満了日は2013年1月15日まで。この日を過ぎると、一時間おきにライセンス認証を求められるようになります。

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

Translator


2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ