« Windows 8 CP のタッチ キーボードを日本語タイプにする | トップページ | Windows Live Essentials 2011 の更新プログラム公開 »

2012年3月21日

Windows 8 CP の日本語版 タッチ キーボードでの IME ショートカット キー

Windows 8 CP のタッチ キーボードを日本語タイプにするの続き。

Windows 8 Consumer Preview のタッチ キーボードは、「標準のキーボード レイアウト」で下記のように日本語タイプのタッチ キーボードにすることができました。しかし、何か足りません。
Windows 8 アプリでタッチキーボードを「標準のキーボード レイアウト」に切り替えてみた

そうだ!ファンクション キーが無い。

F1~F12 までのファンクションキーを表示させたい場合は、タッチ キーボードの左下にある Fn キーを押します。
タッチ キーボードの左下にある Fn キー

すると、1~[へ] までのキーが、F1~F12 のファンクションキーになりました。
Fn キーを押したら F1~F12 までのキーが表示

これで、下記のファンクション キーを使った変換も可能でした。

F6:ひらがな
F7:全角カタカナ
F8:半角カタカナ
F9:全角英数
F10:半角英数

ただ、Windows 8 アプリで IME 関連のショートカット キーは、使えないようでした。Ctrl+F10 や Ctrl+変換 キーを確認してみたのですが、入力モードのメニューが表示されてしまいました。
Windows 8 アプリで Ctrl+F10 キーを押してみたところ
一部、Ctrl+F10 や Ctrl+変換 キーで入力モードのメニューが表示されない Windows 8 アプリがありました。そんな場合は、文字入力欄の「あ」と出ている四角い部分を長押ししてみてください。

でも、デスクトップのアプリであれば、大丈夫そうです。下記画像は、メモ帳で、Crtl キー、Fn キー、F10 キーと押して、IME のメニューを表示させてみたところです。
デスクトップのアプリで Ctrl+F10 キーを押してIME のメニューを表示

この他、Alt+かな キーを押しての、ローマ字入力からかな入力へ変更することも可能でした。
デスクトップのアプリで Alt+かな キーを押してローマ字入力からかな入力へ変更可能

« Windows 8 CP のタッチ キーボードを日本語タイプにする | トップページ | Windows Live Essentials 2011 の更新プログラム公開 »

MS-IME」カテゴリの記事

Windows 8」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51036/54272895

この記事へのトラックバック一覧です: Windows 8 CP の日本語版 タッチ キーボードでの IME ショートカット キー:

« Windows 8 CP のタッチ キーボードを日本語タイプにする | トップページ | Windows Live Essentials 2011 の更新プログラム公開 »

Translator


2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ