« Windows 8 CP に Google IME を入れてみた | トップページ | Lync 2010 Attendee でオンライン会議に参加するには »

2012年5月28日

Windows Live メール の「ウォッチ」とは?

Windows Live メール 2011を使っています。「ホーム」タブの「アクション」内に「ウォッチ」と言う機能があります。これはいったいどういう働きをするのでしょう?

Windows Live メール 2011 の「ウォッチ」にマウスと当てると「このスレッドの更新をウォッチします。」と表示されます。
Windows Live メール 2011 「ホーム」タブの「アクション」内

Windows Live メール で任意のメールを選択し、「ウォッチ」をクリックすると、メッセージの件名を指定した色で強調表示でき、「ウォッチしている」と言う印の「メガネ」マークが付きます。

「ウォッチ」しているメール

下に「フラグ」の付いたメールがありますが、「ウォッチ」も「フラグ」と似たような感じです。重要なメッセージに目印を付けることで、後から簡単に目印を付けたメッセージを探すことができるという機能です。「ウォッチ」と「フラグ」の違いは、「スレッド」に対応しているかどうかでしょう。

「スレッド」とは、任意のメッセージで「返信」「再返信」とやり取りした場合、固めて表示してくれる機能です。この「スレッド」表示のオン/オフは、「表示」タブの「並び替え」内にある「スレッド」でできるようになっています。
「表示」タブの「スレッド」オフ

「スレッド」をオンにすると、今まで、「受信トレイ」内に散らばって入っていた、一連のやり取りメールが1つの塊になって表示されます。

「表示」タブの「スレッド」オン

この「スレッド」になった状態で「ウォッチ」と「フラグ」を付けてみます。

「ウォッチ」は、「スレッド」全体に付きまました。しかし、「フラグ」は、印をつけたメッセージにしか付きませんでした。

「スレッド」オンで「ウォッチ」と「フラグ」を付けてみた

そして、一旦つけた「ウォッチ」は、「スレッド」をオフにしても、付いていました。ただ、このスレッドに新たなメールが送信されてきても、自動的に「ウォッチ」は付きませんでした。新たな受信メールもウォッチしたい場合は、手動で付ける必要があるようでした。

なお、「ウォッチ」の色の変更は、メールの「オプション」の「読み取り」タブ内で変更可能です。
メールの「オプション」の「読み取り」タブ

「メッセージ一覧」の「並べ替え」を利用することで、「ウォッチ」を優先して表示させることも可能。
「メッセージ一覧」の「並べ替え」

都合に合わせて利用してみてください。

« Windows 8 CP に Google IME を入れてみた | トップページ | Lync 2010 Attendee でオンライン会議に参加するには »

Windows Live」カテゴリの記事

メール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51036/54819927

この記事へのトラックバック一覧です: Windows Live メール の「ウォッチ」とは?:

« Windows 8 CP に Google IME を入れてみた | トップページ | Lync 2010 Attendee でオンライン会議に参加するには »

Translator


2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ